2015年01月29日

「REC レック4 ワールドエンド」人気シリーズ最終作、直球勝負のホラーに変身

レック4.jpg

 スペイン発感染パニック・ホラーのシリーズ最終第4作「REC レック4 ワールドエンド」。謎のウイルスが原因で多くの犠牲者が出たバルセロナのアパート。唯一の生存者アンヘラ(マニュエラ・ベラスコ)が大型貨物船上で目を覚ます。そこはウイルスの臨時検疫施設だった──。

 アパートで起きた感染パニックを描き、世界的なヒットとなった「REC レック」シリーズ。1作目は主観映像(P.O.V)だけのフェイク・ドキュメンタリー。感染者が凶暴化し、人を襲うゾンビ映画スタイルに、オカルト風に味付けた作品だった。2作目はアパートに突入した特殊部隊らの視点を加えた。3作目は通常撮影を交えて番外編的作品となった。

レック4_3.jpg

 今回の最終作「REC レック4 ワールドエンド」は、2作目のラストの直後から始まる。特殊部隊に救出されたアンヘラが、そのまま物語をつないでいく。今回は完全な通常撮影で、主観映像は一部に残るのみだ。

 舞台は陸地から遠い海上の貨物船。内部はウイルスを研究する医師リカルテの極秘施設だった。アンヘラと彼女を助けた特殊部隊員グスマンらのほか、監視役の軍人、乗務員が多数乗っている。そこへ研究用に飼われていたサルが脱走。サルがウイルスを持っていたため、船内はパニック状態に陥る。

レック4_2.jpg

 外部との通信手段は途絶え、救命艇も使えず、密室状態になった船内。逃げ場のない惑星を舞台にした「エイリアン2」(86)を思い起こさせる。しかし、作品の持ち味だった主観映像をやめたため、ごく一般的なホラー映画になった印象を受ける。逆に主観映像の足かせがなくなり、柔軟な演出が可能になった。オカルト色は薄れ、直球勝負のショックとスプラッター演出で魅せる作品だ。

(文・藤枝正稔)

「REC レック4 ワールドエンド」(2014年、スペイン)

監督:ジャウマ・バラゲロ
出演:マヌエラ・ベラスコ、パコ・マンサネド、エクトル・コロメ

2015年1月31日(土)、新宿武蔵野館、シネマサンシャイン池袋ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.rec4.jp/

作品写真:(C)2014 REC APOCALYPSE, AIE - CASTELAO PICTURES S.L. All rights reserved.

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

「アンナプルナ南壁 7,400mの男たち」 仲間を助けろ! 死の山での救出劇

アンナプルナ南壁.jpg

ヒマラヤの中央、東西約50キロに渡って連なる山群アンナプルナ。通称キラーマウンテン(死の山)、世界で最も危険な山とされ、登山者の5人に2人が命を落としている。特にアンナプルナ南壁は最も危ないルート。標高7500メートル地点で7キロも続く尾根を横断しなければならない。

 2008年5月、スペインのベテラン登山家イナキ・オチョア・デ・オルツァは、頂上に向かう途中で高山病に襲われ、同行者のホリアがSOSを発信した。知らせを受けた世界10カ国・12人の登山家たちが救出に向かう──。ドキュメンタリー映画「アンナプルナ南壁 7,400mの男たち」は、実際の遭難事故が題材。同行した登山家や救出活動に参加した人々のインタビュー映像に、記録映像、音声を交えて振り返る。

アンナプルナ南壁2.jpg

 監督は事故にかかわった登山家たちに話を聞くため、世界中を歩いて救出劇の実像を描く。標高7400メートル地点のキャンプ4。連なる氷壁を背に、イナキが自らを撮影している。映像は一転。救出後、地元で普通の暮らしに戻った登山家たちが、当時の状況を語る。

 イナキの同行者でルーマニアの歯科医ホリアは、キャンプ5へ向かう途中でイナキの異変に気づく。渡した携帯電話を受け取れず、意味不明なことを言い始める。高山病にかかったのだ。ホリアはベースキャンプにSOSを発信。情報は瞬く間に世界へ広がり、イナキを救うため、世界中から山男たちがアンナプルナへ向かう。

アンナプルナ南壁3.jpg

 事故当時の記録映像は少なく、作品の大半はインタビュー映像で構成されている。貴重な証言なのだが、観客はその言葉から当時の状況を想像するしかない。ドキュメンタリーのため再現映像も使わないため、登山経験のない観客には分かりづらいかもしれない。美談めいてもいるが、山の怖さを的確に描いた作品だ。

(文・藤枝正稔)

「アンナプルナ南壁 7,400mの男たち」(2012年、スペイン)

監督:パブロ・イラブ
出演:イナキ・オチョア・デ・オルツァ、ウーリー・ステック、ホリア・コリバサヌ、デニス・ウルブコ、アレクセイ・ボロトフ

2014年9月27日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://7400-movie.com/

作品写真:(C)2012 Arena Comunicacion SL.

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

「ブランカニエベス」 白雪姫を闘牛士に 白黒サイレントで蘇る スペインが描く大人の寓話

ブランカニエベス.jpg

 1920年代、スペイン南部。国一番の人気を誇る闘牛士アントニオ(ダニエル・ヒメネス・カチョ)は、牛と格闘中に角で刺される。身重の妻はショックで出産。アントニオは全身に麻痺が残り、妻は娘の命と引き換えに亡くなる。

 傷心のアントニオは娘カルメンシータを置き去りにし、意地悪なエンカルナ(マリベル・ベルドゥ)と再婚。天才闘牛士の血をひいた娘は祖母に引き取られ、美しい少女(マカレナ・ガルシア)に成長する。しかし、祖母の死で父親と継母の元へ──。

ブランカニエベス2.jpg

 パブロ・ベルヘル原案、脚本、監督のスペイン映画「ブランカニエベス」は、グリム童話「白雪姫」をベースに、主人公を闘牛士に置き換えたダーク・ファンタジー。デジタル時代にあえて逆行するように、20年代に合わせて画面サイズはスタンダード(1.33:1)、モノクロ、台詞のないサイレントだ。

 スクリーンを覆った幕が開き、映画が始まる。「スーパーマン」(78)と同じ手法で、ノスタルジックな印象だ。演出もサイレント映画そのもの。台詞がないため俳優は大げさな表情、動きで感情を伝える。そこへアルフォンゾ・デ・ヴィラロンガの雄弁な音楽が寄り添う。

ブランカニエベス3.jpg

 「ブランカニエベス」はスペイン語で白雪姫。スペイン文化を代表する闘牛で始まり、両親の悲劇を経て主人公が生まれる。再婚で豪邸暮らしを手に入れた継母は、夫を開かずの間に閉じ込め、贅沢三昧の日々。カルメンシータも虐げられるが、父から闘牛の知識を伝授される。

 後半は小人、毒りんご、ガラスの棺おけなど、白雪姫でおなじみのアイテムが登場。監督はグリム童話の世界を広げ、ダークな味を加え、極上の大人の寓話に仕上げている。意欲的な作品だ。

(文・藤枝正稔)

「ブランカニエベス」(2012年、スペイン・フランス)

監督:パブロ・ベルヘル
出演:マリベル・ベルドゥ、ダニエル・ヒメネス・カチョ、アンヘラ・モリーナ、マカレナ・ガルシア、ソフィア・オリア

2013年12月7日、新宿武蔵野館ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://blancanieves-espacesarou.com/

作品写真:(C)2011 Arcadia Motion Pictures SL, Nix Films AIE, Sisifo Films AIE, The Kraken Films AIE, Noodles Production, Arte France Cinema

posted by 映画の森 at 09:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

「ふたりのアトリエ ある彫刻家とモデル」、11月16日公開決定

 スペイン国境のフランスの村を舞台に、老彫刻家と若い女性モデルの交流を描く「ふたりのアトリエ ある彫刻家とモデル」が、11月16日に公開されることが決まった。

ふたりのアトリエ ある彫刻家とモデル.jpg

続きを読む
タグ:短信
posted by 映画の森 at 17:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

「メキシカン・スーツケース ロバート・キャパとスペイン内戦の真実」 幻のフィルム、70年ぶり発見 レンズがとらえた市民の苦難

メキシカン・スーツケース.jpg

 1936年、スペイン。共和制民主主義を掲げる人民戦線内閣に対し、軍が蜂起して内戦がぼっ発。内閣を支持する労働者、農民、知識人らに対し、保守派やカトリック教会は軍を支持する。衝突は市民を巻き込み、3年に渡る戦闘で数十万人が死亡。行き場を失った多くの人々が海を越え、メキシコに亡命した。

 2007年。メキシコで“幻”と呼ばれた3つの箱が発見される。通称「メキシカン・スーツケース」。薄べったいボール箱の中には、写真のネガ約4500枚が眠っていた。撮影者は戦争写真家のロバート・キャパ、公私にわたるパートナーだったゲルダ・タロー、仲間のデビッド・シーモア“シム”。映っていたのは70年前、3人が見たスペイン内戦の現場だった。

ロバート・キャパ.jpg

 ドキュメンタリー映画「メキシカン・スーツケース」は、写真家3人の足跡をたどり、戦いが残した傷と人々の苦しみを描く。

 内戦の犠牲者が眠るスペインの共同墓地で、若い女性が地面を掘り返している。探しているのは亡くなった祖父の遺骨だ。スペインの人々は長く、隣人同士が銃を向け合った過去に口を閉ざしてきた。しかし70年を経た今、孫の世代が「内戦について知りたい」と声を上げ始めた。3人のフィルムは、その声を察したかのように現れた。

 キャパ、タロー、シーモアは、それぞれハンガリー、ドイツ、ポーランド出身のユダヤ系移民だった。移住先のパリを経て、内戦が起きたスペインへ向かう。戦いの最前線で、混乱に巻き込まれる市街で、彼らのレンズがとらえたのは銃弾に傷つき倒れ、家族や家を失う人々の姿だった。

ゲルダ・タロー.jpg

 内戦に敗れた人民戦線側の市民は、国を追われてフランスに逃れる。やっとたどり着いた収容所でも、満足な食事も得られず、人間としての誇りは失われていく。絶望する人々に手を差し伸べたのは、海の向こうのメキシコ。亡命希望者を乗せた船には、キャパの助手を務めたチーキ・ヴァイスの姿があった。その手に握られていたのは、3人のフィルムを収めたボール箱だった──。

 キャパら3人は、それぞれ別の戦場で命を落とした。彼らがこの世に残したフィルムは、場所や時代を問わず、変わらぬ戦争の現実を今に伝える。

(文・遠海安)

「メキシカン・スーツケース ロバート・キャパとスペイン内戦の真実」(2011年、スペイン・メキシコ)

監督:トリージャ・ジフ

2013年8月24日、新宿シネマカリテほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.m-s-capa.com/

作品写真:(C)212 Berlin/Mallerich Films Magnum Photos/International Center of Photography, NY

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする