2019年04月10日

「多十郎殉愛記」巨匠・中島貞夫監督、20年ぶり長編は“ちゃんばら時代劇” 光る高良健吾の役者魂

1.jpg

 幕末の京都。貧乏長屋に住む清川多十郎(高良健吾)は、親が残した借金から逃れるため長州を脱藩し、無為な日々を過ごしていた。かつて名うての侍だったが、今は鬼神のような剣の強さを持て余す毎日。何かと世話を焼く小料理屋の女将・おとよ(多部未華子)の思いに気付きながらも、孤独を貫こうとしていた──。

 東映映画の巨匠・中島貞夫、20年ぶりの長編作品は、ちゃんばら時代劇だ。1970年代に犯罪アクションの傑作「狂った野獣」(76)、ヤクザ映画大作「やくざ戦争 日本の首領」(77)のほか、多くの実録ヤクザ映画を監督。「にっぽん’69セックス猟奇地帯」(69)など一連の風俗ドキュメンタリー作品も手がけるなど、オールマイティーな監督だ。

 数々の作品を世に送り出した後、「極道の妻たち 決着」(98)を最後に監督業を離脱。後継の育成に力を注いでいたという。84歳での新作「多十郎殉愛記」には、教え子で「海炭市叙景」(10)を監督した熊切和嘉が“監督補佐”として名を連ねている。

2.jpg

 東映忍者もの「くノ一忍法」(64)でデビューした中島監督にとって、古巣の「東映京都撮影所」で撮ったちゃんばら時代劇「多十郎殉愛記」は、原点回帰と受け取れる作品だろう。「くノ一忍法」に出演した三島ゆり子、斬られ役で有名な福本清三、地回りの親分役の堀田眞三、医師役の野口貴史ら、監督作品の常連俳優が顔をそろえた。

 京都見廻組に目をつけられた多十郎は、腹違いの弟・数馬(木村了)とおとよを守るためにおとりとなる。一人で溝口蔵人(寺島進)率いる抜刀隊と見廻り組を敵に回し、30分間に渡る壮絶な大捕り物がクライマックスに用意されている。長屋を背景に多十郎が大勢の敵と繰り広げる殺陣、大八車を使った捕り物シーンは、勝新太郎主演「座頭市」シリーズを彷彿させる。竹やぶを使ったざん新な殺陣は、往年の時代劇ファンのツボをくすぐるだろう。

3.jpg

 肉体と剣術だけで戦い続ける多十郎の姿は、昨今のCG(コンピューター・グラフィックス)を駆使したアクションと正反対。ちゃんばら時代劇の真骨頂、活劇の醍醐味だ。立ち回りの最中、多十郎が人質を取り立てこもるシーンがある。監督の青春犯罪映画「ジーンズブルース 明日なき無頼派」(74)の立てこもりシーンを思わせる演出で、今も体の中に変わらぬ70年代の魂が息づいているのか。93分と短めな上映時間に加え、あっさりとした幕引きも、かつて2本立て興行がメインだったブログラム・ピクチャーを思い出させる。

 生と死をかけた見事な殺陣。ふんどし姿で男の色気を醸し出した高良の役者魂。意志の強さと母性を合わせ持つ演技の多部。いずれも小池一夫原作「子連れ狼」など、70年代の劇画から飛び出したようだ。中島監督の健在ぶりと、衰えぬ「活動屋魂」に改めて感服する作品だ。

(文・藤枝正稔)

「多十郎殉愛記」(2019年、日本)

監督:中島貞夫
出演:高良健吾、多部未華子、木村了、三島ゆり子、栗塚旭

2019年4月12日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://tajurou.official-movie.com/

作品写真:(C)「多十郎殉愛記」製作委員会

posted by 映画の森 at 00:04 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

「バイス」ブッシュ政権を陰で操った男、チェイニー副大統領の野望と横暴

1.jpg

 1960年代半ば。酒癖の悪い青年チェイニー(クリスチャン・ベール)が後の妻となる恋人リン(エイミー・アダムス)に尻を叩かれ、政界を目指す。型破りな下院議員ドナルド・ラムズフェルドのもとで政治の表裏を学んだチェイニーは、次第に権力の虜になっていく。ジョージ・W・ブッシュ政権の副大統領に就任し、入念な準備のもと“影の大統領”として振る舞い始める──。

 ブッシュ政権(2001〜09年)で“影の大統領”と呼ばれた副大統領ディック・チェイニーの実話を描いた「バイス」。「ダークナイト」(08)のクリスチャン・ベールが特殊メイクと体重20キロ増で演じた社会派作品だ。監督、脚本、製作は「マネー・ショート華麗なる大逆転」(15)のアダム・マッケイ、製作はブラッド・ピットら。「バイス」は、副大統領(バイス・プレジデント)と、「悪徳」や「邪悪」の意味を込めた。

 米国ではこれまでオリバー・ストーン監督の「ニクソン」(95)と「ブッシュ」(08)、スティーブン・スピルバーグ監督の「リンカーン」(12)など、大統領を描いた作品が多く作られているが、今回のように副大統領が主人公の作品は珍しい。しかも、俗物の黒歴史をシニカルに描いている。

2.jpg

 監督自ら「何も知らなかった」と語るように、影の男だったチェイニーを、なじみのない観客にも分かるよう作っている。記録映像を交えてチェイニーの物語が進む一方、一般人のカート(ジェシー・プレモンス)の別の人生が、並行して描かれる。スクリーンから「第4の壁」を越え、観客に向かって語り掛ける謎の存在だが、カートとチェイニーの人生が交差する意外な仕掛けが隠されている。

 チェイニーの歩み、政治家としての経歴、大統領の陰で権力を振りかざした行為の数々が描かれる。堅苦しさはなく、演出は軽妙で編集は巧みだ。キャストの成り切り演技が相乗効果を生み、再現ドラマの域を越えた娯楽作になっている。

 ベールにの特殊メイクは「ミセス・ダウト」(94)、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(08)の巨匠グレッグ・キャノン。20代の青年期から70代の老年期まで、違和感なく仕上げた。ベールは米ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞したが、陰の功労者はキャノンの特殊メイクだろう。

3.jpg

 ブッシュ大統領役のサム・ロックウェル、ラムズフェルド国防長官役のスティーヴ・カレル、パウエル国務長官役のタイラー・ペリーら、実在の政治家を特殊メイクでそっくりに再現。副大統領の生き様に鋭く切り込み、皮肉たっぷりに描いた社会派の快作だ。

(文・藤枝正稔)

「バイス」(2018年、米)

監督:アダム・マッケイ
出演:クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、スティーブ・カレル、サム・ロックウェル、タイラー・ペリー

2019年4月5日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://longride.jp/vice/

作品写真:(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
posted by 映画の森 at 23:40 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第14回大阪アジアン映画祭 台湾映画「先に愛した人」ロイ・チウ(邱澤)に聞く 「撮影が始まると世界が静まり返る。その瞬間が、僕はとても好きです」

ロイ・チウ.jpg

 ロイ・チウ(邱澤)は「先に愛した人」で、過去のイメージをがらりと変えて現れた。デビューから十数年。連続ドラマでのアイドル的なイメージが強かったが、「先に愛した人」で演じたのは、台湾のどこにでもいそうなチンピラ役。柄物の派手なシャツに短パン、サンダルを突っかけ、うすらひげでバイクを乗り回す。まったく新たな表情だ。新境地に至ったきっかけは何だったのか。第14回大阪アジアン映画祭で来日したロイに話を聞いた。

t03_1.jpg

 現在37歳。「先に愛した人」の話が持ち込まれた時、年齢的にもキャリア的にも転機に差し掛かっていた。シュー・ユーティン(徐誉庭)監督によると、直前に主演したドラマ2本で取れると思った賞を逃し、落ち込んでいたという。ロイを励まそうと事務所や業界関係者が開いた食事会で、監督は初めて本人に会った。

 「ドアを開けて入ってきたロイを見て驚いた。うつむき加減で破れたジーンズを履き、まるで野生の狼のよう。作品で見るイメージとまったく違っていた。見てすぐに自分の作品に起用したいと思った」

 食事をしながらシュー監督は「先に愛した人」の構想を話したが、まだ脚本はできていなかった。しかし、過去に「イタズラな恋愛白書」や「台北ラブストーリー 美しき過ち」、「僕らのメヌエット」など良質なドラマを送り出し、ヒットを連発してきた監督だ。ロイに迷いはなかった。

 「監督に『こういう役なんだけど、やってみたくない?』と言われました。監督の作品ならどうしてもやりたかった。その場で『やります』と答えました」

DearEx_sub2.jpg

 即答はしたものの、「先に愛した人」の役は、経験したことのないものだった。自由気ままなゲイの劇団主宰者。男性の恋人がいたが、病気で亡くなってしまう。その後、恋人の生命保険金の受取人になっていたことが判明。恋人の妻が息子を連れ、怒鳴り込んでくる。愛する人を亡くしたゲイの男。夫を男に奪われた妻。間にはさまれ戸惑う息子。同じ人を愛し、失った三人の葛藤が描かれる。

 撮影が始まり、監督はロイが積み上げてきた演技経験を徹底的に破壊した。ドラマ経験の長いロイには、照明、小道具、カメラの位置、共演者まで、くまなく気を配り、スケジュール通りに撮影が進むよう配慮する習慣があった。しかし、監督はただ現場で「役を生きる」ことを求めた。監督は言う。「谷底に突き落とした。何から何まで否定した。私が男だったら、ロイに殴られていたと思う」。

StarAward_5.JPG

 一方のロイは監督を信じ、ひたすら付いて行こうとした。

「監督の演出が厳しかったのかどうか分からない。が、過去の経験とは少し違った。監督は『とにかくカメラを意識しないで。人物に100%なりきって』と言った。最初は戸惑ったが、数日で監督への信頼が強まり、やり遂げられた。役の中に自分に似ている部分を探しながら演じていった」

 監督とロイの化学反応の結晶ともいえる作品は、昨年夏の台北電影節(台北映画祭)で4部門を独占。最優秀主演男優賞を受賞したロイは、出演映画で獲った初めての大きな賞に、喜びに唇を震わせて感謝の言葉を述べた。

StarAward_1.JPG

「僕は本当に演技が好きです。どんな困難があっても、撮影が始まると世界が静まり返り、その瞬間を生きるだけになる。さまざまな役柄を生きるその瞬間が、僕はとても好きです」

 昨年秋の台湾での劇場公開を経て、先月の大阪アジアン映画祭で上映。アジア映画界に貢献し、活躍が期待される映画人に贈られる「オーサカ Asia スター★アワード」も獲得した。

 インタビューの席で、一つ一つの質問に対してじっくり考え、丁寧に答える様子には、真面目で慎重な素顔が透けて見えた。高校時代に習ったという日本語は玄人はだしで、こちらの質問を聞き取ろうと、一点を見つめて耳をそばだてる。

 台北電影節での受賞コメントに触れると、流暢な日本語で、一気に吐き出すように言った。

 「そう。そうねえ……やっぱりアクションの後は静かになって、みんな精神集中する。人生は今だけになる。その雰囲気が一番好き。みんな一生懸命、カメラさんもスタッフさんも集中して、いい作品を作ろうとする。その瞬間が一番好きです」

DearEx_sub1.jpg

 「先に愛した人」で、新たな顔を見せたロイは、次回作の映画「江湖無難事」、「第九分局」で再び初めての役に挑んでいる。「江湖無難事」は裏社会が舞台のブラック・コメディーで、ロイは若いヤクザを演じる。「第九分局」はホラー風味の刑事もの。今後は幽霊が見える警官を演じている。ヤクザも警官も演じるのは初めてだ。「年を取った役や汚れ役も見てみたい」と伝えると、初めてホッとしたような、柔らかい笑顔を見せた。37歳。挑戦は続く。

(文・遠海安)

「先に愛した人(原題:誰先愛上他的)」(2018年、台湾)
監督:シュー・ユーティン(徐誉庭)、シュー・ツーイェン(許智彦)
出演:ロイ・チウ(邱澤)、シェ・インシュエン(謝盈萱)、スパーク・チェン(陳如山)、ジョセフ・ホアン(黄聖球)

大阪アジアン映画祭「先に愛した人」紹介ページ
http://www.oaff.jp/2019/ja/program/t03.html
posted by 映画の森 at 20:02 | Comment(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

第14回大阪アジアン映画祭 韓国映画「アワ・ボディ」主演のチェ・ヒソ、ハン・ガラム監督に聞く 30代女性の心と身体描く「女性たちよ、もっと自由に」

ハン監督とチェ・ヒソ.jpg

 「第14回大阪アジアン映画祭2019」のコンペティション部門でスペシャル・メンションを授与された韓国映画「アワ・ボディ」は、平凡な30代女性がスポーツに出会ったことで気持ちも変わっていくさまを描く。さまざまなキャラクターの女性が登場する「女性たちの映画」について、ハン・ガラム監督と主演のチェ・ヒソに聞いた。

 主人公は30代のジャヨン。公務員試験に落ち続け、恋愛もうまくいかず、閉塞感と将来への不安をかかえて生きている。そんな中、自宅近くを颯爽と走る女性、ヒョンジュに目を奪われる。同じチームに入りランニングを始めるが、ある日、前を走っていたヒョンジュが交通事故で亡くなる。ジャヨンは憧れの女性の死を乗り越え、さらに走ることで自分の生き方を見つけていく。

 ハン監督は1985年生まれ。「アワ・ボディ」は韓国映画アカデミーの卒業作品で、昨年の釜山国際映画祭で上映された。チェはイ・ジュニク監督の「空と風と星の詩人 尹東柱の生涯」「金子文子と朴烈(パクヨル)」の鮮烈な印象が記憶に新しい。大阪アジアン映画祭は昨年に続き二度目の参加だ。二人はどのように作品と向き合ったのだろうか。

アワ・ボディ作品写真.jpg

 ――30代女性の物語を作った理由は。

 ハン:身体の変化を通して、生き方の変化を表現したかった。身体は自分が努力しただけ成果を得られる。物語は自分が20代後半から30代前半にかけて体験し、感じたことをモチーフにしている。自分は映画を仕事にすることを家族に反対され、放送局を志望して試験に落ちたりした。親たちは「試験に受かってほしい、いいところに就職してほしい」と願うものだが、同じ世代の女性たちに、もっと好きなように生きてもいい、楽に生きてほしいというメッセージを込めた。

 ――最近の韓国のインディペンデント映画は、就職も恋愛もうまくいかない若者の鬱屈をテーマにしたものが非常に多い。

 ハン:(学歴社会、就職難など)現実が厳しいので映画もそうなるのだろう。「アワ・ボディ」も、自分は社会的な問題意識があって作ったつもりはなかったが、社会的背景との関係をよく聞かれる。

 ――シナリオを読んだ印象は。

 チェ:一気に読んで、ぜひ演じたいと思った。自分も将来についていろいろと考えてきたので、受動的に生きてきたジャヨンがランニングを始めて変化するプロセスが自然に理解できた。平凡に見える女性だが、ランニングを始めること自体勇気が必要。普通は始めようと思ってもできない。何かを始めて集中する「力強さがある」性格が気に入った。簡単にアプローチできる役ではないが、だからこそ挑戦したかった。

 ――30代は女性にとってどういう年代だと思うか。

 ハン:結婚したりキャリアを積んだりする年代だが、新しいことができると思う。

 チェ:日本も同様だが、女性も男性も就職している、結婚している、貯金があるというように、落ち着いているべきだという考えがある。つまり、会社員、母親といったラベルが貼られる。この映画では、それらを突破するものとしてランニングが登場する。

 ――走るシーンが多いが、撮影中のエピソードは。

 ハン:俳優もスタッフも苦労したと思う。一緒に走った助監督は7キロもやせた(笑)。自分は撮影中は座っているので気にしていなかったが、後から申し訳ない気持ちになった。

 チェ:長距離を走るのは好きではなく、この映画で初めて走った。途中までは苦しいが、それが過ぎれば楽になるという長距離走の“味”が分かった気がする。夜に走るシーンを取るため、撮影が日暮れから夜明けまでに及んだのが大変だった。

 ――主なキャラクターがすべて女性だが、最初から意図したのか。

 ハン:意図したのではないが、主人公の周囲の重要なキャラクターを考えていくとき母親や姉妹、女友達はとても重要な関係なので、自然にそうなった。

 ――次はどんな映画に取り組みたいか。

 ハン:以前から考えていたストーリーを発展させて新しいシナリオを執筆中。モチーフは「アワ・ボディ」とはまったく違う。毎回違うものを作っていきたいと思っている。

 チェ: チャレンジできる役にひかれる。「金子文子と朴烈」もそうだが、主体的な女性に魅力を感じるので、これからも違うタイプの女性のキャラクターに挑戦してみたい。

(文・芳賀恵)

写真1:ハン・ガラム監督(左)と主演のチェ・ヒソ(右)=芳賀撮影
写真2:作品写真=映画祭事務局提供

posted by 映画の森 at 11:15 | Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

「ブラック・クランズマン」黒人刑事がKKKに潜入 スパイク・リー、差別主義者を痛快に糾弾

1.jpg

 1979年、米西部コロラド州コロラドスプリングス。町で初めて黒人の刑事、ロン・ストールワース(ジョン・デビッド・ワシントン)が誕生した。しかし、書類管理担当の記録室に配属され、差別的な刑事に嫌がらせを受け、退屈な任務にうんざりしたロンは、署長にダメ元で「潜入捜査官になりたい」と訴え、晴れて希望がかなえられる──。

 実在の元刑事ロン・ストールワースの回想録を、「マルコムX」(92)のスパイク・リーが脚本化し、監督した。「マルコムX」主演のデンゼル・ワシントンの息子、ジョン・デビッドが主役を務める。第71回カンヌ国際映画祭でグランプリ、第91回米アカデミー賞で脚色賞を受賞した。

2.jpg

 作品のコピーは「黒人刑事が白人至上主義団体『KKK(クー・クラックス・クラン)』に潜入捜査」だが、実際に潜入するのは、ロンの身代わりとなる白人刑事フィリップ(アダム・ドライバー)だ。黒人差別の歴史、KKKの内情や活動、時代背景をスリリングに描きつつ、最終的にはKKKを笑い飛ばそうとする。監督は今も根強く残る白人至上主義について、挑発しながら問題提起する。

 三角頭巾の白装束が象徴的なKKKは、アラン・パーカー監督の「ミシシッピー・バーニング」(88)などにも登場したが、内部を詳細に描いた映画は初めてではないか。トランプ大統領の誕生後、米国では17年、南部バージニア州で白人至上主義者と反対派が衝突。死者が出る事態になり、トランプ氏が「双方に責任がある」と発言して波紋を広げた。KKKは今もなお活動を続けており、米国の対立と分断は拡大している。

3.jpg

 時代背景、言葉のニュアンスなど、日本人に分かりづらい点はあるものの、黒人刑事がKKKに潜入する着眼点に引き付けられる。黒人と白人が手を組んで任務を遂行する姿は、米国の掲げる理想であり、作品の面白さにつながっていく。リー監督はKKKの手法を痛快に糾弾する。往年の勢いを失いつつあったリー監督が、再び輝きを取り戻した。現代社会の問題点を鋭く突く力作だ。

(文・藤枝正稔)

「ブラック・クランズマン」(2018年、米)

監督:スパイク・リー
出演:ジョン・デビッド・ワシントン、アダム・ドライバー、
ローラ・ハリアーパ、トファー・グレイス、ヤスペル・ペーコネン

2019年3月22日(金)、TOHO シネマズ シャンテほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://bkm-movie.jp/

作品写真:(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

posted by 映画の森 at 20:37 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする