2014年03月21日

「GF*BF」、6月7日日本公開決定 台湾激動の27年、友情と葛藤に重ね

GFBF.jpg

 台湾の青春映画「GF*BF」が、6月7日に日本公開されることが決まった。

 「Orzボーイズ!」のヤン・ヤーチェ(楊雅[吉吉])監督最新作。「言えない秘密」のグイ・ルンメイ(桂綸[金美])、「花蓮の夏」のジョセフ・チャン(張孝全)、「モンガに散る」のリディアン・ヴォーン(鳳小岳)の若手俳優3人が主演している。時代は1985〜2012年の27年。男女3人の友情と恋愛、葛藤を、戒厳令解除から民主化へ動いた台湾社会の激動に重ねて描く。

GFBF2.jpg

 台湾では12年8月に公開。台湾最大の映画賞「第49回台湾金馬奨」でグイ・ルンメイが最優秀主演女優賞を獲得した。日本では昨年の第8回大阪アジアン映画祭、第4回アジアンクィア映画祭で早々にチケットが完売し、好評を博していた。

 また、台湾では現在、中台間のサービス分野の市場開放を進める「サービス貿易協定」をめぐり、学生らによる抗議活動が過熱。民主化運動を取り上げた「GF*BF」が3月23日、再上映されることも決まっている。

(文・遠海安)

「GF*BF(原題:女朋友。男朋友)」(2012年、台湾)

監督:ヤン・ヤーチェ
出演:グイ・ルンメイ、ジョセフ・チャン、リディアン・ヴォーン、チャン・シューハオ

2014年6月7日(土)よりシネマート六本木ほかで全国順次公開。

作品写真:(c) 2012 Atom Cinema Co.,Ltd., Ocean Deep Films, Central Motion Picture Corporation, Huayi Brothers International Media All Rights Reserved.

タグ:短信
posted by 映画の森 at 02:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

「光にふれる」 盲目の音楽青年とダンサーの卵 音と光で広がる世界 台湾発青春映画の佳作

光にふれる.jpg

 盲目の青年ピアニストとダンサーを夢見る少女の交流を描いた「光にふれる」。実在の台湾人ピアニスト、ホアン・ユィシアン(黄裕翔)が、自身の半生を自ら演じた青春映画だ。

 生まれつき目が見えないユィシアン。台湾中部・台中の田舎町で、花き栽培に携わる両親、幼い妹と暮らしていた。小さいころから耳がよく、ピアノの才能も抜群。台北の音楽大学進学が決まり、一人暮らしを始めることが決まった。

 一方、台北ではシャオジエ(サンドリーナ・ピンナ)が、バイトをしながらダンサーへの夢を膨らませていた。しかし、母からは反対され、恋人ともうまくいかない。いつしか踊りからも離れるようになってしまう。何もかもうまくいかず、不安につぶされそうな毎日だった。

光にふれる2.jpg

 大学の寮に入ったユィシアンは、ルームメイトら仲間たちに支えられ、新生活をスタートさせる。サークル活動も始め、人間関係も徐々に広がっていく。そんなある日。車の多い交差点を渡っていたユィシアンを、通りかかったシャオジエが助ける。

 目の見えないユィシアンに「車は怖くない?」と聞くシャオジエ。「それでも自分を試したい」と答えるユィシアン。逆に「実現できない夢はある?」と問い返すと、シャオジエは思わず「ダンスがしたい。踊っている時は、生きている実感がある」と打ち明ける。

 まったく共通点のなかった二人。その日を境に徐々に距離を縮めていく。音楽とダンス。目指す先は違っても、思い描く夢は同じだ。二人は自分と向き合い、未来へ新たな一歩を踏み出す──。

光にふれる3.jpg

 監督は今回が初長編のチャン・ロンジー(張栄吉)。本作のもとになった短編がウォン・カーウァイ(王家衛)監督の目に止まり、企画がスタートした。ユィシアンはプロのピアニスト。来日コンサートも開くなど幅広く活動している。

 ユィシアンの母にベテラン女優リー・リエ(李烈)、ダンス講師役で台湾を代表するダンサーの一人、ファンイー・シュウ(許芳宜)が出演。シャオジエ役のピンナは4カ月のダンス・レッスンを受けて撮影に臨んだという。

 若い二人が困難を乗り越え、芸術の夢へ歩き出す。ピアノの音色とダンスの躍動感が、若さをそのまま体現している。台湾の美しい風景、みずみずしい映像も手伝い、後味爽やかで心洗われる。台北映画祭、釜山国際映画祭などで観客賞を受賞した。
 
(文・遠海安)

「光にふれる」(2012年、台湾・香港・中国)

監督:チャン・ロンジー(張栄吉)
出演:ホアン・ユィシアン(黄裕翔)、サンドリーナ・ピンナ(張榕容)、リー・リエ(李烈)、ファンイー・シュウ(許芳宜)

2014年2月8日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマート新宿ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://hikari-fureru.jp/

作品写真:(C)2012 Block 2 Pictures Inc. All rights reserved.

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(2) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

「ピクニック(仮題)」ツァイ・ミンリャン監督に聞く アジア映画の今(2) 引退宣言の真意 「作品を美術館で展示する。映画を観る概念変えたい」

ツァイ・ミンリャン監督.jpg

 ツァイ・ミンリャン(蔡明亮)は、本当に映画製作をやめるのか。今後どこへ向かうのか。昨秋、ベネチア国際映画祭での突然の引退発表。新年連続インタビュー「アジア映画の今」第2回は、台湾のツァイ監督に話を聞いた。

 1957年、マレーシア生まれ。77年に台湾へ移住し、台北の中国文化大学で映画・演劇を専攻。92年、「青春神話」で映画監督デビュー。続く第2作「愛情萬歳」(94)がベネチア国際映画祭最高賞の金獅子賞、第3作「河」(96)がベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞するなど、世界で高く評価されてきた。

 最新作でベネチア審査員大賞を獲得した「ピクニック(仮題)」は、ツァイ監督の集大成といえる作品。“盟友”の俳優リー・カンション(李康生)を中心に、監督独自の手法を極限まで進めている。引退宣言について「神に命令されたらどうなるか分からない」と含みを残しつつ、「今後は作品を美術館で展示したい。映画を観る概念を変えたい」と意欲を示した。

ピクニック(仮題).jpg

 一問一答は次の通り。

「変わらない映画産業のシステム。疲れと嫌気を感じた」

 ──まずは引退表明について聞きたい。

 「映画を撮ることは、神に定められた運命だ」と思ってきた。それが私に1本1本撮らせてきた。10本撮った。もういいのではないか。自分が十分納得のいくものが撮れている。ピクニックを撮り終え、「これで十分だ」と感じた。

 私はほかの監督と異なる創作をしてきた。まずお金にならない。娯楽要素がまったくない。そんな作品を撮り続けてきたにもかかわらず、毎回撮り終えるたびに、次の資金がなんとなく湧いてきた。神の采配としか考えられなかった。

 私の映画は世界中で公開されているが、配給する人たちの気が知れない(笑)。(日本で配給が決まった)「ピクニック」も含めて不思議だ。神が各国の人たちに啓示を与えているのではないか。

 実は体を壊して、撮影に疲れを感じていた。固定観念にしばられた映画産業のシステムに、体調が悪くても応じていかなければならない。それに嫌気が差してきた。10本撮っても何の変革もないシステム。それに疲れてきたことが、大きな理由でもある。

 ただ、神様がもし私に命令を下されたら、どうなるか分からない(笑)。今は少し休みたい。今後は映画ではなく、映像表現をしたい。たとえば美術館と組む方法だ。発表するのは映画ではないかもしれない。もっと自由にできるから。

 ──美術館では作品が届く対象が限定されるのでは。

 いや、逆に多くなる。考えてみてほしい。ヒットしない映画なら、数日の上映で終わってしまう。美術館の企画は最低2カ月。映像を「展示」することで、観客の概念をひっくり返せる。たとえばストーリーを売らない。形式を拒否する。スターを起用しない。

 過去にスターの起用も考えたこともあるが、(ツァイ作品の常連俳優)リー・カンション(李康生)とは絶対に離れられない(笑)。スターを見たいなら別の映画でどうぞ。私の作品を見なくてもいいでしょう。

ピクニック(仮題)2.jpg

「美術館で作品を“展示”したい。映画を観る概念を変えられる」

 ──引退についてリーと何を話したか。

 別に何も。意思表示をしなかった。ははは。彼も最初は俳優として、ほかの映画でいろいろな役を演じたいと思ったようだ。たとえば殺人犯とか。でも徐々に「あまりふさわしくない気がする」と言い始めた。年齢を重ねて、私の映画で演じることが重要だと思ってくれるようになった。

 (ツァイ作品の常連)女優3人(ヤン・クイメイ、ルー・イーチン、チェン・シャンチー)も、私の作品ではほかの作品と違う態度で臨んでくれる。私の映画世界を理解しているんだ。

 ──デジタル化が進み誰でも撮れて、誰でもインターネットで見られる時代。美術館で上映する理由は、現場で体験することが重要と考えるからか。

 美術館の文化的な雰囲気に包まれ、じっくり作品を見てほしい。装置としての美術作品だ。どう言おうか……映画を観る概念を変えられる。ネットで見る角度、位置より、美術館では可能性が大きいと思う。

 映画産業の変革が可能になるだろう。「ピクニック」は来年8月、台湾の美術館で展示上映される。映画産業のシステムにとらわれない、新しい配給の方法だ。チケットを売るため、賞レースに絡めて作ることも必要ない。簡単に言えば、映画を作品として観ることになる。映画館ではあくまで映画は商品。大きく異なる。

ピクニック(仮題)3.jpg

「私はいつもあせっていた。短編を撮りながら、あせりを捨てる学習をしている」

 ──映画監督と芸術家。心の中で自分をどう位置付けているのか。

 私が決めたことではないが、他人は私を芸術家という(笑)。台湾に限って言えば、私は映画界より美術界で認められている。映画界には私の作品を認めようとしない風潮がある。

 (前作の)「ヴィサージュ」(09)のDVDは発売していない。テレビに版権も売っていない。DVDを私が売るなら、10枚限定、1枚100万台湾ドル(約350万円)にしたい(笑)。コレクターに限定で。ある画廊が代理で交渉しているが、今までに4人から申し込みがあった。これならコレクターが版権を持ち、美術館などで上映できる。観客は増えていく。従来のDVD販売では、道端で1枚30台湾ドル(約105円)で売られるのが落ちだ。

 ──映画に対する決別ではなく、継続的に考えてきたことなのか。

 過去2、3本は「もう撮らない。もういやだ」と言い続け、プロデューサーがとても困っていた。ずっと考えていたことなんだ。短編を取るのはとても好き。今はシャオカン(リーの愛称)が、ただ歩くだけの映像を撮っている。シリーズとして6本目に入った。

 短編を撮ることで、私は学習している。映画を撮る時、私はいつもあせっていた。うまくとれないのではないか。誰も見てくれないのではないか。配給が難しいのではないか。そんなつらい思いをしてきたが、短編を撮ることで、それらを捨て去る学習をしている。

 仮にピカソのような画家が、ある場所で絵を描こうとする。イーゼルを立てた時、彼はあせるだろうか? あせらないだろう。落ち着いて、描きたいものを描くだろう。映画撮影はなぜあせりを招いてしまうのか。私はあせりを捨てたいんだ。

 ──映画以外に文章、絵画など別の表現方法をとるつもりはあるか。

 寝た後で目が覚めた時、何もしなくていいような、頭が空っぽの状態でありたい。すべての創作は自分から生まれる。ふとした瞬間に湧き上がり、作品として戻ってくるものだ。「何かしなければならない」と考えると、創作はできなくなる。

ピクニック(仮題)4.jpg

「シャオカンは速度についての概念を変えた。演技を捨て去った演技だ」

 ──映画の中で建築、社会学的な考察を取り入れていると感じる。そんな自分を客観視した時、どう見えるのだろうか。

 映画には映画の美学が常にある。私の作品でストーリーは重要ではない。画面の中にすべてがある。時間があり、空間がある。すなわち私の映画の美学だ。だから単一のアングルで対象に向き合い、そこに力を置いてきた。光、空間、長さに気を使ってきた。

 ──リー・カンションは監督にとってどんな存在か。

 ははははは。すべては「ピクニック」を撮るためにあった。シャオカンは、映画に対する観念を一新してくれた。彼は気付いていないけれど、僕の速度についての観念を変えてくれたんだ。

 「ピクニック」を撮るに至り、映画の固定観念など、いろいろなものを捨てられるようになった。物語、台詞、音楽。映画の持つさまざまな固定された形式を捨てた。すべての焦点を、リー・カンションの顔のアップにあてた。

 彼の顔は、時間の観念だ。ある物体が被写体になり、それを撮る。彼の顔に浮かび上がる時間。私は20年かけて撮ることができた。彼の演技は、演技を捨て去った演技だ。彼は20年間キャベツを食べ続けた。それが「ピクニック」の、(キャベツを食べる)あのシーンに凝縮されている。

(文・写真 遠海安)

作品写真:東京フィルメックス事務局提供

posted by 映画の森 at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

第9回大阪アジアン映画祭、開幕作品は「KANO」 台湾から甲子園へ、嘉義農林の躍進描く 実話ベースの熱血野球ドラマ

KANO.jpg

 第9回大阪アジアン映画祭(3月7〜16日)の開幕作品が台湾映画「KANO」に決まった。

 「KANO」は台湾中部・嘉義農林高校の略称(嘉農)。日本統治下の台湾で、無名の弱小野球部が甲子園大会決勝まで快進撃した実話をもとに描く。日本から来た熱血コーチ・近藤役で永瀬正敏が出演するほか、大沢たかお、坂井真紀、伊川東吾らも脇を固める。

 監督は「セデック・バレ」出演の俳優マー・ジーシアン(馬志翔)。製作は同作のウェイ・ダーション(魏徳聖)監督。ウェイ監督が長年温めてきた企画を、若手俳優、監督としても活躍するマー監督に託して完成した。台湾での公開は2月27日。同映画祭での上映が海外初上映(インターナショナル・プレミア)となる。

 第9回大阪アジアン映画祭は3月7〜16日、梅田ブルク7、ABCホール、シネ・ヌーヴォなどで開催。上映スケジュールなど詳細は公式サイトまで。

http://www.oaff.jp

写真提供:大阪アジアン映画祭

posted by 映画の森 at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

「ブッダ・マウンテン 希望と祈りの旅」 チェン・ボーリンに聞く 「方向を絞らず、いろいろなジャンルに挑戦したい」

チェン・ボーリン1.jpg

 中国映画「ブッダ・マウンテン 希望と祈りの旅」主演の台湾人俳優チェン・ボーリン(陳柏霖)が公開に合わせてこのほど来日し、インタビューに応えた。デビュー作「藍色夏恋」から11年。台湾、中国、香港と中華圏で幅広く活動を続け「今後も方向を絞らず、いろいろなジャンルに挑戦したい」と意欲を見せた。

 舞台は中国四川省。息子を亡くした京劇女優(シルビア・チャン=張艾嘉)と、共同生活する若者3人の交流を描く。中国の女性監督、リー・ユー(李玉)がメガホンを取り、第23回東京国際映画祭(10年)で最優秀芸術貢献賞を獲得。共演のファン・ビンビン(范冰冰)は最優秀女優賞を受賞した。

ブッダ・マウンテン 祈りと希望の旅.jpg

 主なやり取りは次の通り。

 ──撮影から3年。やっと日本で公開された。

 今(日本版の)予告編を見たら、3年前と少し違う印象を受けた。それまで演じたことがないキャラクターで、撮影時は役に入り込んでいた。自分ももう30歳を過ぎたけれど、どれだけ時間がたっても素晴らしい作品だ。

 ──四川省が舞台で、役の生い立ちも背景も自分と大きく異なる。どう理解し、表現したのか。

 脚本をしっかり読み込み、キャラクターを把握し、共演者との関係性をつかんだ。服や言葉使いなどを変え、私生活も役に近付くよう心がけた。他の俳優との化学反応も楽しんだ。

 僕が演じたのは、いつも悩んでいて鬱屈した青年。自分と性格がまったく違う。明るい部分を押さえるのは大変だった。台湾のイントネーションは中国と違うので、台詞回しも難しかった。

チェン・ボーリン3.jpg

 ──ファン・ビンビンとシルビア・チャン。中国、台湾を代表する女優たちと共演した印象は。

 チャンさんは11年前に知り合い、今まで義理の息子のようにかわいがってもらっている。俳優で監督、先生のような存在。ファンさんは中国でとても人気があり、共演はいい経験になった。

 ──文芸作品からコメディーまで、幅広く出演している。作品選びの基準は。

 特に基準はない。すべては縁。面白そうだな、と思ったら出演する。縁がどこにあるかによって決まる。

 リー監督はフィルム撮影が好きで、今回もかなり長く回した。俳優には「脚本に自分で何か加える」ことを求める人。台詞以外に「場面の意識の流れ」でどう役を作るかが重要で、難しかったけれど面白い撮影だった。

 また、監督の撮り方はワンシーンが長い。5つしか台詞がなくてもカットをかけず、十数分間続けて撮る。演じながら「次はどうするのかな」と思うこともあり、挑戦的な作業だった。

チェン・ボーリン2.jpg

 ──30代はどんな役を演じたいか。

 方向を絞らず挑戦したい。「ブッダ・マウンテン」のように文芸路線もいいし、(台湾で今年公開されたコメディー)「変身(原題)」のような商業映画もいい。伝えられるメッセージはさまざまなので、いろいろなジャンルに出たい。30歳になったから父親役も。友人たちはもうみんな父親になっているからね(笑)。

 ──次回作はラブコメディー「愛情無全順(原題)」。今度は女性にもてないオタク青年役だ。

 すごく変わった役。僕の周りにもオタクは多い。彼らが何を考えているか、映画を通して知ってほしい。役作りについて監督とよく話し合い、にきびだらけで一重まぶたにする特殊メークには毎日3時間かかった。毎年ちょっと変わった映画に出るのもいいと思う。

チェン・ボーリン4.jpg

 ──あなたから見た台湾、台湾映画の魅力、日本人にアピールしたい点は。

 (しばらく考えて)いい作品を撮れば、誰にでも好まれる。日本と台湾はとても近い感覚があり、文化的に共通する面もある。僕ら台湾人は日本のアニメ、漫画が大好きで親近感を持っている。日本の皆さんも台湾映画の世界にすんなり入り込めるのでは。

 ──撮影前に必ず準備すること、俳優としての弱点、ストレス解消法は。

 いつも1カ月前から少しずつ役に近づいていく。演じる役がどんな本を読み、どんなものを見て、どんな言葉を使い、どんな生活習慣があるのか。撮影が始まってから迷わないよう、前もって準備していく。

 弱点は自分自身の小さなクセが演技に出てしまうこと。(俳優として)パパラッチに追われるのは楽しくないけれど(笑)、仕事はとても好き。素晴らしい職業だと思う。ストレス解消法は演技。演じることで発散している。

(文・遠海安 写真・岩渕弘美、遠海安)

「ブッダ・マウンテン 希望と祈りの旅」(2010年、中国)

監督:リー・ユー(李玉)
出演:チェン・ボーリン(陳柏霖)、ファン・ビンビン(范冰冰)、シルビア・チャン(張艾嘉)、フェイ・ロン(肥龍)、チン・ジン(金晶)、ファン・リー(方励)

2013年9月28日、ユーロスペース、K's cinemaほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.buddha-mountain.com/

作品写真:(c)LAUREL FILMS

posted by 映画の森 at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする