2015年11月14日

「ヴィクトリア」第28回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門 若者たちの一夜、怒涛の140分をワンカットで

ヴィクトリア.jpg

 第28回東京国際映画祭のワールド・フォーカス部門で上映された1本だ。

 冒頭に映し出されるのは、ベルリンのクラブで、エネルギッシュに踊る若い女性。主人公のヴィクトリアだ。つい最近マドリードからやってきたばかりで、ドイツ語は喋れない。そんなヴィクトリアに、地元のやんちゃな若者たちが、ブロークンな英語で話しかけてくる。不良っぽくはあるが、根っからのワルでもなさそうな4人組。ヴィクトリアは、その中の一人、ゾンネと意気投合し、彼らと行動をともにすることになるが――。

 深夜のベルリンで気ままに愉快な時間を過ごすはずだったヒロインたち。だが、突然事態は急変、予想もしなかった試練が5人を襲う。全編140分、切れ目なしのワンカット。窮地に追い込まれた若者の運命を、ヴィヴィッドに映し撮った、青春映画の傑作だ。

 まずなんといっても、カメラワークの敏捷さに目を見張る。踊る、歩く、昇る、走る。若く躍動的な若者たちは、ひっきりなしに動き回る。クラブ、街頭、ビルの屋上、カフェ、車、ホテル。場所もどんどん移動する。しかし、カメラは常に彼らの間近で、一定の距離を保ち、構図もほとんど崩さず、付き従っていくのである。これを140分途切れずに続けるのだから驚きだ。

 俳優たちも大したものだ。1度でもNGを出せば撮り直し。そのプレッシャーを感じさせない、伸び伸びとした自然な演技。ほとんど即興なのではないか。彼らの反応があまりにリアルなので、見ている方としては、目の前で起きている現実の出来事に立ち会っている感覚に襲われる。

 監督のゼバスティアン・シッパーは、日本でも公開された「ギガンティック」(99)でデビュー。ハンブルクを舞台に、少女を一人交えた若者たちの一夜の行動をスタイリッシュに表現した同作は、本作とモチーフが似ており、人物構成も共通するところがあるが、スタイルはまったく違う。

 この2本の間をいったいどんな作品が埋めてきたのか。シッパー監督の15年間の歩みが知りたくてたまらない。2015年ベルリン国際映画祭で最優秀芸術貢献賞(撮影)、ドイツ映画賞で6部門を受賞。

(文・沢宮亘理)

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」 天才異端児の生きざま デビッド・ギャレットが熱演

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト.jpg

 前代未聞の超絶技法から“悪魔のバイオリニスト”と呼ばれたニコロ・パガニーニ(1782〜1840)。女、酒、ギャンブルに明け暮れた破天荒な生きざまと、生涯でただ一人純愛を捧げたシャーロットとの関係を描く。パガニーニ役には、クラシックとロックの両分野に挑む人気バイオリニスト、デビッド・ギャレット。今回が俳優デビュー作で、製作総指揮と音楽も担当した。監督は「不滅の恋 ベートーヴェン」(94)のバーナード・ローズだ。

 1830年、イタリア。オペラの幕間にバイオリンを演奏して生計を立てていたパガニーニ。観客は演奏に見向きもせず、おしゃべりに夢中である。才能は認められず、手持ちの金も尽きていた。そこへウルバーニ(ジャレッド・ハリス)と名乗る男が現れ、「君を世紀のバイオリニストにする」と宣言する。

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト2.jpg

 ウルバーニの計画は、斬新すぎるパガニーニの演奏に「自分の手で観客をついていかせる」ものだった。ウルバーニは「あの世で恩を返してくれ」と言い、二人は音楽史を変える奇妙な同盟関係を結ぶ。パガニーニに「悪魔に魂を売り渡した」伝説をまとわせ、英国デビューを画策したのだ──。

 伝説の偉人を崇高に描いた作品ではない。監督はパガニーニを“音楽史上初のロックスター”ととらえている。そのアプローチはエンドロールの最後に記された「ケン・ラッセルに捧ぐ」に凝縮されている。ラッセル(1927〜2011)は伝記映画を多く監督した。チャイコフスキーの「恋人たちの曲 悲愴」(70)、グスタフ・マーラーの「マーラー」(74)、フランツ・リストの「リストマニア」(75)など、演奏家を一人の人間として赤裸々に描き、カルト的な人気を持つ監督だ。

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト3.jpg

 そんなラッセルの遺志を引き継ぎ、ローズ監督はパガニーニを非常にくせのある、天才異端児として描く。酒と女におぼれ、コンサート前日に商売道具の楽器を賭博で失う。有名になった後は女性記者が色仕掛けで近づき、行く先々に熱狂的な女性ファンが集まる。一方で「女を惑わす男」として女性権利団体の抗議デモが待ち構える。現代のロックスターと重なる姿だろう。後半は英国にパガニーニを招いた指揮者ワトソン(クリスチャン・マッケイ)の娘シャーロット(アンドレア・デック)との純愛が描かれる。

 「24のカプリース」などパガニーニの代表曲をギャレットが吹き替えなしで演奏し、作品に説得力を与えている。俳優デビュー作とは思えない堂々たる演技とカリスマ性、圧倒的な存在感だ。コアなクラシック・ファンだけでなく、映画好きに向けても情熱を注いで作られた音楽映画である。

(文・藤枝正稔)

「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」(2013年、ドイツ)

監督:バーナード・ローズ
出演:デビッド・ギャレット、ジャレッド・ハリス、アンドレア・デック、クリスチャン・マッケイ、ジョエリー・リチャードソン

2014年7月11日(金)、TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ、新宿武蔵野館ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://paganini-movie.com/

作品写真:(C)2013 Summerstorm Entertainment / Dor Film / Construction Film / Bayerischer Rundfunk / Arte. All rights reserved

posted by 映画の森 at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

「バチカンで逢いましょう」 主演マリアンネ・ゼーゲブレヒト、PRで来日 ドイツ伝統菓子に舌つづみ

「バチカンで逢いましょう」マリアンネ・ゼーゲブレヒト.jpg

 4月26日公開のドイツ映画「バチカンで逢いましょう」の主演女優マリアンネ・ゼーゲブレヒトが、新作のPRで来日し、東京・赤坂で3月25日開かれた試食イベントに登場した。映画出演時のオリジナル衣装で現れたゼーゲブレヒト。「初めて訪れた東京は、大きくて素晴らしい街。人々も礼儀正しく親切。今回で終わりというのではなく、必ずまたいつか来日したい」と語った。

 同イベントは、「バチカンで逢いましょう」の劇中で重要な役割を果たすデザート“カイザーシュマーレン”を、都内のドイツ&オーストリア料理レストランでメニュー展開するキャンペーンの一環として開催。会場となったレストランNEUES(ノイエス)の野澤孝彦シェフが腕をふるった伝統菓子にゼーゲブレヒトもご満悦。日本語で「おいしい」を連発し、会場を沸かせた。

「バチカンで逢いましょう」マリアンネ・ゼーゲブレヒト2.jpg

 「バチカンで逢いましょう」は、ローマ法王に会うため単身バチカンを訪れたヒロインが、つぶれかけたドイツ料理店をシェフとして再生させる物語。老詐欺師とのロマンスや、娘や孫娘との家族愛を通して、人生の素晴らしさをうたい上げた人間ドラマだ。

 映画「バグダッド・カフェ」(87)で日本でも知られるゼーゲブレヒト。「老人ホームに入ることをを拒否し、自由に世界に羽ばたいていく元気な女性を演じた」と語った。前向きな生き方で周囲の人々を幸せにしていくキャラクターは、「バグダッド・カフェ」さながら。イタリアの名優ジャンカルロ・ジャンニーニとの息の合った共演ぶりも見ものだ。

(文・写真 沢宮亘理)

「バチカンで逢いましょう」(2012年、ドイツ)

監督:トミー・ヴィガント
出演:マリアンネ・ゼーゲブレヒト、ジャンカルロ・ジャンニーニ

2014年4月26日(土)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.cinematravellers.com/
posted by 映画の森 at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

「ハンナ・アーレント」 ナチス逃亡犯は、平凡な男だった 逆風に貫かれた「思考」の記録

ハンナ・アーレント.jpg

 ひとり夜道を歩く男。背後で停車する1台の車。数人の男が飛び出し、男を拉致して車は走り去る。サスペンス映画さながらの冒頭シーンである。 場所はアルゼンチン。男の名はアドルフ・アイヒマン。第二次世界大戦中、ユダヤ人数百万人を強制収容所に送った人物だ。終戦後にアルゼンチンへ逃亡、潜伏していたが、1960年にイスラエル諜報部(モサド)に逮捕された。

 冒頭シーンは、その歴史的瞬間を再現したものだ。アイヒマンはイスラエルで裁判にかけられ、死刑を宣告される。ドイツ系ユダヤ人の政治哲学者ハンナ・アーレントは裁判を傍聴し、雑誌「ニューヨーカー」にレポートを発表する。しかし、その内容は同胞ユダヤ人の神経を逆なでし、アーレントは猛烈なバッシングを浴びる――。

ハンナ・アーレント2.jpg

 厳しい逆風の中で決して屈することなく、信念を貫き通した「ハンナ・アーレント」の姿を追った作品だ。

 全世界のユダヤ人を敵に回してまで、アーレントが伝えたかったもの。それは20世紀最大の犯罪が、平凡極まりない人間によって遂行された事実だった。アーレントが傍聴席から目撃したのは、想像していたような凶悪な怪物ではなく、命令を忠実に実行する官僚的人物にすぎず、特にユダヤ人を憎んでいるわけでもなかった。

 映画は傍聴席に座るアーレントと、法廷に立つアイヒマンとを対照的に描き出す。思考する哲学者と、思考を放棄した官僚的人物。アイヒマンの証言場面は、実写フィルムが使われて、その凡庸ぶりが生々しく映し出される。貴重な映像かつ重要なシーンの一つだ。

ハンナ・アーレント3.jpg

 だが見逃せないのは、アーレントの報告にヒステリックに反発する大衆の存在だ。彼らもアイヒマン同様、思考を放棄している。アーレントの師で愛人の哲学者マルティン・ハイデガーが「思考とは孤独な行為だ」と語る。思考がいかに困難かを表現したのだろう。

 アーレントは孤独と困難に耐え、徹底的に思考し続けた。そうすることで、かつてユダヤ人を虐殺し、今は自分を攻撃する“無思考”に対抗した。ラストの演説シーンは、無思考に対する思考の勝利宣言といえる。アーレントが整然と論理を積み重ね、聴衆を説得しながら、会場の熱気をかき立てる8分間は圧巻である。

(文・沢宮亘理)

「ハンナ・アーレント」(2012年、独・ルクセンブルク・仏)

監督:マルガレーテ・フォン・トロッタ
出演:バルバラ・スコヴァ、アクセル・ミルベルク、ジャネット・マクティア、ユリア・イェンチ、ウルリッヒ・ノエテン

2013年10月26日、岩波ホールほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.cetera.co.jp/h_arendt/

作品写真:(c)2012 Heimatfilm GmbH+Co KG, Amour Fou Luxembourg sarl,MACT Productions SA ,Metro Communicationsltd.

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 07:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

「マヤ 天の心、地の心」 現代を生きる私たちへ 警鐘と提言

マヤ 天の心、地の心.jpg

 メキシコに暮らす現代マヤ人の生活と、グアテマラに住む若いマヤ人の伝統と儀式の日々。彼らの日常を取材し、グローバリゼーションに翻弄され、マヤの文化や環境破壊が進行する中、それぞれが危機にどう立ち向かうかを浮き彫りにする「マヤ 天の心、地の心」。

 マヤ暦5125年のカレンダーは2012年12月21日で終わる。人々の不安をあおるまやかしの地球終末論と異なり、マヤ人の切実な証言を中心に、自然の繊細美とマヤの創世神話「ポポル・ヴフ」を描いた映像を織り交ぜたドキュメンタリー作品だ。現代のマヤ人約900万人が暮らすメキシコのチアパス州とグアテマラでは、グローバリゼーション、鉱山開発などによりマヤ人の文化や生活環境が崩壊の危機に瀕している。

 創世神話「ホポル・ヴフ」。空と海しかない無の状態から天の心と地の心、二人の神が地球に大地や植物を作り、動物や魚や昆虫を作った。神々は自分たちを崇める者として人間を作る。最初は土で人間を作るが失敗。次に木で作るがまた失敗。最後に神はトウモロコシから人間を作ることに成功する。現代マヤ人の思想には「ホポル・ヴフ」の神話が根付いている。

 作品に登場するのは、6人の現代マヤ人だ。

 北米最大かつ生物が最も多様な熱帯雨林に住み、マヤ系ラカンドン族最後のシャーマン(霊能者)になる勉強をしている“チャン・キン”は、「預言に基づく世界の浄化は始まっている」と言う。

 バレンケの廃墟で作業する天文考古学者でマヤ系ツェルタル族の“アロンゾ”は、祖先と同様にマヤの時間と空間に夢中だ。「マヤ人は時間をらせん状の周期としてとらえている。今現在、この瞬間、マヤ暦は次の周期に入ろうとしている」と言う。

 チアパス州の高地で暮らす“チェピータ”は、モンサント社の遺伝子組み換え種子からマヤ人の神話の起源であるトウモロコシを守る運動をしている。「私たちはトウモロコシの子。これが血となり肉となる」と言う。

 マヤ系ツォツィル族で、サパティスタ民族開放軍の元司令官“ヘロニモ”は、先住民の存在を認めない政府を批難する意味を込め、バンダナで顔を隠している。米モンサント社が行うトウモロコシの遺伝子組み換え技術に異論を唱える。

 幼い頃にグアテマラで起きた大虐殺を生き延び、消えない恐怖心に悩まされている“フローリ”。彼女は家族の半分が殺された故郷の村に戻り、金鉱山開発で環境を汚染する多国籍企業に抵抗するため、人々に団結を呼びかけている。

 マヤ系カクチケル族の“フェリペ”は、薬物中毒を克服。人々を癒すため、マヤの儀式を行うスピリチュアルなガイドとなっている。

 現代マヤ人6人の証言からは、現代文明社会に暮らす我々への警告が聞こえてくるようだ。先住民の生活を踏みにじり、地球を破壊し続ける。5125年のマヤ暦周期が終りを迎え、我々は初めて現代マヤ人の証言を理解するのかもしれない。マヤ文明や創世神話「ポポル・ヴフ」など、独特の文化や思想、宗教観がベースの作品。日本人には分かりづらい部分もあるが、彼らが発するメッセージを素直に受け取り、考える必要があるだろう。

(文・藤枝正稔)

「マヤ 天の心、地の心」(2011年、ドイツ)

監督・脚本:フラウケ・ザンディッヒ、エリック・ブラック
出演:ホセファ“チェピータ”・ヘルナンデス・ペレス、フロリダルマ・ペレス・ゴンザレス、カルロス・チャン・キン・チャヌク、カヒカン・フェリペ・メヒア・セペット、アロンソ・メンデス、ドン・アントニオ・マルティネス、グレゴリア・クリサンタ・ペレス、マウディラ・ロペス・カルドナ、ダビデ・ヘロニモ

10月6日、渋谷アップリンクで公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.heart-of-sky.net/

作品写真:(c)Eric Black
posted by 映画の森 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする