2018年01月26日

「谷崎潤一郎原案 TANIZAKI TRIBUTE」舞台を現代に 耽美で濃厚な独自世界

k.jpg

文豪・谷崎潤一郎の小説3作品を原案に、舞台を現代に置き換え、新進3監督が映画化したプロジェクト「谷崎潤一郎原案 TANIZAKI TRIBUTE」。2018年1月27日(土)から順次公開される。

「神と人との間」

 町医者の穂積(渋川清彦)と、親友で売れない漫画家の添田(戸次重幸)は、ともに熱帯魚屋で働く朝子(内田慈)に惚れている。穂積は朝子を譲り、添田と朝子は結婚する。しかし添田はすぐに愛人を作り、朝子を虐待し、穂積と朝子が不倫するようにけしかける。監督・脚本は「グレイトフルデッド」(14)、「下衆の愛」(16)の内田英治。

 谷崎が妻を友人の佐藤春夫に譲った「細君譲渡事件」を基にした短編小説が原案。屈折した愛情と奇妙な友情の間で、複雑に絡み合う三角関係を、監督は入念に描いた。いつもワイルド系な役が多い渋川が一転、ダサい衣装でとつとつとした抑えた演技。男の純愛を内面からにじみ出させ、哀愁を醸し出した。

「富美子の足」

 富豪の老人・塚越(でんでん)はデリヘルで見つけた富美子(片山萌美)を愛人にした。美しい足を偏愛して喜ぶ日々。フィギュア作家の甥・野田(渕上泰史)に、富美子の足の実物大フィギュア製作を依頼する。監督は「リュウグウノツカイ」(14)、「桜ノ雨」(16)のウエダアツシ。

f.jpg

 女性の足に執着した老人のフェティシズムをでんでんが怪演する。老人の偏愛を受け入れた富美子だが、ストレスが限界に達すると、バッティングセンターで憂さ晴らし。しかし、センターは閉店してストレスの矛先は野田に向かい、眠っていたサディスティックな一面が開花する。富美子がマゾからサドへ変わり、リミッターが外れる後半が痛快だ。

「悪魔」

 大学入学のために上京した佐伯(吉村界人)は、閑静な住宅街にある林邸に下宿する。そこには大家の千枝と娘で高校生の照子(大野いと)、照子を偏愛する林家の親戚・鈴木(前田公輝)が住んでいた。監督は「オー!ファーザー」(14)の藤井道人。

a.jpg

 谷崎の「悪魔」、「続悪魔」が原案。新しい環境に馴染めず、薬とアルコールに溺れる佐伯が幻覚から生み出す内なる悪魔。佐伯は照子や同級生・あゆみに惑わされ、小悪魔ぶりに翻弄され、崩壊していく。ホラー映画を思わせるダークなトーン、エロティシズムが融合したおぞましい作品だ。

「谷崎潤一郎原案 TANIZAKI TRIBUTE」で描かれる世界は、「鍵」、「痴人の愛」、「白日夢」、「卍」など、エロティシズムな作品群に近い。男の女に対する偏愛やフェティシズムなど、さまざまに屈折した愛を濃密に描いている。

(文・藤枝正稔)

「神と人との間」(2018年、日本)

監督:内田英治
出演:渋川清彦、戸次重幸、内田慈、山田キヌヲ、
萬歳光恵

「富美子の足」(2018年、日本)

監督:ウエダアツシ
出演:片山萌美、淵上泰史、武藤令子、山田真歩、福山翔大

「悪魔」(2018年、日本)

監督:藤井道人
出演:吉村界人、大野いと、前田公輝、遠藤新菜、山下容莉枝

2018年1月27日(土)、テアトル新宿ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://tanizakitribute.com/

作品写真:(C)「TANIZAKI TRIBUTE」製作委員会

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 13:25 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

「ジュピターズ・ムーン」空中に浮く難民少年 大金がほしい医師 「信頼」テーマの人間ドラマ

1.jpg

 医療過誤訴訟で訴えられている医師・シュテルン(メラーブ・ニニッゼ)は、難民キャンプで違法に難民を逃がして金を稼いでいた。ある日、被弾し瀕死の重傷を負った少年アリアン(ゾンボル・ヤェーゲル)が運び込まれる。シュテルンはアリアンが重力を操り、浮遊する能力を持ち、傷を自力で治癒できると知る──。

 ハンガリー出身のコーネル・ムンドルッツオ監督が「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」(14)に続き「信頼」について描いた「ジュピターズ・ムーン」。第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、審査員を務めた俳優のウィル・スミスが絶賛して話題となった。

2.jpg

 すし詰めの列車に乗せられ、ハンガリー国境にたどり着いたシリア難民たち。警備隊に阻まれながら、一斉に国境を越えようと森へ走り出す。アリアンは父とはぐれて一人で走り続けるが、警備隊のラズロに銃で撃たれてしまう。

 地面に倒れたアリアンの傷口からあふれた血は、玉状となって宙を舞う。アリアンの体も空中に浮かび、一定の高さまで上昇して止まり、地上に落下する。その後、運び込まれた難民キャンプの医師がシュテルンだった。

 登場人物はみな一癖ある者ばかりだ。訴訟の賠償金でお金が必要なシュテルン。弾を受けて特殊な能力を身につけたアリアン。アリアンを撃った事実をもみ消したいラズロ。3人が追いつ追われつ、負の連鎖が重なるように物語は展開する。

3.jpg

 空中に浮く人間をめぐり、シリアスで現実的な人間ドラマが描かれる。SFの概念では測れない、揺れ続ける世界情勢に、翻弄される人々。生死をかけて欧州を目指す難民たち。訴訟で巨額の賠償金が必要な医師。事件を消したい国境警備隊員。さらに列車で自爆を画策するテロリスト。不穏な現実と裏腹に、非現実的な少年の存在。特殊能力の理由は示さず、観客にゆだねた形だ。

 現実を見つけたリアルな演出、幻想的な空中浮揚シーン。カーチェイスに長回しの多用。撮影技術が素晴らしいだけに、現実と非現実のバランスの悪さに違和感が残る。宣伝コピーの「SFエンターテインメント作品」に惑わされず、信頼を描いた人間ドラマとして、作品に真摯に向き合うことをお勧めする。

(文・藤枝正稔)

「ジュピターズ・ムーン」(ハンガリー・ドイツ)

監督:コーネル・ムンドルッツォ
出演:メラーブ・ニニッゼ、ゾンボル・ヤェーゲル、ギェルギ・ツセルハルミ、モーニカ・バルシャイ

2018年1月27日(土)、新宿バルト9ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://jupitersmoon-movie.com/

作品写真:2017 (C) Proton Cinema - Match Factory Productions - KNM

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 15:12 | Comment(0) | ハンガリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

クァク・ジェヨン監督新作「風の色」 一人二役の古川雄輝「頑張った分、楽しんで」

風の色2.jpg

 「猟奇的な彼女」(01)、「僕の彼女はサイボーグ」(08)のクァク・ジェヨン監督(韓国)が日本で撮影した映画「風の色」が、1月26日から全国で公開される。主演の古川雄輝が都内をはじめ各都市で上映記念イベントやキャンペーンに参加。ロケ地の札幌市で行われた先行上映会にも登場した。

 劇中でマジシャンを演じる古川は、Mr.マリックの指導を受けて見事な手さばきを披露している。舞台あいさつでは、一部のマジックを除き、本番直前に練習しただけでリハーサルなしで演じたエピソードを紹介した。観客役エキストラのダイレクトな反応を撮るためにクァク監督が取った演出方法だったが、「マジックは初めてなので所作も難しく、緊張した」と振り返った。クライマックスの海中イリュージョンのシーンでは、長時間の水中撮影がたたり低体温症と酸欠で倒れたことを明かし「これよりも大変な作品はなかったし、これからもないだろう(笑)。頑張った分、楽しんでもらいたい」と詰めかけたファンに呼びかけた。

風の色1.jpg

 クァク監督ら韓国のスタッフを迎えて東京や北海道で撮影した日韓合作映画。古川は国際合作映画への出演も多いが、今回の現場は特に興味深かったという。「独特なセリフ回しや演出に、文化や感覚の微妙な違いが出ている。普通の日本映画ではなく、海外の映画の吹き替えのつもりで見ると面白いと思う」と話していた。

 「風の色」は、同じ容貌の二組の男女が織りなす、ミステリーが加味されたラブストーリー。東京に住む涼(古川)は恋人ゆり(藤井武美)の死を知らされるが、旅先の北海道で彼女とうり二つの彩(藤井・二役)に出会う。彩は恋人のマジシャン隆(古川・二役)を海中イリュージョンの事故で失っていたが、隆は涼とそっくりだった。マジシャンを目指した涼はやがて「隆のドッペルゲンガー」と呼ばれるようになる。涼は隆が失敗したイリュージョンを再現するため真冬の知床に向かう。

640.png

(文・写真 芳賀恵)

「風の色」(2017年、日本)

監督:クァク・ジェヨン
出演:古川雄輝、藤井武美、石井智也、袴田吉彦、小市慢太郎

2018年1月26日(金)、TOHOシネマズ日本橋ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://kaze-iro.jp/

写真1と2:古川雄輝=札幌市で2018年1月16日
作品写真:(C)「風の色」製作委員会
posted by 映画の森 at 14:53 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

「消された女」彼女はなぜ監禁され、精神異常者にされたのか 鋭く饒舌な社会派サスペンス

1.jpg

 大都会の真昼間、通りを一人歩いていたカン・スア(カン・イェウォン)は、突然誘拐され、精神病院に監禁された。待っていたのは強制的な薬物投与、無慈悲な暴力、非現実の世界だった。狂気の中、スアは病棟での出来事を手帳に記録し始める──。

 韓国で実際に起きた拉致監禁事件がモチーフの「消された女」。主演はカン・イェウォンとイ・サンユン。監督は「愛なんていらない」(06)、「廃家」(10)のイ・チョルハ。

2.jpg

 韓国には保護者2人、精神科医1人の同意があれば、本人の同意なしで強制的に「保護入院」させられる法律があるという。スアはこの法律を根拠に精神病院に監禁された。一方、干されかけのテレビプロデューサー、 ナ・ナムス(イ・サンユン)に1冊の手帳が届く。手帳の内容に驚き、送り主のスアに会いに行くナムス。スアが巻き込まれた事件の背景にある衝撃の事実、渦巻く闇を暴くために動き始める。

 再起をかけたテレビプロデューサーが、精神異常者にされた女性の記録・証言をもとに、法律の矛盾に真正面から切り込む。シャープで饒舌な社会派サスペンスだ。スアの手帳をきっかけに、ナムスのジャーナリスト魂が目覚め、事件を暴く原動力になる。

 分かりやすい設定、テレビの制作現場の裏側を軽妙に描いた導入部。観客の心をつかんだうえで、事件の真相に切り込んでいく。知的好奇心をくすぐる構成がうまい。並行して描かれる精神病院の悪行は、嫌悪感を誘う醜悪さ。暴力描写も徹底的で、法の矛盾と社会の闇を暴き出す。

3.jpg

 韓国映画でよく見られる実際の事件を下敷きにした作品。「殺人の追憶」(03)、「殺人の告白」(12)、「トガニ 幼き瞳の告白」(11)など秀作が多く作られてきた。コンパクトな91分の上映時間に、あっと驚くラストのどんでん返し。一気に見せる手腕が光る。

(文・藤枝正稔)

「消された女」(2017年、韓国)

監督:イ・チョルハ
出演:カン・イェウォン、イ・サンユン、チェ・ジノ

2018年1月20日(土)、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.insane-movie.com/

作品写真:(C)2016 OAL, ALL RIGHTS RESERVED

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 21:24 | Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」視力を失っても 夢をあきらめなかった青年の実話

1.jpg

 ドイツ人の母、スリランカ人の父の間に生まれたサリア・カハヴァッテ、“通称サリー”(コスティア・ウルマン)。両親と姉の4人家族、夢は立派なホテルマンになること。しかし、先天性の病気で網膜剥離になり、手術後に残ったのは5パーセントの視力だった。父は「障害者の学校へ転入しろ」と言うが、夢をあきらめたくないサリーが取った行動は──。

 実話を基にしたドイツ映画で、監督は「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々」(05)のマルク・ローテムント。主人公のサリアは15歳で視力の95パーセントを失い、高校卒業後はホテルで見習いとして働き、接客業などのキャリアを積み、15年間も目が見えないことを隠していたという。

2.jpg

 学生時代はまだ目が見えていたサリー。レストランで見習いをしながら、家族に料理をふるまうなど明るい未来が開けていた。しかし、突然の病で一度は絶望的な状態に。それでも夢をあきらめない。驚異的な記憶力、わずかに残った視力、聴力を駆使し、猛勉強して学校を卒業する。目のことを隠し、母と姉の助けを借りながら、憧れの一流ホテルの面接を受けて合格する。

 実話ものの映画だが、最初の設定の難易度が高く、映画として興味深い展開になる。主人公が絶望をはねのけ、ポジティブに希望へ向かう姿は、サクセス・ストーリーに近い感触だ。ホテルでの接客の仕事は、人への対応から建物内の移動、食べ物や飲み物、食器の扱いまで、さまざまな作業を覚えなければならない。

3.jpg

 いくたの困難に立ち向かうサリーを、同期見習いのマックス(ヤコブ・マッチェンツ)が助ける。いち早く視力が弱いことを見抜き、サリーにとって心強い相棒になる。出入り配送業者の女性クララ(アンナ・マリア・ミューエ)との淡い恋、指導教官クラインシュミット(ヨハン・フォン・ビューロー)の厳しい監視もアクセントに。さらに、アフガニスタン移民で外科医のハミデ(キダ・コドル・ラマダン)が、キャリアを生かせず皿洗いとして働いている点に、ドイツの現状に対する風刺をしのばせている。

 幸運と不運がともに訪れるサリーの人生。実話がもとであることで真実味が増した。サリーを演じたウルマンは好演で、ローテムント監督の演出は絶妙。誰もが共感できる軽快な作りで、心地よく感動できる作品だ。

(文・藤枝正稔)

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」(2017年、ドイツ)

監督:マルク・ローテムント
主演:コスティア・ウルマン、ヤコブ・マッチェンツ、アンナ・マリア・ミューエ、ヨハン・フォン・ビューロー、アレクサンダー・ヘルト

2018年1月13日(土)新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://5p-kiseki.com/

作品写真:(c)ZIEGLER FILM GMBH & CO. KG, SEVENPICTURES FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 11:13 | Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする