2017年07月23日

クァク・ジェヨン監督の新作「風の色」、韓国の富川映画祭で初上映

風の色1舞台あいさつ.jpg

 「猟奇的な彼女」(01)、「僕の彼女はサイボーグ」(08)のクァク・ジェヨン監督(韓国)がメガホンを取った日本映画「風の色」が7月14日、韓国の「第21回富川国際ファンタスティック映画祭2017」でワールドプレミア上映された。上映には監督と主演の古川雄輝、藤井武美が駆けつけた。日本では来年1月末に劇場公開される。

 恋人ゆり(藤井)の死を知らされた涼(古川)は、ゆりが「自分にそっくりな女性がいる」と話していた北海道を訪れ、彼女とうり二つの彩(藤井・二役)に出会う。彩も恋人のマジシャン隆(古川・二役)を海中イリュージョンの事故で失っていたが、隆は涼とそっくりだった。マジシャンを目指し腕を上げた涼は「隆のドッペルゲンガー」と呼ばれるようになる。涼は隆が失敗したイリュージョンを再現するため、真冬の知床に向かう。涼とゆり、隆と彩の関係が交錯する─−−。

風の色2監督.jpg

 「風の色」は、08年にゆうばり国際ファンタスティック映画祭に参加するため北海道を訪れたクァク監督が一面の雪景色にインスピレーションを受け、構想を温めてきた作品。10年の冬には札幌市に1カ月間滞在しシナリオを執筆。15年に北海道と東京などでロケを行った。

 映画の重要なモチーフはマジックだ。Mr.マリックが指導と監修を担当し、古川が鮮やかな手さばきでマジックを披露している。過酷だったのはクライマックスとなる海中イリュージョンのシーン。水中での撮影は長時間に及び、古川はロケ後に体調を崩して安静を強いられたという。

風の色スチール1.jpg 風の色スチール2.jpg

 同じ顔をした登場人物の正体をめぐるミステリーが加味されたロマンス。ゆりと彩、涼と隆は、顔こそ同じだが何かが違う。そのイメージには監督が感じた都市の類似性と相違性が投影されている。「札幌は日本の他の都市とは違い、風景や人々が東京と妙に似ている。それが雪に覆われると別の姿に変わるところに神秘的なものを感じた」(クァク監督)。

 クァク監督特有のユーモアや小ネタもいたるところに散りばめられ、旧作のファンには必見の作品となっている。「風の色」は18年正月第二弾、TOHOシネマズ日本橋ほかで全国公開予定。

写真
1:ワールドプレミア上映後に登壇した(左から)古川雄輝、藤井武美、クァク・ジェヨン監督=2017年7月14日、韓国富川市で(映画『風の色』製作委員会提供)
2:クァク・ジェヨン監督=17年7月、韓国富川市で芳賀撮影
3:「風の色」場面写真=富川国際ファンタスティック映画祭事務局提供
posted by 映画の森 at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

「ローラ」「天使の入江」ジャック・ドゥミ初期の傑作 みずみずしい青春のきらめき

『ローラ』main.jpg

 「シェルブールの雨傘」(64)で知られるジャック・ドゥミが、1961年に発表した長編デビュー作「ローラ」。「海の沈黙」(47)や「いぬ」(63)の名匠ジャン=ピエール・メルヴィル監督に「真珠の輝きをもつ作品」と激賞されながら、日本では92年に一度公開されたきり。劇場ではなかなか見る機会のなかった貴重な作品だ。

 描かれるのは徹頭徹尾、男女の恋。踊り子のローラをローランが恋し、ローランを未亡人のデノワイエ夫人が恋し、水兵のフランキーをデノワイエ夫人の娘のセシルが恋し、そしてローラは水兵だったミシェルを恋し――。複数の恋が、それぞれ独立して、しかも互いに反響し合いながら進行する。とりわけアヌーク・エーメが二役を演じるローラとセシルの初恋が、それぞれ強い輝きを放って美しい。

 遊園地でフランキーと楽しい時間を過ごしたセシルが、乗り物から降り、ほどけた髪が風になびくスローモーションの場面。ミシェルが帰還し、ローラと再会、仲間の踊り子たちがすすり泣く場面……。印象的なシーンは枚挙にいとまがない。   

 主演は「男と女」(66)のアヌーク・エーメ。撮影はゴダール作品で有名なラウル・クタール。音楽はミシェル・ルグラン。名女優や巨匠たちがみな若く、全編にみずみずしい感覚があふれる作品だ。

『天使の入江』main.jpg

 「ローラ」に続く長編第2作が「天使の入江」。若い銀行員がカジノで出会ったブロンドの美女と意気投合し、一攫千金のギャンブルにのめり込んでいく。勤勉で消極的な生活を送っていた青年ジャンが、友人に誘われカジノを初体験。いきなり大金を稼ぎ出し、ギャンブルの魔力にとりつかれる。

 休暇を取って出かけたニーズのカジノでは、金髪の美女ジャッキーと意気投合。彼女の性的魅力も相まって、みるみるギャンブルに深入りしていく。世間知らずのジャンをそそのかし、持ち金を引き出す魔性の女を演じるのは、すでに大女優の風格が漂うジャンヌ・モロー。熟女の色香をふりまき、青二才のジャンを翻弄する。

 賭けが人生そのものと化しているジャッキーにとって、ジャンは単なる賭博のパートナーなのだろうか。一方、ジャンは、ばくちに夢中なのか、ジャッキーに夢中なのかが、自分でも分からないように見える。すれ違った二人の心が、重なり合うことはあるのか――。

 ギャンブルと年上の女性。それまでの人生にはなかった刺激と魅力に撹(かく)乱されながら、決断たる行動をとる青年ジャンの姿が爽快だ。

 両作品とも特集上映「ドゥミとヴァルダ、幸福についての5つの物語」で上映。

(文・沢宮亘理)

「ローラ」(1961年、フランス)

監督:ジャック・ドゥミ
出演;アヌーク・エーメ、マルク・ミシェル、ジャック・アルダン、アラン・スコット

「天使の入江」(1963年、フランス)

監督:ジャック・ドゥミ
出演:ジャンヌ・モロー、クロード・マン、ポール・ゲール、アンリ・ナシエ

2017年7月22日(土)、シアター・イメージフォーラムほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.zaziefilms.com/demy-varda/

作品写真:
「ローラ」(c) mathieu demy 2000
「天使の入江」(c) ciné tamaris 1994

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

「彼女の人生は間違いじゃない」震災で傷を負った人々 福島出身・廣木隆一監督、渾身の1本

k1.jpg

 東日本大震災で母親を亡くし、今は仮設住宅で父親(光石研)と二人暮らしのみゆき(瀧内公美)。平日は市役所で働きながら、週末は東京でデリヘル嬢として働いている。父親は原発事故のあおりで職を失い、保証金でパチンコに通う毎日だった──。

 「さよなら歌舞伎町」(15)の廣木隆一監督が、処女小説を自ら映画化した「彼女の人生は間違いじゃない」。福島県郡山市出身の廣木監督にとって、作品として向き合うべきテーマなのだろう。82年、ポルノ映画でキャリアをスタートさせた監督。「800 TWO LAP RUNNERS」(94)で頭角を現し、「ヴァイブレータ」(03)で作家性を確立。「余命1ヶ月の花嫁」(09)、「雷桜」(10)、「娚の一生」(15)など職業監督としてあらゆるジャンルに取り組んできた。今回は震災を肌で感じた監督渾身の1本だ。

k2.jpg

 みゆきの毎日にさまざまな人生が交錯する。デリヘル店の従業員・三浦(高良健吾)は、風俗嬢となる女性たちの面接から送迎、警護までこなす頼りになる男。人知れず夢を抱き、家族も抱えていた。震災で母を亡くしたみゆきへの一言で、距離ができたかつての恋人・山本(篠原篤)。月日は流れて二人は再会する。みゆきの市役所の同僚・新田(柄本時生)も震災を経てもがいていた。

k3.jpg

 震災で心に傷を負い、それぞれに満たされない心。みゆきの場合、それがデリヘル嬢という極端な形で表れた。父親も被災者だが、保証金で酒とパチンコにおぼれる。震災から6年。多くの命が奪われ、残された人々の苦しみは続いている。居場所を失った人々の葛藤を、刹那的に描いた作品だ。

(文・藤枝正稔)

「彼女の人生は間違いじゃない」(2017年、日本)

監督:廣木隆一
出演:瀧内公美、光石研、高良健吾、柄本時生、篠原篤

2017年7月15日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://gaga.ne.jp/kanojo/

作品写真:(C)2017「彼女の人生は間違いじゃない」製作委員会

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ベースメント」JKビジネスに特殊詐欺 軽快な語りで社会の闇へ導く

ベースメント1.jpg

 JK(女子高生)ビジネス、特殊詐欺、危険ドラッグ……。健全な市民であれば決して近づいてはならないブラックな世界。闇に包まれた領域に踏み込んで、おぞましい実態を暴き出し、実話系の雑誌などに記事を発表しているのが、「ベースメント」の主人公である猪俣陽一だ。アシスタントはビデオカメラマン志望の麻生綾香。猪俣からは“麻生ちゃん”と呼ばれている若い女性だ。2人が次々と怪しい現場に飛び込み、社会の裏側に隠された真実を明かしていく。

 平穏な市民社会の裏側にうごめく、闇社会の真相。テーマ自体は重い。しかし、作品のテイストはすこぶる軽快だ。本編のかなりの部分は、麻生の撮影するビデオカメラを通した映像を使用。いわゆるPOV(主観ショット)で映し出されているため、画面はライブ感にあふれ、観客は麻生や猪俣とともに、取材現場に立ち会っている感覚が味わえるのだ。

ベースメント2.jpg

 違法行為や犯罪者を上目線で論じるのではなく、「何でも見てやろう」とばかりに、フットワーク軽く対象に迫る。これが、アングラ系のルポライターである猪俣のスタイル。自らがルポライターでもある井川楊枝監督の身上でもあろう。

 観客は井川監督の生き生きとした語り口に乗せられ、社会の闇に分け入っていくというわけだ。描かれている現場は、井川監督自身がライターとして取材を重ね、知り尽くしている世界。それだけに各シーンはリアルに再現され、映像にも説得力がある。

ベースメント3.jpg

 登場人物もそれぞれ魅力的だ。海千山千のライターで元ヤクザとも親交がある猪俣。怖いもの知らずと思いきや、案外と気が弱いところがあり、憎めない人物だ。演じるのは井川監督の著作に触発され、映画化を持ちかけたという増田俊樹。麻生役のサイトウミサや元ヤクザ役の成田賢壱をはじめ、他の俳優たちの求心力となって、全体の演技レベルを絶妙にコントロールしている。

 特筆すべきは、猪俣のオフィスに居候する女子中学生の七瀬星来(せら)だろう。不遇な生い立ちを淡々と語るが、果たしてどこまで本当なのか分からない。無邪気さとふてぶてしさを併せ持つ、不思議少女だ。麻生のカメラに向けるちょっと上目づかいの表情が印象的。「最強の地下アイドル」として知られる仮面女子の窪田美沙が出色の演技を見せている。

 「ミス東スポ2015」に輝いたグラビアアイドルの璃乃や、評論家の鈴木邦男など、個性豊かな出演者たちが全編を彩る。エンドロールの後まで目が離せない、スリルと興奮の83分。早くも続編の製作が決まったという。今度はどんな現場に立ち会えるのか。どんな人物と出会えるのか。今から待ち遠しい。

(文・沢宮亘理)

「ベースメント」(2016年、日本)

監督:井川楊枝
出演:窪田美沙、璃乃、増田俊樹、成田賢壱、落合萌、サイトウミサ、鎌田秀勝、鈴木邦男(特別出演)

2017年7月21日(金)、渋谷アップリンクほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://www.basement.tokyo/

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

「アリーキャット」窪塚洋介&降谷建志、アウトローを魅力的に

a1.jpg
 
 窪塚洋介と「Dragon Ash」の降谷建志が共演したバディー映画「アリーキャット」。俳優、監督として活動する榊英雄がメガホンを取り、妻の榊いずみが音楽を担当した。

 頭に後遺症を抱えた元ボクサーの朝秀晃(窪塚洋介、マル)と、自動車整備工場で働く梅津郁巳(降谷建志、リリィ)。秀晃が世話する野良猫「マル」が行方不明になり、保健所で知り合った。郁巳は猫を勝手に「リリィ」と呼んで自分のものと主張。怒る秀晃を置いて立ち去る。

 警備会社で働く秀晃のもとに、「ストーカーに悩むシングルマザーのボディーガード」の仕事が来る。気乗りしない秀晃だったが、会社は冴子(市川由衣)の警護を押し付ける。冴子をつけ回していたのは、元恋人の玉木(品川祐)だった。冴子と玉木の話し合いを監視する秀晃のところに、偶然郁巳が登場。話し合いがもつれ、秀晃と郁巳が割って入ったことで警察沙汰になってしまう。

a3.jpg

 水と油の秀晃と郁巳だったが、同じ猫をかわいがることで距離が縮まり意気投合する。互いに猫に名付けた「マル」、「リリィ」と呼び合うようになり、いつの間にか冴子のボディーガードも二人でするように。しかし、玉木と別の謎の男たちが冴子を狙うようになっていた──。

 社会の底辺でもがきながら自由に生きるマルとリリィ。冴子の警護を通して巨大な力にぶつかりながら、相手に一泡吹かせてやろうと奮闘する。1970年代のテレビドラマ「傷だらけの天使」、「探偵物語」を思わせるアウトローな生き様。松田優作主演作を作り続けた「東映セントラルフィルム」の匂いも感じる。

a2.jpg

 社会に迎合せず自分のルールで生きるマル。猫のように気ままなリリィ。キャラクター造形が秀逸だ。マルを演じた窪塚は久々のはまり役。映画初主演の降谷の未知数が合わさり、化学反応が起きている。負け犬二人が仕掛ける痛快な大勝負。粘着系の品川の演技もぴったり。火野正平の貫禄と凄みあるアドリブ、三浦誠己の小悪党演技。監督はそれぞれの個性を生かしている。アンダーグラウンドをしたたかに生きる男たちが魅力的な作品だ。

(文・藤枝正稔)

「アリーキャット」(2017年、日本)

監督:榊英雄
出演:窪塚洋介、降谷建志、市川由衣、土屋冴子、品川祐、柳英里紗

2017年7月15日(土)、テアトル新宿ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://alleycat-movie.com/

作品写真:(C)2017「アリーキャット」製作委員会

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする