2019年06月14日

「パージ:エクスペリメント」シリーズ4作目「すべての犯罪が合法になる」スリラー

1.jpg

 経済が崩壊した米国。政権を握るNFFA(新しいアメリカ建国の父たち)は犯罪率を抑えるため、すべての犯罪を12時間合法化する「パージ法」の実験的導入を決定。ニューヨークのスタテン島の住民に報酬5000ドルを約束し、サバイバル競争をスタートさせる──。

 「パージ」(13)、「パージ:アナーキー」(14)、「パージ:大統領令」(16)に続くシリーズ4作目。製作総指揮、脚本はジェームズ・デモナコ。製作は「パラノーマル・アクティビティ」シリーズのジェイソン・ブラム、「トランスフォーマー」シリーズのマイケル・ベイ。監督は「ヘルウィーク」(17・未)のジェラード・マクマリー。

 「パージ法」に則って展開するスリラーは、過去3本で描き切ったと思われたが、今回は意表をついて時間軸をさかのぼる。法の制定前、実験段階を描く前日譚になっている。

2.jpg

 実験ではスタテン島を外部と遮断。島に残った住民には、映像が記録できるコンタクトレンズの装着と引き換えに、報酬5000ドルが約束される。腕には追跡装置が埋め込まれ、政府の監視下に置かれるのだ。
 
 残った住民は黒人やヒスパニック系の低所得者たち。12時間をやり過ごすため自宅に閉じこもる人。安全な教会に集まる人。一方で、ギャングの抗争に「パージ法」を利用する者も出現。島民たちのサバイバルが始まる。

3.jpg

 島という閉ざされた場所が舞台なのは、ジョン・カーペンター監督「ニューヨーク1997」(81)を思わせる。監獄となった近未来ニューヨークの島に大統領機が墜落。行方不明になった大統領を、元特殊部隊員の男が救出に向かう物語だ。今回脚本を書いたデモナコは、カーペンター監督「要塞警察」(76)のリメイク版「アサルト13 要塞警察」(05)の脚本も担当した。
カーペンター監督の影響は、次世代に受け継がれたようだ。

 犯罪が増え続ける国内のガス抜きを目的に、12時間だけ殺人と犯罪を政府が肯定する。暴力を通して世相を映したスリラーといえよう。

(文・藤枝正稔)

「パージ:エクスペリメント」(2018年、米)

監督:ジェラード・マクマリー
出演:イラン・ノエル、レックス・スコット・デイビス、ジョイバン・ウェイド、クリステン・ソリス、スティーブ・ハリス

2019年6月14日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://purge-exp.jp/

作品写真:(C)2018 Universal Pictures
posted by 映画の森 at 11:17 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

「ラ・ヨローナ 泣く女」ジェームズ・ワン製作、「死霊館」に通じる「最恐」ホラー

1.jpg

 1970年代の米ロサンゼルス。不可解な死を遂げた子の母親が、不吉な警告を発する。無視したソーシャルワーカーのアンナ(リンダ・カデリーニ)と子供たちは、ある女の“泣き声”を聞いてしまう。その日を境に数々の恐ろしい現象に襲われることになる──。

 製作は「死霊館」シリーズのジェームズ・ワン、監督は今回が長編デビューのマイケル・チャベス。「ラ・ヨローナ」は、スペイン語で「泣く女」を意味する。

 「死霊館」(13)で始まったワンのホラー映画は、同作に登場する人形を題材にした「アナベル 死霊館の人形」(14)など派生を続け、今回もその1本といえる。メキシコの怪談に登場する呪われた「泣く女」がモチーフだ。

2.jpg

 ヨローナの原点から話は始まる。村一番の美女がスペイン人と恋に落ち、子供二人を授かった。幸せは続かず、男は裕福なスペイン人女性のもとに去る。美女は嫉妬に狂い、夫最愛の子ども二人を溺死させる。美女は我に返り、後悔に苦しみ、泣きながら川へ身を投げる。

 時は移って現代。ヨローナの涙は枯れず、わが子を探してさまよっていた。ロサンゼルスのアンナは、虐待の疑いがある女性パトリシアの家で、クローゼットに閉じ込められていた兄弟を救う。パトリシアの行為は、ヨローナの呪いから逃れるためだった。事情を知らないアンナの救助で、最悪な事態が起きる。兄弟が川で水死体で見つかったのだ。アンナに怒り狂うパトリシア。やがてヨローナの呪いはアンナの子二人に向けられる。

3.jpg

 ジェームズ・ワンのヒット作「死霊館」シリーズと、底辺でつながっている。中盤にヨローナの呪いに苦しむアンナが教会に相談に行くと、「アナベル 死霊館の人形」に登場したペレス神父(トニー・アメンドーラ)が登場。アンナに悪魔ばらいにたけたラファエル神父(レイモンド・クルツ)を紹介する。

 ヨローナは狙った子供に執着する粘着系で、執念深さは日本ホラー・キャラ「貞子」を彷彿させる。泣き声とともにプール、バスタブなど水のある場所ならどこでも出現。家ごと破壊しかねぬパワーで家族に襲いかかる。最終的には悪魔ばらいに頼ることになり、神父はヨローナの一騎打ちに臨む。

 チャベスの語り口は、デビュー作らしからぬうまさ。ショック演出の間合いも良く、ホラー監督として期待できる逸材だ。ワンも手腕を買っているようで、20年公開の「死霊館」シリーズ3作目の監督に抜擢したという。「ラ・ヨローナ 泣く女」は、ワンが送り出す「最恐」ホラーだ。 

(文・藤枝正稔)

「ラ・ヨローナ 泣く女」(2019年、米国)

監督:マイケル・チャベス
出演:リンダ・カーデリニ、マデリーン・マックグロウ、ローマン・クリストウ、レイモンド・クルツ、パトリシア・ベラスケス

2019年5月10日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://wwws.warnerbros.co.jp/lloronamoviejp/

作品写真:(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
posted by 映画の森 at 15:22 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

「バイス」ブッシュ政権を陰で操った男、チェイニー副大統領の野望と横暴

1.jpg

 1960年代半ば。酒癖の悪い青年チェイニー(クリスチャン・ベール)が後の妻となる恋人リン(エイミー・アダムス)に尻を叩かれ、政界を目指す。型破りな下院議員ドナルド・ラムズフェルドのもとで政治の表裏を学んだチェイニーは、次第に権力の虜になっていく。ジョージ・W・ブッシュ政権の副大統領に就任し、入念な準備のもと“影の大統領”として振る舞い始める──。

 ブッシュ政権(2001〜09年)で“影の大統領”と呼ばれた副大統領ディック・チェイニーの実話を描いた「バイス」。「ダークナイト」(08)のクリスチャン・ベールが特殊メイクと体重20キロ増で演じた社会派作品だ。監督、脚本、製作は「マネー・ショート華麗なる大逆転」(15)のアダム・マッケイ、製作はブラッド・ピットら。「バイス」は、副大統領(バイス・プレジデント)と、「悪徳」や「邪悪」の意味を込めた。

 米国ではこれまでオリバー・ストーン監督の「ニクソン」(95)と「ブッシュ」(08)、スティーブン・スピルバーグ監督の「リンカーン」(12)など、大統領を描いた作品が多く作られているが、今回のように副大統領が主人公の作品は珍しい。しかも、俗物の黒歴史をシニカルに描いている。

2.jpg

 監督自ら「何も知らなかった」と語るように、影の男だったチェイニーを、なじみのない観客にも分かるよう作っている。記録映像を交えてチェイニーの物語が進む一方、一般人のカート(ジェシー・プレモンス)の別の人生が、並行して描かれる。スクリーンから「第4の壁」を越え、観客に向かって語り掛ける謎の存在だが、カートとチェイニーの人生が交差する意外な仕掛けが隠されている。

 チェイニーの歩み、政治家としての経歴、大統領の陰で権力を振りかざした行為の数々が描かれる。堅苦しさはなく、演出は軽妙で編集は巧みだ。キャストの成り切り演技が相乗効果を生み、再現ドラマの域を越えた娯楽作になっている。

 ベールにの特殊メイクは「ミセス・ダウト」(94)、「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(08)の巨匠グレッグ・キャノン。20代の青年期から70代の老年期まで、違和感なく仕上げた。ベールは米ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞したが、陰の功労者はキャノンの特殊メイクだろう。

3.jpg

 ブッシュ大統領役のサム・ロックウェル、ラムズフェルド国防長官役のスティーヴ・カレル、パウエル国務長官役のタイラー・ペリーら、実在の政治家を特殊メイクでそっくりに再現。副大統領の生き様に鋭く切り込み、皮肉たっぷりに描いた社会派の快作だ。

(文・藤枝正稔)

「バイス」(2018年、米)

監督:アダム・マッケイ
出演:クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、スティーブ・カレル、サム・ロックウェル、タイラー・ペリー

2019年4月5日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://longride.jp/vice/

作品写真:(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
posted by 映画の森 at 23:40 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

「ブラック・クランズマン」黒人刑事がKKKに潜入 スパイク・リー、差別主義者を痛快に糾弾

1.jpg

 1979年、米西部コロラド州コロラドスプリングス。町で初めて黒人の刑事、ロン・ストールワース(ジョン・デビッド・ワシントン)が誕生した。しかし、書類管理担当の記録室に配属され、差別的な刑事に嫌がらせを受け、退屈な任務にうんざりしたロンは、署長にダメ元で「潜入捜査官になりたい」と訴え、晴れて希望がかなえられる──。

 実在の元刑事ロン・ストールワースの回想録を、「マルコムX」(92)のスパイク・リーが脚本化し、監督した。「マルコムX」主演のデンゼル・ワシントンの息子、ジョン・デビッドが主役を務める。第71回カンヌ国際映画祭でグランプリ、第91回米アカデミー賞で脚色賞を受賞した。

2.jpg

 作品のコピーは「黒人刑事が白人至上主義団体『KKK(クー・クラックス・クラン)』に潜入捜査」だが、実際に潜入するのは、ロンの身代わりとなる白人刑事フィリップ(アダム・ドライバー)だ。黒人差別の歴史、KKKの内情や活動、時代背景をスリリングに描きつつ、最終的にはKKKを笑い飛ばそうとする。監督は今も根強く残る白人至上主義について、挑発しながら問題提起する。

 三角頭巾の白装束が象徴的なKKKは、アラン・パーカー監督の「ミシシッピー・バーニング」(88)などにも登場したが、内部を詳細に描いた映画は初めてではないか。トランプ大統領の誕生後、米国では17年、南部バージニア州で白人至上主義者と反対派が衝突。死者が出る事態になり、トランプ氏が「双方に責任がある」と発言して波紋を広げた。KKKは今もなお活動を続けており、米国の対立と分断は拡大している。

3.jpg

 時代背景、言葉のニュアンスなど、日本人に分かりづらい点はあるものの、黒人刑事がKKKに潜入する着眼点に引き付けられる。黒人と白人が手を組んで任務を遂行する姿は、米国の掲げる理想であり、作品の面白さにつながっていく。リー監督はKKKの手法を痛快に糾弾する。往年の勢いを失いつつあったリー監督が、再び輝きを取り戻した。現代社会の問題点を鋭く突く力作だ。

(文・藤枝正稔)

「ブラック・クランズマン」(2018年、米)

監督:スパイク・リー
出演:ジョン・デビッド・ワシントン、アダム・ドライバー、
ローラ・ハリアーパ、トファー・グレイス、ヤスペル・ペーコネン

2019年3月22日(金)、TOHO シネマズ シャンテほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://bkm-movie.jp/

作品写真:(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

posted by 映画の森 at 20:37 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

「ヘレディタリー 継承」恐怖に追い詰められ、壊れゆく家族 トラウマ系ホラーの秀作

1.jpg

 グラハム家の祖母・エレンが亡くなった。娘のアニー(ト二・コレット)は、母にに愛憎入り混じる感情を抱いていたが、粛々と葬儀を行う。遺品に入った箱には「私を憎まないで」とメモがあった。アニーと夫のスティーブン(ガブリエル・バーン)、高校生の息子・ピーター(アレックス・ウォルフ)、人付き合いが苦手な娘・チャーリー(ミリー・シャピロ)は喪失感を乗り越えようとするが、奇妙な出来事が頻発する──。

 長編デビューとなるアリ・アスターが監督、脚本を手掛けた本格的なホラー映画。「シックス・センス」(99)のトニ・コレット、「ユージュアル・サスペクツ」(95)のガブリエル・バーン、「ライ麦畑で出会ったら」(15)のアレックス・ウォルフらが出演している。

2.jpg

 亡くなったエレンは、グラハム家の家長だった。娘でミニチュア造形作家のアニー、アニーの夫で精神療法施設を経営するスティーブン、二人の子供で高校生の長男ピーター、特別支援クラスに籍を置く長女チャーリー。四人は喪失感の中にいたが、ある出来事でさらなる失意の底へおちる。

 得体の知れぬ緊張感、不気味な不安感が物語全体に漂う。あるきっかけで恐怖と不安感はピークに達し、物語はさまざまな伏線を張りながら、オカルト・スピリチュアルな方向へ舵を切る。

3.jpg

 恐怖は心霊現象として表れる。ふいに鳴る物音、部屋を這う不思議な光、誰かの話声、何者かの気配。追い詰められ、とりつかれたように心を乱すアニーと、恐怖に憔悴して壊れていくピーター。やがて伏線を回収するように原因が明らかになる。

 悪夢の日常を淡々と描きながら、静と動を使い分けて恐怖を積み上げ、中盤以降はオカルト思考が支配する。「ローズマリーの赤ちゃん」(68)、「エクソシスト」(73)、「ヘルハウス」(73)など、往年のオカルトホラーの要素を巧みに取り入れ、現代的な解釈を加えた。五感を刺激する大胆なショック演出が破綻することなく、物語が成立した希有な作品だ。

 アスター監督の演出は抑制が効いている。受け継いだものに憑りつかれ崩壊するコレットの狂気の演技が、観客を恐怖のどん底へ突き落す。これ見よがしで派手な脅かし系ホラーと一線を画し、精神的に追い詰められるトラウマ系ホラーの秀作だ。

(文・藤枝正稔)

「ヘレディタリー 継承」(2018年、米)

監督:アリ・アスター
出演:トニ・コレット、アレックス・ウルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド、ガブリエル・バーン

2018年11月30日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほかで全国公開。作品の詳細は公式さイオまで。

作品写真:(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC
posted by 映画の森 at 11:17 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする