2017年01月21日

「ショコラ 君がいて、僕がいる」パリに実在した芸人コンビ 光と影に満ちた半生

ckl_main.jpg

 20世紀初めのフランスで、実在した白人と黒人の芸人コンビをモデルにした映画「ショコラ 君がいて、僕がいる」。黒人芸人ショコラに「最強のふたり」(11)のオマール・シー、白人芸人フティットにチャールズ・チャップリンの孫ジェームス・ティエレ。今年はショコラの没後100年にあたる。

 地方巡業中のサーカス一座に、ピン芸人のフティットがオーディションを受けに来た。一座には「人食い人種」を名乗り、雄たけびで観客を脅かす黒人芸人カナンガがいた。かつては人気者だったフティットは、再起を目指して声をかけ、二人は舞台で芸を見せるチャンスを与えられる。

ckl_sub1.jpg

 白人と黒人。かつてない芸人コンビに観客は固まる。それを見てこわばるカナンガ。しかし、フティットの機転で客席から小さな笑いが起こり、やがて爆笑が巻き起こった。座長にも認められてデビューに成功。カナンガは「ショコラ」に名を変え、フランス史上初の白人と黒人の芸人コンビが誕生した──。

 人種差別が根強い当時のフランスで、二人の芸も偏見がベースになっていた。ショコラは基本的に「白人に虐げられる」役回り。不法移民で常に警察を恐れていた。見世物的な芸ではあったが、コンビは一流サーカスにスカウトされ、看板芸人に上り詰める。地位と名声を手に入れたのもつかの間、ショコラは酒とギャンブルにおぼれる。

ckl_sub2.jpg

 「映画の父」リュミエール兄弟のフィルムに、実際の二人の芸が残っている。コンビの半生は光と影に満ちていた。前半は人気を博して表舞台で輝き、後半でショコラは差別に苦しんでいく。二人を知らない人にも分かりやすく、丁寧な演出とテンポがいい構成だ。体を張った「動」、内面を掘り下げる「静」の演技。シーとティエレのアンサンブルもよく、ノスタルジックで郷愁に満ちた良作となった。

(文・藤枝正稔)

「ショコラ 君がいて、僕がいる」(2015年、仏)

監督:ロシュディ・ゼム
出演:オマール・シー、ジェームス・ティエレ、クロチルド・エム、オリビエ・グルメ、フレデリック・ピエロ

2017年1月21日(土)、シネスイッチ銀座ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://chocolat-movie.jp/

作品写真:(C) 2016 Gaumont / Mandarin Cinema / Korokoro / M6 Films
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

「太陽の下で 真実の北朝鮮」やらせ演出された少女の日常 隠しカメラが暴く独裁

kita_main.jpg

 北朝鮮、平壌。模範労働者の両親と暮らす8歳の少女ジンミは、金日成(キム・イルソン)主席の生誕記念日「太陽節」で披露する踊りの練習に余念がない。両親は仕事仲間から「優秀な娘を持った」と祝福され、家族は「理想的」な日々を過ごしていた──。

 ロシア出身のビタリー・マンスキー監督が、当局の許可取得に2年、撮影に1年かけ、北朝鮮庶民の日常を追ったドキュメンタリー作品。周囲に分からぬようカメラのスイッチを入れたままにし、撮影の裏で「指示」を繰り返す当局者の姿を映し出している。

kita_sub2.jpg

 ジンミは面接で少女5人の中から選ばれた。面接で「記者の父、食堂に勤める母、祖父母と一緒に駅近くのワンルームマンションで暮らしている」と話したジンミだったが、いざ撮影に向かうとそこは一等地の高級マンション。高層階で新品の家具に囲まれ、両親と3人で暮らしていた。

 平壌の朝。雪が残る寒空の下、大勢の人たちがラジオ体操に励んでいる。徒歩で通学する生徒たちを横目に、「エリートクラス」のジンミは大型バスで登校。人が歩き、バスに乗るタイミングまで、当局の「演出」で計算されていた。

 ジンミが通う「エリート校」では、金日成主席の武勇伝が繰り返し教えられていた。日本統治下の朝鮮半島で「日本人と地主を退治した」美談が刷り込まれる。崇高でありがたい授業のはずが、退屈なのか居眠りする少女もいる。ロボットのように忠誠を誓いながら、ちょっとしたところに正直な現実を見せてしまう。

kita_sub1.jpg

 一方、ジンミの両親は撮影に合わせて職業が変えられていた。記者の父は繊維工場の技師。食堂勤めの母は豆乳工場の従業員。二人の働く姿を通し、北朝鮮当局は「優れた技術と素晴らしい労働環境」をアピールする。

 マンスキー監督は当局に操られているふりをしつつ、ひそかにカメラを回し続け、やらせ演出で美化される「庶民の日常」を発信する。無垢な少女の涙と、厳しい独裁の現実。意欲的なドキュメンタリー映画だ。

(文・藤枝正稔)

「太陽の下で 真実の北朝鮮」(2015年、チェコ・ロシア・ドイツ・ラトビア・北朝鮮)

監督:ビタリー・マンスキー
出演:リ・ジンミ

2017年1月21日(土)、シネマート新宿ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://taiyouno-shitade.com/
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

「キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち」パク・デミン監督に聞く「愉快で軽快、豊かな映像表現で」

パク・デミン監督.jpg

 韓国の伝説的詐欺師を描く映画「キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち」がいよいよ1月20日より公開される。公開を前に来日したパク・デミン監督は「愉快で軽快な詐欺師を、豊かな映像表現で描きたかった」と語った。

 人気若手俳優のユ・スンホが主人公のキム・ソンダルを演じ、アイドルグループ「EXO」のシウミンが映画初出演。脇を実力派のコ・チャンソク、チョ・ジェヒョンらが固め、見ごたえある娯楽作品に仕上がった。

kim_main.jpg

 パク監督との主なやり取りは以下の通り。

 ──キム・ソンダルを題材に、スケールの大きい娯楽作品を作ろうと思ったきっかけは。

 私一人の発想ではなく、製作サイドと一緒に作り上げてきた。キム・ソンダルは当初のシナリオでは脇役だったが、主人公にすればずっと愉快で軽快になると思い、設定を変えた。

 キム・ソンダルの魅力は単なる悪党ではないところ。石川五右衛門のように、貴族階級の両班(ヤンバン)による搾取で苦しむ庶民のヒーローだった。しかし、詐欺師を中心に作品を広げるのは難しかった。詐欺師は口で相手をだますもの。話としては面白いが、映像を見て面白く、豊かな表現でなければならない。

 伝説のキム・ソンダルは単独行動で、エピソードは断片的だった。映画は大きな一つの物語にしなければならない。チームにして個々の詐欺行為も規模を大きくした。劇中登場する「大河(大同江)を売り飛ばす」話も、もともとは単純な詐欺だった。物語を複雑にし、大きな堤防を築いたりして、スケールを大きく見せる工夫をした。

kim_sub1.jpg

 ──主演のユ・スンホについて、監督は「真面目で固い」イメージを持っていたと聞いた。起用の経緯は。

 脚本は彼を念頭に書いたわけではない。もともとキム・ソンダルは中年の設定だったが、映画なら若くてセクシー、面白い人物にしようと決めた。執筆中、ユ・スンホは兵役中で念頭になかったが、書き上げてから除隊の記事を読み、彼に決めた。

 ──監督から見たユ・スンホ、シウミンの魅力は。

 ユ・スンホのセクシーさ、シウミンのかわいらしさは、それぞれのキャラクターにおいて望まれるもので、表現してほしかった。持って生まれた要素もあり、二人ともうまく表現してくれた。ユ・スンホは子役出身。除隊した後に深みが出てきたと思う。行き過ぎず、自然に醸し出される要素でうまく演じた。シウミンも自分自身のかわいらしさを生かしていた。

 ユ・スンホは詐欺師役で、撮影序盤はぎこちない部分もあった。撮影を重ねるごとに能力を上げ、自然に詐欺師の姿を見せられるようになった。変化を感じた。

kim_sub2.jpg

 ──作品から「仕事も人生も楽しむ」メッセージが伝わってくる。監督も楽しんで撮影できたか。

 長編デビュー作「影の殺人」(09)ではプレッシャーを感じ、本当に大変だった。今回は俳優もスタッフも現場で楽しんでくれた。怒号が飛び交うこともなく、むしろ体重が増えてしまったぐらいだ。

 次回作は現代もの、女性が主人公のアクションを考えている。アイデアを練っているところだ。

(聞き手・写真 岩渕弘美)

「キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち」(2016年、韓国)

監督:パク・デミン
出演:ユ・スンホ、コ・チャンソク、ラ・ミラン、シウミン、チョ・ジェヒョン

2017年1月20日(金)、TOHOシネマズ シャンテ、TOHOシネマズ 新宿ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://kimseondal.jp/

作品写真:(C)2016 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.

posted by 映画の森 at 08:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

ゆうばり映画祭がラインアップ発表 復活10年目、招待作品に「ひるね姫」「哭声」

ゆうばり会見.jpg

 2017年3月2日から6日に北海道夕張市で開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」は1月16日に札幌市内で記者会見を開き、ラインアップを発表した。招待作品部門は8作品で、オープニングは神山健治監督のアニメーション「ひるね姫 知らないワタシの物語」、クロージングは出演した國村隼の演技が韓国で評判となったナ・ホンジン監督の新作「哭声 コクソン」。新人監督を発掘し支援するファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門には国内外の7作品がノミネートされた。期間中に計86本の映画を上映する。

 映画祭が市の財政難で一時休止し、民間の手で2008年に復活してから今年で10回目となる。今回から実行委員長を務める作家の小檜山博氏は「映画は一回しか生きられないはずの人生を何度でも生き直すことができる素晴らしいもの。北海道は東京に次いでロケが多い地域だが、ゆうばり映画祭が北海道の文化の核になるよう発展していってほしい」とあいさつした。

ひるね姫.jpg コクソン.jpg

 招待作品部門には、俳優の斎藤工の初長編監督作品「blank13」や、韓国ドラマ「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督が北海道を舞台に日本のキャストで撮った自身初の劇場映画「心に吹く風」、劇団EXILEの青柳翔が主演する時代劇「たたら侍」など、注目作が集まる。

 オフシアター・コンペティション部門には国内396本、海外136本の合計532本の応募があり、このうち7本がノミネートされた。内藤誠監督を審査委員長とする5人の審査員が受賞作を選ぶ。 

ゆうばりキー.jpg

 昨年スタートした18歳未満お断りのセクション「フォービデンゾーン」は、ゆうばりでしか体験できない強烈な世界が展開される。國村準のトークやゆうばり映画祭の歴史と未来を語り合うシンポジウムなど、さまざまなイベントも予定されている。

(文・写真 芳賀恵)

<招待作品>
【オープニング】「ひるね姫 知らないワタシの物語」神山健治監督
【クロージング】「哭声 コクソン」ナ・ホンジン監督
「ライオン」(原題)ガース・デイビス監督
「blank13」斎藤工監督
「KOKORO」(英題)ヴァンニャ・ダルカンタラ監督
「たたら侍」錦織良成監督
「心に吹く風」ユン・ソクホ監督
「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」パブロ・ラライン監督

写真:
映画祭実行委員会とご当地キャラ「メロン熊」=札幌市で

作品写真:
【オープニング】
「ひるね姫 知らないワタシの物語」(c)2017ひるね姫製作委員会
2017年3月18日(土)、丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほかで全国公開
【クロージング】
「哭声 コクソン」(c)2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION

キービジュアル:
「大怪獣 雪山の大熱戦!」寒河江弘×飯塚貴士
posted by 映画の森 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

「ネオン・デーモン」ファッション業界の嫉妬と狂気 レフン監督、独自に幻想的に

nd_main.jpg

 誰もが目を奪われる美しさを持つ16歳のジェシー(エル・ファニング)は、トップモデルになる夢をかなえるため、田舎町からロサンゼルスへやってくる。すぐに一流デザイナー、カメラマンの心をとらえると、ライバルたちが嫉妬の炎を燃やす──。

 カンヌ国際映画祭監督賞の犯罪アクション「ドライヴ」(11)で、世界中の映画ファンを魅了したニコラス・ウィンディング・レフン監督。次作「オンリー・ゴッド」(13)はタイに舞台を移し、暴力を前面に押し出す復讐劇だった。今回は一転、ファッション業界の嫉妬と狂気をスタイリッシュな映像で描く。

nd_sub1.jpg

 表の華やかさと裏腹に、実情は女のドロドロした感情が渦巻くトップモデルの世界。マネキンのような冷静さを装いながら、燃え上がる野心をぶつけ合い、狂気の牙をむく女たち。映像はスタンリー・キューブリック、デビッド・リンチのように独創的で説明を排除した表現で、観客を突き放す。

 赤、青、紫、緑などの色を画面に配しながら、真っ白い空間や左右対称の構図を多用する。キューブリック的で人工的な映像美だ。迷宮世界に踏み込んだジェシーは、脳の中で時おり幾何学模様を見る。「2001年宇宙の旅」(68)で、宇宙飛行士が見た脳内世界のようだ。

nd_sub2.jpg

 一方、音楽はクラシカルなアナログシンセで作り出した1970年代風エレクトロ・ミュージックが前面に。「タクシー・ドライバー」(76)のバーナード・ハーマンの曲を彷彿とさせるなど、迷宮に踏み込んだジェシーの悪夢に寄り添っていく。

 「ドライヴ」、「オンリー・ゴッド」で暴力と狂気を直接表現したレフン監督。今回は内面に湧き上がる狂気を幻想的に描いた。難解で内省的な世界は観る者を選ぶが、独創的な映像は観客を惑わせるだろう。静かな狂気を切り取る衝撃作だ。

(文・藤枝正稔)

「ネオン・デーモン」(2016年、仏・米・デンマーク)

監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
出演:エル・ファニング、キアヌ・リーブス、カール・グルスマン、クリスティーナ・ヘンドリックス、ロバータ・ホフマン、ジェナ・マローン

2013年1月13日(金)、TOHO シネマズ 六本木ヒルズほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://gaga.ne.jp/neondemon/

作品写真:(C)2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch
posted by 映画の森 at 10:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする