2020年07月28日

「17歳のウィーン フロイト教授 人生のレッスン」名優ブルーノ・ガンツの遺作、温かな演技が心にしみる

1.jpg

 1937年、ナチス・ドイツへの併合で揺れるオーストリア。自然豊かな湖のほとりに母親と暮らす17歳の青年フランツ(ジーモン・モルツェ)は、タバコ店見習いとして働くためウィーンにやって来た。“頭の医者”として知られる常連のフロイト教授(ブルーノ・ガンツ)と親しくなり、人生を楽しみ、恋をするように勧められる。やがてフランツはボヘミア出身の女性アネシュカにひとめぼれ。初めての恋に戸惑い、フロイトに助言を仰ぐが、オーストリアは激動の時を迎えようとしていた──。

 2012年に出版されたローベルト・ゼーターラーの小説「キオスク」の映画化で、監督はオーストリア出身のニコラウス・ライトナー。ヴィム・ベンダース監督の「ベルリン・天使の詩」(87)などで知られ、2019年に他界した名優ブルーノ・ガンツの遺作となった。

2.jpg

 物語はフランツの視点で描かれる。ウィーンでは見るもの全てが新鮮だった。ナチスが侵食し始めた街のタバコ店という小さな世界で、戦争で片足を失った店主オットー(ヨハネス・クリシュ)から接客を学びつつ、常連たちとの短い会話から生まれる人脈。タバコ店は大人に成長する学びの場となる。店ではタバコや新聞のほか、大人向けの卑猥な雑誌も隠れて販売していた。そこへ実在した心理学の巨匠フロイトが常連として登場する。

 フロイト教授はフランツに恋と人生を教える良き理解者で、物語に深みを与えている。母子家庭に育ったフランツにとって、店主オットーとフロイトは父親のような存在といえよう。人生の表裏を教えるオットーと、大人の恋と精神世界を教えるフロイト。二人の教えに導かれてフランツは成長する。

3.jpg

 現実の物語と並行して、フランツが見る夢、突発的な妄想が映像として挿入される。フロイト教授の心理学と物語がリンクするように、幻想的であったり暴力的であったりする。観客がフランツの心理状態を、精神分析のように読み取れる仕組みだ。

 ナチスが暗い影を落とすウィーンで、老いや病と闘いながら、青年を導くフロイト教授に命を吹き込んだガンツ。「ベルリン・天使の詩」(87)の天使役で知られる名優だが、「ヒトラー 最後の12日間」(04)ではヒトラー本人を演じた。今回演じたフロイト教授はユダヤ人で、ナチスから逃げるように英国へ亡命する。

 フィクションに史実が程よくミックスされた魅力的なドラマ。ガンツの温かく、心にしみる最後の名演だ。

(文・藤枝正稔)

「17歳のウィーン フロイト教授 人生のレッスン」(2018年、オーストリア・ドイツ)

監督:ニコラウス・ライトナー
出演:ジーモン・モルツェ、ブルーノ・ガンツ、ヨハネス・クリシュ、エマ・ドログノバ

2020年7月24日(金)、Bunkamura ル・シネマほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://17wien.jp/

作品写真:(C)Tobis Film Petro Domenigg
posted by 映画の森 at 10:44 | Comment(0) | オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月15日

「私がモテてどうすんだ」少女漫画を原作に テンポ良く明るい学園コメディー

1.jpg

 アニメ大好き、BL(ボーイズ・ラブ)大好き、妄想大好き。ヲタク道まっしぐらな花依(富田望生)は、大好きなアニメキャラが死んだショックで1週間も寝込み、目が覚めたら激ヤセして超絶美人(山口乃々華)になっていた。そんな花依を同じ学校のイケメンたちが好きになる──。

 第40回講談社漫画賞・少女部門を受賞作の「私がモテてどうすんだ」を映画化した作品。監督、脚本は「HiGH&LOW」シリーズの脚本を担当し、「DTC-湯けむり純情篇-from HiGH&LOW」(18)で監督デビューした平沼紀久。

2.jpg

 高校を舞台に少女1人と男子4人が織りなす恋愛コメディー。学園恋愛漫画「花より男子」を思わせる設定だ。主人公・花依のキャラ設定がすごい。恋愛経験なしでアニメとBLが大好きな太った妄想少女。クラスに1人はいて、男子が気にもとめない存在だが、激ヤセして美人に変身したことで状況が一変する。

 ぶっ飛んだ設定を漫画なら簡単に表現できるが、実写では難しい。ハリウッド映画「ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合」(96)では、痩せたエディ・マーフィーが特殊メイクで巨漢を演じた。「私がモテてどうすんだ」は富田と山口が二人一役。割り切ったキャスティングだ。

3.jpg

 富田のコメディエンヌぶりに対して、美少女変身後の山口は演技と歌とダンスで魅了する。変身した花依に一目ぼれしてしまうイケメンも個性派がそろった。サブカル系の吉野北人、スポーツ系の神尾楓珠、チャラい系の伊藤あさひ、ツンデレ系の奥野壮。

 ポイントは花依の外見と内面のギャップだ。痩せてかわいくなったものの、中身はバリバリのヲタク少女。イケメンがイチャイチャするのを見て妄想を膨らませ、デートはアニメスポット巡り。油断するとまたすぐ太ってしまうが、イケメン4人は突き放すことなく、ごほうびをちらつかせ、美少女に戻そうと努力する。力を合わせる姿がほほえましい。美少女となった花依を舞台劇のヒロインにスカウトする演劇部員も加わり、花依のハート射止めるためしのぎを削る4人。恋愛ゲームに火花が散る。

 少女漫画が原作ならではのテンポよいドラマに笑いをちりばめ、バランスの良い演出でグイグイと観客の心をつかむ。歌とダンスも挿入されて気分も盛り上がる。新型コロナウイルスの感染拡大で、暗くなりがちな世相だが、そんな気分を忘れさせてくれる楽しい恋愛コメディーだ。

(文・藤枝正稔)

「私がモテてどうすんだ」(2020年、日本)

監督:平沼紀久
出演:吉野北人、神尾楓珠、山口乃々華、富田望生、伊藤あさひ、奥野壮

2020年7月10日(金)から公開中。作品の詳細は公式サイトまで。

https://movies.shochiku.co.jp/eiga-watamote/

作品写真:(C)2020「私がモテてどうすんだ」製作委員会 (C)ぢゅん子/講談
posted by 映画の森 at 21:17 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭、9月以降にオンライン開催

ゆうばりフォト2019年.jpg

 北海道夕張市で行われるゆうばり国際ファンタスティック映画祭の事務局は22日、今年の映画祭を9月以降にオンライン形式で開催すると発表した。日程は改めて調整するとしている。新型コロナウイルス感染症拡大の懸念が残るため、観客を集めた上映を断念した。

 実行委員会は「全国・海外から約1万人が来場する。来場者や運営スタッフ、市民ボランティア、学生ボランティア、そして映画関係者に感染するリスクを避け、健康と安全を最優先に考慮した」としている。

 コンペティション部門もオンライン上映とし、応募者には上映方式や審査上映について6月末ごろに案内する予定。

 ゆうばり映画祭は1990年に始まって以来「雪の中の映画祭」として親しまれてきたが、スキー客誘致との兼ね合いから近年は上映会場や宿泊施設の確保が困難になっていた。昨年3月の映画祭で、30回目を迎える2020年から夏季開催に変更することを発表。当初は8月28日から行うとしていたが、準備時間を考慮し、さらに遅らせる。

(文・芳賀恵)

写真:2019年映画祭のフォトセッション(C)ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019
posted by 映画の森 at 17:16 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月08日

「アドリフト 41日間の漂流」ヨットで遭難、生還まで 壮絶実話の映画化

1.jpg

 1983年、婚約したてのタミー(シャイリーン・ウッドリー)とリチャード(サム・クラフリン)は、世界旅行の資金を稼ぐため、ヨットでタヒチからサンディエゴへ向かった。出発から2週間後、ハリケーンに遭遇。巨大津波に飲み込まれてしまう。船室のタミーは目を覚ますが、ヨットは操縦不能で無線もつながらない。リチャードは大けがを負い、波に漂っていた。リチャードを助け出したタミーは、セーリングの知識を総動員して陸を目指す──。

 タミー・オールダム・アッシュクラフトが1983年、ハリケーンにより難破、漂流、生還するまでの41日間を記録した原作をベースに、アーロン&ジョーダン・カンデルが脚本化した。監督、製作は実際の集団遭難を映画化した「エベレスト3D」(15)のバルタザール・コルマウクル。

2.jpg

 実際の海難事故を描いた映画は世界に数多くある。最近では1991年に米国でハリケーンにのまれた漁船を描いた「パーフェクトストーム」(00)があるが、生存者がいないため、出航後のエピソードは創作だった。一方、「アドリフト 41日間の漂流」は生還したタミーが書いた経験談がベース。生きて帰ることがあらかじめ分かっている。

 そこで作品は、実話を逆手に取った構成となっている。二人の出会い、恋愛に発展する過程、リチャードがヨットを運ぶ仕事を引き受け、出航からハリケーンに遭うまでの過去に、難破して漂流する現在が交差して展開する。

3.jpg

 実話である制限がある中、平面的になりがちなドラマを時間軸を巧みに操って立体的に描く。漂流者や遭難者が見るという“ある現象”を大胆に取り入れ、ハリケーンの恐怖をダイナミックに再現。漂流する人物の心理を丁寧に描写した。テレビの実話再現番組のように陳腐ではなく、映画ならではの骨太な人間ドラマに仕上がった。

 遭難する現在のパートは、ウッドリーとクラフリンの二人芝居だ。タミーの船上でのサバイバル生活。漂流したリチャードは助けられるが、けがで寝たきりとなり、ほとんど動けない。大海原で絶望しつつ、二人は互いを頼って生きようとする。

 製作も務めたタミー役のウッドリーがいい。主演したSFアクション「ダイバージェント」シリーズのヒロインから一転、ぎりぎりの精神状態の中、生還を信じてあきらめない姿を好演した。空腹のリチャードのために海に潜り、もり一本で魚を仕留めるアクションも披露。柔軟な演技に共感し、自然と物語に引き込まれる。再現ドラマの域を超え、ひねりの利いた壮絶な実話映画に仕上がった

(文・藤枝正稔)

「アドリフト 41日間の漂流」(2018年、英・米)

監督:バルタザール・コルマウクル
出演:シャイリーン・ウッドリー、サム・クラフリン

2020年公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://adrift-movie.jp/

(C)2018 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

posted by 映画の森 at 15:26 | Comment(0) | 英国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

「ポップスター」ナタリー・ポートマン主演 輝ける歌姫の栄光、転落、再起

1.jpg

 2000年、米国。同級生による銃乱射事件で、生死のふちをさまよったセレステ(ラフィー・キャシディ)。姉のエリー(ステイシー・マーティン)と作った犠牲者の追悼曲が異例の大ヒットとなり、敏腕マネージャー(ジュード・ロウ)の手で一気にスターダムを駆け上がる。

 18年後。人気の絶頂を極めたセレステ(ナタリー・ポートマン)だったが、アルコールとスキャンダルにつまずき、活動休止に追いやられる。悪魔に魂を売ってでも再びステージで輝きたい歌姫は、再起をかけたツアーを企画する──。監督、脚本は「シークレット・オブ・モンスター」(2015)で長編監督デビューした俳優のブラディ・コーベット。

2.jpg

 作品は2部構成だ。幕開けは1999年。銃乱射に巻き込まれた14歳のセレステは、ショービジネス界に入り、スターの階段を上っていく。しかし、マネージャーとエリーが男女の関係となり、姉妹の関係にひびが入る。少女時代をラフィー・キャシディが演じる。2017年からの後半では、ポップス歌手として大スターとなった31歳のセレステ役を「レオン」(94)、「ブラックスワン」(10)のナタリー・ポートマンが演じる。

 銃乱射の悲劇をばねに、スター街道を走る少女を描いており、前半が秀逸だ。まず乱射事件の描写がショッキングで凍りつく。重傷のセレステはベッドの上で歌を作り、人々の共感を得てショービジネスの世界へ。普通の少女が芸能界に入ったことで、自堕落な生活に陥る過程が生々しい。キャシディが素人っぽいセレステを魅力的に演じている。

3.jpg

 しかし、後半のセレステは貫禄の大スターになっており「17年の間に何があったのか」と思うほど変貌している。恐らく米ポップ界の大スター、マドンナを参考にしたのだろう。精神的に追い詰められる歌姫の舞台裏ドラマが、前半とかみ合わずバランス悪く感じた。

 前半は銃乱射事件に揺れる少女の心を丁寧に掘り下げたが、後半はショービジネスの裏側が楽屋落ち的に明かされる。セレステの家族のドラマに加え、ポートマンの夫のバンジャマン・ミルピエが振り付けたクライマックスのステージ。全体に欲張りすぎた印象だ。完ぺきだった前半の足を凡庸な後半が引っ張ってしまい、惜しい作品となった。

(文・藤枝正稔)

「ポップスター」(2018年、米)

監督:ブラディ・コーベット
出演:ナタリー・ポートマン、ジュード・ロウ、ラフィー・キャシディ、ステイシー・マーティン、ジェニファー・イーリー

2020年公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://gaga.ne.jp/popstar/

作品写真:(C)2018 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC
posted by 映画の森 at 23:40 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする