2016年07月30日

「アンフレンデッド」いないはずの彼女が突然現れた ネットで追い詰められる恐怖 パソコン画面だけで展開するホラー

un_main.jpg

 ネットいじめで女子高生が自殺した。1年後。同級生たちがネット上でおしゃべりしていると、突然メッセージが現れた。「私の恥ずかしい動画をアップしたのは誰?」。自殺したはず彼女だった。仲間の秘密を暴露しながら、SNS(交流サイト)を使った壮絶な復讐が始まった──。

 SNS上だけで物語が展開するホラー「アンフレンデッド」。製作総指揮は「パラノーマル・アクティビティ」シリーズのジェイソン・ブラム。監督は過去にCM100本以上を演出してきたレヴァン・ガブリアゼだ。

un_sub2.jpg

 女子高生ローラは同級生たちの目の前で拳銃自殺した。ネットにはその様子を写した動画がアップされ、関連リンクで自殺の原因になった「恥ずかしい動画」が見られるようになっている。動画を見た友人たちがネットでチャット(雑談)していると、正体不明のアカウントが登場。死んだはずの「ローラ」を名乗り、友人たちに話しかける。

 3D全盛の現代。映画の大スクリーンで立体的な映像、ダイナミックな動きを楽しむのが主流になっている。そんな流れに反するように、「アンフレンデッド」は狭いパソコン空間を舞台にした。スクリーンに映し出されるのは、ほぼパソコン画面のみ。すべてが平面上て展開すると独特の作品だ。

un_sub1.jpg

 仲間の前に再び現れた「ローラ」は、ネットの中だけに生きる実体のない霊だ。仲間の秘密や弱点、隠しごとを暴露しながら、自分主導のゲームに強制的に参加させる。仲間割れや恋愛感情を利用し、疑心暗鬼に陥れ、精神的に追い込んでいく。これまでにない変わり種の霊といえよう。

 主観映像で恐怖に陥れる「パラノーマル・アクティビティ」シリーズで頂点を極めたブラムが、次なる一手として仕掛けた「アンフレンデッド」。本末転倒に聞こえるが、映画のスクリーンよりパソコンの画面向けといえる。今の若者の必需品になったネットとSNSを巧みに取り入れた。ネットを使わない人にはピンとこないが、新たな世代に向けて斬新な切り口で描いたホラーだ。

(文・藤枝正稔)

「アンフレンデッド」(2014年、米国)

監督:レヴァン・ガブリアーゼ
出演:シェリー・ヘニッヒ、モーゼス・ストーム、レニー・オルステッド、ウィル・ペルツ、ジェイコブ・ワイソッキ

2016年7月30日(土)、新宿シネマカリテほかで公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://unfriended.jp/

作品写真:(C)2014 Universal Studios. All Rights Reserved.

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 11:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

「DOPE ドープ!!」90年代オタクの高校生、違法ドラッグ手にして大騒動 痛快青春コメディー

dp_main.jpg

 米ロサンゼルス。スラム街を疾走する高校生のマルコム(ジャメイク・ムーア)は、1990年代ヒップホップをこよなく愛するオタクである。しかし、あるパーティーで知らぬ間に違法ドラッグを手にしてしまい、思わぬ騒動がぼっ発する──。

 監督、脚本、製作総指揮は「ソウルメイト」のリック・ファムイーワ。製作総指揮、ナレーションはフォレスト・ウィテカー、音楽は「怪盗グルーのミニオン危機一発」(13)の楽曲で米アカデミー賞候補になったファレル・ウィリアムスだ。

dp_sub2.jpg

 軽快なヒップホップとウィテカーのナレーションで幕が開ける。90年代オタクのマルコムは、カセットプレーヤーとアナログレコードを偏愛。部屋には90年代グッズがあふれている。同じオタクでバンド仲間のディギー、男装女子のジブと学校へ行けば、不良や体育会系の生徒にからまれる。校内を逃げ回りながら、ハーバード大学進学を夢見る日々だ。

 マルコムはある日、地元で有名なドラッグディーラーのドムに「俺の誕生日パーティーに連れて来い」と命じられ、美女ナキアを誘って会場に向かう。しかし、警察の急な捜索でその場はパニックに。ドムはマルコムのバッグに大量の違法ドラックを隠してしまう。

dp_sub1.jpg

 「風が吹けば桶屋がもうかる」的に話は転がっていく。オタク高校生が違法ドラッグを手に入れ、困難を乗り越え、一発逆転の大勝負に出る。懐かしくどこか滑稽な90年代を、ポップな青春譚に仕立てた着眼点、センスがいい。70年代テイストを生かすクエンティン・タランティーノに共通する。

 水と油に思える「オタク」と「犯罪」が、中盤から交わり初めて面白くなる。オタクならではの知恵と行動力で、マルコムがドラッグをさばいていく様子が痛快だ。軽妙に語られる恋と犯罪、勢いで駆け抜ける青春コメディーだ。

(文・藤枝正稔)

「DOPE ドープ!!」(2015年、米国)

監督:リック・ファムイーワ
出演:シャメイク・ムーア、トニー・レボロリ、カーシー・クレモンズ、ゾーイ・クラビッツ、エイサップ・ロッキー

2016年7月30日(土)、渋谷HUMAXシネマほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://dope-movie.jp/

作品写真:(C)2015 That's Dope, LLC. All Rights Reserved.

posted by 映画の森 at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

「ターザン REBORN」新解釈と最新技術 現代に蘇るヒーロー

tz_sub2.jpg

 古典小説「ターザン」が、新たな解釈と最新技術で再びスクリーンに蘇った。今回のターザンは一味違う。監督は「ハリー・ポッター」シリーズのデビッド・イェーツ。主演はアレクサンダー・スカルスガルド、マーゴット・ロビー、サミュエル・L・ジャクソン。

 英国貴族のジョン・クレイトン(アレクサンダー・スカルスガルド)、またの名をターザン。生後間もなくアフリカの密林で動物に育てられた過去、ロンドンで妻のジェーン(マーゴット・ロビー)と優雅に暮らす現在。二つの顔を持つ男は政府の厚い信頼を受け、外交特使として故郷コンゴへの派遣を打診されていた。

tz_main.jpg

 一方、コンゴはベルギー国王のレオポルド2世の餌食となっていた。国王の右腕レオン・ロム(クリストフ・ヴァルツ)は有力な部族ムボロンゴに対し、ダイヤモンドと引き換えに怨敵のターザンを引き渡すことを密約していた。

 ジョンは米国人のジョージ博士(サミュエル・L・ジャクソン)、妻のジェーンと共に、ロムの陰謀と残酷なジャングルが待ち受けるコンゴへ旅立つ──。

tz_sub1.jpg

 ジャングルを疾走し、木から木へと飛び移る。トレードマークの雄叫びと蔦(つた)のスイング。今回のターザンは従来のイメージを踏襲しつつ、気品も感じさせる。スカルスガルドの役作りに工夫を感じさせる。

 躍動しているのはターザンだけではない。登場する動物は全てCG(コンピューター・グラフィックス)だが、存在感は圧倒的だ。ターザンの自然との調和がスクリーン全体から伝わってくる。

 弱肉強食のジャングルは、かつてそこに君臨したターザンにさえ牙をむく。自然の過酷さがターザンの強さを際立たせている。

(文・魚躬圭裕)

「ターザン REBORN」(2016年、米国)

監督:デビッド・イェーツ
出演:アレクサンダー・スカルスガルド、サミュエル・L・ジャクソン、マーゴット・ロビー、クリストフ・ヴァルツ、シャイモン・フンスー、ジム・ブロードベンド

2016年7月30日(土)、丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://wwws.warnerbros.co.jp/tarzan/

作品写真:(C)2016 EDGAR RICE BURROUGHS, INC., WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC.

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 07:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」赤狩りに屈せず、ペンを放さず 名作を書き続けた男

tr_main.jpg

 「ローマの休日」、「スパルタカス」、「ジョニーは戦場へ行った」、「パピヨン」──。1940〜50年代ハリウッドに吹き荒れた共産主義者弾圧事件「赤狩り」に屈せず、数々の名作を世に送り出した名脚本家、ダルトン・トランボの半生を描く「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」。主演は米人気ドラマシリーズ「ブレイキング・バッド」のブライアン・クランストン。

 1947年、米国。東西対立が色濃くなる中、赤狩りの波はハリウッドにも及んでいた。ジョン・ウェイン(デヴィッド・ジェームズ・エリオット)やコラムニストのヘッダ・ホッパー(ヘレン・ミレン)らによる赤狩りの急先鋒組織「アメリカの理想を守るための映画同盟」は、労働者の所得向上を訴えるトランボ(クラストン)をターゲットに定める。

tr_sub1.jpg

 トランボは議会公聴会での証言を拒み、ブラックリストに加えられる。共産主義者のレッテルを張られた映画人が次々仕事を奪われる中、トランボは本名を隠して脚本を書き続ける。その中の一つ「ローマの休日」を、友人のイアン・マクラレン・ハンター(アラン・デュディック)に託すのだった。

 1950年6月、トランボは有罪判決を受けて収監。家族の手紙を支えに1年の刑期を終えるも、さらなる苦難が待ち受けていた。ブラックリスト入りした男に脚本を書かせる映画会社などなかったのだ。そこでトランボは一計を案じる──。

tr_sub2.jpg

 「自由の国」であるはずの米国が、第二次世界大戦でファシズムとの戦いを終えた数年後、自己矛盾を抱えた。敵国ソ連の思想に同調する者をつるし上げ、言論の自由を制限する社会。ハリウッドの輝かしいイメージと対極だ。

 しかし、そんな暗黒時代が名脚本家トランボを生んだのかもしれない。社会からつまはじきにされるほど、トランボの製作意欲は高まった。不当な弾圧に屈せぬ強い意志が、数々の名作を生んだ。一方で、あまりに多くの人たちの生活が「正義」の名のもと壊された。

 信条のため犠牲をいとわず、すべてを捧げて書き続けた男。名を隠さざるを得なかった理由に思いを馳せれば、数々の名作もまた違ってみえるかもしれない。

(文・魚躬圭裕)

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」(2015年、米国)

監督:ジェイ・ローチ
出演:ブライアン・クランストン、ダイアン・レイン、エル・ファニング、ヘレン・ミレン

2016年7月22日(金)、TOHOシネマズシャンテほか全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://trumbo-movie.jp/

作品写真:(C)2015 Trumbo Productions, LLC. ALL RIGHTS RESERVED
Photo by Hilary Bronwyn

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

「死霊館 エンフィールド事件」説得力あるドラマ、ショック演出、美しい幕引き ワン監督のホラー到達点

ef_main.jpg

 英ロンドン北部のエンフィールド。シングルマザーのペギー・ホジソンと子供4人は、室内の奇妙な物音に悩まされていた。あろうことかある日、家具が勝手に動き出し、家族を攻撃するようになる。テレビが取材に訪れたところ、11歳の次女ジャネットが怒り出し「出て行け」と老人のような声を出した──。

 「ソウ」シリーズのジェームズ・ワン監督作「死霊館」(13)の続編。1977年に英国で起きた「エンフィールド事件」をベースにした実録ホラーだ。前作に続いてパトリック・ウィルソンとベラ・ファーミガが、超常現象の解明を依頼された米研究家ウォーレン夫妻を演じる。

 冒頭でやはり1965年に米で起きた「デフェオ一家殺害事件」が取り上げられる。家に取り憑いた霊をみるショッキングな描写で、過去には映画「悪魔の棲む家」(79)の題材にもなった。続いて舞台はエンフィールドへ。ホジソン家の次女ジャネットの霊憑依を時系列で描いていく。

ef_sub1.jpg

 ワン監督の演出は正攻法で丁寧だ。ホジソン家で発生する超常現象を一つ一つ積み重ね、事件の全体像を観客が納得できるように提示する。ウィリアム・フリードキン監督「エクソシスト」(73)同様、あくまでリアリティーを追求している。こけおどしのショック演出とは正反対に、ドラマと恐怖を融合させ、作品に緊張感を与える。

 「エクソシスト」との共通点も多い。時代設定に加えて、少女に霊が憑くことで表れる奇妙な行動。場所は住宅密集地の室内で、外は平和な町並みが広がる。静と動の対比により、ホジソン家で起きている異常事態を際立たせる仕組みだ。

 巧みな演出は恐怖シーンにとどまらない。全体にピンと緊張の糸を張る一方で、さりげなくなにげない日常風景をはさみ込む。クリスマスの日。パーティーの席でエルビス・プレスリーの「好きにならずにいられない」が弾き語りされる。優しい歌声に心がなごむ。うまい緩急の付け方だ。

ef_sub2.jpg

 ワン監督は実録物の制約の中、事件全体を忠実になぞりつつ、真正面から破綻させずにドラマを積み上げだ。一見古風な作風だが、最新技術も十分に投入。屋外から室内への継ぎ目ない撮影、大胆なCG(コンピューター・グラフィックス)。映画ならではの想像の翼を羽ばたかせている。一時は「ホラー引退」も口にしたワン監督だが、饒舌な語り口は健在だ。説得力あるドラマ、ショック演出、美しい幕引き。監督としてピークに到達した印象すら受ける。

(文・藤枝正稔)

「死霊館 エンフィールド事件」(2016年、米国)

監督:ジェームズ・ワン
出演:ベラ・ファーミガ、パトリック・ウィルソン、フランシス・オコナー、マディソン・ウルフ、フランカ・ポテンテ

作品写真:(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

posted by 映画の森 at 10:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする