2014年09月26日

「聖者たちの食卓」 インド5000人の無料食堂 「すべての人に平等に」

聖者たちの食卓.jpg

 石臼で小麦を挽く、挽き上がった小麦粉を丸める、薄く引き伸ばす、チャパティ(薄焼きパン)に焼き上げる。挽く人から、丸める人、引き伸ばす人、焼き上げる人へ。流れ作業に乗って完成し、食堂へと運ばれる。普通の食堂ではない。5000人もの人々が一堂に会して食事する巨大な“無料食堂”だ。

 インド北西部、パキスタンとの国境近くにある都市アムリトサル。ここにシク教の聖地である黄金寺院(ハリマンディル・サーヒブ)がある。無料食堂は、寺院で500年前にスタートした給食制度だそうだ。「すべての人々は平等である」というシク教の教義に基づき、人種、宗教、年齢、性別を問わず、希望する人に無料で食事が供される。

聖者たちの食卓3.jpg

 チャパティのほか、カレーなど数種のメニューがワンプレートに盛りつけられて1人前。これを一度に5000人分作る。食事が済んだら直ちに片付け、次の食事を用意。それを延々と繰り返す。1日最大10万食が提供されるというから、まさに目の回るような回転率である。

 丸めた小麦粉を容器に放り込む。汚れた食器をバケツに投げ込む。そのスピードとコントロールに舌を巻く。熟達の技というのだろうか。食後の床は幅広のモップを使い、これも敏捷な動きで手際よくふき清める。日本の新幹線の清掃サービスが海外で評判だが、決して負けていない。

聖者たちの食卓2.jpg

 映画を見る前は“炊き出し”のようなものを想像していたが、まったく違った。高度にシステム化され、衛生面への配慮も万全なのだ。

 こんなことがどうして可能なのだろう。無償で働いているスタッフたちは、どうモチベーションを保っているのだろうか。お布施だけで運営できるのだろうか。映し出される人々の邪心が感じられない献身的な姿を見ていると、そんな疑問をいだくこと自体が馬鹿馬鹿しくなってくる、

 世界を席巻するファストフード文化に対する、壮大なアンチテーゼのようにも思える「聖者たちの食卓」。人間の生きる根本である食のあり方、ひいては人類が共生していく道についても、深く考えさせてくれるドキュメンタリーである。

(文・沢宮亘理)

「聖者たちの食卓」(2011年、ベルギー)

監督:フィリップ・ウィチュス、ヴァレリー・ベルト

2014年9月27日(土)、渋谷アップリンクほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.uplink.co.jp/seijya/

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

「タンタンと私」 生みの親の素顔、貴重なインタビュー音源で

タンタンと私.jpg

 ベルギーの人気コミック「タンタンの冒険」。スティーブン・スピルバーグ監督が昨年、「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」のタイトルで、3DCGアニメーション映画を製作した。「タンタンと私」は1971年、フランス人学生が行ったインタビューをもとに、タンタンの生みの親のエルジェ(本名:ジョルジュ・レミ)の人となりを浮かび上がらせる作品である。

タンタンと私2.jpg

 エルジェへのインタビューは4日間、録音テープは14本に及んだ。30年間保管されたテープは状態が非常に悪く、クリーニングを繰り返して復元された。音源なので映像がない。監督は「観客が主人公に“出会う”決定的な瞬間、分かち合える瞬間」の重要性にこだわり、テレビ局が撮影したエルジェの映像をドローイング版画のような白黒画像に加工。1秒24コマの映像を3〜4コマに落とし、インタビュー音源とシンクロさせたという。映像は音源とぴったり重なり合い、まるで一緒に収録されたようで違和感はない。

タンタンと私3.jpg

 エルジェが歩んだ人生と創作アイデア、「タンタン」の誕生秘話、戦争時代の苦労話が、インタビューを軸に時代ごとの「タンタン」シリーズと比較され、記録映像も絡めてつづられる。

 作者の生い立ちから「タンタン」が生まれた経緯を、外堀を埋める形で語り、人物像を浮かび上がらせる。やがてインタビューテープは、エルジェの私的な部分に踏み込む。漫画を細部まで丁寧に描くことにこだわり、描くことにしばられ続けたエルジェ。精神を病んで失踪した話、自分のスタジオで働く女性との不倫、離婚。カトリック信者だったエルジェが、罪悪感から悩み苦しんだ話も明かされる。中国を舞台にした物語「青い蓮」を描く際、アドバイザーとして参加し、長く音信不通になった中国人青年の行方も追われる。

タンタンと私4.jpg

 エルジェ自身が「しゃべりすぎてしまった」と言うだけに、学生相手で警戒を緩めたのだろう。インタビュー内容は数年がかりで1冊の本になったそうだが、本人が大幅に手を入れたため、本来の内容と違うものになったという。それだけに今回のインタビュー音源は貴重。「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」で興味を持った人はもちろん、コアなファンにも「タンタンの世界」をひも解く作品となるだろう。

(文・藤枝正稔)

「タンタンと私」(2003年、デンマーク・ベルギー・フランス・スイス・スウェーデン)

監督・脚本:アンダース・オステルガルド
出演:ジョルジュ・レミ、ヌマ・サドゥール、マイケル・ファー、アンディ・ウォーホル、ファニー・ロドウェル

2月4日、渋谷アップリンク、銀座テアトルシネマ、新宿K'sシネマほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

作品写真:(C)HERGE/MOULINSART2011 (c)2011 Angel Production, Moulinsart
posted by 映画の森 at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

「ロルナの祈り」 ダルデンヌ監督、アルタ・ドブロシに聞く

「想像上の子供を通して、ロルナは人間性にめざめる」

「ロルナの祈り」 ダルデンヌ監督、アルタ・ドブロシに聞く1_300.jpg

 「貧しさから逃れて豊かな生活をしたい」。アルバニアからベルギーにやってきたロルナは、国籍取得のためベルギー人青年のクローディと偽装結婚した。仲介したブローカーは、ロルナを次の偽装結婚に利用するため、クローディを早々に葬ろうと企む。当初は無関心を決め込んでいたロルナだったが、同居生活を続けるうち麻薬中毒者であるクローディへの同情心が芽生えて――。

 アルバニアからベルギーにやってきた移民女性の心の葛藤を描き、2008年カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞した「ロルナの祈り」。1月31日の日本公開を前に、監督のリュック・ダルデンヌ、ジャン=ピエール・ダルデンヌ兄弟と主演女優のアルタ・ドブロシがこのほど来日し、東京都内で合同インタビューに応じた。

続きを読む
posted by 映画の森 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

「ロルナの祈り」 社会の闇 生き抜く女性の愛

ロルナの祈り1_250.jpg

 カンヌ国際映画祭最高賞のパルムドールを受賞した「ロゼッタ」(99)、「ある子供」(05)で知られるダルデンヌ兄弟の最新作「ロルナの祈り」。移民、偽装結婚、国籍売買などの社会問題を背景に、真実の愛に目覚める女性の物語だ。

続きを読む
posted by 映画の森 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

「その男ヴァン・ダム」 自作自演 たどり着いた新境地

その男ヴァン・ダム1_250.jpg

 アクション・スターのジャン=クロード・ヴァン・ダムが、本人を自虐的に演じる「その男ヴァン・ダム」。マブルク・エル・メクリ監督の長編2作目だ。 

続きを読む
posted by 映画の森 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする