2019年05月20日

パク・ヘイルがデビュー秘話、全州国際映画祭で「青春がテーマの詩を読み、演技を続けると決めた」

@上映後Q&A−1.jpg

 韓国・全羅北道全州市で5月2日から10日間「第20回全州国際映画祭2019」が開かれ、国内外の長短編275本が上映された。今年は韓国映画が作られ始めて100周年。これを記念して映画祭は「100年間の韓国映画」のセクションを設け、過去の映画を上映して監督や出演者をゲストに招いた。映画デビュー作「ワイキキ・ブラザーズ」(01)が上映されたパク・ヘイルはイム・スルレ監督とともに登壇し、撮影時のエピソードを明かした。

@上映後Q&A−2.jpg

デビュー作「ワイキキ・ブラザーズ」18年ぶり凱旋
 「100年間の韓国映画」セクションは1990年代以前の「20世紀」部門と2000年代以降の「21世紀」部門からなる。「21世紀」部門では2000年から2010年までに製作された14本が紹介された。その1本が、ナイトクラブでの演奏で生計を立てる中年バンドマンの悲哀を描いた「ワイキキ・ブラザーズ」(01)。第2回全州映画祭のオープニング作品で、今回は18年ぶりの「凱旋」となった。

 パク・ヘイルはこの作品でイ・オル演じる主人公ソンウの高校時代を演じた。イム監督によると、高校生のソンウ役のキャスティングに悩んでいた時、事務所のスタッフがソウルの演劇街・大学路の舞台に立つパクを“発掘”した。当時パクは23〜24歳。監督は「演劇ならともかく、カメラの前では年齢はごまかせないだろうと思った。しかし演技はうまいし、実際に会ってみると肌がとてもきれいだった(笑)」と起用の経緯を回想した。

@上映後Q&A−3.jpg

 パクは監督の話に照れ笑いしながら、「音楽が大好きだった高校時代を思い出し、バンドメンバー役の他の俳優と一緒に2カ月間スタジオにこもって練習した。この映画は今も常に(俳優としての自分の)土台になっている」と懐かしそうに振り返った。


「演劇を始めたけれど、お金にならない。やめようと思うこともあった」
 また、観客から若い頃の夢について尋ねられると「音楽が好きだったが才能がなかった。演劇を始めたけれど、まったくお金にならない。やめようと思うこともあった。ある時、青春をテーマにした詩を読んで、演技を続けることを決めた。それが今につながっている」と、悩み多き日々があったことを告白した。

A映画祭メーン会場.jpg

 イム監督が「理想と現実のギャップについて語ろうとした映画」と話すように、作品のテーマは社会のレールから外れたアウトサイダーの人生。何もかも思い通りにいかない人の焦りと諦念を淡々と描きながらも、生活に追われて夢と輝きを失ってしまう人に向ける視線は温かい。俳優の熱演も見どころで、無名時代のファン・ジョンミンやリュ・スンボムも現在の活躍を予告する演技を見せている。

Cワイキキスチール2.jpg

 「ワイキキ・ブラザーズ」は興行的に成功したとは言えないが、観客や評論家からは高い評価を受けた。1990年代までの多くの韓国映画が強いメッセージ性を備えていたのとは対照的な、作家主義的な感性が人々の心をつかんだのだ。韓国映画の歴史において2000年代前半という時代は「多様なジャンル映画が花開いた時代」といえる。この時期は教育機関で映画を学んだ人や芸術家、作家といったさまざまな人材が映画界に参入した。同時期に製作システムが確立してきたこともあり、韓国の映画産業は急激な広がりをみせた。

 今回、映画祭でこの時代の映画を再見し、発想力の豊かさに改めて驚かされた。特定のジャンルに偏りがちな商業映画へのアンチテーゼとしての映画祭の力を再認識した。

(写真・文 芳賀恵)

写真
1〜3:上映後の質疑応答に参加する(右から)イム・スルレ監督、パク・ヘイル=5月3日
4:映画祭メーン会場
5:「ワイキキ・ブラザーズ」場面写真=映画祭事務局提供

posted by 映画の森 at 21:27 | Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

「ラ・ヨローナ 泣く女」ジェームズ・ワン製作、「死霊館」に通じる「最恐」ホラー

1.jpg

 1970年代の米ロサンゼルス。不可解な死を遂げた子の母親が、不吉な警告を発する。無視したソーシャルワーカーのアンナ(リンダ・カデリーニ)と子供たちは、ある女の“泣き声”を聞いてしまう。その日を境に数々の恐ろしい現象に襲われることになる──。

 製作は「死霊館」シリーズのジェームズ・ワン、監督は今回が長編デビューのマイケル・チャベス。「ラ・ヨローナ」は、スペイン語で「泣く女」を意味する。

 「死霊館」(13)で始まったワンのホラー映画は、同作に登場する人形を題材にした「アナベル 死霊館の人形」(14)など派生を続け、今回もその1本といえる。メキシコの怪談に登場する呪われた「泣く女」がモチーフだ。

2.jpg

 ヨローナの原点から話は始まる。村一番の美女がスペイン人と恋に落ち、子供二人を授かった。幸せは続かず、男は裕福なスペイン人女性のもとに去る。美女は嫉妬に狂い、夫最愛の子ども二人を溺死させる。美女は我に返り、後悔に苦しみ、泣きながら川へ身を投げる。

 時は移って現代。ヨローナの涙は枯れず、わが子を探してさまよっていた。ロサンゼルスのアンナは、虐待の疑いがある女性パトリシアの家で、クローゼットに閉じ込められていた兄弟を救う。パトリシアの行為は、ヨローナの呪いから逃れるためだった。事情を知らないアンナの救助で、最悪な事態が起きる。兄弟が川で水死体で見つかったのだ。アンナに怒り狂うパトリシア。やがてヨローナの呪いはアンナの子二人に向けられる。

3.jpg

 ジェームズ・ワンのヒット作「死霊館」シリーズと、底辺でつながっている。中盤にヨローナの呪いに苦しむアンナが教会に相談に行くと、「アナベル 死霊館の人形」に登場したペレス神父(トニー・アメンドーラ)が登場。アンナに悪魔ばらいにたけたラファエル神父(レイモンド・クルツ)を紹介する。

 ヨローナは狙った子供に執着する粘着系で、執念深さは日本ホラー・キャラ「貞子」を彷彿させる。泣き声とともにプール、バスタブなど水のある場所ならどこでも出現。家ごと破壊しかねぬパワーで家族に襲いかかる。最終的には悪魔ばらいに頼ることになり、神父はヨローナの一騎打ちに臨む。

 チャベスの語り口は、デビュー作らしからぬうまさ。ショック演出の間合いも良く、ホラー監督として期待できる逸材だ。ワンも手腕を買っているようで、20年公開の「死霊館」シリーズ3作目の監督に抜擢したという。「ラ・ヨローナ 泣く女」は、ワンが送り出す「最恐」ホラーだ。 

(文・藤枝正稔)

「ラ・ヨローナ 泣く女」(2019年、米国)

監督:マイケル・チャベス
出演:リンダ・カーデリニ、マデリーン・マックグロウ、ローマン・クリストウ、レイモンド・クルツ、パトリシア・ベラスケス

2019年5月10日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://wwws.warnerbros.co.jp/lloronamoviejp/

作品写真:(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
posted by 映画の森 at 15:22 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

「パパは奮闘中!」妻が突然出て行った 不器用ながらも絆を強める家族

1.jpg

 インターネット販売の倉庫で働くオリビエ(ロマン・デュリス)は、妻のローラと幼い二人の子と、幸せに暮らしていた。ところが突然、ローラが家を出て行ってしまう。慣れない子供たちの世話に追われるオリビエ。なぜ妻は去ったのか。探し続ける彼のもとに、フランス北部のヴィッサンからハガキが届く──。

 初長編作「Keeper」(15)が各国の映画祭に招待・受賞したベルギーの新鋭ギョーム・セネズ監督の最新作。「タイピスト!」(12)のデュリス、「若い女」(17)のレティシア・ドッシュらが出演している。

2.jpg

 妻がいなくなり、仕事と子育てがオリビエの肩にのしかかる。職場では商品管理担当のリーダーとして部下に慕われる一方、上司からは人員整理を命じられ、中間管理職として板ばさみ。解雇を告げられた部下が自殺し、職場に動揺が広がる中、家では妻が無断欠勤。長男エリオット、長女ローズを残して姿を消した。警察に勤める友人に相談するも、妻の行方はつかめない。

 不慣れな子育て、忙しい仕事、労働組合の業務まで重なるオリビエのもとに妻からハガキが届く。苦労に水を差すような文面に怒りがこみ上げたオリビエは、その場でハガキを破り捨ててしまう。反発したエリオットは紙片を拾い集め、テープで張り合わせる。窮地を知った妹ベティ(ドッシュ)が助けに来てくれることになり、オリビエは消印を頼りに妻の故郷ヴィッサンに向かう。

3.jpg

 フランスの労働者の現実と、家族の成長を描いた物語。妻がいなくなり、夫はさまざまな困難に直面する。葛藤を続ける姿が胸に迫る。子ども二人も自立を強いられ、少しずつ成長していく。ベティや周りの人々の協力を受け、家族は不器用にぶつかり合いながら、絆を強めていく。なにげない日常生活に、温かい思いが伝わってくる。

 一方、オリビエの働く倉庫では、暖房もない劣悪な環境で、長時間労働が課せられている。低所得者たちの苦悩も描いたことこそ、作品の要に感じた。非常に現実的な空気の中、最後は希望を残して幕が引かれ、救われる思いだ。普遍的なテーマを時代に反映させた家族のドラマである。

(文・藤枝正稔)

「パパは奮闘中!」(2018年、ベルギー・仏)

監督:ギョーム・セネズ
出演:ロマン・デュリス、ロール・カラミー、レティシア・ドッシュ、ルーシー・ドゥベイ、バジル・グランバーガー

2019年4月27日(土)、新宿武蔵野館ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.cetera.co.jp/funto/

作品写真:(C)2018 Iota Production / LFP - Les Films Pelleas / RTBF / Auvergne-Rhone-Alpes Cinema

posted by 映画の森 at 22:05 | Comment(0) | ベルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

「愛がなんだ」男女5人のねじれる思い 屈折した不毛の恋が心に刺さる

1.jpg

 猫背でひょろひょろのマモちゃん(成田凌)に出会い、恋に落ちた時から、テルコ(岸井ゆきの)の世界は一変した。どこにいようと電話一本で駆け付け、デートに誘われれば会社をさぼる。大好きで優しいけれど、マモちゃんは自分を好きではなかった──。

 「紙の月」、「八日目の蝉」の原作者・角田光代の同名小説を映画化。NHK連続テレビ小説「まんぷく」(18)の岸井ゆきの、「スマホを落としただけなのに」(18)の成田凌が主演。監督・脚本は「サッドティー」(14)、「退屈な日々にさようならを」(17)の今泉力哉。

 テルコはマモちゃん(マモル)に盲目だ。「熱が出た」と呼び出され、喜び勇んでアパートへ向かい、鍋焼きうどんを作り、風呂掃除をしてウキウキ気分でいたところ、「そろそろ帰ってくれ」と冷たく深夜の街に放り出される。行き場を失って向かうのは、唯一の女友達・葉子(深川麻衣)の家だ。不憫な姿を見た葉子は、マモルと別れるように助言するが、テルコは聞く耳を持たない。そんな葉子は葉子で、自分に好意を抱く年下男ナカハラ(若葉竜也)をいいように扱っていた。

2.jpg

 一方的な片思いが悪循環を生む。テルコはマモルが好きすぎて仕事が手に付かず、会社をクビになる。マモルが好きなのは、だらしない年上喫煙女・すみれ(江口のりこ)だ。テルコはすみれに気に入られ、すみれを利用してマモルに会おうとする。テルコと同じ道を行くのがナカハラだ。葉子に尽くしまくるナカハラに、テルコは自分を重ね、葉子への怒りを募らせていく。

 キャスティングが成功の鍵だ。テルコ演じる岸井は、観客が切なくなるほどの片思いぶり。女をいいように利用する俺様男・マモルに、成田は容姿が良すぎる気もするが、心のうちを見せぬ身勝手なキャラクターをうまく演じている。意外にいいのが深川だ。監督の前作「パンとバスと2度目のハツコイ」(18)のおとなしい主人公から一転、自分本位な「自己中」女。健気な年下男を演じた若葉に、思わず同情してしまう好演だ。江口のりこは、短い出演でも若手と格の違いを見せ付ける。

3.jpg

 若い男女5人のねじれた恋を、監督は日常のさりげないすれ違いから掘り下げていく。片思いの相手に徹底的に尽くす者。相手の思いを利用してポイ捨てする者。ドライで不器用な若さがリアルで、屈折した不毛の愛が心に刺さる。

(文・藤枝正稔)

「愛がなんだ」(2019年、日本)

監督:今泉力哉
出演:岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、穂志もえか

2019年4月19日(金)、テアトル新宿ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://aigananda.com/

作品写真:(C)2019「愛がなんだ」製作委員会
posted by 映画の森 at 15:05 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

「多十郎殉愛記」巨匠・中島貞夫監督、20年ぶり長編は“ちゃんばら時代劇” 光る高良健吾の役者魂

1.jpg

 幕末の京都。貧乏長屋に住む清川多十郎(高良健吾)は、親が残した借金から逃れるため長州を脱藩し、無為な日々を過ごしていた。かつて名うての侍だったが、今は鬼神のような剣の強さを持て余す毎日。何かと世話を焼く小料理屋の女将・おとよ(多部未華子)の思いに気付きながらも、孤独を貫こうとしていた──。

 東映映画の巨匠・中島貞夫、20年ぶりの長編作品は、ちゃんばら時代劇だ。1970年代に犯罪アクションの傑作「狂った野獣」(76)、ヤクザ映画大作「やくざ戦争 日本の首領」(77)のほか、多くの実録ヤクザ映画を監督。「にっぽん’69セックス猟奇地帯」(69)など一連の風俗ドキュメンタリー作品も手がけるなど、オールマイティーな監督だ。

 数々の作品を世に送り出した後、「極道の妻たち 決着」(98)を最後に監督業を離脱。後継の育成に力を注いでいたという。84歳での新作「多十郎殉愛記」には、教え子で「海炭市叙景」(10)を監督した熊切和嘉が“監督補佐”として名を連ねている。

2.jpg

 東映忍者もの「くノ一忍法」(64)でデビューした中島監督にとって、古巣の「東映京都撮影所」で撮ったちゃんばら時代劇「多十郎殉愛記」は、原点回帰と受け取れる作品だろう。「くノ一忍法」に出演した三島ゆり子、斬られ役で有名な福本清三、地回りの親分役の堀田眞三、医師役の野口貴史ら、監督作品の常連俳優が顔をそろえた。

 京都見廻組に目をつけられた多十郎は、腹違いの弟・数馬(木村了)とおとよを守るためにおとりとなる。一人で溝口蔵人(寺島進)率いる抜刀隊と見廻り組を敵に回し、30分間に渡る壮絶な大捕り物がクライマックスに用意されている。長屋を背景に多十郎が大勢の敵と繰り広げる殺陣、大八車を使った捕り物シーンは、勝新太郎主演「座頭市」シリーズを彷彿させる。竹やぶを使ったざん新な殺陣は、往年の時代劇ファンのツボをくすぐるだろう。

3.jpg

 肉体と剣術だけで戦い続ける多十郎の姿は、昨今のCG(コンピューター・グラフィックス)を駆使したアクションと正反対。ちゃんばら時代劇の真骨頂、活劇の醍醐味だ。立ち回りの最中、多十郎が人質を取り立てこもるシーンがある。監督の青春犯罪映画「ジーンズブルース 明日なき無頼派」(74)の立てこもりシーンを思わせる演出で、今も体の中に変わらぬ70年代の魂が息づいているのか。93分と短めな上映時間に加え、あっさりとした幕引きも、かつて2本立て興行がメインだったブログラム・ピクチャーを思い出させる。

 生と死をかけた見事な殺陣。ふんどし姿で男の色気を醸し出した高良の役者魂。意志の強さと母性を合わせ持つ演技の多部。いずれも小池一夫原作「子連れ狼」など、70年代の劇画から飛び出したようだ。中島監督の健在ぶりと、衰えぬ「活動屋魂」に改めて感服する作品だ。

(文・藤枝正稔)

「多十郎殉愛記」(2019年、日本)

監督:中島貞夫
出演:高良健吾、多部未華子、木村了、三島ゆり子、栗塚旭

2019年4月12日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://tajurou.official-movie.com/

作品写真:(C)「多十郎殉愛記」製作委員会

posted by 映画の森 at 00:04 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする