2018年10月18日

「デス・ウィッシュ」ブロンソン往年の名作「狼よさらば」、ウィリス主演でリメイク

4.jpg

 犯罪都市・米シカゴで、緊急患者を診る外科医ポール・カージー(ブルース・ウィリス)。ある日、何者かが家に侵入し、妻ルーシー(エリザベス・シュー)は殺され、娘は昏睡状態になってしまう。進まぬ捜査に怒ったポールは銃をとり、犯人抹殺のため危険な街へ繰り出す──。

 チャールズ・ブロンソン主演、マイケル・ウィナー監督「狼よさらば」(74)のリメイク作品だ。「狼よさらば」はブロンソンのライフワークで、続編4本が製作される人気シリーズとなった。“一人自警団”カージーは、マーチン・スコセッシ監督「タクシードライバー」(76)、ロバート・ギンティ主演「エクスタミネーター」(80)など後続作品に多大な影響を与えた。

2.jpg

 「デス・ウィッシュ」を監督したイーライ・ロスは、「食人族」(80)をモチーフにした「グリーン・インフェルノ」(13)、「メイク・アップ」(77)をリメイクした「ノック・ノック」(15)と、好きな映画のルーツをたどるように、影響を受けた作品をリメイクしてきた。今回も思い入れの強い1本だろう。

 オリジナルとリメイクはところどころ設定が異なる。建築家だったカージーは外科医に変更。男臭く武骨なイメージだったブロンソンは、「狼よさらば」で市民から自警団に変わる姿を繊細に演じ、俳優としての幅を大きく広げた。一方、「ダイ・ハード」のウィリスは一味違い、人間味あるカージー像を作り上げた。新しいキャラクターとして、カージーに頼り切りのダメな弟フランク(ビンセント・ドノフリオ)が登場。物語の絶妙なアクセントになっている。

3.jpg

 オリジナルを覆っていた悲壮感と重苦しさを取り払い、シリーズ3作目「スーパー・マグナム」(85)あたりの大らかな乗りを目指した印象。カージーの戦いは動画撮影され、SNSを通じて拡散。街のヒーローとして神格化されていくところに、現代らしさが色濃く出ている。

 「自分の身は自分で守る」開拓精神がカージーを突き動かし、拳銃を手に街のダニの一掃にとりかかる。犯罪都市に現れたヒーローは、無力な警察を揶揄するようにも感じられる。現代に再現された痛快復讐劇だ。

(文・藤枝正稔)

「デス・ウィッシュ」(2018年、米)

監督:イーライ・ロス
出演:ブルース・ウィリス、ビンセント・ドノフリオ、エリザベス・シュー、ディーン・ノリス、キンバリー・エリス

2018年10月19日(土)、TOHO シネマズ日比谷ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://deathwish.jp/

作品写真:(C)2018 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.
posted by 映画の森 at 14:23 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

「アンダー・ザ・シルバーレイク」奇抜な脚本、オフビートなノリ ロスを騒がす不条理サスペンス

1.jpg


 “大物”になる夢を抱き続け、気が付けば職もなく、家賃まで滞納しているサム(アンドリュー・ガーフィールド)。隣に住む美女サラ(ライリー・キーオ)に一目ぼれ。デートの約束を取り付けるが、翌日サラは忽然と消えてしまう。もぬけの殻になった部屋を訪ねたサムは、壁に書かれた奇妙な記号を見つけ、陰謀の匂いをかぎ取る。おりしも大富豪や映画プロデューサーの失踪や謎の死が続き、真夜中になると犬殺しが出没。街を操る裏組織の存在が噂されていた──。

 クエンティン・タランティーノが絶賛したホラー映画「イット・フォローズ」(14)のデビッド・ロバート・ミッチェルが、監督・脚本を担当した最新ネオノワール・サスペンスだ。

2.jpg

 ロサンゼルスの北西部に位置する町・シルバーレイク。カフェの窓ガラスいっぱいに「犬殺しに気をつけろ」と警告のような文言が書かれ、主人公のオタク青年サムが店内から見つめている。爽やかな日常が、非日常に変わる不安な幕開け。光り輝くロサンゼルスの表の顔とは、別の裏の顔があぶりだされる。

 一目ぼれしたサラの失踪を皮切りに、サムは次々奇妙な出来事に巻き込まれる。暗号解析、都市伝説、サブリミナル効果──オタク知識を生かしながら、ロスの大物たちの死や失踪、犬殺しなどに、大きな陰謀が渦巻いていると気付く。

3.jpg

 独自性あふれる奇抜な脚本に、オフビートなノリ。くせのある登場人物に知的好奇心をくすぐられる。不条理な悪夢のような物語は、偉大な過去の作品群の影響を受けている。ヒッチコックの「裏窓」(54)、スコセッシの「アフター・アワーズ」(85)、リンチの「ブルーベルベット」(86)。現代に合わせたポップカルチャーを随所に混ぜ込み、複雑怪奇にしたような作品だ。

 リッチ・ブリーランドの音楽は、ヒッチコック作品を多く手がけた映画音楽家バーナード・ハーマンのスコアを思わせる。クラシカルな弦楽を基調にした重厚なスコアで、悪夢のような不安感を醸し出す。

 「ハクソー・リッジ」(16)、「沈黙 サイレンス」(16)、「ブレス しあわせの呼吸」(17)など、出演作が目白押しのガーフィールドが、ひとくせあるオタク青年に。プレスリーの孫娘で「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(15)のキーオら、キャストの魅力も手伝い、ミッチェル監督の才能が開花した。目ざとい映画ファンは注目のサスペンスだ。

(文・藤枝正稔)

「アンダー・ザ・シルバーレイク」(2018年、米国)

監督:デビッド・ロバート・ミッチェル

出演:アンドリュー・ガーフィールド、ライリー・キーオ、トファー・グレイス、ゾーシャ・マメット、キャリー・ヘルナンデス

2018年10月13日(土)、新宿バルト9ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://gaga.ne.jp/underthesilverlake/

作品写真:(C)2017 Under the LL Sea, LLC

posted by 映画の森 at 15:41 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

「スカイライン 奪還」エイリアンと人間、地球をめぐってガチンコバトル

1.jpg

 ロサンゼルスの刑事マーク(フランク・グリロ)は、電車で息子トレント(ジョニー・ウェストン)と帰宅する途中、奇妙な青い光が広がるのを見た。人々が巨大な未確認飛行物体に吸い込まれていたのだ。急停車した運転手オードリー(ボヤナ・ノヴァコヴィッチ)ら生存者を率い、マークは安全地帯を探す──。

 「スカイライン 奪還」は、「スカイライン 征服」(11)から7年後の世界を描く続編。前作を監督したストラウス兄弟は製作にまわり、前作で製作・脚本を担当したリアム・オドネルが初メガホンを取った。

2.jpg

 「スカイライン 征服」は、突如現れた謎の生命体が地球を征服する3日間を、ロサンゼルスのマンションに集まった市民の視点で描いてスマッシュヒットした。一方、今回の「スカイライン 奪還」は、ロサンゼルスに再び謎の飛行体が現れ、青い光を放って人々の吸引を始め、吸引から逃れた人たちが、未確認生命体に戦いを挑む。

 前作はマンションという限定された場所で展開し、謎を多く残したラストシーンが賛否を呼んだ。今回は人々が吸引される設定を引き継ぎながら、ロスの街を移動し、最終的に舞台はラオスに飛躍する。

3.jpg

 前作の反省からか、刻々と状況は変化する。ラオスに至る後半は、まるでSFバトルアクションだ。変貌のヒントはキャストで納得する。主人公のマークに「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」(16)で敵役を演じた肉体派フランク・グリロ。後半はインドネシアのアクション映画「ザ・レイド」シリーズのイコ・ウワイスとヤヤン・ルヒアンがクローズアップされる。ウワイスはスタント演出も担当し、エイリアンと人間が地球奪還をめぐってガチンコバトルする。

 前作の最後に登場した「ハイブリット型エイリアン」の話も掘り下げられる。マークとトレント父子の奇妙な親子愛が、物語の隠し味となった。

 前作でエイリアンにやられっぱなしだった人間たち。屈辱を晴らすがごとく、知恵と肉体を駆使した壮大なバトルを展開。エンドロールはSF作品では珍しく、NGシーンをつないだメイキング映像が流れる。貴重なのであわてて席を立たぬよう。

(文・藤枝正稔)

「スカイライン 奪還」(2017年、英・中・カナダ・インドネシア・シンガポール・米)

監督:リアム・オドネル
出演:フランク・グリロ、ボヤナ・ノバコビッチ、ジョニー・ウェストン、カラン・マルベイ、アントニオ・ファーガス

2018年10月13日(土)、 新宿バルト9ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://skyline-dakkan.jp/

作品写真:(C)2016 DON'T LOOK UP SINGAPORE, PTE. LTD

posted by 映画の森 at 14:32 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

「ブレイン・ゲーム」ホプキンス主演サイコスリラー 着眼点、映像美に注目

1.jpg

 米連邦捜査局(FBI)特別捜査官のジョー(ジェフリー・ディーン・モーガン)と、若き相棒キャサリン(アビー・コーニッシュ)は連続殺人事件の捜査に行き詰まり、元同僚のジョン・クランシー博士(アンソニー・ホプキンス)に助けを求める。すでに引退した博士だったが、事件に特別な感情を抱き、容疑者チャールズ・アンブローズ(コリン・ファレル)を追跡する──。

 「羊たちの沈黙」(91)のアンソニー・ホプキンスが製作総指揮、主演を務めたサイコスリラーで、いわくつきの作品だ。脚本は当初、デビッド・フィンチャー監督の大ヒット作「セブン」(95)の続編として書かれた。しかし企画は暗礁に乗り上げ、15年に独立作品として作られたものの、米国の配給会社が倒産。曲折を経てやっと日本公開にこぎつけたという。監督はブラジル出身の新星アルフォンソ・ポヤート。原題「Solace」は「慰める、和らげる」を示す。

2.jpg

 猟奇殺人事件を追う捜査官を描いた「セブン」をベースに、ホプキンス演じる博士が活躍する物語。「羊たちの沈黙」の“レクター博士”から毒気を抜き、心に傷を負わせた印象だ。ポイントは博士が超能力を持つこと。他人の物に触れると過去や未来が見える。さらに連続殺人犯が、博士以上の超能力を持ち、独自理論でターゲットを選び殺害している。

 面白いのは、超能力者同士の対決に、若い捜査官のキャサリンが懐疑的な目を向けていること。精神科医なのでスピリチュアルな力を信じないが、博士と捜査することで、お互いを理解、信頼していく。サイドストーリーとしてうまい隠し味となっている。

3.jpg

 超能力をビジュアル化するため、一瞬のフラッシュバック映像、「ザ・リング」(98)の呪いのビデオのように意味深なイメージ画像が多用され、独特のテンポを生んでいる。猟奇的な描写、不意を衝くショック演出、カーアクションまで使い、犯人との頭脳戦をテンポよく描く。

 貫録のホプキンスに、モーガンとコーニッシュが好演。ファレルの不気味な演技が後半を支配する。最近サイコスリラーは出尽くした感があったが、着眼点の面白さとスタイリッシュな映像美が際立つ掘り出し物だ。

(文・藤枝正稔)

「ブレイン・ゲーム」(2015年、米国)

監督:アルフォンソ・ポヤート
出演:アンソニー・ホプキンス、コリン・ファレル、ジェフリー・ディーン・モーガン、アビー・コーニッシュ

2018年10月6日(土)、新宿武蔵野館ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://braingame.jp/

作品写真:(C)2014 SUPERSENSORY, LLC

posted by 映画の森 at 15:23 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

「500ページの夢の束」ダコタ・ファニング演じるオタク女子、バスで数百キロを行く 「スター・トレック」愛あふれる異色ドラマ

1.jpg


 「スター・トレック」が大好きで、関連知識は誰にも負けないウェンディ(ダコタ・ファニング)。趣味は自分で「スター・トレック」の脚本を書くことだった。自閉症の彼女は唯一の肉親の姉・オードリー(アリス・イブ)と離れて暮らし、ソーシャルワーカーのスコッティ(トニ・コレット)の協力でアルバイトを始めた。ある日、「スター・トレック」脚本コンテストがあると知り、ウェンディは渾身の1本を書き上げる。しかし、郵送では締め切りに間に合わず、愛犬ピートと一緒に、ハリウッドまで数百キロの旅に出る──。

 家と職場を往復するだけの「スター・トレック」オタクの女子が、一世一代の長距離移動で目的を達成する物語。監督は障害者の性を描いた「セッションズ」(12)のベン・リューイン。「I am Sam アイ・アム・サム」(01)、「宇宙戦争」(05)など子役でキャリアをスタートさせたダコタ・ファニング。幼い頃が絶頂期で、最近は妹のエル・ファニングの活躍に押され気味。今回は個性的で強烈なキャラクターとして我々の前に帰ってきた。

2.jpg

 ウェンディは人前では非常に口数が少ないが、脳内ではずっとしゃべり続けている。その様子は主人公のモノローグで表現される。心を許した相手のみと視線を合わせ、他人からは目をそらせる。

 単調な生活の中で、唯一の楽しみはテレビで「スター・トレック」を見て、自分なりの脚本を書くこと。コンテストを知って早速執筆にとりかかり、無事完成するが、郵送では間に合わない。家があるオークランドから製作会社があるロサンゼルスまで、3日かけてバスで届けようとする。勝手に付いてきた愛犬ピートとの道中は、予想通りトラブル続き。多くの人を巻き込んでいく。

3.jpg

 米国では国民的人気のSFドラマ「スター・トレック」がモチーフなので、「スター・トレック」の設定や登場人物、専門用語を知らないと楽しみが半減するかもしれない。一方、前作「セッションズ」で障害者の性を描いたリューイン監督は、社会的弱者である自閉症者の厳しい現実もきちんと描いている。

 脚本を届けるウェンディは、困難なミッションに立ち向かう「スター・トレック」のクルーのようだ。ウェンディが唯一しっかり視線を合わせる意外な相手、姉オードリーを「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(09)に出演したイブが演じるなど、どこまでも「スター・トレック」愛があふれ、異色なハートフルなドラマとなった。

(文・藤枝正稔)

「500ページの夢の束」(2017年、米国)

監督:ベン・リューイン
出演:ダコタ・ファニング、トニ・コレット、アリス・イブ

2018年9月7日(金)、新宿ピカデリーほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://500page-yume.com/

作品写真:(C)2016 PSB Film LLC

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 17:40 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする