2017年03月22日

「サラエヴォの銃声」暗殺事件から100年 過去と現在が交錯する群像劇

sara_main.jpg

 1914年、サラエボを訪れたオーストリア=ハンガリー帝国の皇太子夫妻が、ボスニア系セルビア人青年に射殺された。第一次世界大戦の引き金となった事件。「サラエヴォの銃声」は、事件から100年の記念式典が開催される名門ホテルを舞台に、従業員、招待客、ジャーナリスト、警備員など、さまざまな人々の人生に焦点をあてながら、町の過去と現在を照らし出した作品だ。

 構成が凝っている。まず屋上では女性ジャーナリストが、事件をテーマにインタビュー番組を収録している。客室の一つでは、フランス人VIPが、式典演説のリハーサルに余念がない。エントランス付近では、女性従業員が式典に向けフル稼働中。地下では一部従業員がストライキを企て、支配人が阻止すべく動いている。個別のストーリーが同時進行していく。

sara_sub1.jpg

 屋上インタビューのテーマは、「暗殺者は英雄かテロリストか。皇太子は占領者か犠牲者か」。学識者らに続いてインタビューを受けるのは、暗殺者と同姓同名の男、ガヴリロ・プリンツィプだ。男はジャーナリストのヴェドラナに「(暗殺者は)セルビア人の英雄だ!」と叫び、口論となる。収録後も激論は続くが、やがて2人の間に男女の感情が芽生えていく。

 一方、屋上のはるか下では、ストをめぐる従業員と支配人側との攻防が展開している。女性従業員のラミヤは、支配人のオメルから信頼されていたが、リネン室で働く母親がストに参加することを知られ、解雇通告を受けてしまう。

 事態を好転させるため、ロビーから地下のリネン室、支配人室へと、ホテル内をせわしなく歩き回るラミヤ。暗い廊下の角を右に左に曲がりくねりながら移動する姿を真後ろから追うカメラが、ラミヤの緊張感と焦燥感を表現している。

sara_sub2.jpg

 ガヴリロとヴェドラナ、ラミヤと母親、支配人のオメル。それぞれの運命が、クライマックスに向かって収れんしていく。そして訪れる衝撃的な幕切れ。大戦後も内戦で傷つき苦しんできたボスニア・ヘルツェゴビナ。悲劇の歴史が浮かび上がると同時に、今日の世界に広がる不穏な空気が立ち昇る。「ノー・マンズ・ランド」(01)のダニス・タノヴィッチ監督が、卓越した作劇術を披露した傑作だ。

(文・沢宮亘理)

「サラエヴォの銃声」(2016年、仏=ボスニア・ヘルツェゴビナ)

監督:ダニス・タノヴィッチ
出演:ジャック・ウェバー、スネジャナ・ヴィドヴィッチ、イズディン・バイロヴィッチ、ヴェドラナ・セクサン、ムハメド・ハジョヴィッチ、ファケタ・サリフベゴヴィッチ−アヴダギッチ

2017年3月25日(土)、新宿シネマカリテほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.bitters.co.jp/tanovic/sarajevo.html

作品写真:(c)Margo Cinema, SCCA/pro.ba 2016
posted by 映画の森 at 08:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

「心に吹く風」 「冬ソナ」のユン・ソクホ監督、北海道舞台に初の劇場映画「日本で撮れてうれしい」

kokoro_main.jpg

 韓流ブームのきっかけを作ったドラマ「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督が、初の劇場映画「心に吹く風」で「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」を訪れた。北海道の富良野・美瑛の自然を背景に大人の男女の揺れる心を繊細に描き、「冬ソナ」の世界観にもつながる。ユン監督と主演の真田麻垂美に話を聞いた。

 映像アーティストのリョウスケ(眞島秀和)は仕事で訪れた北海道で、初恋の相手である春香(真田)に偶然再会する。すでに結婚していた春香だが、リョウスケの撮影に同行し一緒に時間を過ごすうち、二人は昔の思いをよみがえらせていく――。

 「心に吹く風」は「作家主義×俳優発掘」を掲げる松竹BCオリジナル映画プロジェクトの一環で作られた。ユン監督はオファーを受けた時、かつて旅行で訪れた富良野・美瑛の風景を思い浮かべたという。チャン・グンソク主演のドラマ「ラブレイン」も同地区で冬に撮影したもの。今回は春の風景の中、初恋の甘さと痛みを表現した。

心に吹く風ツーショット.jpg

 春香役に抜てきされた真田は、16歳で小栗康平監督の「眠る男」でデビューし、山崎まさよし主演の「月とキャベツ」などに出演。22歳まで活動を続けたあと渡米し結婚。今回16年ぶりのスクリーン復帰となった。久しぶりの撮影は「苦労と発見」があったと話す。撮影に入る前から春香のキャラクターを意識して生活していたが、現場での勘を取り戻すのには時間がかかったようだ。「春香の感情が進んでいくのに表現が追い付かないところがあった。監督が察して休憩を取らせてくれたり、歩み寄ってくれたりしたことで、次第に現場になじんでいった」(真田)。改めて映画愛を実感し、今後もさまざまな作品にチャレンジしていきたいという。

 「冬のソナタ」から15年。韓国では刺激的な展開のドラマが主流となり、ユン監督のように静かなトーンで心のひだを描くスタイルは敬遠される傾向にある。ユン監督は「不特定多数が見るテレビでは作家主義には限界がある。資本主義社会ではやむを得ない現象だが、残念だ。その点で、映画は自由にできたのが良かった」と振り返り「『冬ソナ』があったから日本で映画を撮ることができた。ファンの皆さんに報いることができればうれしい」と締めくくった。

 「冬のソナタ」の音楽監督も務めたイ・ジスの甘美な音楽にも注目だ。

(文・写真 芳賀恵)
 
「心に吹く風」(2017年、日本)

監督:ユン・ソクホ
出演:眞島秀和 真田麻垂美

2017年6月、新宿武蔵野館ほか全国順次順次公開。

写真:
1:「心に吹く風」
2:(右から)ユン・ソクホ監督、真田麻垂美   
posted by 映画の森 at 08:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

「残されし大地」原発事故に傷ついた町 あえてとどまり暮らす人々

daichi_main.jpg

 福島県双葉郡富岡町。福島第一原発の事故で大量の放射性物質が降り注ぎ、避難指示区域に指定された町である。ほとんどの住民は指示に従い、安全な場所に避難した。そんな中、あえて町にとどまり続けた人がいる。

 松村直登さん。一旦妹の住む実家に逃れたが、放射能汚染を気味悪がられた。避難所も満杯だった。仕方なく戻ってくると、見捨てられた犬や猫、ダチョウがいた。世話をしなければと思い、そのままとどまる決意をした。

 原発は絶対安全と言われ信じていた。だが、手ひどく裏切られ、怒りが燃え上がった。海外メディアの取材を受けるうちに、自らも積極的に反原発のメッセージを発信するようになった。スイスなど海外のイベントに招かれ、講演も行っている。

daichi_sub1.jpg

 「残されし大地」は松村さんの日常生活に焦点を当てたドキュメンタリーだ。松村さんと同様にこの地にとどまった老夫婦、避難指示解除後に帰還すべく自宅のリフォームや除染を行う熟年夫婦も紹介している。

 松村さんは復興について悲観的だ。「将来戻ってくるのは2割か3割、それも年寄りばかりだろう。復興なんてあり得ない。1回は死の町になって、そこからの復興だ」。それでも町を離れる気はさらさらない。避難先ではストレスで何百人もの人が死んでいる。たとえ汚染されていても生まれ育った故郷で、好き勝手に生きたほうがいいと思っている。

 外国からの来客が、松村さんの自宅の周囲で線量計の値を読み上げる。0.9ミリシーベルト、場所によっては1.8ミリシーベルト。「松村さんの被曝量は世界一だ」。死んだら献体するつもり。電力会社の社員にそう言ったら「貴重な資料になるでしょう」と答えたそうだ。まるで他人事である。

daishi_sub2.jpg

 チェルノブイリと並ぶ、史上最悪の原発事故。いまだ収束の道筋が見えない状況にあって、はたして復興の日などくるのか。

 ラスト、ゆっくりと移動するカメラが、人気のない町を映し出していく。ガソリンスタンド、書店、ドラッグストア、駐車場──。ナレーションも音楽もなく、ただ風景を見せただけの映像が、原発の恐ろしさと罪深さを鮮烈に訴えかける。

 ベルギーの地下鉄テロで非業の死を遂げたジル・ローランの初監督作にして遺作となった作品。ローラン監督の付けた原題は「見捨てられた大地」だったが、福島の人々への配慮から「残されし大地」としたそうだ。

(文・沢宮亘理)

「残されし大地」(2016年、ベルギー)

監督:ジル・ローラン
出演:松村直登

2017年3月11日(土)、シアター・イメージフォーラムほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.daichimovie.com/

作品写真: (c)CVB / WIP /TAKE FIVE - 2016 - Tous droits reserves
posted by 映画の森 at 07:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

斎藤工の長編監督デビュー作「blank13」、ゆうばり映画祭で観客賞

blank13舞台あいさつ2.jpg

 北海道夕張市で開かれた「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」で、俳優の斎藤工が“齊藤工”名義で監督した初の長編作品「blank13」がプレミア上映された。斎藤とキャストの村上淳が登壇するとあって、夕方からの上映にもかかわらず早朝から熱心なファンが行列を作り、約600席の会場はほぼ満員に。6日に発表された観客賞のファンタランド大賞も手にした。

 「blank13」は13年間行方をくらましていた父親と家族の再会と別れの物語。放送作家のはしもとこうじの経験をもとにしたストーリーで、リリー・フランキー演じる父と高橋一生演じる次男の関係が軸となっている。

blank13_main.JPG

 前半では父と家族の関係性が描かれる。ギャンブル好きの父のせいで極貧生活を強いられる母と二人の息子。家を出た父は13年ぶりに現れたとき病に冒され、死を目前にしていた。後半の父の葬儀のシーンでは、ギャンブラーやニューハーフなど一風変わった友人たちが次々に惜別の言葉を述べる。佐藤二朗や蛭子能収といった個性派俳優たちがアドリブをきかせた演技で家族の知らない人間味にあふれた男の姿を浮き彫りにし、13年の空白を埋めていく。

 斎藤は「あこがれの俳優の村上さんといっしょにゆうばりに帰って来れたことを映画の神様に感謝します」とあいさつ。村上は斎藤について「俳優も監督もどちらも男前。撮影現場でも潔い」と絶賛した。斎藤は、葬儀のシーンはキャストに自由に演じさせ、編集スタッフにも「脚本を無視していい」と伝えたという。かっちりした構成の前半と、予測不可能な展開となる後半の落差が観客をひきつける作品だ。

 斎藤は監督を務めながら長男役で出演もしている。当初キャスティングしていた俳優が撮影直前にキャンセルし、スタッフの勧めで出演を決めたという。

blank13舞台あいさつ1.jpg

 ゆうばり映画祭は斎藤がブレーク前から参加し、映画談義に花を咲かせていた場所。「blank13」も企画段階からゆうばりでの上映を目標にしていたという。斎藤は「映画を通じて人と人が交流できる祭りは他にない」とゆうばり愛を吐露し、集まったファンに感謝していた。

(文・写真 芳賀恵)

写真:
1と3:(右から)斎藤工、村上淳
2:「blank13」

posted by 映画の森 at 08:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

ゆうばり映画祭、グランプリは「トータスの旅」

トータスの旅.jpg

 北海道夕張市で開かれていた「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」は2017年3月5日、ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門のグランプリに永山正史監督の「トータスの旅」を選んで幕を閉じた。永山監督には次回作の支援金200万円が贈られる。

 オフシアター・コンペティション部門は内藤誠監督を委員長とする5人の審査員が7本のノミネート作品の中から受賞作を決定。審査員特別賞は韓国のイム・チョルミン監督の「ベートーベン・メドレー」、北海道知事賞は横山翔一監督の「はめられて Road to Love」が受賞した。グランプリの「トータスの旅」は、父と息子を中心とする家族、それにペットの亀が繰り広げるロードムービー。永山監督の実体験をもとにしているという。

M.BOY.jpg

 インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門は韓国のキム・ヒョジョン監督の「M-Boy」がグランプリに輝いた。

(文・芳賀恵)

■受賞作■
【ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門】
グランプリ 「トータスの旅」永山正史監督
審査員特別賞「ベートーベン・メドレー」イム・チョルミン監督
北海道知事賞「はめられてRoad to Love」横山翔一監督
スペシャルメンション「堕ちる」村山和也監督
シネガーアワード(批評家賞)「ストレンジデイズ」越坂康史監督
【インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門】
グランプリ 「M.Boy」キム・ヒョジョン監督
審査員特別賞「歯」パスカル・ティボウ監督
優秀芸術賞 「あたしだけを見て」見里朝希監督
      「Mizbrük」ダニエル・ドランロー監督
      「タコ船長とまちわびた宝」飯田千里監督

作品写真:
「トータスの旅」オフシアターコンペグランプリ
「M.Boy」短編コンペグランプリ
posted by 映画の森 at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする