2019年09月03日

「引っ越し大名!」星野源、6年ぶりの主演映画「ものすごく、ものすごくうれしい!」

081.JPG 191.JPG

 星野源6年ぶりの主演映画「引っ越し大名!」がこのほど公開され、東京・丸の内で高橋一生、高畑充希、及川光博、浜田岳、犬童一心監督と舞台あいさつした。

 土橋章宏の時代小説「引っ越し大名三千里」を「のぼうの城」の犬童監督が映画化。江戸時代、書庫にこもってばかりの引きこもり侍・片桐春之介(星野)が、国替え(引っ越し)の総責任者「引っ越し奉行」に任命され、国の存亡をかけて難題に挑む姿を描く。

003.JPG

 観客の歓声を受けて客席から登場した星野、高橋、高畑、及川、浜田。まず主演の星野が「ものすごく、ものすごくうれしい。久しぶりの主演作で、いろいろ(宣伝に)稼働させてもらって、初日を迎えられた。撮影が終わってから公開まで1年半くらいあいたので、すごく長く待って、待って、待って来た初日。皆さん本当にありがとうございます」と何度も喜びと感謝を口にした。

167.JPG

 春之介の幼なじみで武芸の達人・鷹村源右衛門を演じた高橋は、激しいアクションにも挑戦した。「過酷でしたが、とても楽しい映画になっているので、作品を見ると救われる。キャストの仲が良くて、炎天下でも楽しく過ごせた」と振り返った。

 乗馬に挑戦した於蘭役・高畑は「馬のテンションがあがるとスピードも速くなる。怖くて顔が固まってしまったのが、いい具合に意志強く走る感じになり、安心しました」と話した。

 藩主・松平直矩を演じた及川は「王子から殿に転職しました」と会場の笑いを誘う。「台本を見た時に面白い役だと思った。気を付けたのは、殿の風格と男色家としての素顔のギャップ」と語った。

366.JPG

 キャスティングについて犬童監督は「撮影中に印象に残っているのが(星野、高橋、浜田の)3人がいつも楽しそうに話していたこと。男同士何を話しているんだろうと思うくらい。とにかくいつも楽しそうに、3人でずーっとしゃべっている」と説明。配役は「適材適所。僕が子供の頃に見た時代劇の楽しさを再現できた」と自信をのぞかせた。監督が気になるほど仲の良い星野、高橋、浜田の3人は終始息の合ったトークを繰り広げ、会場は笑いの渦に包まれた。

307.JPG

 最後に星野が「脚本を読んでぜひ出たいと思った日から、すごく長い時間がたって、やっとこの日を迎えられた。現場で楽しく話した思い出、苦労を共にした思い出が、映像の中で素晴らしい作品として昇華している。沢山の人に何度でも観てもらいたい。子供からおじいちゃん、おばあちゃんまで、どんな人でも楽しめる。現代の日本で観て楽しい活劇となっているので、ぜひ何度でも観に来てください」と締めくくった。

 さらに今日の会場の様子を自ら持ち込んだカメラで撮影するなど、何度も感謝と喜びを口にした星野。作品にかける思いが伝わる初日となった。

(文・写真 岩渕弘美)

「引っ越し大名!」(2019年、日本)

監督:犬童一心
出演:星野源、高橋一生、高畑充希、及川光博、浜田岳

2019年8月30日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://hikkoshi-movie.jp/

作品写真:(c)2019「引っ越し大名!」製作委員会

posted by 映画の森 at 14:58 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

「アイネクライネナハトムジーク」完成披露 三浦春馬&多部未華子、4年ごとの共演「温かい気持ちで帰ってもらえる映画」

061.JPG 191.JPG

 人気作家・伊坂幸太郎の同名小説が原作の恋愛群像映画「アイネクライネナハトムジーク」の完成披露上映会がこのほど、東京・六本木で開催され、主演の三浦春馬、多部未華子、貫地谷しほり、原田泰造、今泉力哉監督らが参加した。

 三浦演じる会社員と多部演じる恋人の10年越しの恋を中心に、二人を取り巻く人々のめぐり合いの連鎖を描く物語。

 舞台挨拶では三浦に続き、多部、今泉監督らが大歓声に迎えられて登場。三浦が「秋にしっかり温かい気持ちで帰ってもらえる作品。日本中の皆様に見てほしい」とあいさつ。原田は「サウナに入って、水風呂に入って、外気浴で整うような素敵な映画」と笑顔で語った。

100.JPG

 三浦と多部は今回が3度目の恋人役。三浦は「多部さんに(4年ごとに訪れる)『オリンピックのような関係だよね』と言われた。20歳の時もここで一緒に舞台あいさつした。その頃よりゆとりをもって、緊張せず映画の話ができる。成長できたのかな」と感慨深げだった。

 一方、多部は「安心感があり、撮影中に今まで共演してきたことは無駄ではなかったと思える瞬間がいっぱいあり、うれしかった。また4年後にご一緒できたら」と話した。さらに三浦は「20歳の時、24歳の時の自分を知っている。主軸として立たせてもらう機会に、どう多部さんという女優にいい芝居と雰囲気を届けられるか。いい緊張感があり、貴重な経験だった」と振り返った。

220.JPG

 最後に三浦が「奇跡や運命は、誰かが誰かを思いやり、その行動からつながっていくのでは。そういうエッセンスがたくさん詰まった映画。日常生活を今以上に誇りに思ってもらえます。楽しんで下さい」と締めくくった。

(文・写真 岩渕弘美)

640.jpg

「アイネクライネナハトムジーク」(2019年、日本)

監督:今泉力哉
出演:三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬、森絵梨佳

2019年9月20日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://gaga.ne.jp/EinekleineNachtmusik/

作品写真:(c)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
posted by 映画の森 at 09:53 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

「アンダー・ユア・ベッド」忍び込みのぞき見る 男のゆがんだ盲目の愛

1.jpg

 雨の日のエレベーターに、香水の匂いが残る。三井(高良健吾)は11年前、一度だけ名前を呼んでくれた佐々木千尋(西川可奈子)を思い出した。人生で唯一幸せだったあの感覚に触れたくなり、千尋を探すことにする──。

 「殺人鬼を飼う女」の大石圭の同名小説を映画化。監督、脚本は「呪怨 黒い少女」(09)、「バイロケーション」(14)の安里麻里。都市伝説に「一人暮らしの女性の家のベッドの下に、見知らぬ男が潜む」があるが、それを地で行く屈折した愛情だ。

2.jpg

 大学時代に一度だけ「三井くん」と呼んでくれた佐々木に淡い恋心を抱き、喫茶店で飲んだマンデリンコーヒー。飼っていたグッピーを譲る約束。甘い記憶をたぐり、探偵に住所を探させ、近所に引っ越した三井は、1階で観賞魚店を開き、2階を自宅に暮らし始める。

 店に千尋が乳母車に娘を乗せて来た。昔の輝きは失われ、やつれた様子で、三井にも気付かない。三井も名乗らず「開店祝いにグッピーと飼育キットをあげるから、餌を定期購入してほしい」と頼む。応じた千尋の家にグッピーと飼育キットを設置し、すきを見て合い鍵を盗み、外出中に侵入。ベッドに盗聴器を仕掛け、望遠レンズで見えたのは、夫・浜崎(安部賢一)の激しい暴力に耐える千尋だった。

3.jpg

 「石の下に隠れる虫と同じ」と自虐的に言うように、三井はこっそり家に入り込み、ベッドの下に隠れ、千尋のぬくもりを感じて悦に入る。愛はゆがみ、狂っている。そこへ暴力に苦しむ千尋の現実が交錯。三井に真の記憶がよみがえる。

 体を張って演じた西川、妄想の愛を体現した高良。「ガチ★星」(18)の崖っぷち男から一転、凄惨なDV夫を演じた安部。限界ぎりぎりの演技を引き出した安里監督は、盲目の愛をスリリングに描き、暴力描写もいとわない。屈折した愛が暴走する。

(文・藤枝正稔)

「アンダー・ユア・ベッド」(2019年、日本)

監督:安里麻里
出演:高良健吾、西川可奈子、安部賢一、三河悠冴、三宅亮輔

2019年7月19日(金)、テアトル新宿ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://underyourbed.jp/

作品写真:(C)2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会

posted by 映画の森 at 21:00 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」坂口健太郎&吉田鋼太郎、父子の絆を絶妙な呼吸で

二人.jpg

 インターネットのオンラインゲームを通した父と息子の絆を描いた「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」が公開中だ。東京都内でこのほど開かれた関連イベントに主演の坂口健太郎、吉田鋼太郎が参加し、撮影を振り返った。

 互いに距離ができてしまった父親と息子が、素顔を隠して人気ゲーム「ファイナルファンタジー」でつながり、ともに戦いながら絆を取り戻していく物語。実話をもとにした人気ブログの映画化だ。

坂口.jpg 吉田.jpg


 父親を演じた吉田は「セリフの少ない寡黙なお父さん。難しい役だったが、健太郎が受け止めてくれて、いい作品ができた」と感謝。息子役の坂口は「鋼太郎さんとせりふのやり取りが少なく、せりふに頼れなかった。目があった瞬間の微妙な距離感とか、瞬間、瞬間の反応を大事にしようと思った。鋼太郎さんが父親でいてくれて(役を)構築できた」と振り返った。

二人2.jpg

 吉田は実生活でも20代の息子の父親。「一緒にゲームを買いに行ったりした小さな時代があって、大きくなって、いつの間にか話をしなくなった。その過程が胸にぐっときた。共感できるところが多かった」と話した。

 吉田について坂口は「紳士でダンディーな印象があった。(実際には)すごくチャーミングで驚いた。一緒に芝居して、好きになっちゃう。すごいと思う」。吉田は坂口を「優しく、穏やかな好青年。芝居の集中力はすごい。せりふのやり取りがあまりない中、一言に思いを込めて返してくれる。きっちりできる俳優」と絶賛した。

(文・写真 岩渕弘美)

メイン.jpg

「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」(2019年、日本)

監督:野口照夫(実写パート)、山本清史(ゲームパート)
出演:坂口健太郎、吉田鋼太郎、佐久間由衣、山本舞香、前原滉

2019年6月21日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://gaga.ne.jp/hikarinootosan/

作品写真:(c)2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会 マイディー/スクウェア・フェニックス
posted by 映画の森 at 15:22 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

「女の機嫌の直し方」男女脳の違い研究、トラブル解決 結婚式コメディー

1.jpg

 大学で人工知能(AI)を研究する真島愛(早見あかり)は、「男女脳の違いによる女の機嫌の直し方」をテーマに卒業論文を執筆している。データを集めるため、結婚式場でアルバイトをスタート。上司のウェディングプランナー・青柳誠司(平岡祐太)とある結婚式を担当し、控室に顔を出すと、新郎・北澤茉莉(松井玲奈)と新郎・悠(佐伯大地)の間にトラブルの予感──。

 黒川伊保子の同名ベストセラーが原案のコメディー作品。全3回のテレビドラマを、劇場映画版として再編集した。監督は日本テレビでバラエティー番組を中心に担当する有田駿介。

2.jpg

 結婚式場を舞台に、式直前にトラブルを抱えた新郎新婦。火種は招待客、新郎の母らに飛び火し、最悪な状態に陥るが、「男女脳の違い」を最新AIで研究した愛が次々と問題を解決していく。

 時間を上手に前後させ、ほぼ全編式場内だけで話を進める構成が秀逸だ。結婚式が進む様子をメーンに、トラブルの原因が回想として織り込まれる。トラブルのエピソードはそれぞれよく練られている。

3.jpg

 披露宴の直前に汚れてしまったウェディングドレス。新郎の同僚・小早川梓(水沢エレナ)の突然の余興拒否。めでたい席で熟年離婚の危機に陥る新婦の叔父(金田昭雄)と叔母(原日出子)。優柔不断な新郎・悠のせいで起きる新婦・茉莉と新郎の母・晴美(朝加真由美)の女性同士のバトル。さまざまなパターンで男女脳の違いを示す。

 バラエティー番組で培われた有田監督の演出は、ツボを押さえて小気味良く、笑いと涙のバランスもいい。アイドルグループ「ももクロ」の早見あかり、「SKE48」の松井玲奈が、女優としてめざましい成長を見せる。朝加真由美、原日出子、金田明夫らベテランがドラマをうまく引き締めている。

(文・藤枝正稔)

「女の機嫌の直し方」(2019年、日本)

監督:有田駿介
出演:早見あかり、平岡祐太、松井玲奈、佐伯大地、水沢エレナ

2019年6月15日(土)、ユナイテッドシネマアクアシティ台場ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://kigen-movie.official-movie.com/

posted by 映画の森 at 10:36 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする