2018年11月29日

「ヘレディタリー 継承」恐怖に追い詰められ、壊れゆく家族 トラウマ系ホラーの秀作

1.jpg

 グラハム家の祖母・エレンが亡くなった。娘のアニー(ト二・コレット)は、母にに愛憎入り混じる感情を抱いていたが、粛々と葬儀を行う。遺品に入った箱には「私を憎まないで」とメモがあった。アニーと夫のスティーブン(ガブリエル・バーン)、高校生の息子・ピーター(アレックス・ウォルフ)、人付き合いが苦手な娘・チャーリー(ミリー・シャピロ)は喪失感を乗り越えようとするが、奇妙な出来事が頻発する──。

 長編デビューとなるアリ・アスターが監督、脚本を手掛けた本格的なホラー映画。「シックス・センス」(99)のトニ・コレット、「ユージュアル・サスペクツ」(95)のガブリエル・バーン、「ライ麦畑で出会ったら」(15)のアレックス・ウォルフらが出演している。

2.jpg

 亡くなったエレンは、グラハム家の家長だった。娘でミニチュア造形作家のアニー、アニーの夫で精神療法施設を経営するスティーブン、二人の子供で高校生の長男ピーター、特別支援クラスに籍を置く長女チャーリー。四人は喪失感の中にいたが、ある出来事でさらなる失意の底へおちる。

 得体の知れぬ緊張感、不気味な不安感が物語全体に漂う。あるきっかけで恐怖と不安感はピークに達し、物語はさまざまな伏線を張りながら、オカルト・スピリチュアルな方向へ舵を切る。

3.jpg

 恐怖は心霊現象として表れる。ふいに鳴る物音、部屋を這う不思議な光、誰かの話声、何者かの気配。追い詰められ、とりつかれたように心を乱すアニーと、恐怖に憔悴して壊れていくピーター。やがて伏線を回収するように原因が明らかになる。

 悪夢の日常を淡々と描きながら、静と動を使い分けて恐怖を積み上げ、中盤以降はオカルト思考が支配する。「ローズマリーの赤ちゃん」(68)、「エクソシスト」(73)、「ヘルハウス」(73)など、往年のオカルトホラーの要素を巧みに取り入れ、現代的な解釈を加えた。五感を刺激する大胆なショック演出が破綻することなく、物語が成立した希有な作品だ。

 アスター監督の演出は抑制が効いている。受け継いだものに憑りつかれ崩壊するコレットの狂気の演技が、観客を恐怖のどん底へ突き落す。これ見よがしで派手な脅かし系ホラーと一線を画し、精神的に追い詰められるトラウマ系ホラーの秀作だ。

(文・藤枝正稔)

「ヘレディタリー 継承」(2018年、米)

監督:アリ・アスター
出演:トニ・コレット、アレックス・ウルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド、ガブリエル・バーン

2018年11月30日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほかで全国公開。作品の詳細は公式さイオまで。

作品写真:(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC
posted by 映画の森 at 11:17 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

「恐怖の報酬」ウィリアム・フリードキン監督、不遇の傑作を執念の修復 製作から40年を経て日本劇場公開

1.jpg


 南米奥地の油井で大火災が発生した。祖国を追われてきた犯罪者4人は、報酬1万ドルと引き換えに、消火用ニトログリセリンの運搬を引き受ける。2台のトラックに分乗し、道なき道を300キロ。密林の奥へと進んでいくが、待ち受ける彼らの運命は──。

 イヴ・モンタン主演、H=G・クルーゾー監督の仏映画「恐怖の報酬」(53)を、「フレンチ・コネクション」(71)、「エクソシスト」(73)のウィリアム・フリードキン監督が、1977年にリメイクした作品。同年の全米公開で興行的に失敗し、日本をはじめ米以外は、監督の了解なしに約30分カットされた短縮版が公開された。

 オリジナル版は数十年間、権利者不明となっていたが、フリードキン監督が執念で音声を5.1chリマスター、映像も4K修復。121分のオリジナル完全版として2013年、ベネチア国際映画祭で披露した。その後、作品は世界の映画祭を巡回し、いよいよ日本で劇場公開されることとなった。

2.jpg

 70年代に大ヒット作を連発したフリードキン監督が、乗り乗っていた時に興行的に失敗。不本意な評価を受けた不遇の作品だが、改めて完全版を見ると監督が「1コマも修正する気はない」と豪語するように、監督の名に恥じない名作である。しかし、オリジナル版は公開時期が悪かった。77年がスティーブン・スピルバーグ監督の「未知との遭遇」、ジョージ・ルーカス監督の「スター・ウォーズ」が公開。「SF映画元年」と呼ばれた年で、リアリティー主義の「恐怖の報酬」の苦戦はうなづける。

 メキシコの殺し屋、イスラエルの爆弾テロ犯、フランスの不正取引をした投資家、アメリカのマフィア。世界各地を舞台に、脈略もない短い4つのドラマが順番に描かれ、各地で訳ありになった4人が流れ着くのが南米・ボルヴェニール。4人は米石油資源会社が経営する製油所に紛れ込み、労働者として働いていた。

3.jpg

 監督は4人の素性と背景を、持ち味のリアルで切れ味鋭いド派手演出で描いていく。彼らは母国を離れて南米に逃げざる得なかった。高額な「報酬」と引き換えに、少しの衝撃で大爆発するニトログリセリンを運搬することに。過酷な運命を選択する過程が描かれる。

 ニトログリセリン運搬用のトラックを整備する工程を、セリフを使わず短いカットでつないでいく。ジェームズ・キャメロン監督の「エイリアン2」(86)など、後の監督たちに影響を与えたかっこいい手法だ。

 見どころなんといっても、密林の悪路を一瞬も気を抜かず、トラックを走らせる場面。雨と風が吹き荒れる悪天候の中、朽ち果てる寸前のつり橋をトラックが渡る。進路をふさぐ巨大な倒木。男たちは困難に立ち向かいながら走らせる。

 音楽はドイツのプログレッシブ・バンド、タンジェリン・ドリーム。シンセサイザーで作った無機質なスコアは、その後のジョン・カーペンター監督作品の音楽にも影響を与えたようだ。色のり濃厚な4Kレストアに加え、迫力の5.1chサラウンドで蘇った「恐怖の報酬 オリジナル完全版」。フリードキン監督の狂気が充満した名作だ。

(文・藤枝正稔) 

「恐怖の報酬」(1977年、米)

監督:ウィリアム・フリードキン
出演:ロイ・シャイダー、ブルーノ・クレメル、フランシスコ・ラバル、アミドウ、ラモン・ビエリ

2018年11月24日(土)、シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかで全国順次公開。

作品の詳細は公式サイトまで。

http://sorcerer2018.com/

作品写真:(C)MCMLXXVII by FILM PROPERTIES INTERNATIONAL N.V. All rights reserved.
posted by 映画の森 at 15:00 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

「ボヘミアン・ラプソディ」伝説のフレディ・マーキュリー、27年を経て再び

1.jpg

 ボーカルのフレディ・マーキュリーの死から27年。今なお曲が愛され続ける英国のバンド、クイーン。テレビのコマーシャル、ドラマ、スポーツ番組など曲が流れぬ日はないほどだ。

 中でも圧倒的な存在感を放っていたフレディは、美しく力強い歌声、独特なパフォーマンスで人々を魅了し続けた。映画「ボヘミアン・ラプソディ」は1991年11月24日、45歳の若さで世を去ったフレディの半生、バンドの歩んだ軌跡を描く。

 クイーンの代名詞ともいえる名曲「ボヘミアン・ラプソティ」。幻想的なコーラスから始まり、美しいピアノのメロディー、オペラ、ハードロックへと曲調が変化していく。一度聴いたら忘れられないインパクトを持ち、大ヒットを記録した。複数のパート、複数の音を重ね合わせ、当時のシングルレコード曲の常識を超える6分の長さ。どう作られ、世に出たのか。曲の誕生秘話、レコーディングの様子も再現されている。

2.jpg

 次々にヒット曲を生み、バンドとして成功を収めたクイーン。栄光を手にしたかに思えたが、フレディはメンバーと衝突するようになる。厳格な両親と疎遠になり、セクシャリティーの問題も抱え、婚約者と破局し、次第に孤立していく。

 バンドも解散をささやかれるようになるが、友人の助けもあり、フレディは失いかけた大切なものに気づき、メンバーのもとへ戻る。危機を乗り越え、四人での再出発を決意したクイーンは、20世紀最大のチャリティー音楽イベント、ライブ・エイドに出演。フレディは一方、メンバーに重大な秘密を打ち明ける。

3.jpg

 全編を通じてクイーンの楽曲に彩られ、パフォーマンスも見応え十分。圧巻はクライマックス、ウェンブリー・スタジアムでのライブ・エイドだ。巨大セットで当時のステージを再現、本物のフレディの歌声に合わせ、フレディを演じたラミ・マレックが魂のこもったステージを披露する。ラスト21分はライブ会場にいる錯覚に陥るほど。ライブに込められたメンバーの思い、秘められた真実の物語。心を揺さぶられずにいられない。

(文・岩渕弘美)

「ボヘミアン・ラプソディ」(2018年、米)

監督:ブライアン・シンガー
出演:ラミ・マレック、ルーシー・ボーイントンメアリー・オースティン
グウィリム・リーブライアン・メイ
ベン・ハーディロジャー・テイラー
ジョセフ・マッゼロ

2018年11月9日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/

作品写真:(C)2018 Twentieth Century Fox

posted by 映画の森 at 15:20 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

「デス・ウィッシュ」ブロンソン往年の名作「狼よさらば」、ウィリス主演でリメイク

4.jpg

 犯罪都市・米シカゴで、緊急患者を診る外科医ポール・カージー(ブルース・ウィリス)。ある日、何者かが家に侵入し、妻ルーシー(エリザベス・シュー)は殺され、娘は昏睡状態になってしまう。進まぬ捜査に怒ったポールは銃をとり、犯人抹殺のため危険な街へ繰り出す──。

 チャールズ・ブロンソン主演、マイケル・ウィナー監督「狼よさらば」(74)のリメイク作品だ。「狼よさらば」はブロンソンのライフワークで、続編4本が製作される人気シリーズとなった。“一人自警団”カージーは、マーチン・スコセッシ監督「タクシードライバー」(76)、ロバート・ギンティ主演「エクスタミネーター」(80)など後続作品に多大な影響を与えた。

2.jpg

 「デス・ウィッシュ」を監督したイーライ・ロスは、「食人族」(80)をモチーフにした「グリーン・インフェルノ」(13)、「メイク・アップ」(77)をリメイクした「ノック・ノック」(15)と、好きな映画のルーツをたどるように、影響を受けた作品をリメイクしてきた。今回も思い入れの強い1本だろう。

 オリジナルとリメイクはところどころ設定が異なる。建築家だったカージーは外科医に変更。男臭く武骨なイメージだったブロンソンは、「狼よさらば」で市民から自警団に変わる姿を繊細に演じ、俳優としての幅を大きく広げた。一方、「ダイ・ハード」のウィリスは一味違い、人間味あるカージー像を作り上げた。新しいキャラクターとして、カージーに頼り切りのダメな弟フランク(ビンセント・ドノフリオ)が登場。物語の絶妙なアクセントになっている。

3.jpg

 オリジナルを覆っていた悲壮感と重苦しさを取り払い、シリーズ3作目「スーパー・マグナム」(85)あたりの大らかな乗りを目指した印象。カージーの戦いは動画撮影され、SNSを通じて拡散。街のヒーローとして神格化されていくところに、現代らしさが色濃く出ている。

 「自分の身は自分で守る」開拓精神がカージーを突き動かし、拳銃を手に街のダニの一掃にとりかかる。犯罪都市に現れたヒーローは、無力な警察を揶揄するようにも感じられる。現代に再現された痛快復讐劇だ。

(文・藤枝正稔)

「デス・ウィッシュ」(2018年、米)

監督:イーライ・ロス
出演:ブルース・ウィリス、ビンセント・ドノフリオ、エリザベス・シュー、ディーン・ノリス、キンバリー・エリス

2018年10月19日(土)、TOHO シネマズ日比谷ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://deathwish.jp/

作品写真:(C)2018 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.
posted by 映画の森 at 14:23 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

「アンダー・ザ・シルバーレイク」奇抜な脚本、オフビートなノリ ロスを騒がす不条理サスペンス

1.jpg


 “大物”になる夢を抱き続け、気が付けば職もなく、家賃まで滞納しているサム(アンドリュー・ガーフィールド)。隣に住む美女サラ(ライリー・キーオ)に一目ぼれ。デートの約束を取り付けるが、翌日サラは忽然と消えてしまう。もぬけの殻になった部屋を訪ねたサムは、壁に書かれた奇妙な記号を見つけ、陰謀の匂いをかぎ取る。おりしも大富豪や映画プロデューサーの失踪や謎の死が続き、真夜中になると犬殺しが出没。街を操る裏組織の存在が噂されていた──。

 クエンティン・タランティーノが絶賛したホラー映画「イット・フォローズ」(14)のデビッド・ロバート・ミッチェルが、監督・脚本を担当した最新ネオノワール・サスペンスだ。

2.jpg

 ロサンゼルスの北西部に位置する町・シルバーレイク。カフェの窓ガラスいっぱいに「犬殺しに気をつけろ」と警告のような文言が書かれ、主人公のオタク青年サムが店内から見つめている。爽やかな日常が、非日常に変わる不安な幕開け。光り輝くロサンゼルスの表の顔とは、別の裏の顔があぶりだされる。

 一目ぼれしたサラの失踪を皮切りに、サムは次々奇妙な出来事に巻き込まれる。暗号解析、都市伝説、サブリミナル効果──オタク知識を生かしながら、ロスの大物たちの死や失踪、犬殺しなどに、大きな陰謀が渦巻いていると気付く。

3.jpg

 独自性あふれる奇抜な脚本に、オフビートなノリ。くせのある登場人物に知的好奇心をくすぐられる。不条理な悪夢のような物語は、偉大な過去の作品群の影響を受けている。ヒッチコックの「裏窓」(54)、スコセッシの「アフター・アワーズ」(85)、リンチの「ブルーベルベット」(86)。現代に合わせたポップカルチャーを随所に混ぜ込み、複雑怪奇にしたような作品だ。

 リッチ・ブリーランドの音楽は、ヒッチコック作品を多く手がけた映画音楽家バーナード・ハーマンのスコアを思わせる。クラシカルな弦楽を基調にした重厚なスコアで、悪夢のような不安感を醸し出す。

 「ハクソー・リッジ」(16)、「沈黙 サイレンス」(16)、「ブレス しあわせの呼吸」(17)など、出演作が目白押しのガーフィールドが、ひとくせあるオタク青年に。プレスリーの孫娘で「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(15)のキーオら、キャストの魅力も手伝い、ミッチェル監督の才能が開花した。目ざとい映画ファンは注目のサスペンスだ。

(文・藤枝正稔)

「アンダー・ザ・シルバーレイク」(2018年、米国)

監督:デビッド・ロバート・ミッチェル

出演:アンドリュー・ガーフィールド、ライリー・キーオ、トファー・グレイス、ゾーシャ・マメット、キャリー・ヘルナンデス

2018年10月13日(土)、新宿バルト9ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://gaga.ne.jp/underthesilverlake/

作品写真:(C)2017 Under the LL Sea, LLC

posted by 映画の森 at 15:41 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする