2018年01月17日

「消された女」彼女はなぜ監禁され、精神異常者にされたのか 鋭く饒舌な社会派サスペンス

1.jpg

 大都会の真昼間、通りを一人歩いていたカン・スア(カン・イェウォン)は、突然誘拐され、精神病院に監禁された。待っていたのは強制的な薬物投与、無慈悲な暴力、非現実の世界だった。狂気の中、スアは病棟での出来事を手帳に記録し始める──。

 韓国で実際に起きた拉致監禁事件がモチーフの「消された女」。主演はカン・イェウォンとイ・サンユン。監督は「愛なんていらない」(06)、「廃家」(10)のイ・チョルハ。

2.jpg

 韓国には保護者2人、精神科医1人の同意があれば、本人の同意なしで強制的に「保護入院」させられる法律があるという。スアはこの法律を根拠に精神病院に監禁された。一方、干されかけのテレビプロデューサー、 ナ・ナムス(イ・サンユン)に1冊の手帳が届く。手帳の内容に驚き、送り主のスアに会いに行くナムス。スアが巻き込まれた事件の背景にある衝撃の事実、渦巻く闇を暴くために動き始める。

 再起をかけたテレビプロデューサーが、精神異常者にされた女性の記録・証言をもとに、法律の矛盾に真正面から切り込む。シャープで饒舌な社会派サスペンスだ。スアの手帳をきっかけに、ナムスのジャーナリスト魂が目覚め、事件を暴く原動力になる。

 分かりやすい設定、テレビの制作現場の裏側を軽妙に描いた導入部。観客の心をつかんだうえで、事件の真相に切り込んでいく。知的好奇心をくすぐる構成がうまい。並行して描かれる精神病院の悪行は、嫌悪感を誘う醜悪さ。暴力描写も徹底的で、法の矛盾と社会の闇を暴き出す。

3.jpg

 韓国映画でよく見られる実際の事件を下敷きにした作品。「殺人の追憶」(03)、「殺人の告白」(12)、「トガニ 幼き瞳の告白」(11)など秀作が多く作られてきた。コンパクトな91分の上映時間に、あっと驚くラストのどんでん返し。一気に見せる手腕が光る。

(文・藤枝正稔)

「消された女」(2017年、韓国)

監督:イ・チョルハ
出演:カン・イェウォン、イ・サンユン、チェ・ジノ

2018年1月20日(土)、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.insane-movie.com/

作品写真:(C)2016 OAL, ALL RIGHTS RESERVED

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 21:24 | Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」視力を失っても 夢をあきらめなかった青年の実話

1.jpg

 ドイツ人の母、スリランカ人の父の間に生まれたサリア・カハヴァッテ、“通称サリー”(コスティア・ウルマン)。両親と姉の4人家族、夢は立派なホテルマンになること。しかし、先天性の病気で網膜剥離になり、手術後に残ったのは5パーセントの視力だった。父は「障害者の学校へ転入しろ」と言うが、夢をあきらめたくないサリーが取った行動は──。

 実話を基にしたドイツ映画で、監督は「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々」(05)のマルク・ローテムント。主人公のサリアは15歳で視力の95パーセントを失い、高校卒業後はホテルで見習いとして働き、接客業などのキャリアを積み、15年間も目が見えないことを隠していたという。

2.jpg

 学生時代はまだ目が見えていたサリー。レストランで見習いをしながら、家族に料理をふるまうなど明るい未来が開けていた。しかし、突然の病で一度は絶望的な状態に。それでも夢をあきらめない。驚異的な記憶力、わずかに残った視力、聴力を駆使し、猛勉強して学校を卒業する。目のことを隠し、母と姉の助けを借りながら、憧れの一流ホテルの面接を受けて合格する。

 実話ものの映画だが、最初の設定の難易度が高く、映画として興味深い展開になる。主人公が絶望をはねのけ、ポジティブに希望へ向かう姿は、サクセス・ストーリーに近い感触だ。ホテルでの接客の仕事は、人への対応から建物内の移動、食べ物や飲み物、食器の扱いまで、さまざまな作業を覚えなければならない。

3.jpg

 いくたの困難に立ち向かうサリーを、同期見習いのマックス(ヤコブ・マッチェンツ)が助ける。いち早く視力が弱いことを見抜き、サリーにとって心強い相棒になる。出入り配送業者の女性クララ(アンナ・マリア・ミューエ)との淡い恋、指導教官クラインシュミット(ヨハン・フォン・ビューロー)の厳しい監視もアクセントに。さらに、アフガニスタン移民で外科医のハミデ(キダ・コドル・ラマダン)が、キャリアを生かせず皿洗いとして働いている点に、ドイツの現状に対する風刺をしのばせている。

 幸運と不運がともに訪れるサリーの人生。実話がもとであることで真実味が増した。サリーを演じたウルマンは好演で、ローテムント監督の演出は絶妙。誰もが共感できる軽快な作りで、心地よく感動できる作品だ。

(文・藤枝正稔)

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」(2017年、ドイツ)

監督:マルク・ローテムント
主演:コスティア・ウルマン、ヤコブ・マッチェンツ、アンナ・マリア・ミューエ、ヨハン・フォン・ビューロー、アレクサンダー・ヘルト

2018年1月13日(土)新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://5p-kiseki.com/

作品写真:(c)ZIEGLER FILM GMBH & CO. KG, SEVENPICTURES FILM GMBH, STUDIOCANAL FILM GMBH

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 11:13 | Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

「勝手にふるえてろ」恋愛に突如目覚めた妄想女子、毒気あふれる異色ラブコメ 松岡茉優が好演

1.jpg

 24歳のOLヨシカ(松岡茉優)は、中学の同級生「イチ」(北村匠海)に10年の片思い中。そこへ突然、暑苦しい会社の同期「ニ」(渡辺大知)に告白される。テンションが上がるも、ニとの関係に乗り気れない。「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこう」と思い立ち、同窓会を計画。ついに再会の日が訪れる──。

 芥川賞作家・綿矢りさの同名小説の映画化。監督、脚本は「恋するマドリ」(07)の大九明子。今年の東京国際映画祭コンペティション部門に出品され「観客賞」など2賞に輝いた。

 ヨシカは恋愛には奥手、不器用に妄想するオタク系女子だ。会社では経理課に所属し、アパートで独り暮らし。アンモナイトの化石を集めて癒されている。ところが「二」に告白され、恋愛感情が目覚めてしまう。「イチ」への思いが募り、暴走する姿がコミカルに描かれる。

2.jpg

 なんといっても映画初主演の松岡の演技に尽きる。ネガティブなオタク系で夢見がち、妄想世界に生きる。泣き、笑い、叫び、歌う。感情の起伏が激しい難役を、誰もが共感できるキャラクターに転じた。思いを寄せる「イチ」はクールな二枚目。リアルな相手の「二」は厚かましいお笑いキャラ。妄想と現実に迷うヨシカの葛藤が、手に取るように伝わってくる。

 大九監督は、くせのある原作を、小気味よく映像化した。ヨシカに毒のあるモノローグを多用させつつ、現実と妄想をまぜこぜにしてカラフルに描く。ところがそんなヨシカを一瞬で空虚な灰色の世界に引き戻す。斬新、残酷、すさまじい破壊力だ。初めての恋愛で暴走するヨシカを、背中から押していくさじ加減も絶妙。

3.jpg

 優しくしたり、突き放したりした後、最後は温かく手を差し伸べる。かなり変わったくせのある物語だが、着地点は地に足がついている。今年公開の邦画では一押し、毒気あふれる異色のラブコメディーだ。

(文・藤枝正稔)

「勝手にふるえてろ」(2017年、日本)

監督:大九明子
出演:松岡茉優、渡辺大知、石橋杏奈、北村匠海、趣里

2017年12月23日(土)、新宿シネマカリテほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://furuetero-movie.com/

作品写真:(C)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 23:56 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

「カンフー・ヨガ」63歳ジャッキー・チェン、サービス精神満点の娯楽アクション

1.jpg

 約1000年前の古代インドと中国で、争乱の末に伝統の秘宝が消えた。考古学者のジャック(ジャッキー・チェン)は秘宝を探すため、同じ考古学者でヨガの達人のインド人美女アスミタ(ディシャ・パタニ)らと旅に出る。まずは秘宝へ導く“シヴァの目”を探さすが、手がかりは古い地図だけ。しかも謎の一味が秘宝を奪おうと迫る──。

 ジャッキー・チェン主演の中印合作冒険活劇「カンフー・ヨガ」。監督、脚本、製作、アクション指導は「ポリス・ストーリー3」(92)、「レッド・ブロンクス」(95)など、ジャッキーとは何度も組んだ実績のあるベテラン、スタンリー・トンだ。

2.jpg

 インパクト絶大のタイトルが示す通り、最近のヒット作を徹底的に研究している。出だしは中印が秘宝をめぐって争う様子を、フルバージョンのCG(コンピューター・グラフィックス)アニメで描く。巨大な象が暴れまわる中、アクロバティックに展開する騎馬戦。「ロード・オブ・ザ・リング」(01)のようにファンタジックだ。

 舞台は中国、インド、ドバイに広がる。スティーブン・スピルバーグ監督作「インディ・ジョーンズ」シリーズさながらに、ジャッキーは大学教授で冒険家。さらに自宅では「木人」を相手に体を鍛えている。そんなお茶目な学者が、秘宝探しの冒険に出る。

3.jpg

 ジャッキー作品らしく、コミカルな描写をちりばめながら、随所にアクションと投入していく。中盤のドバイでは高級スポーツカーをぜいたくに壊し、「ワイルド・スピード」さながらの展開。ライオンを乗せた車をジャッキーが運転するなど、予想を超える楽しさだ。僧院を舞台にしたり、大道芸人を巻き込んだり、ジャッキーが自虐的に言う通り「インディ・ジョーンズ」顔負けの活躍。

 今年63歳になったジャッキー。「レイルロード・タイガー」、「スキップ・トレース」、「カンフー・ヨガ」と今年だけで主演作が3本、日本で公開された。中でも「カンフー・ヨガ」はノンストップで繰り広げられる冒険アクションで、老若男女楽しめるはずだ。若い俳優たちのアクションもふんだんに盛り込まれた。敵役ランドル(ソーヌー・スード)の冷酷で二枚目な悪役ぶりも物語を盛り上げる。

 エンドロールはまるでインドのボリウッド映画。敵味方が一緒に締めくくるダンスシーンだ。スタッフと俳優たちが一体になり、いいものを作り出すサービス精神。全体にやや荒削りで大味だが、エンタメ要素は満載で、屈託のない、楽しい娯楽作品だ。

(文・藤枝正稔)

「カンフー・ヨガ」(中国・インド、2017年)

監督:スタンリー・トン
出演:ジャッキー・チェン、アーリフ・リー、レイ、ソーヌー・スード、ディシャ・パタニ

2017年12月22日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://kungfuyoga.jp/

作品写真:(C)2017 SR MEDIA KHORGOS TAIHE SHINEWORK PICTURES SR CULTURE &
ENTERTAINMENT. ALL RIGHTS RESERVED.

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 11:35 | Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

「52Hzのラヴソング」台湾・ウェイ・ダーション監督に聞く 初のミュージカル「人が大きな幸せを求めない時代。夢を追ってほしかった」

gitokusei.jpg

 台湾のウェイ・ダーション(魏徳聖)監督6年ぶりの最新作「52Hzのラヴソング」が公開中だ。「海角七号 君想う、国境の南」(08)、「セデック・バレ」(11)2部作などをヒットさせた監督が、初めてミュージカルに挑戦した。監督は「人が夢を失い、大きな幸せを求める気持ちが消えている。だからこういう映画を撮った。夢を追ってほしかった」と語った。

 バレンタインデーに起きる出来事を描いた群像劇。パン職人のシャオヤン(リン・ジョンユー)と花屋のシャオシン(ジョン・ジェンイン)。シャオヤンが思いを寄せるレイレイ(チェン・ミッフィー)と、その恋人のダーハー(スミン)の4人を中心に、恋愛模様がポップに描かれる。

 人気バンド「宇宙人(Cosmos People)」ボーカルのリン・ジョンユーら4人はいずれもプロのミュージシャン。さらに「セデック・バレ」で原住民族のリーダーを演じたリン・チンタイ、「海角七号 君想う、国境の南」主演の田中千絵とファン・イーチェンら、監督ゆかりの俳優たち、台北市長の柯文哲(か・ぶんてつ)氏も出演し、作品に花を添えている。

小さくても楽しい映画を撮りたくなった

 一問一答は次の通り。

 ──製作を担当した「KANO」(14)公開時、次の作品では台湾史を壮大に描くと話していましたが、ミュージカルになった経緯を教えて下さい。

 次の歴史作品は時間をかけて準備している最中だ。「セデック・バレ」、「KANO」と規模が大きく、心身ともにくたくたになった。次はさらに大きくなるが、ちょうど合い間に時間があり、小さくても楽しく、(スタッフ)全員が休めるような映画を撮った方がいいのでは、と思った。

1.jpg

 ──最初のアイデアはどうひらめきましたか。
 
 映画界に入ったばかりの二十数年前は、歴史ドラマよりラブストーリーを書きたかった。書きたい種はあったが、なかなか芽が出ない。「KANO」の撮影を終え、宣伝で海外を回っていた時、ふと軽やかな映画を楽しくやりたくなり、すぐに脚本を書いた。とはいえ、小さい作品でも簡単ではなく、かかる時間も大作と同じだった。

 ストーリーはシンプルで、バレンタインの一日を描く。ラブストーリーとして作ると表面的になってしまう。音楽、踊りを加えて、恋愛に対する期待、想像、気持ちを力強く表現した。

ミュージシャンも舞台の上では役者。演出に苦労はなかった

 ──中心となる4人の俳優たち、劇中に使われた曲はどう決めましたか。

 脚本が先にあって、キャラクターに合う俳優を決めた。映画に登場するパフォーマンスには、普段の彼らがそのまま表れている。オフの時もあんな雰囲気で、楽しくて面白い人たち。主演の2人(シャオヤンとシャオシンは)、30センチの身長の差も味になり、調和がよかった。

2.jpg

 ──ほぼ演技経験のない人たちです。演出は苦労しましたか。

 彼らも(音楽を演奏する)舞台の上では役者。演じることに対して前向きで、好きな気持ちがある。あとは映画と舞台のスイッチの切り替えれば大丈夫。演技、ダンス指導の先生についてもらい、理解すればすぐ動けたので、それほど苦労はなかった。

 ──製作を通じてどこに時間がかかりましたか。

 一般的に映画はリサーチやセット作りなど、準備に時間を費やす。しかし今回は、オリジナルの歌詞、曲作りに時間がかかった。音楽はコミュニケーションがとても大事で、完成までの過程も長い。すべてオリジナル曲のうえ、創作性の高いものは完成まで予測がつかず、時間がかかった。

 ──俳優たちも製作にかかわりましたか。

 スミン演じるダーハーが彼女のレイレイに歌う場面は、当初別の歌があった。しかし歌わせてみたら、なかなかうまく歌えない。それでスミンに「あなたの歌の力で、彼女が涙を流すものを書いてほしい」と。最後に完成したのはあの曲だった。

3.jpg

 ──台北市主催の合同結婚式のシーンには、市長さんも出ましたね。

 正直に言うと、バレンタインの一日にしぼったので、使える材料が多くない。あらゆる可能性、エピソードをすべて盛り込み、やっと一日が成立した。市長は出演を快諾してくれた。スターになりたかったのかもしれないね(笑)。

人々が夢を失い、小さなことに幸せを感じている

 ──監督は製作理由の一つとして、台湾社会の空気が暗くて重いことを挙げていました。どこに感じますか。

 「暗い」とはいえない。人が夢を失っている。私も50歳近いが、若い時は夢があった。努力して実現したかった。今の若者には夢がない。家賃も不動産も高く、経済も政治もよくない。

 台湾では今「小確幸(小さくても確かな幸せ)」という言葉がはやっている。たとえばちょっと質のいいビールを飲めたり、安く買い物ができたなど、人々がちっぽけなことに幸せを感じている。努力してもだめなので、夢を持たない。大きな幸せを求める気持ちが消えている。だからこういう映画を撮った。夢を追ってほしかった。

 ──日本と同じ状況ですね。

 世界中どこでも、大都会で暮らしている人はほとんどそうだろう。20代の人たちは夢がない。30代は夢があるけれど、なかなか実現できず、だんだん夢を抱かなくなっている。30代の少なくない人たちが独身を選んでいるのは、世の中が不確実だから。他人を迷惑をかけたくないと思っている。

 ──エピソードを作る際、かなり調査しましたか。

 それほどしなかった。自分は普通の人間。生活も普通。周りの人たちも普通の人ばかり。彼らの姿、話し方、考え方はよく理解できる。映画の物語は、自分自身の経験から出た。社会で直面している問題と、自分の経験を組み合わせた。

 ──「海角七号 君想う、国境の南」に「52Hzのラヴソング」と、歌が重要な役割を果たしています。監督の映画に音楽は重要ですか。

 音楽は好きだけれど、得意なわけではない。映画の中でほしい音楽は、よく分かっている。脚本の段階で映像、音楽に対する感覚が全部つかめている。

 シャオヤンが屋上で歌う場面は、最後に完成した。もともとの歌ができて歌わせたが、どうもしっくりこない。彼は愛とは何か、孤独とは何かの代弁者。何度も直しても合わないので、作曲家に要求した。シャオヤンが屋上に立ち、街の風景を長め、独り言のように歌い出す。心の中から独り言が流れるように書いてほしい、と頼んだ。それでできたのがあの曲だ。

(文・写真 遠海安)

「52Hzのラヴソング」

「52Hzのラヴソング」(2017年、台湾)

監督:ウェイ・ダーション
出演:リン・ジョンユー、ジョン・ジェンイン、スミン、チェン・ミッフィー、リン・チンタイ

2017年12月16日(土)、ユーロスペースほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.52hz.jp/

作品写真:(C)2017 52HzProduction ALL RIGHTS RESERVED.

posted by 映画の森 at 11:07 | Comment(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする