2017年11月17日

「KUBO クボ 二本の弦の秘密」ハリウッドが描いた「日本」アニメ 豪華声優陣

1.jpg

 三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操る……不思議な力を持つ少年・クボ。サムライだった父親を闇の力に奪われ、追っ手を振り切り母と暮していたが、ついに居所を突き止められ、母を亡くしてしまう。闇の力に打ち勝つ道は、三種の神器を探すこと。毒舌だが面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手・クワガタを仲間に旅を続けるクボ。やがて自分が執拗に追われる理由が、最愛の母が犯した悲しい罪にあると知る──。

 「コララインとボタンの魔女」(09)を製作したスタジオ「ライカ」が古き日本を舞台に作ったストップモーション・アニメ映画だ。声の出演が豪華。シャーリーズ・セロン、レイフ・ファインズ、マシュー・マコノヒーら主役級俳優が命を吹き込んだ。「ライカ」を経営するトラヴィス・ナイトの監督デビュー作。

2.jpg

 黒澤明、宮崎駿監督作品のファンで、日本マニアの監督が選んだ「古き日本」が舞台。キャラクター達は着物姿で盆踊り。灯篭流し、刀など日本文化を徹底的にリサーチして取り入れている。クボは三味線を演奏し、音色は魔法のように折り紙を操り、さまざまな物を作り出す。米国人スタッフのフィルターを通し、日本文化が描かれると不思議な感触だ。

 米国製CGアニメではよく、動物やおもちゃが擬人化される。今回クボが三種の神器を探す旅にも、侍姿の折り紙、擬人化されたサルとクワガタがお供する。子どものクボにとって家族のように頼もしい存在だ。一方、人間のキャラクターデザインは、どうしても米国人の目を通した日本のせいか、一部中国風になっていて惜しい。

 ストップモーション・アニメの歴史は古い。1933年製作「キングコング」を筆頭に、レイ・ハリーハウゼンが特撮を手掛けた「アルゴ探検隊の大冒険」(63)は、その後の映画作家たちに多大な影響を与えた。最近ではティム・バートンが製作した「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」(93)が有名だ。

3.jpg

 「クボ 二本の弦の秘密」はCGアニメ全盛のハリウッドの流れに逆行する様に、一コマずつ人形を動かして撮影。手間ひまかかるストップモーションの長編映画。製作期間94週間を経て完成映像は見事のひとこと。日本文化が米国に渡り、精神を受け継いだクリエイターたちが、画面の隅々まで丹精込めて作り上げた。大人にも楽しんでもらいたいファンタジー映画だ。

(文・藤枝正稔)

「KUBO クボ 二本の弦の秘密」(2016年、米国)

監督:トラビス・ナイト
声の出演:アート・パーキンソン、シャーリーズ・セロン、マシュー・マコノヒー、ルーニー・マーラ、レイフ・ファインズ

2017年11月18日(土)新宿バルト9ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://gaga.ne.jp/kubo/

作品写真:(c)(C)2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.

posted by 映画の森 at 16:04 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

「マリリンヌ」第30回東京国際映画祭 最優秀女優賞 罵倒と称賛、挫折と再起 新進女優が味わう地獄と天国

マリリンヌ縮小.jpg

 冒頭、オーディションのシーンに目を見張る。体を激しく揺らしながら、大きなテーブルを両手でつかみ、何が何でも離さぬと、必死のパフォーマンス。主人公マリリンヌの非凡な演技センスと、エキセントリックな性格を強烈に印象づける、鮮やかなオープニングだ。観客は、この時点で早くもヒロインの一挙一動から目が離せなくなるだろう。

 片田舎の出身。母親以外に心を許す人間はなく、父親の葬儀でもほとんど無感情。都会に出て女優になることだけを夢見て生きてきたのだろうか。卓越した才能はすぐに見出される。ただし、あまりに繊細すぎるがゆえに、プレッシャーに弱い。何度もダメ出しされ、罵倒され、放り出される。

 酒浸りの荒れた生活。女優の夢はとうに捨ててしまったか。と思って見ていると、有力な映画監督からオファーが入る。再起のチャンスだ。しかし、ここでも精神的弱さを露呈。NGを連発し、窮地に追い込まれる。だが、諦めかけたそのとき、共演者であるベテラン女優から救いの手が伸びる。彼女の的を射たアドバイスは功を奏し、マリリンヌは才能を開花させる。

 これで吹っ切れた。女優としての運命は決定づけられた。確信をいだく。ところが、続くシーンで描かれる私生活の不調に、漠然とした悪い予感を抱かされる――。

 はたしてマリリンヌはこのまま成功への道を進むのか、再び挫折してしまうのか。場面転換するたびに、境遇が変わっており、先がまったく読めない。綿密に設計された脚本が見事。ヒロインの不安定な人物造形と相まって、予断を許さない展開が続いていく。

 マリリンヌ役は、これが映画初主演のアデリーヌ・デルミー。意表をつくラストで観客をまんまと欺く演技は圧巻だ。第30回東京国際映画祭の最優秀女優賞を獲得した。

(文・沢宮亘理)

「マリリンヌ」(2017年、仏)

監督:ギヨーム・ガリエンヌ
出演:アデリーヌ・デルミー、ヴァネッサ・パラディ、エリック・リュフ、ラーズ・エディンガー

作品写真:(c)Photo Thierry
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 23:53 | Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」天才彫刻家、生誕100年記念の伝記映画

1.jpg

 長い下積み時代を経て1880年、オーギュスト・ロダンは初めて国から大きな仕事を発注され、意気揚々と創作に臨んでいた。国から支給された大理石保管所をアトリエに、構想を練り上げてきたのはダンテの「神曲」をテーマにした「地獄の門」だ。完成すれば、パリに建設予定の国立装備美術館の庭に設置されるモニュメントになる──。

 「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」は“近代彫刻の祖”ロダンの没後100年を記念して、パリのロダン美術館が全面協力を得て製作されたフランス映画だ。ロダン役に「ティエリー・トグルドーの憂鬱」(15)のヴァンサン・ランドン、ロダンの弟子で愛人のカミーユ・クローデルに「サンバ」(14)のイジア・イジュラン。監督、脚本は「ボネット」(96)のジャック・ドワイヨン。

2.jpg

 「地獄の門」の製作に取り掛かる40歳の1880年から晩年に絞り、アトリエで制作する姿とともに、42歳で出会う弟子であり愛人のカミーユ、内縁の妻ローズ(セヴリーヌ・カネル)、モデルたちと濃密な愛憎関係が描かれる。

 ロダンの人物像にまず驚かされる。カミーユと愛人関係になるが、内縁の妻とも別れられない。優柔不断で煮え切らない態度を突き通す。その間にも彫刻のモデルと肉体関係を持つなど、無類の女好きには驚くばかりだ。カミーユとの関係はかつて、イザベル・アジャーニ主演「カミーユ・クローデル」(88)で描かれた。同作はカミーユの視点だが、今回はロダンから見た関係である。

3.jpg

 女性たちとの愛憎劇と並行して、「地獄の門」、「カレーの市民」、「バルザック記念像」など傑作が生みだされる過程も詳細に描く。白衣を着てアトリエにこもり、彫刻に取り組む姿は天才そのもの。情熱と創作の源は、彼を取り巻く多くの女性たちだったのかもしれない。

 ロダンを演じたランドンは、弱さを抱えた偉人を魅力的に演じている。さらに、最後に過去と現在をつなぐ時空を超えたサプライズ。作品が大きく飛躍し、ロダンの彫刻が観客の興味をさらに刺激する仕掛けになっている。

(文・藤枝正稔)

「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」(2017年、仏)

監督ジャック・ドワイヨン
出演:バンサン・ランドン、イジア・イジュラン、セブリーヌ・カネル

2017年11月11日(土)、新宿ピカデリーほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://rodin100.com/

作品写真:(c)(C)Les Films du Lendemain / Shanna Besson
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 00:03 | Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

「ザ・サークル」SNSの光と影 監視社会を予言するサスペンス エマ・ワトソン×トム・ハンクス

1.jpg

 世界で30億人が利用する巨大SNS(交流サイト)「サークル」。運営主体の最先端企業に採用された新人社員メイ(エマ・ワトソン)は、ある事件をきっかけにカリスマ経営者・ベイリー(トム・ハンクス)の目に止まり、新サービスの実験モデルに抜擢される。

 ベイリーは「隠しごとは罪だ。すべてさらけ出せば、世界はもっと良くなる」という理想を掲げていた。メイはベイリーの指示で、自分の生活を24時間ネットに公開。瞬く間に1000万人を超えるフォロワーを獲得し、アイドル的存在になる──。

 デイブ・エガーズの同名原作小説を、エガーズ本人と「人生はローリングストーン」(15、未公開)のジェームズ・ポンソルト監督が共同で脚本化し、映像化したサスペンスだ。

2.jpg

 ある個人をカメラで24時間監視し、公開する映画といえば、ジム・キャリー主演「トゥルーマン・ショー」(98)が有名だ。19年前の作品だけにテレビ放送など大掛かりな仕掛けだった。今回は球体の超小型カメラで撮影し、SNSでライブ配信する。現代らしいリアルな設定だ。

 社会を「透明化」する名目で、個人の生活を24時間ライブ配信する新サービス「シーチェンジ」。実験者になったメイは、トイレに行く時間を除く一挙一動を公開するが、やがて心は徐々にむしばまれていく。

3.jpg

 「シーチェンジ」はその後、全人類を透明化する新サービス「ソウルサーチ」に発展。あらゆる場所に設置した監視カメラで、犯罪者の居所まで突き止めようとする。運営企業の「サークル」は暴走を始め、思わぬ悲劇を招いてしまう。「迷惑ユーチューバー」や過剰な「インスタ映え」が話題になる現実に合致した描写だろう。

 「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー、「美女と野獣」(17)のベルなど、ファンタジックなヒロインを演じてきたエマ・ワトソン。今回は24歳の女性会社員を等身大で好演する。すっかり貫禄のついたトム・ハンクスは、謎めいた経営者を器用に演じた。ジェームズ・キャメロン監督作品の常連俳優、ビル・パクストンの遺作にもなった。

(文・藤枝正稔)

「ザ・サークル」(2017年、米国)

監督:ジェームズ・ポンソルト
出演:エマ・ワトソン、トム・ハンクス、ジョン・ボヤーガ、カレン・ギラン、エラー・コルトレーン

2017年11月10日(金)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://gaga.ne.jp/circle/

作品写真:(C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 21:33 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

東京国際映画祭・特別企画「ゴジラ」シネマコンサート 上映&オーケストラ なじみのテーマ曲、新たに息を吹き込まれ

PIC_0069.JPG

 1954年に公開された「ゴジラ」(本多猪四郎監督)を上映しながら、伊福部昭が作曲した音楽パートをフルオーケストラが生演奏するぜいたくなイベント。第30回東京国際映画祭の特別企画として開催された。

 映画上映にオーケストラ演奏をシンクロさせたシネマコンサートは最近の流行で、多くは海外作品で行われている。「スター・ウォーズ」や「ハリー・ポッター」シリーズ、最近では「ラ・ラ・ランド」(16)のシネマコンサートも日本で開催された。しかし邦画では少なく、野村芳太郎監督の「砂の器」(74)ぐらいだろう。

 今回の「ゴジラ」シネマコンサートは、「ゴジラ」のサウンドトラックを伊福部の弟子で作曲家の和田薫が指揮し、東京フィルハーモニー交響楽団が演奏。劇中歌の「平和の祈り」を女声合唱団「Chor June」が歌い上げた。

 本編上映前には「平成ゴジラシリーズ」のプロデューサー・富山省吾氏、音楽プロデューサーの岩瀬政雄氏、「シン・ゴジラ」(16)の樋口真嗣監督を招き、「ゴジラ」の魅力と裏話を紹介するトークショーが行われた。岩瀬氏は今回の企画の苦労話として「『ゴジラ』は台詞、効果音、音楽全てが一つのトラックで録音された。今回はコンピューターで音楽トラックだけ消した」と語る。

 冒頭、東宝ロゴマークからスタッフとキャストロール、ゴジラの足音と雄叫びが入るはずだが、なぜか無音状態から音楽が始まるトラブルに見舞われた。しかし、そんなトラブルはなかったかのように、オーケストラはメーンタイトルを悠々と演奏し始める。

 今まで見てきた平面的でチープなモノラル版「ゴジラ」と別次元だ。3次元的で重厚、立体感に包まれた演奏に鳥肌が立った。本編に合わせて演奏される有名な「ゴジラのテーマ」。数々の聞きなれた曲が、まるで新たなサウンドトラックの公開収録を見ているような不思議な感覚にとらわれる。

 今さら言うまでもないが、終戦から9年後に作られた作品だけに、戦争の暗い影が随所に見え隠れする。巨大生物になす術を失くし、復興した東京の街がゴジラに破壊される。東京は再び焼け野原になり、呆然と立ち尽くす人々。視線の先には戦争で体験した恐怖と、絶望に隣り合わせた記憶がある。その後の「ゴジラ」シリーズにはない、市民の死への恐怖がダイレクトに描かれている。「ゴジラ」が怪獣映画の形を借りながら、痛烈な反戦映画となっていることを痛感させられた。

 旧作をリバイバル上映するだけの従来の方法とは異なり、今回のような切り口なら既存作品を新たに息を吹き込むことができるのだ。アンコールでは東宝怪獣映画音楽をメドレーでつないだ「SF怪獣ファンタジー」が演奏された。伊福部氏が音楽を担当した作品には「地球防衛軍」(57)、「宇宙大戦争」(59)、「海底軍艦」(63)など、オーケストラとシンクロ上映すると面白そうな作品がまだ多くある。「今後も第2、第3のシネマコンサートを見たい」と感じさせる素晴らしい企画だった。

(文・写真 藤枝正稔)

写真:(左から)樋口真嗣氏、富山省吾氏、岩瀬政雄氏

posted by 映画の森 at 23:13 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする