2017年08月26日

「戦争のはらわた」鬼才サム・ペキンパー、戦場の狂気と反戦への思い

s1.jpg

 1943年春、第二次世界大戦下のロシア戦線。一時はスターリングラードまで侵攻したドイツ軍だったが、ソ連軍の反撃を前に劣勢を強いられていた。スターリングラードの戦いで負け、クリミアへ苦しい撤退を迫られる中、プラント大佐(ジェームズ・メイソン)率いるドイツ陸軍連隊を次々と困難が襲う。部隊はただ生き延びるために戦い続けていた──。

 西部劇「ワイルドバンチ」(69)、犯罪劇「ゲッタウェイ」(72)など、バイオレンス演出が得意で“血まみれサム”の異名を持つサム・ペキンパー監督。ジェームズ・コバーン主演で撮った唯一の戦争映画が「戦争のはらわた」だ。ペキンパーといえばスローモーション、独特の映像美が語り継がれる。「戦争のはらわた」も撃たれて血しぶきをあげて倒れ、爆撃に吹き飛ばされる兵士、爆撃で吹き飛ぶ建物を、スローモーションで映し出す。けれん味あふれる映像。物語にカタルシスはない。

s2.jpg

 戦争映画の形を取りつつ、裏に反戦への思いが見え隠れする。冒頭ではヒトラーとナチスの記録映像に、日本の動揺「ちょうちょう」の原型であるドイツ民謡「幼いハンス」を流す。好奇心旺盛なハンスは旅に出て、数年後に容姿が変わって帰ってくる。母だけが息子だと気付く。親子愛を歌った曲だ。旅を戦争にたとえているのだろう。

 大事なポイントは、ハンスのエピソードが示すように「人は見た目」ということだ。作品ではドイツ兵の多くを米国の俳優が演じ、セリフは英語。違和感はぬぐえない。しかし、話が進むとその理由も見えてくる。ドイツ軍の小隊長シュタイナー(ジェームズ・コバーン)は、戦争の狂気を目のあたりにし、精神を病んでいく──。

s.jpg

 作品は製作途中に資金が尽き、唐突なラストでしめくくられる。しかし、後半の展開に監督の強い意志を感じる。「敵軍の軍服」がキーワードだ。人は人を何で判断するか。国や軍服で相手を扱い、攻撃を繰り返すことに、監督は異論を唱えている。米国人俳優をドイツ兵にした初期段階から、戦争への皮肉を込めた気がしてならない。

(文・藤枝正稔)

「戦争のはらわた」(1977年、英・西独)

監督:サム・ペキンパー
出演:ジェームズ・コバーン、マクシミリアン・シェル、ジェームズ・メイソン、センタ・バーガー、デビッド・ワーナー

2017年8月26日(土)、新宿シネマカリテほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://cross-of-iron.com/

作品写真:(C)1977 Rapid Film GMBH - Terra Filmkunst Gmbh - STUDIOCANAL FILMS Ltd

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 12:45 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

「ベイビー・ドライバー」犯罪+カーアクション、新たな切り口で新風

b1.jpg

 「ショーン・オブ・ザ・デッド」(04)、「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメ!」(07)のエドガー・ライト監督が、カーアクション満載の犯罪映画「ベイビー・ドライバー」で英国からハリウッドに本格進出した。

 逃げる銀行強盗団を乗せ、雇われドライバーのベイビー(アンセル・エルゴート)が、ご機嫌な音楽に乗り、天才的な運転テクニックを披露する。ベイビーがハンドルを握る真っ赤な日本車「スバルWRX」が、パトカーと凄まじいカーチェイス。まんまと警察を巻いてアジトに向かう。

b2.jpg

 続いてミュージカルパートに突入。ベイビーの仕事は終わらない。強盗団にコーヒーをふるまうため、アジトから少し離れたコーヒー店へ徒歩で使い走り。ベイビーは音楽に合わせて軽快なステップで動き、カメラもその姿をワンショットで追い続ける。観客は幕開けからアクティブな描写に心をわしづかみされる。

 幼い時に交通事故で両親を失ったベイビーは、後遺症で耳鳴りが止まらなず、iPodの音楽で耳鳴りを封じ込める。彼に一目置くのが、大物犯罪者ドク(ケビン・スペイシー)だ。ベイビーはドクに大損させた借りを返すため、強盗団の逃走専門ドライバーをしている。借りもあと少し。ベイビーは最後の仕事をこなした後、真っ当な人生を歩もうと計画していた──。

b3.jpg

 米犯罪映画とカーアクションは相性がいい。「ブリット」(68)や「ワイルド・スピード」シリーズなど多くのヒット作が生まれ、一ジャンルとして定着している。新たな切り口を見せたのが「ベイビー・ドライバー」だ。犯罪とカーアクションに音楽をシンクロさせた。監督はシーンに使う楽曲を先に決め、曲に合わせて脚本を書いたという。

 音楽は主人公の内心も代弁する。他人の前で心を開かないベイビーは大好きな曲に気持ちを重ね、口パクで歌うマネをしながら踊る。表向きは犯罪映画だが、繊細な主人公が運命を切り開く青春映画の一面も持ち、恋愛パートが隠し味となっている。

 ベイビーは行きつけのダイナーで働くデボラ(リリー・ジェイムズ)へ淡い恋心を抱く。しかし、ドクにバレて利用されてしまい、新たな犯罪に手を染めるきっかけとなる。繊細なベイビーと、それを悪用する大人たち。

 ドクを演じたスペイシーが貫禄の演技。オスカー受賞俳優のジェイミー・フォックスら、アクの強い個性派が若い俳優を脇からサポートしたエキサイティングな犯罪映画だ。

(文・藤枝正稔)

「ベイビー・ドライバー」(2017年、米国)

監督:エドガー・ライト
出演:アンセル・エルゴート、リリー・ジェームズ、ケビン・スペイシー、ジェイミー・フォックス、ジョン・ハム

2017年8月19日(土)、新宿バルト9ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.babydriver.jp/
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 11:31 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

「ビニー 信じる男」事故から奇跡の復活 ボクサーの狂気、不屈の精神

b1.jpg

 交通事故から奇跡のカムバックを遂げた実在のボクサー、ビニー・パジェンサの半生を描いた「ビニー 信じる男」。ジャズ映画「セッション」(14)のマイルズ・ミラーが主演、トレーナー役に「ハドソン川の奇跡」(16)のアーロン・エッカート。監督、原案、脚本は「マネー・ゲーム」(00)のベン・ヤンガー、製作総指揮は巨匠マーティン・スコセッシが務める。

 ボクシングを題材にした映画には傑作が多い。シルベスター・スタローンをスターにした「ロッキー」シリーズ、スコセッシ監督の「レイジング・ブル」(80)、クリント・イーストウッド監督「ミリオンダラー・ベイビー」(04)など数々の名作がある。

b2.jpg

 米ロードアイランド州ブロビデンス。スター選手を金づるに、嘘と欲望が渦巻くボクシングの世界。うぬぼれ屋ビニー(マイルズ・ミラー)は、スーパーライト級チャンピオンに負けて引退を勧告される。これを機にビニーは奮起し、飲んだくれトレーナーのケビン(アーロン・エッカーと)から徹底した指導を受け、2階級上に挑戦。見事ジュニアミドル級チャンピオンの座を手に入れる。

 しかし、ビニーは友人が運転するスポーツカーの助手席に同乗中、正面衝突事故に遭い、首を折る大けがを負う。医師は「2度と歩けないかもしれない」と脊髄を固定する手術を勧め、ボクサーとして再起不能になると宣告する。ビニーは手術を決断するが、待っていたのは過酷な試練の日々だった──。

 主役のミラーは、音楽映画「セッション」でドラマー志望の学生役。鬼教師にしごかれ、狂気の世界に落ちる男を演じた。今回与えられた試練は、脊髄を器具で固定され、半年間積むトレーニングだ。家族に隠れ、痛々しい姿でトレーナーのケビンと体づくりに励む。

b3.jpg

 ボクシング映画として華麗に幕開けした作品は、中盤で主人公が奈落の底に突き落とされる。手術後の寝たきり状態、リハビリ生活、再び挑むチャンピオンへの道。ビニーは不自由な体で過酷な訓練に励む一方、女や賭け事にも興じる。不屈の精神、逆境の克服を演じると、ミラーは本領を発揮する。迫力ある試合シーンを含め、新たなボクシング映画の傑作が誕生した。

(文・藤枝正稔)

「ビニー 信じる男」(2016年、米国)

監督:ベン・ヤンガー
出演:マイルズ・テラー、アーロン・エッカート、ケイティ・セーガル、キアラン・ハインズ、テッド・レビン

2017年7月21日(土)、TOHOシネマズシャンテほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://vinny-movie.com/

作品写真:(C)BLEED FOR THIS, LLC 2016
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 09:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

「ラプチャー 破裂」嫌いなもの与え続ける責め苦 拉致監禁からSFへ展開 個性的ホラー

lp_main.jpg

 「ミレニアム」シリーズ、「プロメテウス」(12)のノオミ・ラパスが主演したSMホラー映画「ラプチャー 破裂」。「セクレタリー」(02)、「毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレート」(06)のスティーブン・シャインバーグが監督、原案、製作を担当した。

 シングルマザーのレネー(ノオミ・ラパス)は、12歳の息子と暮らしている。洗面所で大嫌いなクモに遭遇し、絶叫して慌てふためく。取り乱す母を横目に、息子は冷静にクモを外へ逃がす。どこにでもある日常風景だが、なぜか監視カメラが一部始終をとらえていた。

lp_sub1.jpg

 レネーはスカイダイビングをするため、友人との待ち合わせ場所へ車を走らせていた。レネーの車のタイヤがパンクしたところへ、見計らったようにバンが近づき、運転手の男が助け舟を出す。しかし、男は突然スタンガンでレネーを気絶させ、バンに押し込み走り出す。到着したのは紫色の照明に包まれた研究所のような建物だった──。

 女性を拉致監禁し、嫌いなものを与え続ける人体実験。悪趣味なSM監禁ホラーである。「コレクター」(65)、「羊たちの沈黙」(91)、「ソウ」(04)などの監禁映画で犯人は単独行動だったが、今回は複数の人間が犯罪にかかわっている。全米から人を拉致し、さまざまな責め苦を与え、何かを探っている。異様な集団の目的は何か。中盤から加わるSF的解釈が転機になる。

lp_sub2.jpg

 拉致監禁から始まった話は、地球侵略のストーリーへ変貌する。前半から中盤への緊張感から一転、意表をついた落としどころは賛否が分かれそうだ。レネーが連れて行かれる施設の壁紙がスタンリー・キューブリック監督「シャイニング」(80)のホテルのじゅうたんと同じ模様であるあたり、監督は自分の好きなものを詰め込んだ様子。さまざまな発見がある一方、突っ込みどころも満載だ。ホラー、SF好きは十分楽しめるだろう。

(文・藤枝正稔)

「ラプチャー 破裂」(2016年、米・カナダ)

監督:スティーブン・シャインバーグ
出演:ノオミ・ラパス、ピーター・ストーメア、レスリー・マンビル、ケリー・ビシェ、マイケル・チクリス

2016年6月3日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://gaga.ne.jp/rupture/

作品写真:(C)2016 Rupture CAL, Inc
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 12:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」すべてを失った男、絶望と再生の物語 ケイシー・アフレック好演

man_main.jpg

 主人公のリー・チャンドラー(ケイシー・アフレック)は、米国ボストン郊外で便利屋として働いている。水漏れ修理やペンキ塗りなど、何でも器用にこなし重宝がられているが、無愛想でけんかっ早く、トラブルもしょっちゅうだ。そんなリーが、かつて暮らしていた町、マンチェスター・バイ・ザ・シーに帰ってくる。兄のジョー(カイル・チャンドラー)が急死し、甥のパトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人に指名されたからだ。

 リーはこの町で生まれ育った。結婚して子供も3人いた。幸せな生活だった。ところが、ある事件をきっかけにすべてを失い、故郷の町を去って行く。それほど悲痛な事件とは何だったのか。答えを明かさないまま、物語は進んでいく。

man_sub1.jpg

 リーが町を去った当時は幼い少年だったパトリックも、いまは高校生。アイスホッケーとバンド活動に夢中な普通の若者だ。リーの脳裏にかつてパトリック、ジョーの父子と3人で海釣りをした思い出がよみがえる。

 父親代わりとして、パトリックの面倒を見るリー。付き合っている彼女のことなど、親身になってパトリックにアドバイスする。事件以来、他人を寄せ付けなかったリーの固い心がしだいにほぐれていく。だが、心に巣食うトラウマはそう簡単に消えるものではない。

 映画は現在と過去を交差させながら、傷ついたリーの内面に迫っていく。圧巻はついに事件の真相が明かされるシーンだ。悲劇的予感をはらんだ音楽が流れ、観客は徐々に恐るべき瞬間へといざなわれる。そして映し出される、あまりに残酷で非情な光景。耐え難い現実を前に、リーは呆然と立ち尽くし、人格は崩壊する。

man_sub2.jpg

 ここからいかにしてリーは再生を果たしていくのか。故郷を離れても癒えることのなかった傷が、帰ってきた町で甥と交流する中で、どれほど回復していくのか。決して楽観的なストーリーではない。予定調和のハッピーエンドとは無縁だ。だからと言って、全編が暗いトーンに覆われているわけでもない。ユーモアもふんだんに詰まっている。絶望のふちにも希望の光は差し込むのである。

 この映画が見る者の心をとらえるのは、単純に割り切ることのできない人生を、真正面から見つめ、ごまかしのないやり方で、ありのままに描き出しているからだろう。隅々まで血の通った脚本が秀逸。リーに扮したケイシー・アフレックの演技が出色である。アカデミー賞、ゴールデングローブ賞など、主要映画賞を席巻したのもうなずける。

(文・沢宮亘理)

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」(2016年、米国)

監督:ケネス・ロナーガン
出演:ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ、カーラ・ヘイワード

2017年5月13日(土)、シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.manchesterbythesea.jp/

作品写真:(c)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.
posted by 映画の森 at 09:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする