eiganomori

インタビュー

“共に食べ、共に生きる” ヤン ヨンヒ監督新作「スープとイデオロギー」を語る

 在日コリアンのヤン ヨンヒ監督の家族ドキュメンタリー第3弾「スープとイデオロギー」が全国で順次公開中だ。前2作で在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の熱心な活動家だった両親を見つめてきた監督は、母の人生を決定づけたものが済州島の住民武力弾圧...
レビュー

「女神の継承」タイと韓国がタッグ フェイク・ドキュメンタリー・ホラーの快作

 タイの小さな村。若く美しいミンが、原因不明の体調不良に見舞われ、人格が変わったように凶暴な言動を繰り返す。途方に暮れた母親は、祈祷師である妹のニムに助けを求める。ミンは一族の後継者に選ばれて憑依され、苦しんでいるのではないか。ニムは祈祷...
レビュー

「ボイリング・ポイント 沸騰」正真正銘のワンショット撮影 高級店舞台の群像劇

 1年で最もにぎわうクリスマス前の金曜日、英ロンドンの人気高級レストラン。オーナーシェフのアンディ(スティーブン・グレアム)は妻子と別居して疲れ切っていた。運悪く衛生管理検査で評価を下げられるなど、次々トラブルに見舞われる。気を取り直して...
レビュー

「ビリーバーズ」無人島で「入信」した3人 極限状態での人間心理

 無人島で生活する男2人と女1人。新興宗教「ニコニコ人生センター」に所属している。互いにオペレーター(磯村優斗)、副議長(北村優衣)、議長(宇野祥平)と呼び合い、冥想や夢の報告、テレパシー実験など、メールで送られてくる不可解な指令を実行。...
中国

「ワン・セカンド 永遠の24フレーム」チャン・イーモウ、円熟の懐古趣味

 1969年、文化大革命真っただ中の中国。造反派に抵抗し、強制労働所送りになった男(チャン・イー)は妻と離婚。最愛の娘とも疎遠になってしまう。数年後、映画本編前に流れるニュース映画“22号”に娘の姿が1秒だけ映っているとの手紙を受け取った...
イベント

「オフィサー・アンド・スパイ」黒沢清監督トーク 冤罪めぐる権力との攻防「現代に通じる」

 ロマン・ポランスキー監督最新作「オフィサー・アンド・スパイ」の公開を6月3日に控え、東京・渋谷でこのほど、黒沢清監督のトークイベントが開かれた。黒沢監督は「簡単な真実を公表することが、どれだけ難しいか。一度決められた事実を覆すのがいかに...
映画祭

韓国俳優カン・スヨンさん死去 アジア初のベネチア主演女優賞

 韓国の映画俳優カン・スヨンさんが5月7日、ソウル市で死去した。55歳。5日に同市内の自宅で倒れて病院に搬送。脳出血と診断されて治療を受けていた。現地報道によると、8~10日に「映画人葬」が行われる。  カンさんは1966年生まれ。...
インタビュー

WOWOWオリジナルドラマ「今どきの若いモンは」反町隆史に聞く

「人のつながりの大切さ 共感してもらえれば」  4月9日放送スタートのWOWOWオリジナルドラマ「今どきの若いモンは」主演の反町隆史がこのほどインタビューに応じた。人気同名漫画を原作とした1話約8分、放送30分で3話展開する連続ドラ...
フランス

「アネット」レオス・カラックス監督、歌でつづるダークな寓話

 仏映画「ポンヌフの恋人」、「汚れた血」のレオス・カラックス監督によるダークな寓話「アネット」。ロン&ラッセル・メイル兄弟のロックバンド「スパークス」がアルバムとして作り上げた物語を、全編通して歌で語るロック・オペラだ。  米ロサン...
インタビュー

大阪アジアン映画祭グランプリ「おひとりさま族」ホン・ソンウン監督に独占インタビュー 「人は一人で生きても、誰かと必ずつながっている」

 3月に開催された第17回大阪アジアン映画祭2022でグランプリを獲得した韓国映画「おひとりさま族」。公私にわたり孤高の生き方を貫く女性が、職場の新人やマンションの隣人との摩擦を経て、他人とのかかわり方を変化させていく。「映画の森」の独占...
タイトルとURLをコピーしました