2019年11月26日

「EXIT」有毒ガスから逃れ、ビルを駆け上がれ 韓国サバイバル・アクション

1.jpg

 今年の夏、韓国で大ヒットしたサバイバル映画「EXIT」。若手実力派俳優チョ・ジョンソク、ガールズ・グループ「少女時代」のユナが、体を張ったアクションに挑戦している。単純なパニック映画と違い、ドキドキしながら心にじわじわ響く感動作品だ。

 何をやってもうまくいかない就職浪人のヨンナム(チョ・ジョンソク)は、母(コ・ドゥシム)の古希祝いの宴会場で、学生時代に思いを寄せたウィジュ(ユナ)と再会する。再会の喜びもつかの間、二人は突如発生した有毒ガスに巻き込まれる。上昇してくるガスから逃れるため、ビルの上へ上へ上がっていく二人。屋上から救助が始まったが、二人はヘリに乗りきれず、次の救助を待つことに。しかし待つ間もガスは広がり、二人は自力脱出を試みる──。

2.jpg

 毒ガス発生の原因や、巻き込まれた人々の人間模様など、よくあるパニック映画のエピソードはほとんど描かれない。どん底にいる若者たちが、迫り来るガスから逃れるため、必死に上を目指して行く。ヨンナムとウィジュは、学生時代山岳部だった。その経験を生かし、身の回りのものと体を使い、自分と互いを信じて困難を乗り越えて行く。

 舞台はとある町のそれほど高くないビル。派手なアクションもなく、特別なヒーローもいない。二人が力を合わせ、壁を登り、建物を飛び移る。必死で生きようとするさまは、厳しい現状からの脱出にも重なる。緊迫感の間に、微妙な心境の変化も描いている。

3.jpg

 チョ・ジョンソクは、軽快な動きとコミカルな演技で存在感が際立つ。動画で現場を見た人たちが、ドローンを使って見ず知らずの二人を手助けする。動画サイトでは多くの人が声援を送る。いまどきのツールをうまく取り入れており、最後まであきらめない二人はすがすがしく、思わず応援したくなる。イ・サングン監督は、青龍映画賞で新人監督賞を獲得した。

(文・岩渕弘美)

「EXIT」(2019年、韓国)

監督:イ・サングン
出演:チョ・ジョンソク、ユナ、コ・ドゥシム、パク・インファン、キム・ジヨン

2010年11月22日(金)、新宿武蔵野館ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://gaga.ne.jp/exit/

作品写真:(C)2019 CJ ENM CORPORATION, FILMMAKERS R&K ALL RIGHTS RESERVED

posted by 映画の森 at 21:44 | Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

第32回東京国際映画祭を振り返る スペイン、インドネシアの個性派作品に注目

「わたしの叔父さん」.jpg

 2019年10月28日〜11月5日に開催された「第32回東京国際映画祭」。審査員長に中国映画女優チャン・ツィイーを迎え、世界各国から応募された14作品がグランプリを争う「コンペティション」部門を中心に、アジアの新鋭監督たちが競いあう「アジアの未来」、個性あふれる日本映画が世界を目指す「日本映画スプラッシュ」など、世界中の様々な映画が一堂に会する日本を代表する映画祭だ。今回、私が鑑賞出来た受賞作品と共にお勧めな紹介したい。

【東京グランプリ・東京都知事賞】

「わたしの叔父さん」(デンマーク)監督、脚本、撮影、編集フラレ・ピーダゼン、出演イェデ・スナゴー

 体の不自由な叔父と牛舎で牛の世話をする姪クリス。獣医になる夢を持つクリスの前に立ちはだかる叔父の世話。夢と現実の狭間で葛藤するクリスの選択という普遍的なテーマを、監督は静かな洞察力で描いた。キャストが絶妙で、実生活で血縁関係のある演技経験のない叔父と女優の姪が生み出す無言のハーモニーに惹きつけられる作品だ。

【審査員特別賞】

「アトランティス」(ウクライナ)監督、脚本、撮影監督、編集、プロデューサーのヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ、出演アンドリュー・リマルーク

「アトランティス」.jpg
 
 近未来2025年のウクライナ東部を舞台に、戦争で受けたPTSDに苦しむ元兵士の心の葛藤を音楽を使わず、殆どワンシーン、ワンカット、ワンフレームという斬新な撮影法を使い、戦争がもたらす代償と心に闇を抱えてしまった兵士の心情を掘り下げた異色作だ。実際に元兵士だったリマルークが武骨な元兵士を体現した。

【最優秀監督賞、最優秀男優賞】

「ジャスト6.5」(イラン)監督、脚本サイード・ルスタイ、出演ナヴィド・モハマドザデー

「ジャスト6.5」.jpg

 イラン警察と大物ドラッグ売人との戦いを、捜査過程から検挙、ジャンキーのたまり場、取り調べ、逮捕者であふれかえる拘置所、裁判、死刑執行までを、膨大なセリフとハイテンションな演技で魅せた力作だ。貧困から脱出するために薬物売買に手を染める売人の姿にイランの深い闇を感じた。

【アジアの未来 作品賞】

「夏の夜の騎士」(中国)監督ヨウ・シン、出演ホァン・ルー

 1997年、親と離れ祖父母の家に預けられて生活する小学生ティエンディエン。祖母の自転車が盗まれた事で経験する夏休みの日々を、少年の目を通して大人たちに対する不条理な思いと、小学生らしい純粋な眼差しを繊細に描いた作品だ。

 他にもお勧めな2本を紹介したい。

 「コンペティション」に出品されたスペインのカルト小説を映画化した「列車旅行のすすめ」(スペイン、フランス)は、摩訶不思議な迷宮的な物語をぶっ飛んだ演出で魅せた。監督のセンスに魅了される大人の寓話だ。

「列車旅行のすすめ」.jpg

 「CROSSCUT ASIA」で上映された「フォックストロット・シックス」(インドネシア)は、「トータルリコール」(90)「ターミネーター2」(91)など80〜90年代ハリウッドを一世風靡した大物プロデューサーのマリオ・カサールがエグゼクティブプロデューサーを務めた近未来SFアクション超大作だ。ややCGにチープさは否めないが、悪徳政府に対して元海兵隊員の国会議員がかつての兵隊仲間たちと力を合わせて、インドネシアの未来ために正義の戦いに挑むアクション満載の男気溢れる娯楽作だ。

 日本で見ることが難しい世界の映画に気軽に触れられるのが映画祭の醍醐味だ。今回「東京国際映画祭」で上映された世界の映画が、一本でも多く日本で劇場公開されることを願う。

(文・写真 藤枝正稔)

写真:

「わたしの叔父さん」(左から)プロデューサーのマーコ・ロランセン、女優イェデ・スナゴー、フラレ・ピーダセン監督

「アトランティス」(左から)ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ監督、男優アンドリュー・リマルーク

「ジャスト6.5」(左から)サイード・ルスタイ監督、男優ナヴィド・モハマドザデー

「列車旅行のすすめ」(左から)アリツ・モレノ監督、原作者アントニオ・オレフド

posted by 映画の森 at 23:22 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

「最初の晩餐」亡き父のレシピを通し 絆深める血のつながらない家族

1.jpg

 カメラマンの東麟太郎(染谷将太)は、父・日登志(永瀬正敏)の葬儀で帰郷した。母・アキコ(斉藤由貴)は、姉の美也子(戸田恵梨香)と通夜の準備する中、突然「料理は自分で作る」と言い出す。テーブルに上ったのは目玉焼き。親戚がざわつく中、麟太郎は、父親が初めて作ってくれた一品と気づいた。懐かしい味によみがえる思い出。20年前、両親が再婚した日、連れ子の兄・シュン(窪塚洋介)と5人で暮らした日々──。

 父の通夜から葬儀の一日を通して、寄り合い所帯の家族5人が、思い出の味をを振り返り、絆を深める様子が描かれる。監督、脚本、編集はサザンオールスターズのドキュメンタリー作品、短編やCM、ミュージックビデオで活躍する常盤司郎。構想7年の長編デビュー作だ。

2.jpg

 キリストが死の前日に12人の弟子に料理をふるまった「最後の晩餐」。正反対のタイトルがつけられた「最初の晩餐」に登場するのは、豪華な“通夜ぶるまい”の仕出し弁当ではなく、家族にとって思い出の味だ。夫がノートに残したレシピを頼りに、アキコが思い出の料理を作り、家族で食べて思い出を振り返る。

 通夜から葬儀への一日に過去が交差する。美也子9歳、麟太郎7歳だった20年前の夏が起点。父の再婚相手で新しい母となったアキコ、連れ子で15歳のシュンが、家に来たことで始まるギクシャクした関係。アキコは手探りで日登志の子供たちと絆を深めようと努め、山登りで日登志とシュンは距離を縮める。

3.jpg

 スライスチーズを敷いて焼いた目玉焼きなど、父の手料理は独創的だ。再婚で生まれた新しい家族が、一つ屋根の下で暮らす。食事をともにする難しさに、父の晩年の姿が重ねられる。胸が熱くなるエピソードが続く監督の演出に、見るうち引き込まれていく。

 染谷、戸田、窪塚、斉藤、永瀬という豪華キャストが演じる家族のアンサンブル。窪塚が凛としたオーラで存在感を放つ。回想シーンで子どもたちを演じた森七菜、楽駆ら若い俳優も好演。日登志の残したレシピを通して、家族のあり方が繊細に描かれる。

(文・藤枝正稔)

「最初の晩餐」(2019年、日本)

監督:常盤司郎
出演:染谷将太、戸田恵梨香、窪塚洋介、斉藤由貴、永瀬正敏

2019年11月1日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://saishonobansan.com/

作品写真:(C)2019「最初の晩餐」製作委員会

posted by 映画の森 at 10:40 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

釜山国際映画祭2019、日本映画が存在感 女性監督も躍進

1.jpeg

 「第24回釜山国際映画祭2019」が10月3〜12日、韓国釜山市で開かれた。日韓関係に逆風が吹く中での開催となったが、映画祭は例年通り日本の映画と映画人を歓迎。開幕作・閉幕作のどちらも日本がかかわる作品だったのは、過去にないことだった。

 今年は85カ国・地域の長短編約300本を上映。多様性を追求する映画祭らしく国際合作や女性監督の作品が目立ち、テーマも多岐にわたった。3日のオープニングセレモニー後に上映された開幕作はカザフスタンと日本の合作「オルジャスの白い馬」。竹葉リサ監督は、2014年にゆうばり国際ファンタスティック映画祭のオフシアター・コンペティション部門でグランプリを受賞した実力派。主演の森山未來や共同監督のエルラン・ヌルムハンベトフ監督とともにステージに登場した。

2.jpeg

 12日の閉幕作は韓国映画だが、北海道小樽市が舞台の「ユニへ」。釜山映画祭で受賞歴のあるイム・デヒョン監督が、母娘関係や初恋の痛みといった繊細なテーマを描いた。韓国からキム・ヒエ、日本からは中村優子が出演。雪景色を背景に、大人の女性の心情をしっとりと演じた。

 釜山を訪れた中村は、監督や韓国人キャストとともに記者会見。「自分は何者で誰を愛するのかという問いに向き合うことができた時、他者に対する優しさに結びついていくということを教えてくれる脚本」と絶賛した。劇中、韓国語のせりふも自然にこなしている。

3.jpeg

日本の若手も

 新人監督のコンペ部門「ニューカレンツ」には、鈴木冴監督の東京芸術大学大学院の卒業作品「神様のいるところ」が出品。受賞は逃したものの、独創的なテーマと作風で注目された。

 台湾人の母親と暮らし、マイノリティーとして生き辛さを感じている中学生の少女と、職場になじめない20代のOLが出会い、ある事件をきっかけに二人で逃亡生活を送るストーリー。台湾人の母をもつ鈴木監督自身の経験を織り込みつつ、肉親ではない他人との間にも無償の愛は存在するのかという問いを投げかける。外国にルーツのある人やLGBTなど、マイノリティーを描くことに関心があるという鈴木監督。次回作が楽しみな新鋭だ。

4.jpg

賞の多くが女性の手に
 韓国ではここ数年、女性監督が存在感を増している。韓国のインディペンデント映画を集めたプログラム「韓国映画の今日・ビジョン」は10本のうち6本が女性監督の作品だった。新人監督を対象にした賞も、多くが女性の手に渡った。ユン・ダンビ監督の「姉弟の夏の夜」はアジア映画振興機構(NETPAC)賞、市民評論家賞など4冠を獲得。キム・チョヒ監督の「ラッキー・チャンシル」は韓国映画監督組合賞など3冠に輝いた。

5.jpeg

 「ラッキー・チャンシル」のキム監督は1975年生まれ。ホン・サンス監督のプロデューサーを長く務めたが、一時スランプに陥り、映画界を離れることも考えるほど悩んだという。「ラッキー・チャンシル」はその体験を下敷きに、アラフォー女性の再生の過程をコミカルに描く。主人公チャンシルの前に若い頃に憧れた香港スターの幽霊が現れるくだりは笑いを誘う。荒唐無稽なコメディーに見えても、主人公に映画への情熱を思い出させる重要なシーンだ。(恐らく本人にとっては)深刻な悩みや苦しみをユーモアに包んで表現する手腕に、監督の力量が見えた。

6.jpg

(文・写真 芳賀恵)

写真
1:「ユニへ」の(左から)イム・デヒョン監督、キム・ヒエ、中村優子
2:「ユニへ」=映画祭事務局提供
3:「神様のいるところ」の鈴木冴監督(右から2人目)らスタッフ
4:「神様のいるところ」=同
5:授賞式の(左から)キム・チョヒ監督、ユン・ダンビ監督
6:「ラッキー・チャンシル」=同

posted by 映画の森 at 13:26 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

「ロボット2.0」スマホが鳥となって人々を襲う 現代社会に警鐘鳴らすインド娯楽大作

1.jpg

 インド南部の大都市・チェンナイ。ある日突然、街からすべてのスマホが消えた。人々の手から、まるで鳥のように空へ飛んで行ったのだ。原因が分からず、携帯電話会社と警察署の前に群集が集まり、大パニックになる。同じ頃、携帯業者や通信大臣が「スマホに殺される」事件が続発。ロボット工学の専門家バジー博士(ラジニカーント)は、知的で美しいロボットの助手ニラー(エイミー・ジャクソン)と事件の謎を追う──。

 「ロボット」(10)の大ヒットで製作された「ロボット2.0」は、主演ラジニカーント、シャンカール監督、音楽のA.R.ラフマーンが再集結。インド映画史上最高の90億円が投じられ製作された。

2.jpg

 時代設定は前作から8年後。人々の手から飛んで行ったスマホは、意志を持ったかのごとく、要人を殺し始める。捜査に乗り出したバジー博士も、飛んできたスマホの大群に襲われる。集団化したスマホは巨大な怪鳥に変身。軍隊も手に負えなくなり、バジー博士は封印したロボット「チッティ」を復活させ、人類を守ると議会で宣言する。

 奇想天外な物語に、視覚効果抜群のVFXが融合。黒いサングラスとシルバーのスーツ姿のラジニが“おじさんロボット”という開き直ったキャラクターだ。監督は逆にコミカルな設定を利用し、実写とVFXをミックスさせた変幻自在な映像で、スーパーパワーを持った超人ロボット「チッティ」を大活躍させる。

3.jpg

 「スマホが人を襲う」というと、むちゃくちゃな話に感じるが、裏には非常に重いメッセージが込められている。冒頭で鳥類学者のパクシ・ラジャン博士が、鉄塔で首吊り自殺する。インドでは増え続ける電波塔の影響で、鳥が次々と死んでいた。嘆いた博士はスマホ使用制限を訴えてきたが、誰にも受け入れられず、絶望して自殺したのだ。

 1年後。鳥の怨念とパクシ博士の負のエネルギーは人々からスマホを奪い、巨大なモンスターとなって復讐を始めた。表向きエンターテインメント映画の形を取りながら、環境問題を訴え、スマホ依存の現代社会に警鐘を鳴らす奥深さだ。

 敵役のパクシ博士には当初、アーノルド・シュワルツェネッガーを構想したという。あいにく実現せず「パッドマン 5億人の女性を救った男」(18)のアクシャイ・クマールが演じた。「ロボット対ターミネーター」の夢の対決は実現しなかったが、クマールも社会に見放された鳥類学者を悲哀たっぷりに演じている。

 インド映画の娯楽性に英米のVFXチームが配置され、一歩も二歩も予想の先を行く最強映画が生まれた。クライマックスはやり過ぎな気もするが、インド映画お約束の豪華絢爛なミュージカルも盛り込んだ。ハリウッドを超えてサービス精神満点なインド映画。続編「3.0」の製作に期待したい。

(文・藤枝正稔)

「ロボット2.0」(2018年、インド)

監督:シャンカール
出演:ラジニカーント、アクシャイ・クマール、エイミー・ジャクソン

2019年10月25日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://robot2-0.com/

作品写真:(C)2018 Lyca Productions. All rights reserved.
posted by 映画の森 at 23:09 | Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする