2018年01月23日

クァク・ジェヨン監督新作「風の色」 一人二役の古川雄輝「頑張った分、楽しんで」

風の色2.jpg

 「猟奇的な彼女」(01)、「僕の彼女はサイボーグ」(08)のクァク・ジェヨン監督(韓国)が日本で撮影した映画「風の色」が、1月26日から全国で公開される。主演の古川雄輝が都内をはじめ各都市で上映記念イベントやキャンペーンに参加。ロケ地の札幌市で行われた先行上映会にも登場した。

 劇中でマジシャンを演じる古川は、Mr.マリックの指導を受けて見事な手さばきを披露している。舞台あいさつでは、一部のマジックを除き、本番直前に練習しただけでリハーサルなしで演じたエピソードを紹介した。観客役エキストラのダイレクトな反応を撮るためにクァク監督が取った演出方法だったが、「マジックは初めてなので所作も難しく、緊張した」と振り返った。クライマックスの海中イリュージョンのシーンでは、長時間の水中撮影がたたり低体温症と酸欠で倒れたことを明かし「これよりも大変な作品はなかったし、これからもないだろう(笑)。頑張った分、楽しんでもらいたい」と詰めかけたファンに呼びかけた。

風の色1.jpg

 クァク監督ら韓国のスタッフを迎えて東京や北海道で撮影した日韓合作映画。古川は国際合作映画への出演も多いが、今回の現場は特に興味深かったという。「独特なセリフ回しや演出に、文化や感覚の微妙な違いが出ている。普通の日本映画ではなく、海外の映画の吹き替えのつもりで見ると面白いと思う」と話していた。

 「風の色」は、同じ容貌の二組の男女が織りなす、ミステリーが加味されたラブストーリー。東京に住む涼(古川)は恋人ゆり(藤井武美)の死を知らされるが、旅先の北海道で彼女とうり二つの彩(藤井・二役)に出会う。彩は恋人のマジシャン隆(古川・二役)を海中イリュージョンの事故で失っていたが、隆は涼とそっくりだった。マジシャンを目指した涼はやがて「隆のドッペルゲンガー」と呼ばれるようになる。涼は隆が失敗したイリュージョンを再現するため真冬の知床に向かう。

640.png

(文・写真 芳賀恵)

「風の色」(2017年、日本)

監督:クァク・ジェヨン
出演:古川雄輝、藤井武美、石井智也、袴田吉彦、小市慢太郎

2018年1月26日(金)、TOHOシネマズ日本橋ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://kaze-iro.jp/

写真1と2:古川雄輝=札幌市で2018年1月16日
作品写真:(C)「風の色」製作委員会
posted by 映画の森 at 14:53 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

「消された女」彼女はなぜ監禁され、精神異常者にされたのか 鋭く饒舌な社会派サスペンス

1.jpg

 大都会の真昼間、通りを一人歩いていたカン・スア(カン・イェウォン)は、突然誘拐され、精神病院に監禁された。待っていたのは強制的な薬物投与、無慈悲な暴力、非現実の世界だった。狂気の中、スアは病棟での出来事を手帳に記録し始める──。

 韓国で実際に起きた拉致監禁事件がモチーフの「消された女」。主演はカン・イェウォンとイ・サンユン。監督は「愛なんていらない」(06)、「廃家」(10)のイ・チョルハ。

2.jpg

 韓国には保護者2人、精神科医1人の同意があれば、本人の同意なしで強制的に「保護入院」させられる法律があるという。スアはこの法律を根拠に精神病院に監禁された。一方、干されかけのテレビプロデューサー、 ナ・ナムス(イ・サンユン)に1冊の手帳が届く。手帳の内容に驚き、送り主のスアに会いに行くナムス。スアが巻き込まれた事件の背景にある衝撃の事実、渦巻く闇を暴くために動き始める。

 再起をかけたテレビプロデューサーが、精神異常者にされた女性の記録・証言をもとに、法律の矛盾に真正面から切り込む。シャープで饒舌な社会派サスペンスだ。スアの手帳をきっかけに、ナムスのジャーナリスト魂が目覚め、事件を暴く原動力になる。

 分かりやすい設定、テレビの制作現場の裏側を軽妙に描いた導入部。観客の心をつかんだうえで、事件の真相に切り込んでいく。知的好奇心をくすぐる構成がうまい。並行して描かれる精神病院の悪行は、嫌悪感を誘う醜悪さ。暴力描写も徹底的で、法の矛盾と社会の闇を暴き出す。

3.jpg

 韓国映画でよく見られる実際の事件を下敷きにした作品。「殺人の追憶」(03)、「殺人の告白」(12)、「トガニ 幼き瞳の告白」(11)など秀作が多く作られてきた。コンパクトな91分の上映時間に、あっと驚くラストのどんでん返し。一気に見せる手腕が光る。

(文・藤枝正稔)

「消された女」(2017年、韓国)

監督:イ・チョルハ
出演:カン・イェウォン、イ・サンユン、チェ・ジノ

2018年1月20日(土)、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.insane-movie.com/

作品写真:(C)2016 OAL, ALL RIGHTS RESERVED

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 21:24 | Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」視力を失っても 夢をあきらめなかった青年の実話

1.jpg

 ドイツ人の母、スリランカ人の父の間に生まれたサリア・カハヴァッテ、“通称サリー”(コスティア・ウルマン)。両親と姉の4人家族、夢は立派なホテルマンになること。しかし、先天性の病気で網膜剥離になり、手術後に残ったのは5パーセントの視力だった。父は「障害者の学校へ転入しろ」と言うが、夢をあきらめたくないサリーが取った行動は──。

 実話を基にしたドイツ映画で、監督は「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々」(05)のマルク・ローテムント。主人公のサリアは15歳で視力の95パーセントを失い、高校卒業後はホテルで見習いとして働き、接客業などのキャリアを積み、15年間も目が見えないことを隠していたという。

2.jpg

 学生時代はまだ目が見えていたサリー。レストランで見習いをしながら、家族に料理をふるまうなど明るい未来が開けていた。しかし、突然の病で一度は絶望的な状態に。それでも夢をあきらめない。驚異的な記憶力、わずかに残った視力、聴力を駆使し、猛勉強して学校を卒業する。目のことを隠し、母と姉の助けを借りながら、憧れの一流ホテルの面接を受けて合格する。

 実話ものの映画だが、最初の設定の難易度が高く、映画として興味深い展開になる。主人公が絶望をはねのけ、ポジティブに希望へ向かう姿は、サクセス・ストーリーに近い感触だ。ホテルでの接客の仕事は、人への対応から建物内の移動、食べ物や飲み物、食器の扱いまで、さまざまな作業を覚えなければならない。

3.jpg

 いくたの困難に立ち向かうサリーを、同期見習いのマックス(ヤコブ・マッチェンツ)が助ける。いち早く視力が弱いことを見抜き、サリーにとって心強い相棒になる。出入り配送業者の女性クララ(アンナ・マリア・ミューエ)との淡い恋、指導教官クラインシュミット(ヨハン・フォン・ビューロー)の厳しい監視もアクセントに。さらに、アフガニスタン移民で外科医のハミデ(キダ・コドル・ラマダン)が、キャリアを生かせず皿洗いとして働いている点に、ドイツの現状に対する風刺をしのばせている。

 幸運と不運がともに訪れるサリーの人生。実話がもとであることで真実味が増した。サリーを演じたウルマンは好演で、ローテムント監督の演出は絶妙。誰もが共感できる軽快な作りで、心地よく感動できる作品だ。

(文・藤枝正稔)

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」(2017年、ドイツ)

監督:マルク・ローテムント
主演:コスティア・ウルマン、ヤコブ・マッチェンツ、アンナ・マリア・ミューエ、ヨハン・フォン・ビューロー、アレクサンダー・ヘルト

2018年1月13日(土)新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://5p-kiseki.com/

作品写真:(c)ZIEGLER FILM GMBH & CO. KG, SEVENPICTURES FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 11:13 | Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

「勝手にふるえてろ」恋愛に突如目覚めた妄想女子、毒気あふれる異色ラブコメ 松岡茉優が好演

1.jpg

 24歳のOLヨシカ(松岡茉優)は、中学の同級生「イチ」(北村匠海)に10年の片思い中。そこへ突然、暑苦しい会社の同期「ニ」(渡辺大知)に告白される。テンションが上がるも、ニとの関係に乗り気れない。「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこう」と思い立ち、同窓会を計画。ついに再会の日が訪れる──。

 芥川賞作家・綿矢りさの同名小説の映画化。監督、脚本は「恋するマドリ」(07)の大九明子。今年の東京国際映画祭コンペティション部門に出品され「観客賞」など2賞に輝いた。

 ヨシカは恋愛には奥手、不器用に妄想するオタク系女子だ。会社では経理課に所属し、アパートで独り暮らし。アンモナイトの化石を集めて癒されている。ところが「二」に告白され、恋愛感情が目覚めてしまう。「イチ」への思いが募り、暴走する姿がコミカルに描かれる。

2.jpg

 なんといっても映画初主演の松岡の演技に尽きる。ネガティブなオタク系で夢見がち、妄想世界に生きる。泣き、笑い、叫び、歌う。感情の起伏が激しい難役を、誰もが共感できるキャラクターに転じた。思いを寄せる「イチ」はクールな二枚目。リアルな相手の「二」は厚かましいお笑いキャラ。妄想と現実に迷うヨシカの葛藤が、手に取るように伝わってくる。

 大九監督は、くせのある原作を、小気味よく映像化した。ヨシカに毒のあるモノローグを多用させつつ、現実と妄想をまぜこぜにしてカラフルに描く。ところがそんなヨシカを一瞬で空虚な灰色の世界に引き戻す。斬新、残酷、すさまじい破壊力だ。初めての恋愛で暴走するヨシカを、背中から押していくさじ加減も絶妙。

3.jpg

 優しくしたり、突き放したりした後、最後は温かく手を差し伸べる。かなり変わったくせのある物語だが、着地点は地に足がついている。今年公開の邦画では一押し、毒気あふれる異色のラブコメディーだ。

(文・藤枝正稔)

「勝手にふるえてろ」(2017年、日本)

監督:大九明子
出演:松岡茉優、渡辺大知、石橋杏奈、北村匠海、趣里

2017年12月23日(土)、新宿シネマカリテほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://furuetero-movie.com/

作品写真:(C)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 23:56 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

「カンフー・ヨガ」63歳ジャッキー・チェン、サービス精神満点の娯楽アクション

1.jpg

 約1000年前の古代インドと中国で、争乱の末に伝統の秘宝が消えた。考古学者のジャック(ジャッキー・チェン)は秘宝を探すため、同じ考古学者でヨガの達人のインド人美女アスミタ(ディシャ・パタニ)らと旅に出る。まずは秘宝へ導く“シヴァの目”を探さすが、手がかりは古い地図だけ。しかも謎の一味が秘宝を奪おうと迫る──。

 ジャッキー・チェン主演の中印合作冒険活劇「カンフー・ヨガ」。監督、脚本、製作、アクション指導は「ポリス・ストーリー3」(92)、「レッド・ブロンクス」(95)など、ジャッキーとは何度も組んだ実績のあるベテラン、スタンリー・トンだ。

2.jpg

 インパクト絶大のタイトルが示す通り、最近のヒット作を徹底的に研究している。出だしは中印が秘宝をめぐって争う様子を、フルバージョンのCG(コンピューター・グラフィックス)アニメで描く。巨大な象が暴れまわる中、アクロバティックに展開する騎馬戦。「ロード・オブ・ザ・リング」(01)のようにファンタジックだ。

 舞台は中国、インド、ドバイに広がる。スティーブン・スピルバーグ監督作「インディ・ジョーンズ」シリーズさながらに、ジャッキーは大学教授で冒険家。さらに自宅では「木人」を相手に体を鍛えている。そんなお茶目な学者が、秘宝探しの冒険に出る。

3.jpg

 ジャッキー作品らしく、コミカルな描写をちりばめながら、随所にアクションと投入していく。中盤のドバイでは高級スポーツカーをぜいたくに壊し、「ワイルド・スピード」さながらの展開。ライオンを乗せた車をジャッキーが運転するなど、予想を超える楽しさだ。僧院を舞台にしたり、大道芸人を巻き込んだり、ジャッキーが自虐的に言う通り「インディ・ジョーンズ」顔負けの活躍。

 今年63歳になったジャッキー。「レイルロード・タイガー」、「スキップ・トレース」、「カンフー・ヨガ」と今年だけで主演作が3本、日本で公開された。中でも「カンフー・ヨガ」はノンストップで繰り広げられる冒険アクションで、老若男女楽しめるはずだ。若い俳優たちのアクションもふんだんに盛り込まれた。敵役ランドル(ソーヌー・スード)の冷酷で二枚目な悪役ぶりも物語を盛り上げる。

 エンドロールはまるでインドのボリウッド映画。敵味方が一緒に締めくくるダンスシーンだ。スタッフと俳優たちが一体になり、いいものを作り出すサービス精神。全体にやや荒削りで大味だが、エンタメ要素は満載で、屈託のない、楽しい娯楽作品だ。

(文・藤枝正稔)

「カンフー・ヨガ」(中国・インド、2017年)

監督:スタンリー・トン
出演:ジャッキー・チェン、アーリフ・リー、レイ、ソーヌー・スード、ディシャ・パタニ

2017年12月22日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://kungfuyoga.jp/

作品写真:(C)2017 SR MEDIA KHORGOS TAIHE SHINEWORK PICTURES SR CULTURE &
ENTERTAINMENT. ALL RIGHTS RESERVED.

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 11:35 | Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする