2019年09月03日

「ラスト・ムービースター」バート・レイノルズ、最後の主演作 大スターの大らかさと輝き

1.jpg

 かつて一世風靡した映画界のスーパースター、ヴィック・エドワーズ(バート・レイノルズ)のもとに、ある映画祭から功労賞授与式の招待状が届く。歴代受賞者がロバート・デ・ニーロやクリント・イーストウッドと聞き、しぶしぶ参加したものの、だましに近い名もない映画祭と知ると、エドワーズは憤慨する。だが、映画祭の場所は生まれ育った街ノックスビルに近く、過去の思い出がよみがえる──。

 2018年9月、82歳で世を去ったレイノルズ最後の主演作「ラスト・ムービースター」。一周忌にあたる9月6日に公開される。監督・脚本は「デトロイト・ロック・シティ」(99)、「LOOK」(07)のアダム・リフキン。

2.jpg

 レイノルズは「脱出」(72)、「ロンゲスト・ヤード」(74)、「トランザム7000」(77)など、男臭さを売りにしたアクションスターだった。今回演じるエドワーズは、レイノルズにあてがきしたような役だ。かつてスーパースターだったが、引退後は映画オタクにしか知られておらず、愛犬と寂しい余生を過ごす男。

 そこへ「国際ナッシュビル映画祭」から功労賞を授与すると連絡がある。デ・ニーロやイーストウッドら、かつての仲間たちも受賞してきたと知り、旧友の元スターのソニー(チェビー・チェイス)に相談。「もらいに行ったほうがいい」と助言され、しぶしぶ授賞式に出席する。

 しかし、待っていたのは厳しい現実だった。エコノミー席でナッシュビルの空港に着くと、迎えに来たのはボロ車の若い女性運転手リル(アリエル・ウィンター)。タトゥーの入った不愛想な女で、運転中も彼氏と電話でけんか。まったく自己中心的な態度に抱いた嫌な予感は的中する。

 映画祭はまやかしイベントだった。小さなスクリーンにプロジェクター、ホームシアターに毛が生えたような会場。エドワーズが登場すると主催者やファンは大喜びするが、だまされた当人の怒りは収まらない。ホテルで安酒を飲み、転倒して額にけがを負う。翌朝、リルを呼び出して空港へ向かったが、道路標識に懐かしい「ノックスビル」の文字を見つけ、導かれるように生まれ故郷を目指す。

3.jpg

 レイノルズの人生をなぞったような物語が秀逸だ。スタントマンとしてキャリアをスタートさせたエドワーズ。レイノルズがスタントマン役を演じた「グレート・スタントマン」(78)につながる。雑誌で披露したヌードが劇中に引用されるなど、本人の過去がそのまま使われている。

 代表作「脱出」と「トランザム7000」の映像で、当時のレイノルズとエドワーズがCG合成で共演。粋な演出も用意されている。内容はレイノルズにとって自虐的ともいえるが、大らかに受け入れ、自分色に染め上げてしまう大スター、レイノルズの最後の輝きを収めた。

(文・藤枝正稔)

「ラスト・ムービースター」(2017年、米国)

監督:アダム・リフキン
出演:バート・レイノルズ、アリエル・ウィンター、クラーク・デューク、エラー・コルトレーン、チェビー・チェイス

2019年9月6日(土)、シネマカリテほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://lastmoviestar2019.net-broadway.com/

作品写真:(C)2018 DOG YEARS PRODUCTIONS, LLC

posted by 映画の森 at 10:50 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

「アイネクライネナハトムジーク」完成披露 三浦春馬&多部未華子、4年ごとの共演「温かい気持ちで帰ってもらえる映画」

061.JPG 191.JPG

 人気作家・伊坂幸太郎の同名小説が原作の恋愛群像映画「アイネクライネナハトムジーク」の完成披露上映会がこのほど、東京・六本木で開催され、主演の三浦春馬、多部未華子、貫地谷しほり、原田泰造、今泉力哉監督らが参加した。

 三浦演じる会社員と多部演じる恋人の10年越しの恋を中心に、二人を取り巻く人々のめぐり合いの連鎖を描く物語。

 舞台挨拶では三浦に続き、多部、今泉監督らが大歓声に迎えられて登場。三浦が「秋にしっかり温かい気持ちで帰ってもらえる作品。日本中の皆様に見てほしい」とあいさつ。原田は「サウナに入って、水風呂に入って、外気浴で整うような素敵な映画」と笑顔で語った。

100.JPG

 三浦と多部は今回が3度目の恋人役。三浦は「多部さんに(4年ごとに訪れる)『オリンピックのような関係だよね』と言われた。20歳の時もここで一緒に舞台あいさつした。その頃よりゆとりをもって、緊張せず映画の話ができる。成長できたのかな」と感慨深げだった。

 一方、多部は「安心感があり、撮影中に今まで共演してきたことは無駄ではなかったと思える瞬間がいっぱいあり、うれしかった。また4年後にご一緒できたら」と話した。さらに三浦は「20歳の時、24歳の時の自分を知っている。主軸として立たせてもらう機会に、どう多部さんという女優にいい芝居と雰囲気を届けられるか。いい緊張感があり、貴重な経験だった」と振り返った。

220.JPG

 最後に三浦が「奇跡や運命は、誰かが誰かを思いやり、その行動からつながっていくのでは。そういうエッセンスがたくさん詰まった映画。日常生活を今以上に誇りに思ってもらえます。楽しんで下さい」と締めくくった。

(文・写真 岩渕弘美)

640.jpg

「アイネクライネナハトムジーク」(2019年、日本)

監督:今泉力哉
出演:三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬、森絵梨佳

2019年9月20日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://gaga.ne.jp/EinekleineNachtmusik/

作品写真:(c)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
posted by 映画の森 at 09:53 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

「ディリリとパリの時間旅行」華やかなフランスの“良き時代” 歴史上の人々と少女の謎解きの旅

1.jpg

 19世紀末から20世紀初頭、「ベルエポック(良き時代)」のパリ。フランス領・ニューカレドニアに住む少女・ディリリは、どうしても外国に行ってみたくて、こっそり船に乗りパリに来た。開催中の博覧会に出演し、偶然出会った配達の青年・オレルとバカンスを楽しむ約束をする。一方、街は少女誘拐の話で持ちきり。謎の集団「男性支配団」が犯人という。ディリリはオレルの紹介さパリの有名人たちに会い、男性支配団について次々と質問する──。

 監督・脚本は「キリクと魔女」(98)、「アズールとアスマール」(06)などで知られる仏長編アニメーション界の巨匠ミッシェル・オスロ。音楽は「イングリッシュ・ペイシェント」(97)のガブリエル・ヤーレ。

2.jpg

 幕開けは1900年のパリ万博。「人間動物園」で有色人種を原住民に見立て、暮らしぶりを再現している。ディリリは見世物的な子どものキャストとして出演していた。上半身裸に腰巻姿の少女に興味を持ったオルレは、会場の外で会う約束をする。現れたのは白いドレスで正装したディリリだった。流暢なフランス語を話し、マナーも行き届いた立派な淑女。二人はオルレの案内で、街歩きに出かける。しかし、少女誘拐事件のため、通りには不穏な空気が流れていた。

 当時のパリの町並みを。写真を加工して忠実に再現。歴史に名を残す有名人が次々と登場し、事件解決を試みるディリリたちに助言を与え、力を貸してくれる。タイムスリップしたような「もしも」を具現化する夢のようなアニメーションだ。

3.jpg

 ピカソ、モネ、キュリー夫人、ロートレック、ルノワール、マティス、ルソー、ドビュッシー、サティ──映画にもなった黒人芸人「ショコラ」など、誰もが知る著名人が現れる設定が抜群だ。当時のフランス芸術、文化に詳しければより楽しめるだろう。一方で、植民地の先住民に対する差別、偏見も取り入れたことがポイントといえる。

 パリが繁栄した「ベルエポック」の世情を背景に、華やかなフランス文化を生んだ人々を物語に絡め、ノスタルジックな郷愁を生み出した。謙虚で礼儀正しいディリリの活躍はいとおしく、しばし現実を忘れ、観客に幸せな時間をくれる。アニメならではの柔軟性がユニークな作品だ。

(文・藤枝正稔)

「ディリリとパリの時間旅行」(2018年、仏・独・ベルギー)

監督:ミッシェル・オスロ
出演:プリュネル・シャルル=アンブロン、エンゾ・ラツィト、ナタリー・デセイ

2019年8月24日(土)、YEBISU GARDEN CINEMAほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://child-film.com/dilili/

作品写真:(C)2018 NORD-OUEST FILMS - STUDIO O - ARTE FRANCE CINEMA - MARS FILMS - WILD BUNCH - MAC GUFF LIGNE - ARTEMIS PRODUCTIONS - SENATOR FILM PRODUKTION

posted by 映画の森 at 09:59 | Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

「サマー・オブ・84」1980年代への熱きオマージュ 高校生4人、殺人捜査に挑む青春スリラー

1.jpg

  1984年夏、米オレゴン州。緑豊かな郊外の住宅地で暮らす少年デイビー(グラハム・バーチャー)は、エイリアン、幽霊、猟奇犯罪などの記事に夢中の15歳だ。近くで同年代の子供ばかりが狙われる連続殺人事件が発生し、デイビーは向かいに住む警官マッキーが犯人と考え、親友のイーツ、ウッディ、ファラデイと独自捜査を開始する──。

 好奇心旺盛な男子高校生4人組による青春スリラー「サマー・オブ・84」。SFアクション「ターボキッド」(15)の3人組の監督ユニット「RKSS」の長編第2作だ。

 1984年はインターネットも携帯電話もないアナログ時代。記者の父を持つデイビーは、新聞、テレビ、図書館を情報源に、トランシーバーを駆使し、犯人探しに挑む。あの時代ならではの甘酸っぱい青春テイストも盛り込まれている。

2.jpg

 1984年、ハリウッドは活気づいていた。スティーブン・スピルバーグやジョージ・ルーカス監督は全盛期。スピルバーグ監督「E.T.」(82)、ルーカス製作「スター・ウォーズ ジェダイの帰還」(83)が大ヒット。スピルバーグ監督「インディー・ジョーンズ 魔宮の伝説」(84)、さらにジェームズ・キャメロン監督「ターミネーター」(84)と今も続くシリーズが始まった年だ。80年代青春映画のアイコンとなるジョン・ヒューズが「すてきな片思い」(84)で監督デビューした年でもある。

3.jpg

 展開はスリラー映画の王道。主人公が近所の住民を犯人とにらみ、素人捜査を始める設定は、ヒッチコック監督の「裏窓」(54)や「ディスタービア」(07)などがあり目新しくはない。しかし、高校生4人が危なっかしいスリルを生み出し、年上のお姉さんへの恋心が一服の清涼剤にもなっている。

 重要な役割を果たすのが、モントリオール出身の2人組テクノユニット、ル・マトスの音楽だ。幕開けから流れる打ち込みのアナログ・シンセサウンドは、当時全盛だった「ミッドナイト・エクスプレス」(78)、「フラッシュダンス」(83)の作曲家ジョルジオ・モロダー風でもあり、「恐怖の報酬」(77)の電子音楽グループのタンジェリン・ドリーム風でもある。映画音楽を自作する「ハロウィン」(78)のジョン・カーペンターほか、先人の影響を受けたサウンドから影響を受けている。

 1980年代に青春を過ごした世代は、郷愁を感じるだろう。逆に当時を知らない若者たちは、不便さをかえって新鮮に感じるかもしれない。素人探偵になった高校生の活躍に終わらず、痛いしっぺ返しが用意されたことで、幕引きがもやもやしてしまった。とはいえ、80年代へのオマージュたっぷり、愛すべき青春スリラーだ。

(文・藤枝正稔)

「サマー・オブ・84」(2017年、カナダ)

監督フランソワ・シマール、アヌーク・ウィッセル、ヨアン=カール・ウィッセル
出演:グラハム・バーチャー、ジュダ・ルイス、ケイレブ・エメリー、コリー・グルーター=アンドリュー、ティエラ・スコビー

2019年8月3日(土)、新宿シネマカリテほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://summer84.net-broadway.com/

作品写真:2017 (C) Gunpowder & Sky, LLC

posted by 映画の森 at 15:48 | Comment(0) | カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

「伝説の監督 没後10周年記念 ヤスミン・アフマド特集」 多民族、多宗教、多言語国家マレーシア あらゆる「壁」を越えて

tt.jpg

 マレーシアを代表する映画監督、ヤスミン・アフマド監督の没後10年に合わせた特別上映「伝説の監督 ヤスミン・アフマド特集」が、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで開かれている。2009年、51歳の若さで急逝して10年。遺作となった「タレンタイム」(09)など長編6作品と、短編オムニバス映画「15マレーシア」(09)が上映されている。

sp.jpg

 多民族、多宗教、多言語国家のマレーシアを舞台に、さまざまな壁を軽やかに乗り越え、互いを尊重し共存する人々を描いたヤスミン監督。開幕に合わせて「細い目」(04)、「グブラ」(05)などに主演し、ヤスミン作品の「顔」ともいえる女優のシャリファ・アマニほか四姉妹、「タレンタイム」の音楽を担当したミュージシャンのピート・テオが来日。記者会見や観客との質疑応答、トークイベントに参加した。

会見.jpg

 会見でシャリファ・アマニは「東京で繰り返し監督の作品が上映されていることをうれしく思う。監督の遺したもの、魂が日本で生き続けている。私の大好きな監督がこの世を去って10年になるが、今も作品を愛し続けてくれてうれしい」と話した。

 また、ピート・テオは「ヤスミンの作品が日本で生き続けているのは光栄で、栄誉あること。今後も上映の機会があればいいと思う」と語った。

(文・遠海安)

 2019年8月23日(金)まで、渋谷のシアター・イメージフォーラムで開催。上映スケジュールなど詳細は公式サイトまで。

http://moviola.jp/yasmin10years/

主な上映作品の詳細は以下の通り。

<1>「ラブン」(03)
出演:M・ラジョリ カルティナ・アジズ

MVA最優秀アセアン映画賞受賞

定年を迎えた父、母、就職したばかりの娘オーキッド。父は定年を機に田舎の実家を改築して暮らそうとするが、近隣の住人とうまくいかず…。家族の肖像をコミカルに描く。「ラブン」とは、目がかすむことの意味。次作から主役となる“オーキッド”が登場した記念すべきデビュー長編。

<2>「細い目」(04) 
出演:ン・チューシオン シャリファ・アマニ

マレーシア・アカデミー賞グランプリ、東京国際映画祭最優秀アジア映画賞

香港の映画スター(金城武)が大好きなマレー系少女オーキッドは、露店で海賊版の香港映画ビデオを売る中国系の少年ジェイソンと出会い恋に落ちる。民族や宗教が異なろうと、彼らの家族は2人の恋を理解するが……。細い目とは、中国系の目が細いことをからかうマレーシアの言い方。

<3>「グブラ」(05) 
出演:シャリファ・アマニ アドリン・ラムリ

マレーシア・アカデミー賞グランプリ

「細い目」の数年後。結婚したオーキッドは、父の入院をきっかけに、夫の裏切りに気づく。一方、町の反対側にある低所得者の地域では、イスラム教聖職者とその妻が、近隣者の困難に向き合う。2つの世界をパラレルに描く意欲作。

提供:Nusanbakti Corporation Sdn Bhd  協力:一般社団法人コミュニティシネマセンター

<4>「ムクシン」(06) 
出演:モハマド・シャフィー・ナスウィプ シャリファ・アルヤナ シャリファ・アマニ

ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門審査員グランプリ

オーキッドは10歳、ムクシンは12歳。夏休みに出会った二人はすぐに仲良くなる。ムクシンは、オーキッドに恋心を抱くが…。それぞれの抱える家族や近隣者の悩みを浮かび上がらせながら、幼い2人の思春期の入口の輝きを描き出す。

<5>「ムアラフ 改心」(07) 
出演:ブライアン・ヤップ シャリファ・アマニ

東京国際映画祭アジア映画賞スペシャル・メンション

父を嫌って家出したマレー系の姉妹。叔母の所有する空き家に暮らす2人は、中国系のキリスト教徒の青年教師と出会う。彼は子供時代のつらい記憶から宗教を憎悪していたが、信仰を大事にする姉妹に惹かれるうち、自分を前向きに変えて行く。

<6>「タレンタイム 優しい歌」(09)
出演:パメラ・チョン マヘシュ・ジュガル・キショール
音楽:ピート・テオ

マレーシア・アカデミー賞最優秀監督賞含む主要4賞、シネマニラ国際映画祭最優秀東南アジア映画賞

ピアノの上手なムルーは、耳の聞こえないマヘシュと恋に落ちる。二胡を演奏する優等生カーホウはギターがうまい転入生ハフィズに嫉妬する。たくさんの民族が暮らす街で、音楽コンクール“タレンタイム”に挑戦する高校生たちのかけがえのない青春とその家族を描くヤスミンの遺作長編。
posted by 映画の森 at 22:56 | Comment(0) | マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする