2019年04月05日

「バイス」ブッシュ政権を陰で操った男、チェイニー副大統領の野望と横暴

1.jpg

 1960年代半ば。酒癖の悪い青年チェイニー(クリスチャン・ベール)が後の妻となる恋人リン(エイミー・アダムス)に尻を叩かれ、政界を目指す。型破りな下院議員ドナルド・ラムズフェルドのもとで政治の表裏を学んだチェイニーは、次第に権力の虜になっていく。ジョージ・W・ブッシュ政権の副大統領に就任し、入念な準備のもと“影の大統領”として振る舞い始める──。

 ブッシュ政権(2001〜09年)で“影の大統領”と呼ばれた副大統領ディック・チェイニーの実話を描いた「バイス」。「ダークナイト」(08)のクリスチャン・ベールが特殊メイクと体重20キロ増で演じた社会派作品だ。監督、脚本、製作は「マネー・ショート華麗なる大逆転」(15)のアダム・マッケイ、製作はブラッド・ピットら。「バイス」は、副大統領(バイス・プレジデント)と、「悪徳」や「邪悪」の意味を込めた。

 米国ではこれまでオリバー・ストーン監督の「ニクソン」(95)と「ブッシュ」(08)、スティーブン・スピルバーグ監督の「リンカーン」(12)など、大統領を描いた作品が多く作られているが、今回のように副大統領が主人公の作品は珍しい。しかも、俗物の黒歴史をシニカルに描いている。

2.jpg

 監督自ら「何も知らなかった」と語るように、影の男だったチェイニーを、なじみのない観客にも分かるよう作っている。記録映像を交えてチェイニーの物語が進む一方、一般人のカート(ジェシー・プレモンス)の別の人生が、並行して描かれる。スクリーンから「第4の壁」を越え、観客に向かって語り掛ける謎の存在だが、カートとチェイニーの人生が交差する意外な仕掛けが隠されている。

 チェイニーの歩み、政治家としての経歴、大統領の陰で権力を振りかざした行為の数々が描かれる。堅苦しさはなく、演出は軽妙で編集は巧みだ。キャストの成り切り演技が相乗効果を生み、再現ドラマの域を越えた娯楽作になっている。

 ベールにの特殊メイクは「ミセス・ダウト」(94)、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(08)の巨匠グレッグ・キャノン。20代の青年期から70代の老年期まで、違和感なく仕上げた。ベールは米ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞したが、陰の功労者はキャノンの特殊メイクだろう。

3.jpg

 ブッシュ大統領役のサム・ロックウェル、ラムズフェルド国防長官役のスティーヴ・カレル、パウエル国務長官役のタイラー・ペリーら、実在の政治家を特殊メイクでそっくりに再現。副大統領の生き様に鋭く切り込み、皮肉たっぷりに描いた社会派の快作だ。

(文・藤枝正稔)

「バイス」(2018年、米)

監督:アダム・マッケイ
出演:クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、スティーブ・カレル、サム・ロックウェル、タイラー・ペリー

2019年4月5日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://longride.jp/vice/

作品写真:(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
posted by 映画の森 at 23:40 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

「ブラック・クランズマン」黒人刑事がKKKに潜入 スパイク・リー、差別主義者を痛快に糾弾

1.jpg

 1979年、米西部コロラド州コロラドスプリングス。町で初めて黒人の刑事、ロン・ストールワース(ジョン・デビッド・ワシントン)が誕生した。しかし、書類管理担当の記録室に配属され、差別的な刑事に嫌がらせを受け、退屈な任務にうんざりしたロンは、署長にダメ元で「潜入捜査官になりたい」と訴え、晴れて希望がかなえられる──。

 実在の元刑事ロン・ストールワースの回想録を、「マルコムX」(92)のスパイク・リーが脚本化し、監督した。「マルコムX」主演のデンゼル・ワシントンの息子、ジョン・デビッドが主役を務める。第71回カンヌ国際映画祭でグランプリ、第91回米アカデミー賞で脚色賞を受賞した。

2.jpg

 作品のコピーは「黒人刑事が白人至上主義団体『KKK(クー・クラックス・クラン)』に潜入捜査」だが、実際に潜入するのは、ロンの身代わりとなる白人刑事フィリップ(アダム・ドライバー)だ。黒人差別の歴史、KKKの内情や活動、時代背景をスリリングに描きつつ、最終的にはKKKを笑い飛ばそうとする。監督は今も根強く残る白人至上主義について、挑発しながら問題提起する。

 三角頭巾の白装束が象徴的なKKKは、アラン・パーカー監督の「ミシシッピー・バーニング」(88)などにも登場したが、内部を詳細に描いた映画は初めてではないか。トランプ大統領の誕生後、米国では17年、南部バージニア州で白人至上主義者と反対派が衝突。死者が出る事態になり、トランプ氏が「双方に責任がある」と発言して波紋を広げた。KKKは今もなお活動を続けており、米国の対立と分断は拡大している。

3.jpg

 時代背景、言葉のニュアンスなど、日本人に分かりづらい点はあるものの、黒人刑事がKKKに潜入する着眼点に引き付けられる。黒人と白人が手を組んで任務を遂行する姿は、米国の掲げる理想であり、作品の面白さにつながっていく。リー監督はKKKの手法を痛快に糾弾する。往年の勢いを失いつつあったリー監督が、再び輝きを取り戻した。現代社会の問題点を鋭く突く力作だ。

(文・藤枝正稔)

「ブラック・クランズマン」(2018年、米)

監督:スパイク・リー
出演:ジョン・デビッド・ワシントン、アダム・ドライバー、
ローラ・ハリアーパ、トファー・グレイス、ヤスペル・ペーコネン

2019年3月22日(金)、TOHO シネマズ シャンテほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://bkm-movie.jp/

作品写真:(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

posted by 映画の森 at 20:37 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

「ヘレディタリー 継承」恐怖に追い詰められ、壊れゆく家族 トラウマ系ホラーの秀作

1.jpg

 グラハム家の祖母・エレンが亡くなった。娘のアニー(ト二・コレット)は、母にに愛憎入り混じる感情を抱いていたが、粛々と葬儀を行う。遺品に入った箱には「私を憎まないで」とメモがあった。アニーと夫のスティーブン(ガブリエル・バーン)、高校生の息子・ピーター(アレックス・ウォルフ)、人付き合いが苦手な娘・チャーリー(ミリー・シャピロ)は喪失感を乗り越えようとするが、奇妙な出来事が頻発する──。

 長編デビューとなるアリ・アスターが監督、脚本を手掛けた本格的なホラー映画。「シックス・センス」(99)のトニ・コレット、「ユージュアル・サスペクツ」(95)のガブリエル・バーン、「ライ麦畑で出会ったら」(15)のアレックス・ウォルフらが出演している。

2.jpg

 亡くなったエレンは、グラハム家の家長だった。娘でミニチュア造形作家のアニー、アニーの夫で精神療法施設を経営するスティーブン、二人の子供で高校生の長男ピーター、特別支援クラスに籍を置く長女チャーリー。四人は喪失感の中にいたが、ある出来事でさらなる失意の底へおちる。

 得体の知れぬ緊張感、不気味な不安感が物語全体に漂う。あるきっかけで恐怖と不安感はピークに達し、物語はさまざまな伏線を張りながら、オカルト・スピリチュアルな方向へ舵を切る。

3.jpg

 恐怖は心霊現象として表れる。ふいに鳴る物音、部屋を這う不思議な光、誰かの話声、何者かの気配。追い詰められ、とりつかれたように心を乱すアニーと、恐怖に憔悴して壊れていくピーター。やがて伏線を回収するように原因が明らかになる。

 悪夢の日常を淡々と描きながら、静と動を使い分けて恐怖を積み上げ、中盤以降はオカルト思考が支配する。「ローズマリーの赤ちゃん」(68)、「エクソシスト」(73)、「ヘルハウス」(73)など、往年のオカルトホラーの要素を巧みに取り入れ、現代的な解釈を加えた。五感を刺激する大胆なショック演出が破綻することなく、物語が成立した希有な作品だ。

 アスター監督の演出は抑制が効いている。受け継いだものに憑りつかれ崩壊するコレットの狂気の演技が、観客を恐怖のどん底へ突き落す。これ見よがしで派手な脅かし系ホラーと一線を画し、精神的に追い詰められるトラウマ系ホラーの秀作だ。

(文・藤枝正稔)

「ヘレディタリー 継承」(2018年、米)

監督:アリ・アスター
出演:トニ・コレット、アレックス・ウルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド、ガブリエル・バーン

2018年11月30日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほかで全国公開。作品の詳細は公式さイオまで。

作品写真:(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC
posted by 映画の森 at 11:17 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

「恐怖の報酬」ウィリアム・フリードキン監督、不遇の傑作を執念の修復 製作から40年を経て日本劇場公開

1.jpg


 南米奥地の油井で大火災が発生した。祖国を追われてきた犯罪者4人は、報酬1万ドルと引き換えに、消火用ニトログリセリンの運搬を引き受ける。2台のトラックに分乗し、道なき道を300キロ。密林の奥へと進んでいくが、待ち受ける彼らの運命は──。

 イヴ・モンタン主演、H=G・クルーゾー監督の仏映画「恐怖の報酬」(53)を、「フレンチ・コネクション」(71)、「エクソシスト」(73)のウィリアム・フリードキン監督が、1977年にリメイクした作品。同年の全米公開で興行的に失敗し、日本をはじめ米以外は、監督の了解なしに約30分カットされた短縮版が公開された。

 オリジナル版は数十年間、権利者不明となっていたが、フリードキン監督が執念で音声を5.1chリマスター、映像も4K修復。121分のオリジナル完全版として2013年、ベネチア国際映画祭で披露した。その後、作品は世界の映画祭を巡回し、いよいよ日本で劇場公開されることとなった。

2.jpg

 70年代に大ヒット作を連発したフリードキン監督が、乗り乗っていた時に興行的に失敗。不本意な評価を受けた不遇の作品だが、改めて完全版を見ると監督が「1コマも修正する気はない」と豪語するように、監督の名に恥じない名作である。しかし、オリジナル版は公開時期が悪かった。77年がスティーブン・スピルバーグ監督の「未知との遭遇」、ジョージ・ルーカス監督の「スター・ウォーズ」が公開。「SF映画元年」と呼ばれた年で、リアリティー主義の「恐怖の報酬」の苦戦はうなづける。

 メキシコの殺し屋、イスラエルの爆弾テロ犯、フランスの不正取引をした投資家、アメリカのマフィア。世界各地を舞台に、脈略もない短い4つのドラマが順番に描かれ、各地で訳ありになった4人が流れ着くのが南米・ボルヴェニール。4人は米石油資源会社が経営する製油所に紛れ込み、労働者として働いていた。

3.jpg

 監督は4人の素性と背景を、持ち味のリアルで切れ味鋭いド派手演出で描いていく。彼らは母国を離れて南米に逃げざる得なかった。高額な「報酬」と引き換えに、少しの衝撃で大爆発するニトログリセリンを運搬することに。過酷な運命を選択する過程が描かれる。

 ニトログリセリン運搬用のトラックを整備する工程を、セリフを使わず短いカットでつないでいく。ジェームズ・キャメロン監督の「エイリアン2」(86)など、後の監督たちに影響を与えたかっこいい手法だ。

 見どころなんといっても、密林の悪路を一瞬も気を抜かず、トラックを走らせる場面。雨と風が吹き荒れる悪天候の中、朽ち果てる寸前のつり橋をトラックが渡る。進路をふさぐ巨大な倒木。男たちは困難に立ち向かいながら走らせる。

 音楽はドイツのプログレッシブ・バンド、タンジェリン・ドリーム。シンセサイザーで作った無機質なスコアは、その後のジョン・カーペンター監督作品の音楽にも影響を与えたようだ。色のり濃厚な4Kレストアに加え、迫力の5.1chサラウンドで蘇った「恐怖の報酬 オリジナル完全版」。フリードキン監督の狂気が充満した名作だ。

(文・藤枝正稔) 

「恐怖の報酬」(1977年、米)

監督:ウィリアム・フリードキン
出演:ロイ・シャイダー、ブルーノ・クレメル、フランシスコ・ラバル、アミドウ、ラモン・ビエリ

2018年11月24日(土)、シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかで全国順次公開。

作品の詳細は公式サイトまで。

http://sorcerer2018.com/

作品写真:(C)MCMLXXVII by FILM PROPERTIES INTERNATIONAL N.V. All rights reserved.
posted by 映画の森 at 15:00 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

「ボヘミアン・ラプソディ」伝説のフレディ・マーキュリー、27年を経て再び

1.jpg

 ボーカルのフレディ・マーキュリーの死から27年。今なお曲が愛され続ける英国のバンド、クイーン。テレビのコマーシャル、ドラマ、スポーツ番組など曲が流れぬ日はないほどだ。

 中でも圧倒的な存在感を放っていたフレディは、美しく力強い歌声、独特なパフォーマンスで人々を魅了し続けた。映画「ボヘミアン・ラプソディ」は1991年11月24日、45歳の若さで世を去ったフレディの半生、バンドの歩んだ軌跡を描く。

 クイーンの代名詞ともいえる名曲「ボヘミアン・ラプソティ」。幻想的なコーラスから始まり、美しいピアノのメロディー、オペラ、ハードロックへと曲調が変化していく。一度聴いたら忘れられないインパクトを持ち、大ヒットを記録した。複数のパート、複数の音を重ね合わせ、当時のシングルレコード曲の常識を超える6分の長さ。どう作られ、世に出たのか。曲の誕生秘話、レコーディングの様子も再現されている。

2.jpg

 次々にヒット曲を生み、バンドとして成功を収めたクイーン。栄光を手にしたかに思えたが、フレディはメンバーと衝突するようになる。厳格な両親と疎遠になり、セクシャリティーの問題も抱え、婚約者と破局し、次第に孤立していく。

 バンドも解散をささやかれるようになるが、友人の助けもあり、フレディは失いかけた大切なものに気づき、メンバーのもとへ戻る。危機を乗り越え、四人での再出発を決意したクイーンは、20世紀最大のチャリティー音楽イベント、ライブ・エイドに出演。フレディは一方、メンバーに重大な秘密を打ち明ける。

3.jpg

 全編を通じてクイーンの楽曲に彩られ、パフォーマンスも見応え十分。圧巻はクライマックス、ウェンブリー・スタジアムでのライブ・エイドだ。巨大セットで当時のステージを再現、本物のフレディの歌声に合わせ、フレディを演じたラミ・マレックが魂のこもったステージを披露する。ラスト21分はライブ会場にいる錯覚に陥るほど。ライブに込められたメンバーの思い、秘められた真実の物語。心を揺さぶられずにいられない。

(文・岩渕弘美)

「ボヘミアン・ラプソディ」(2018年、米)

監督:ブライアン・シンガー
出演:ラミ・マレック、ルーシー・ボーイントンメアリー・オースティン
グウィリム・リーブライアン・メイ
ベン・ハーディロジャー・テイラー
ジョセフ・マッゼロ

2018年11月9日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/

作品写真:(C)2018 Twentieth Century Fox

posted by 映画の森 at 15:20 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする