2010年12月02日

「白いリボン」 大戦前夜、村に満ちる疑心暗鬼 ハネケのパルムドール受賞作

白いリボン.jpg

 従来の犯罪映画のパターンを打ち破り、観客に真の恐怖を突き付けた「ファニーゲーム」(97)、フランスを代表する女優に変態演技をさせ、何も知らずスクリーンに向き合った女性客を次々と途中退場させた「ピアニスト」(01)。妥協を知らぬ過激な作風が、常に“絶賛か拒絶”の両極端な反応を招いてきたミヒャエル・ハネケ監督。カンヌ国際映画祭の常連として数々の賞に輝きながらも、最高賞のパルムドールには手が届かずにいた。

 そのハネケがついに2009年、パルムドールを受賞。卓越した映画作家の評価を揺るがぬものとした。激戦を勝ち抜き、頂点を極めた作品は「白いリボン」。第一次世界大戦前夜、ドイツの小さな村で立て続けに発生する暴力的な事件を不穏なムードの中に描いた、ハネケ初のモノクロ作品である。

 最初の事件は、ある夏の日に起きた。村の医師が落馬して重症を負う。自宅前の木と木の間には針金が張られていた。犯人は不明。翌日、小作人の妻が腐った床を踏み外して転落死する。単なる事故か、それとも何者かによる作為か、真相は不明。謎は解かれぬまま、季節は秋へ。今度は男爵の長男がリンチを受け、製材所に逆さ吊りで発見される。これも犯人は不明のまま。冬になっても、男爵の屋敷への放火、障害児への暴力と事件が相次ぎ、村人たちの間に疑心暗鬼が広がっていく――。

白いリボン2.jpg

 男爵、執事、医師、牧師、小作人。それぞれを家長とする5家族が登場する中で、特に力点の置かれているのが、牧師の一家である。家長であると同時に、村人たちの指導者でもある父親は、家庭でのしつけも厳格を極め、子供たちの小さないたずらや無作法も見逃さず、むち打ちの罰を与えていた。罰を与える際には「純真で無垢な心を忘れぬよう」、子供たちの腕に“白いリボン”を巻き付けるのが決まりだった。

 牧師の長男と長女は、過度の緊張からか、いつも表情をこわばらせている。父親や教会に反感を抱いているようにも見える。一連の事件には彼らが関与しているのかもしれない。一方、牧師は子供たちの関与を疑いながらも、現実の直視を避けている気配がある。牧師は自分の厳しいしつけが、かえって子供たちの心をねじ曲げている可能性に気付いているようにも思える。

 映画の最終部でオーストリアとドイツが宣戦布告し、第一次世界大戦が始まる。19年後にはナチスが政権を握り、さらに6年後、第二次世界大戦が始まる。その時ナチスの兵士として戦っているのは、映画に登場する子供たちだと、観客は気付かざるを得ない。ドイツでナチズムがいかに育まれたか。「白いリボン」は、その一考察といえるかもしれない。

(文・沢宮亘理)

「白いリボン」(2009年、独・オーストリア・仏・伊)

監督:ミヒャエル・ハネケ
出演:クリスティアン・フリーデル、ブルクハルト・クラウスナー、マリア=ヴィクトリア・ドラグス、レオナルト・プロクサウフ、スザンヌ・ロタール

12月4日、銀座テアトルシネマほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.shiroi-ribon.com/

12月4〜17日、東京・ヒューマントラストシネマ有楽町で、特集上映「ミヒャエル・ハネケの軌跡」を開催。デビュー作「セブンス・コンチネント」(89)から「白いリボン」まで全10作品を一挙上映するほか、ハネケに2年半密着したドキュメンタリー「毎秒[24]の真実」を特別上映。
posted by 映画の森 at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

「アイガー北壁」 “魔の山”に挑む 若き登山家の死闘

アイガー_250.jpg

 1936年7月18日未明。ドイツの若き登山家、トニー・クルツとアンディ・ヒンターシュトイサーは、ヨーロッパ最後の難所としてそびえ立つアイガー北壁の初制覇を目指し登攀(はん)を開始した。ドイツ人によるアイガー北壁の征服は、ナチス政権にとって国威発揚の絶好のチャンス。成功の暁にはベルリン五輪で金メダルを授与し、大々的に宣伝することが決まっていた。国家的な期待がかかる中、はたして2人は前人未踏の絶壁を征服できるのだろうか――。

続きを読む
posted by 映画の森 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

「クララ・シューマン 愛の協奏曲」 ヘルマ・サンダース=ブラームス監督に聞く

「クララがいなければ、シューマンもブラームスも存在しなかった」

ヘルマ・サンダース・ブラームス監督.jpg

 ロベルト・シューマンとヨハネス・ブラームス。新旧二人の天才作曲家に愛されながら、自らも音楽家としての名声を手にしたクララ・シューマン。その愛と葛藤の日々を赤裸々に描き、ドイツ国内に反響を呼んだ「クララ・シューマン 愛の協奏曲」。メガホンをとったのは、ニュー・ジャーマン・シネマを代表する監督の一人であり、ブラームスの末裔であるヘルマ・サンダース=ブラームス監督だ。女性でありアーティストでもあるクララに自身の姿を重ね合わせ、現代に通じる女性の生き方を提示してみせた。サンダース=ブラームス監督は「クララがいなければ、シューマンもブラームスも存在しなかった」と語った。

クララ・シューマン 愛の協奏曲1_250.JPG

 主なやり取りは次の通り。

 ――この映画はクララ・シューマンの実話に近いものと考えていいのか。

 少なくとも、推測に頼ってストーリーを作ることは避けた。構想から12年以上もあったので、その間に伝記の類を読破し、歴史的な資料にも目を通した。しかし、資料はすべてを網羅しているわけではない。手紙や日記にしても、彼女の見たことや感じたことが全部書かれているわけではない。そういった空白の部分に関しては、想像力を用いざるを得なかった。だから完全な実話というわけではない。

続きを読む
posted by 映画の森 at 00:00 | Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

「愛を読むひと」 人生変えた出会い ケイト・ウィンスレット熱演

愛を読むひと1_250.jpg

 ドイツの小説家、ベルンハルト・シュリンクのベストセラー「朗読者」を、「リトル・ダンサー」のスティーヴン・ダルドリー監督が映画化した「愛を読むひと」。ヒロインを演じたケイト・ウィンスレットにオスカーをもたらした、珠玉のラブストーリーである。

続きを読む
posted by 映画の森 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

「そして、私たちは愛に帰る」 出会い、別れ、死、癒し、愛、希望

そして、私たちは愛に帰る1_250.jpg

 ドイツ、ブレーメン。初老のトルコ人でやもめ暮らしのアリ(トゥンジェル・クルティズ)は、同じトルコ出身の娼婦・イェテル(ヌルセル・キョセ)が気に入り、同居を持ちかける。靴屋で働いていると偽り、娘を母国・トルコの大学に通わせていたイェテルは、現在の収入分は保障するというアリの申し出を受けて一緒に暮らし始めるが、浮気を邪推したアリに殴られ、あっけなく死んでしまう。アリは刑務所に収監される。

続きを読む
posted by 映画の森 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする