2009年04月18日

「子供の情景」 ハナ・マフマルバフ監督に聞く

「子供たちは、大人から暴力を学んでいる」

ハナ・マフマルバフ監督_300.jpg

 アフガニスタンのバーミヤン。6歳の少女・バクタイは、仲良しの男の子・アッバスに読んでもらった本の面白さに目を輝かせる。「私も学校で勉強して、自分で本が読めるようになりたい」。バクタイはノートと鉛筆を買うお金を工面するため、家で飼っている鶏が産んだ卵を四つ抱えて町へと出かけた――。

子供の情景_250.jpg

 「勉強したい!」。切実な願いを胸に抱いて、学校を目指す女の子。そんな彼女の前に立ちはだかる暴力的な男の子たち。無邪気な子供の世界を、アフガン社会の現実に重ね合わせて描く「子供の情景」。公開に先立ち来日したハナ・マフマルバフ監督がこのほど合同インタビューに応じた。

続きを読む
posted by 映画の森 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする