2017年05月17日

「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」イタリアにまかれた“日本カルチャー”の種、40年を経て開花 大人向けダークヒーロー作品

jg_main.jpg

 テロの脅威にさらされる現代のローマ。孤独なチンピラのエンツォ(クラウディオ・サンタマリア)は、ふとしたことで超人的なパワーを得てしまう。初めは私利私欲で力を使っていたが、世話になっていた“オヤジ”が残した娘アレッシア(イレニア・パストレッリ)の面倒をみるはめになり、正義に目覚めていく──。

 「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」は、永井豪原作の日本製テレビアニメ「鋼鉄ジーグ」(75)をモチーフにしたイタリア初のダークヒーロー・エンターテインメント作品だ。79年にイタリアでテレビ放送された「鋼鉄ジーグ」は、40年近く経った今も人々の心に深く刻まれているという。監督、脚本、音楽を務めたガブリエーレ・マイネッティの長編デビュー作となる。

jg_sub1.jpg

 ハリウッドの「ヒーロー映画」は現在、3つに大別できる。まずは肉体と能力を生まれながらに持った「スーパーマン型」。次に普通の人間がコスチュームで強化され、武器を駆使して戦う「バットマン&アイアンマン型」。最後に実験の失敗や事故で特殊能力が身につく「ハルク&スパイダーマン型」だ。今回のエンツォは3番目のパターンといえる。

 元になったアニメ「鋼鉄ジーグ」は巨大ロボットが活躍した。一方、エンツォは放射性物質を全身に浴び、特殊能力を身につける。アレッシアは熱狂的な「鋼鉄ジーグ」ファン。現実と妄想の境がわからなくなり、チンピラに襲われた窮地を救ったエンツォを、「鋼鉄ジーグ」の主人公・司馬宙(シバヒロシ)と重ね合わせてしまう。やや強引な解釈だが、エンツォはこれを機に力を正義のために使うようになる。

 エンツォはもともとヨーグルトとアダルトビデオが好きな中年の泥棒だった。ヒーロー物としては異色の主人公だ。一方、そんなエンツォにゴロツキたちのボス、ジンガロ(ルカ・マリネッリ)は敵意を抱く。エンツォの能力のうらやみ、妬み、強引に本人から能力を得た方法を聞き出す。自分も「力」をつけたジンガロは、私利私欲のため悪用する。

jg_sub2.jpg

 正義のエンツォと悪のジンガロ。対等の力を持った関係はコインの裏と表、もしくはバットマンと悪役ジョーカーのような敵対関係に。クライマックスではローマ市民を巻き込み、壮絶なバトルを繰り広げる。

 40年前、イタリアにまかれた“日本カルチャー”の芽が、時を経て1本の映画として開花した。ハリウッド映画とはひと味もふた味も違う、大人向けのヒーロー作品だ。

(文・藤枝正稔)

「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」(2015年、イタリア)

監督:ガブリエーレ・マイネッティ
出演:クラウディオ・サンタマリア、イレニア・パストレッリ、ルカ・マリネッリ、ステファノ・アンブロジ、マウリツィオ・テゼイ

2017年5月20日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.zaziefilms.com/jeegmovie/

作品写真:(C)2015 GOON FILMS S.R.L. Licensed by RAI Com S.p.A. – Rome, Italy. All rights Reserved.

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 10:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

「ある天文学者の恋文」オルガ・キュリレンコに聞く トルナトーレ監督最新作「真実の愛は永遠と信じている」

tenmon_sub2.jpg

 名作「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督最新作「ある天文学者の恋文」(2016年9月22日公開)。初老の天文学者と若き教え子の恋愛と死別、その後に起きる謎をミステリータッチで描く。前作「鑑定士と顔のない依頼人」に続き、いくつもの鍵を散りばめて観客を迷宮にいざない、時を超えた愛について問いかける人間ドラマだ。主演のオルガ・キュリレンコが書面インタビューに答え「真実の愛は永遠と信じている」と語った。

 著名な天文学者のエド(ジェレミー・アイアンズ)は、美しく聡明な教え子のエイミー(オルガ・キュリレンコ)との恋愛を満喫していた。ある時、授業中のエイミーの手元に、出張中のエドから「もうすぐ会える」とメールが届く。それと同時に、目の前の教壇に立つ教授が学生たちに「エドは数日前に亡くなった」と告げる。

tenmon_sub1.jpg

 突然の出来事に取り乱すエイミー。時を開けずエドからのメールや手紙、贈り物が次々と届く。エドが生前に手配していたのか。疑問を抱いたエイミーは、エドが暮らしていた英エジンバラへ向かう──。

 エイミー役のキュリレンコは、相手役のアイアンズが目の前にいない状態で演技を続ける。相手役不在の一人芝居に近い。さらに天体物理学の学生役だ。「難しかったけれど、面白かった」と振り返った。

 「恋愛が中心の作品ですが、同時に天体物理学にも焦点をあてなければならず、たくさん準備をしました。天体物理学の学生で、私のまったく知らないことを話す役。インターネットで論文、本の引用など多くの資料を読み、自分が話すことを理解しようとしました」

 トルナトーレ監督作品への出演は初めて。監督を「とても直感の強い人」とみる。

 「すべての監督には違いがあります。トルナトーレ監督についてとても興味深かったのは、脚本やセリフにとても忠実なことでした。脚本に描かれているすべての言葉がとても重要。その方向性に従うのが大事でした。監督はとても直感が強く、同時に人間の心理を完ぺきに理解していました」

tenmon_main.jpg

 愛する人からメッセージが届き続けるのに、本人は目の前にいない。失われたものへの愛情は成立するのか。薄れゆく記憶とどう向き合えばいいか。キュリレンコは「監督は二つとない物語を考え出した」と言う。

 「独特で、そして最も重要なことですがよく練られています。脚本を読んでとても驚きました。話の前提は気が利いていて観る人を引き付ける。主題は興味深い。死の数百万年後、私たちに見える星の一生が対応している点が、とても気に入りました。私は真実の愛は永遠だと強く信じています」

(文・遠海安)

「ある天文学者の恋文」(2016年、イタリア)

監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
出演:ジェレミー・アイアンズ、オルガ・キュリレンコ、シャウナ・マクドナルド、パオロ・カラブレージ、アンナ・サバ

2016年9月22日(木・祝)、TOHOシネマズ シャンテほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://gaga.ne.jp/tenmongakusha/

作品写真:(C)COPYRIGHT 2015 - PACO CINEMATOGRAFICA S.r.L.

posted by 映画の森 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

「イタリア映画祭2016」最新作12本を一挙紹介 大ヒットコメディーからビスコンティ旧作まで

処女の誓い.jpg オレはどこへ行く?.jpg

 イタリア映画の新作を一挙紹介する「イタリア映画祭2016」が2016年4月29日〜5月8日、東京と大阪で開催される。今年は新作12本(大阪は7本)のほか、ルキノ・ビスコンティ監督の生誕110年を記念して「若者のすべて」(60)、1月に亡くなったエットレ・スコーラ監督「特別な一日」(77)も特別上映される。

 イタリア映画祭は01年にスタートして16回目。毎年ゴールデン・ウィークの恒例イベントとして定着した。今年は昨年以降に製作された新作がそろった。

 ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品作「処女の誓い」は、アルバニアの山村が舞台。男尊女卑の村に生まれた少女が、男として生きることを誓い、やがてイタリアへ旅立つ物語。女性監督ラウラ・ビスプリのデビュー作。

 イタリアで映画興行収入記録を塗り替えたコメディー「オレはどこへ行く?」は、解雇を言い渡された公務員が主人公。主演のケッコ・ザローネは出演作が軒並みヒットする当代きっての人気俳優。今回の映画祭に来日を予定している。

待つ女たち.jpg 素晴らしきボッカッチョ.jpg

 仏ベテラン女優ジュリエット・ビノシュ主演の「待つ女たち」は、ベネチア国際映画祭コンペティション部門に出品された。女性二人の関係性、心理の変化を細やかな演出で浮かび上がらせる。ピエロ・メッシーナ監督のデビュー作。

 「皆はこう呼んだ『鋼鉄ジーグ』」は、日本のアニメ「鋼鉄ジーグ」の熱狂的女性ファンが、超人的な力を得た男を支える物語。ローマ国際映画祭では「独自性あふれる娯楽作」と喝采を浴びた。

 イタリアを代表する巨匠タビアーニ兄弟の新作「素晴らしきボッカッチョ」は、文豪ボッカッチョの名作「デカメロン」の翻案。原作で語られる100の物語のうち、愛についての五つの話が順繰りに披露される。

 ローマの裏社会を描く「暗黒街」は、骨太な王道ギャング映画。金、権力、欲望渦巻くローマで、政治家や宗教関係者を巻き込む暴力の連鎖が展開する。

 期間中は「オレはどこへ行く?」主演のケッコ・ザローネ、「皆はこう呼んだ『鋼鉄ジーグ』」主演のクラウディオ・サンタマリアらゲスト9人が来日し、上映に合わせたトークセッションなどに参加する。サンタマリアは、日本で公開中のエルマンノ・オルミ監督最新作「緑はよみがえる」での舞台あいさつも予定されている。

 「イタリア映画祭2016」は4月29日(金・祝)〜5月5日(木・祝)に東京・有楽町ホール(千代田区有楽町2-5-1 マリオン11階)、5月7(土)〜8日(日)に大阪・ABCホール(大阪市福島区福島1-1-30)で開催。作品の詳細や上映スケジュールは公式サイトまで。

http://www.asahi.com/italia/2016/

(文・遠海安)

posted by 映画の森 at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

「母よ、」母と娘の最後の交流 ナンニ・モレッティ監督自伝的映画

hahayo_main.jpg

 難航する映画の撮影。元夫と暮らす娘の教育。同居していた恋人との別れ。死期が迫る母親の看病。いくつもの難題を抱え、どれからも逃れられないヒロインの心の危機が描かれる。

 映画監督であり、娘であり、母親であり、一人の女性でもある主人公のマルゲリータ。しかし、どの面から見ても及第点にはほど遠い現実が、彼女を苦しめ、いら立たせている。

 マルゲリータの神経を最もかき乱しているのが、米国から招いた主演俳優のバリーだ。言うことなすこと、いちいちエキセントリックで、しかもセリフの覚えが悪いのだ。何度も何度もNGを出しては現場を困らせる。失敗しても反省はなく、脚本に八つ当たり。身勝手なふるまいに翻弄され、疲労が限界に達したマルゲリータは、しばしば悪夢にうなされベッドで飛び起きる。

hahayo_sub1.jpg

 実はバリーの不調には理由があった。マルゲリータがそれを知ったことで、2人の間の壁が崩れる瞬間が感動的だ。バリーとの和解はマルゲリータにとって現状打破の契機となり、娘や母との関係を修復するためのステップにもなる。その意味でバリーの存在意義は大きい。粗野に見えるが内面は繊細。複雑なキャラクターをジョン・タトゥーロが絶妙に演じている。

 物語のベースとなっているのは、監督のナンニ・モレッティ自身が体験した実母の死だ。自伝的な作品といえるが、主人公を女性監督に設定した分、事実との間に距離が生じ、普遍的なドラマへ昇華している。

hahayo_sub2.jpg

 マルゲリータにとってかけがえのない存在である母。なのに自分は母のことを何も知らず、母のために何もしてこなかった。最期の時を迎えようとしている今でさえ、何もしてやれないでいる――。仕事や生活に忙殺される中、母親と十分な時間を過ごすことができないまま死別した。同じ経験を持つ者であれば、ヒロインの言動、表情が心の琴線に触れてくるに違いない。

(文・沢宮亘理)

「母よ、」(2015年、イタリア・フランス)

監督:ナンニ・モレッティ
出演:マルゲリータ・ブイ、ジョン・タトゥーロ、ナンニ・モレッティ、ジュリア・ラッツァリーニ

2016年3月12日(土)、Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.hahayo-movie.com/


作品写真:(c)Sacher Film . Fandango . Le Pacte . ARTE France Cinéma 2015
posted by 映画の森 at 06:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

「グレート・ビューティー 追憶のローマ」 偉大な美を求め 街をさまよう作家

gb_main.jpg

 米アカデミー賞、米ゴールデン・グローブ賞、英アカデミー賞の最優秀外国語映画賞を獲得するなど、世界的に高く評価された「グレート・ビューティー 追憶のローマ」。初老の作家が「偉大な美」を求め、歴史ある街をさまよう物語だ。

 作家でジャーナリストのジェップ・ガンバルデッラ(トニ・セルビッロ)は65歳。二十代で発表した小説が高く評価され、富と名声を手にしていた。今は有名人や芸術家へのインタビュー記事を雑誌に寄稿する日々。文壇の人々にも一目置かれ、文化人として才能と知性を広く認められていた。

gb_sub2.jpg

 人生の折り返し点を過ぎた今も、夜な夜なローマの街をさまよい、パーティーやレセプションに出現。美女やセレブリティーに囲まれ、酒を飲んで乱痴気騒ぎに興じ、とりとめのない会話を繰り返している。それが空虚で無意味なことも、ジェップは十分承知していた。欲しいものをすべて手に入れたようでも、まだ一番大切な何かを手に入れられずにいたのだ。

 ある日、ジェップの元に1本の訃報が届く。初恋の女性、エリーザが亡くなった。知らせたのはエリーザの夫。「妻は35年間、あなたを愛していた」と言う。ジェップもまた、初恋のエリーザを密かに思い続けていた。永遠の別れに打ちのめされ、街の喧騒に身をひたしていく。

 そして立ち寄った旧友の経営するバーで、ダンサーのラモーナと知り合い、二人は意気投合。互いの心の傷を共鳴させるように、連れ立って食事やパーティーへ出るようになる──。

gb_sub1.jpg

 偉大なる美が積み重なった永遠の都・ローマ。退廃的で空虚、濃密な空気が街を覆う。夜のパーティーの喧騒、壮大な歴史的建造物、豪奢なファッション、突き抜ける青い空。すべてが作家を包み、虚無感が空間に満ちていく。コロッセオ、水道橋、教会と修道院──街を象徴するさまざまな建築物も、重要な登場人物として主人公に寄り添う。

 同じローマを舞台にした「ローマ環状線、めぐりゆく人生たち」(公開中)は、街の片隅で暮らす名もなき人々を、静かに見つめたドキュメンタリーだった。対照的に「グレート・ビューティー 追憶のローマ」が映し出すのは、まったく異なる古都の一面。饒舌で色彩豊かな別の顔だ。まるで人間のように生き生きと、ローマは生きている。

(文・遠海安)

「グレート・ビューティー 追憶のローマ」(2013年、イタリア)

監督:パオロ・ソレンティーノ
出演:トニ・セルビッロ、カルロ・ベルドーネ、サブリナ・フェリッリ、ファニー・アルダン、カルロ・ブチロッソ

2014年8月23日(土)、Bunkamura ル・シネマほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://greatbeauty-movie.com/

作品写真:(C)2013 INDIGO FILM, BABE FILMS, PATHE PRODUCTION, FRANCE 2 CINEMA

posted by 映画の森 at 08:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする