2021年07月23日

「少年の君」優等生少女と不良少年 過酷な境遇を描く青春サスペンス

1.jpg

 中国。成績優秀な進学校の高校3年生、チェン・ニェン(チョウ・ドンユィ)。大学入試を前に殺伐とする校内で、参考書に向かい息を潜めていた。そんな中、クラスの女子生徒がいじめを苦に校舎から飛び降り自殺する。生徒たちが遺体にスマホを向ける光景に耐えられず、チェンは遺体に自分の上着をかけてやる。しかし、それをきっかけにいじめの矛先はチェンに向かう──。

 出演はチャン・イーモウ監督「サンザシの樹の下で」(10)でデビューしたチョウ・ドンユィ、アイドルグループ「TFBOYS」のイー・ヤンチェンシー。監督は香港の俳優、エリック・ツァンの息子で、「七月の安生」(16)を監督したデレク・ツァン。「少年の君」で香港最大の映画賞・香港電影金像奨で作品賞、監督賞、主演女優賞など8冠を達成した。

2.jpg

 孤独な優等生の少女と、街頭に生きる不良少年の心を交流を描いた青春映画……と言いたいところだが、壮絶ないじめ、苛烈な受験戦争、ストリートチルドレンなどの社会問題を描いた青春サスペンスといえる。

 優等生と不良少年の設定は、日本の劇画「愛と誠」の思い起こすが、チェンは「愛と誠」の主人公のように金持ちではない。母親は犯罪すれすれの商売をしながら娘を学校に通わせている。ほかに身寄りがなく、母親に頼るしかないチェンは、学校帰りに集団暴行を受けていた少年シャオペイ(イー・ヤンチェンシー)を救い、二人は互いを意識し始める。

3.jpg

 中国で「13億人の妹」と呼ばれるチョウ・ドンユィが、体当たりで演じている。20代後半でも高校生役に違和感がなく、いじめで髪の毛を切られて坊主頭にまでなる。同調するイーも坊主頭に。いじめは思わぬ方向に進み、衝撃的な展開になる。スリリングで鋭い演出が観客を揺さぶり続ける。孤独な二人の心の引き合う力は次第に強くなり、運命共同体になる後半は圧巻だ。

(文・藤枝正稔)

「少年の君」(2019年、中国・香港)

監督:デレク・ツァン
出演:チョウ・ドンユィ、イー・ヤンチェンシー、イン・ファン、ホアン・ジュ、ウー・ユエ、ジョウ・イエ

2021年7月16日(金)、新宿武蔵野館ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://klockworx-asia.com/betterdays/

作品写真:(C)2019 Shooting Pictures Ltd., China (Shenzhen) Wit Media. Co., Ltd., Tianjin XIRON Entertainment Co., Ltd., We Pictures Ltd., Kashi J.Q. Culture and Media Company Limited, The Alliance of Gods Pictures (Tianjin) Co., Ltd., Shanghai Alibaba Pictures Co., Ltd., Tianjin Maoyan Weying Media Co., Ltd., Lianray Pictures, Local Entertainment, Yunyan Pictures, Beijing Jin Yi Jia Yi Film Distribution Co., Ltd., Dadi Century (Beijing) Co., Ltd., Zhejiang Hengdian Films Co., Ltd., Fat Kids Production, Goodfellas Pictures Limited. ALL Rights reserved.

posted by 映画の森 at 11:42 | Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月13日

「トゥルーノース」北朝鮮強制収容所の真実、3Dアニメで告発

1.jpg

 金正日(キム・ジョンイル)体制下の北朝鮮で、両親と暮らす幼い兄妹ヨハンとミヒ。1950年代から1984年まで続いた在日朝鮮人の帰還事業で家族は北朝鮮に渡ったが、父親が政治犯の疑いで逮捕。母子も強制収容所に連行される──。

 北朝鮮の政治犯強制収容所で、過酷な毎日を生き抜く日系家族と仲間たちを3Dアニメーション描いた作品。ドキュメンタリー映画「happy しあわせを探すあなたへ」(12)を製作した清水ハン英治の初監督作品で、脚本とプロデュースも兼任している。

2.jpg

 北朝鮮の内情を筆者はテレビのニュース番組で知るくらいだ。整然とビルが立ち並ぶ平壌の街並み、巨大兵器と軍人たちが機械のように歩く軍事パレード、一糸乱れぬマスゲーム。日本には対外向けの表面的な映像や情報が入ってくる一方、日本人拉致被害者と家族、強制収容所の存在も報道されてきた。

 「トゥルーノース」は、監督が収容所を体験した脱北者、元看守などにインタビュー。10年かけて作り上げた。実写やドキュメンタリーなどリアル過ぎる表現を避け、あえて3Dアニメーションを選んだ。

3.jpg

 作品で描かれる収容所の内情は想像を超えていた。政治犯は大人も子供も関係なく強制労働が強いられ、ヨハンは洞穴のような場所で穴掘りをさせられている。すべて人力の非人道的な奴隷労働だ。少年ヨハンは9年後、自分を守るため密告者となり一時自分を見失うが、ある出来事をきっかけに我に返る。

 収容者への拷問、公開処刑、拉致被害者の存在など、北朝鮮が知られたくない真実を監督は真正面から描き告発する。3Dアニメは口当たりがいい映像表現だが、内容はかつてなくショッキングだ。

 絶望的な世界で、ヨハンとイヒ、孤児インスが希望を捨てずしたたかに生きる姿に感動する。ディズニー長編アニメ「ムーラン」(98)の音楽を担当したマシュー・ワイルダーの力強いスコアが作品を彩り、日本の童謡「赤とんぼ」が胸にしみ入る。3Dアニメは子供向け、ファンタジー、娯楽作品相性がいいが、今回は実話の映像表現として新たな可能性を開拓した。北朝鮮が隠す真実と人権問題を鋭く切り込んでいる。

(文・藤枝正稔)

「トゥルーノース」(2020年、日本・インドネシア)

監督:清水ハン栄治
声の出演:ジョエル・サットン、マイケル・ササキ、ブランディン・ステニス、エミリー・ヘレス

2021年6月4日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://true-north.jp/

作品写真:(C)2020 sumimasen
posted by 映画の森 at 10:54 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月21日

「茜色に焼かれる」コロナ禍に苦しむ日本 尾野真千子、理不尽と戦う母熱演

1.jpg

 「まあ、頑張りましょう」。夫を交通事故で亡くし、日々の感情を静めて過ごす母・田中良子(尾野真千子)。混沌とした時代、自らの正義を見出そうとする中学生の息子・純平(和田庵)。コロナ禍に襲ってくる理不尽な日常に、母子は張り裂けそうな思いを抱え生きていた──。 「舟を編む」(13)、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」(17)の石井裕也監督の最新作。

 良子の夫・陽一(オダギリジョー)は7年前、横断歩道を自転車で渡っていたところ、高齢運転手の車にはねられ亡くなった。加害者は痴呆症の85歳元官僚。逮捕もされず、最近92歳で世を去った。葬儀会場を訪れた良子は、遺族に「嫌がらせだ!」と強制排除される。2019年の「東池袋自動車暴走死傷事故」を思わせる幕開けだ。石井監督はコロナ禍にあふれる矛盾、不満、怒り、閉塞感の中、したたかに生きる母子を通して愛と希望を語っていく。

2.jpg

 夫への賠償金は拒んだ良子だが、経営していたカフェはコロナ禍で閉店。息子と家賃月2万7000円の市営団地で暮らし、昼間はスーパーの花屋で時給930円のアルバイト。脳梗塞で倒れた義父の老人ホーム費月16万5000円を払っている。お金は足りるはずもなく、良子は息子に内緒で夜は時給3200円の風俗店で働き、夫と別の女性の間に生まれた娘の養育費・7万円まで払っている。生活費が細かくテロップで表示される。

 さらにスーパーの店長に理不尽なルールを押し付けられ、風俗店で客に性処理の道具のようにあしらわれる。それでも客を「まあ、頑張りましょう」と抱擁し、心を落ち着かせるしかない。一方で、良子は中学の同級生・熊木と偶然再会し淡い恋心を抱く。息子の純平は「事故の遺族」と上級生に目をつけられ、執拗にいじめられる。

3.jpg

 良子と純平親子の視点で話は進み、出てくる男はほぼ敵だ。マスクやソーシャル・ディスタンス(人と人の距離を開けること)、アルコール消毒が登場。コロナ禍の日本を舞台にした映画は初めてではないだろうか。感染拡大でがんじがらめな中、さまざまな困難が母子を襲う。心が折れた瞬間、体全体を震わせて怒りや悲しみをこらえる良子。平静を装いつつ、悔しさを押し殺す尾野の演技に、見る側も震えるに違いない。

 石井監督は「生きちゃった」(20)に続き、矛盾だらけで疲弊する日本の社会問題に切り込んだ。監督と尾野にとって新たな代表作になるだろう。

(文・藤枝正稔)

「茜色に焼かれる」(2021年、日本)

監督:石井裕也
出演:尾野真千子、和田庵、片山友希、オダギリジョー

2021年5月21日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://akaneiro-movie.com/

作品写真:(C)2021「茜色に焼かれる」フィルムパートナーズ
posted by 映画の森 at 08:26 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月25日

「愛のコリーダ」大島渚監督が描く究極の愛 「芸術か、わいせつか」で大論争に 

1.jpg

 日本を代表する映画監督の一人、大島渚監督。「戦場のメリークリスマス」(83)に続き、「愛のコリーダ」(76)もデジタル修復され、30日から再公開される。

 「愛のコリーダ」(76)は、昭和11年(1936年)に起きたいわゆる「阿部定事件」をモチーフに、男女の究極の愛を描いた作品。東京・中野の料亭の仲居・定(松田英子)は、店の主人の吉蔵(藤竜也)に一目ぼれする。妻のある吉蔵も定にほれ、二人は駆け落ち。待合(貸座敷)を転々としながら昼夜を問わず求め合う。やがて行為はどんどん過激になり、ついに定は吉蔵を独占しようと包丁を手にする──。

2.jpg

 阿部定による情夫の殺害事件。つまり定が男性器を切り取る性愛を描き、「芸術」か「わいせつ」で大論争を招いた。当時の日本はヘアも解禁されておらず、ぼかしを入れて公開されたものの、場面写真を掲載した書籍をめぐり裁判が起きたほどだ。

 話題が先行する形で映画は大ヒットし、米作曲家クインシー・ジョーンズがカバーした楽曲「愛のコリーダ」も注目された。作品は見たことがないが、題名は知っている人も多いだろう。

3.jpg

 「阿部定事件」は「愛のコリーダ」以前にも映像化されている。東映のオムニバス映画「明治大正昭和 猟奇女犯罪史」(69)の1編は、存命だった阿部定本人が街頭でインタビューを受けるシーンがある。さらに日活ロマンポルノ「実録 阿部定」(75)、大林宜彦監督「SADA」(89)など、たびたび映像化されてきた。

 「愛のコリーダ」は、定と吉蔵の出会い、不倫、旅館に引きこもっての愛欲生活が大胆な性描写とともに描かれる。作中何度も登場する性交場面に目が行きがちだが、松田と藤の存在感が光る。性にどん欲で行為をエスカレートさせる松田の体当たり演技。色気を漂わせ、余裕を見せながら受ける藤がうまい。大胆な性描写の合間に、時おり見せる情緒豊かな演出。一歩間違えばきわものになった作品を、大島監督は芸術の域に引き上げた。

 今回のデジタル2K修復では、ぼかしを新たに入れ直し、映像は色乗りがいい。「赤」が際立ち「黒」が引き締まり、シャープになって蘇った。2023年に大島渚監督作は国立機関に収蔵される予定で、今回が最後の大規模上映になる。

(文・藤枝正稔)

「愛のコリーダ」(1976年、日・仏)

監督:大島渚
出演:藤竜也、松田英子、松廼家喜久平、小山明子

2021年4月30日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://oshima2021.com/

作品写真:(C)大島渚プロダクション

posted by 映画の森 at 16:29 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月18日

「戦場のメリークリスマス」4K修復版 大島渚監督の代表作 ボウイ・たけし・坂本が異色のアンサンブル

1.jpg

 日本を代表する映画監督の一人、大島渚監督の「戦場のメリークリスマス」(83)、「愛のコリーダ」(76)がこのほどデジタル修復され、再公開が始まった。
 
 「戦場のメリークリスマス」は1942年、インドネシア・ジャワ島の日本軍俘虜収容所が舞台。軍属が俘虜(捕虜)を犯した事件の処理にあたった粗暴なハラ軍曹(ビートたけし)と、英国人俘虜ロレンス大佐(トム・コンティ)は、東洋と西洋の価値観を語り合ううちに、奇妙な友情で結ばれるようになる。一方、武士道精神を重んじる所長のヨノイ大尉(坂本龍一)は、英国人俘虜のセリアズ少佐(デビッド・ボウイ)の魔性というべき美しさに心を奪われ葛藤する。収容所に波乱を巻き起こすセリアズは禍(わざわい)の神なのか──。

2.jpg

 原作はローレンス・バン・デル・ポストの俘虜体験記「影の獄にて」。オール海外ロケで国際的なキャストを迎え、戦闘シーンのない戦争映画となっている。大島にとって異色作だ。カンヌ国際映画祭では最高賞・パルムドールを逃したが、日本国内で大ヒットした。魅力はなんといってもキャスティングだ。

 1980年代に漫才ブームをけん引したビートたけし。音楽グループ「YMO」で人気を博したミュージシャンの坂本龍一。英ロックスターのデビッド・ボウイ。3人の1人でも欠けたら作品は成功しなかった。今は大御所になった坂本は、映画音楽に初挑戦している。テーマ曲はあまりにも有名になり、シンセサイザーを駆使してオリエンタルな香りのする音楽を作り上げた。ミニマルな音を積み重ねて大きなうねりを作り出し、製作された83年当時の映画音楽とは全く違うアプローチ。素晴らしいスコアだ。

3.jpg

 戦争映画の形をとりながら、同性愛を大胆に取り入れ、軍属と俘虜の心の揺れと友情を描いた。自分たちの行動が「正しい」と突き進む日本兵の誤った姿、「腹切り」を美学と考えていた日本人の思想。戦争の矛盾を示しているが、時代背景の説明を排除したことで、戦争を知らない世代には分かりづらいかもしれない。

 たけし、坂本、ボウイのアンサンブルは、プロの俳優とは一味違う魅力を放つ。坂本の楽曲も心に残る。内田裕也、ジョニー大倉、室田日出男、戸浦六宏に加え、若き日の内藤剛志も出演。2023年に大島渚監督作は国立機関に収蔵される予定で、今回が最後の大規模上映になるという。4Kデジタル修復で美しく蘇った「戦場のメリークリスマス」。必見だ。

(文・藤枝正稔)

「戦場のメリークリスマス」(1983年、日・英・ニュージーランド)

監督:大島渚
出演:デビッド・ボウイ、トム・コンティ、坂本龍一、ビートたけし、ジャック・トンプソン、ジョニー大倉、内田裕也、三上寛、室田日出男、戸浦六宏、金田龍之介、内藤剛志

2021年4月16日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://oshima2021.com/

作品写真:(C)大島渚プロダクション
posted by 映画の森 at 10:41 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする