2017年01月16日

ゆうばり映画祭がラインアップ発表 復活10年目、招待作品に「ひるね姫」「哭声」

ゆうばり会見.jpg

 2017年3月2日から6日に北海道夕張市で開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」は1月16日に札幌市内で記者会見を開き、ラインアップを発表した。招待作品部門は8作品で、オープニングは神山健治監督のアニメーション「ひるね姫 知らないワタシの物語」、クロージングは出演した國村隼の演技が韓国で評判となったナ・ホンジン監督の新作「哭声 コクソン」。新人監督を発掘し支援するファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門には国内外の7作品がノミネートされた。期間中に計86本の映画を上映する。

 映画祭が市の財政難で一時休止し、民間の手で2008年に復活してから今年で10回目となる。今回から実行委員長を務める作家の小檜山博氏は「映画は一回しか生きられないはずの人生を何度でも生き直すことができる素晴らしいもの。北海道は東京に次いでロケが多い地域だが、ゆうばり映画祭が北海道の文化の核になるよう発展していってほしい」とあいさつした。

ひるね姫.jpg コクソン.jpg

 招待作品部門には、俳優の斎藤工の初長編監督作品「blank13」や、韓国ドラマ「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督が北海道を舞台に日本のキャストで撮った自身初の劇場映画「心に吹く風」、劇団EXILEの青柳翔が主演する時代劇「たたら侍」など、注目作が集まる。

 オフシアター・コンペティション部門には国内396本、海外136本の合計532本の応募があり、このうち7本がノミネートされた。内藤誠監督を審査委員長とする5人の審査員が受賞作を選ぶ。 

ゆうばりキー.jpg

 昨年スタートした18歳未満お断りのセクション「フォービデンゾーン」は、ゆうばりでしか体験できない強烈な世界が展開される。國村準のトークやゆうばり映画祭の歴史と未来を語り合うシンポジウムなど、さまざまなイベントも予定されている。

(文・写真 芳賀恵)

<招待作品>
【オープニング】「ひるね姫 知らないワタシの物語」神山健治監督
【クロージング】「哭声 コクソン」ナ・ホンジン監督
「ライオン」(原題)ガース・デイビス監督
「blank13」斎藤工監督
「KOKORO」(英題)ヴァンニャ・ダルカンタラ監督
「たたら侍」錦織良成監督
「心に吹く風」ユン・ソクホ監督
「ジャッキー ファーストレディ 最後の使命」パブロ・ラライン監督

写真:
映画祭実行委員会とご当地キャラ「メロン熊」=札幌市で

作品写真:
【オープニング】
「ひるね姫 知らないワタシの物語」(c)2017ひるね姫製作委員会
2017年3月18日(土)、丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほかで全国公開
【クロージング】
「哭声 コクソン」(c)2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION

キービジュアル:
「大怪獣 雪山の大熱戦!」寒河江弘×飯塚貴士
posted by 映画の森 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

「永い言い訳」オダギリジョー×西川美和監督トーク「信頼を寄せている俳優」「嘘くさいですね」

永い1.JPG

 全国公開中の「永い言い訳」の西川美和監督、監督の「ゆれる」(06)に主演したオダギリジョーがこのほど、東京都内でトークショーに参加した。

 「永い言い訳」について。西川監督は「4年かけてじっくり撮った。自信がある内容。公開されてから感想が広まって、上映館も増えて嬉しい」と喜びをにじませた。「信頼を寄せている俳優」と紹介されたオダギリは「嘘くさいですね」と苦笑い。「『永い言い訳』は2回みた。すごい。傑作だと思う」とべたぼめ。西川監督も「嘘くさいですね。今の流れだと」と返し、観客の笑いを誘った。

永い2.JPG

 「永い言い訳」の気になるシーンに、本木雅弘のせりふ「そうでしょう」を挙げたオダギリ。「口ぐせかアドリブと思った。あの『そうでしょう』は本木さんにしか言えない」と絶賛。西川監督は「全部せりふです」と明かした。本木の大ファンというオダギリは「ファッションなど影響を受けている。本木さんのきちんとした部分は受け継がず、突飛なところだけを受け継いでしまった」と話した。

 また、本木の演じた幸夫について、オダギリは「俳優なら誰もがやりたい。俳優にとって何もかもが痛い。自分の中の一部を見せつけられている感じ。特に本木さんは内面にそういうものを色濃く求めているから、余計に役とリンクしてしまう」と分析。西川監督も「本木さんは最近、立派な人物を演じることが多いイメージがあった。人間の屈託みたいなものを出せる役なら、違う魅力が出せるのではないかな、と思った」と話した。また「本木さんはこの役は自分が演じて良かったのか、と撮影中もずっと問い続けていた」と明かした。

nagai_main.jpg

 「ゆれる」公開から10年を迎えた今回のイベント。作品を久しぶりに見たというオダギリは「20代最後の作品だったので、むちゃむちゃ気合いを入れて臨んだ。色々なことをやって、自分なりに答えを出せたつもりでいたけど、今見ると(自分の芝居は)まあ、その程度かなと。撮り直したい」と発言。共演した香川照之について「今の自分が当時の香川さんと同じ年。やっぱりすごい」と話していた。

(文・写真 岩渕弘美)

「永い言い訳」(2016年、日本)

監督:西川美和
出演:本木雅弘、竹原ピストル、藤田健心、白鳥玉季、堀内敬子

2016年10月14日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://nagai-iiwake.com/

作品写真:(c)2016「永い言い訳」制作委員会

タグ:イベント
posted by 映画の森 at 10:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

「RANMARU 神の舌を持つ男」初日舞台あいさつ 向井理「何度でも楽しめる作品」

RANMARU舞台あいさつ.jpg

 特殊能力“絶対舌感”を持つ男蘭丸(向井理)が数々の難事件を解決していく「RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編」が公開中だ。初日の2016年12月3日に堤幸彦監督、向井理、佐藤二郎、木村文乃、木村多江、財前直見、黒谷友香、永瀬匡らが東京都内で舞台あいさつした。

 主演の向井は開口一番「皆さん理解できましたか。僕もよく理解していないので、あと2、3回は観ないと」と話して観客の笑いを誘った。佐藤も「(撮影が)3月から始まって9カ月。本当に公開されるのか。今も壮大などっきりなんじゃないか、と思っている」と冗談まじりに話した。

向井理.jpg

 向井は撮影を「朝の6時から、ふんどし一丁で自転車に乗って走った。金輪際ないと思う。大変でした」と振り返った。堤監督の演出には女優たちも苦労した様子。「堤組」初参加の財前は「無茶ぶりする人だと思ってはいたが、さらに輪をかけた感じ」と戸惑い気味。そんな財前に共演者は「アドリブを言う人、セリフを足した人は初めて」と賞賛していた。

 ドラマ、映画、宣伝活動と半年以上も時間をともにしてきた仲間らしく、監督と出演者の掛け合い漫才のような楽しいやりとりが続く。最後に向井が「ギャグ満載な作品ですが、社会的なメッセージも込められている。ギャグやパロディーで隠しつつ、両方を見せている。何度でも楽しめる作品」とコメント。堤監督も「年の瀬で大変なこともいろいろあると思いますが、この映画でニンマリして頂ければ」と締めくくった。

(文・写真 岩渕弘美)

ranmaru_main.jpg

「RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに2サスマニアwithミヤケンとゴッドタン、ベロンチョアドベンチャー!略して…蘭丸は二度死ぬ。鬼灯デスロード編」(2016年、日本)

監督:堤幸彦、
出演:向井理、木村文乃、佐藤二朗、木村多江、市原隼人

2016年12月3日(土)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://ranmaru-movie.jp/

作品写真:(C)2016 RANMARUとゆかいな仲間たち

posted by 映画の森 at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

「胸騒ぎのシチリア」スウィントン×ファインズ、往年のドロン主演名作リメイク

muna_sub2.jpg

 世界的に人気のロック歌手マリアン(ティルダ・スウィントン)は、痛めた声帯と心を癒やすため、年下の恋人ポール(マティス・スーナールツ)とイタリア・シチリアの島で優雅な時間を過ごしていた。そこへ元恋人で音楽プロデューサーのハリー(レイフ・ファインズ)が娘のペン(ダコタ・ジョンソン)を連れて押しかけてくる──。

 シチリアのパンテッレリーア島を舞台に、男女4人の入り組んだ欲望と愛憎を描いた「胸騒ぎのシチリア」。ジャック・ドレー監督、アラン・ドロン主演のフランス映画「太陽が知っている」(69)のリメイクだ。「ミラノ、愛に生きる」(09)のルカ・グァダニーノ監督が同作に続き、主演のスウィントンとタッグを組んだ。

muna_sub1.jpg

 マリアンの新旧恋人とその娘が、陽光降り注ぐ美しい島で一緒に過ごす。祭りのせいで泊まる場所がないハリー親子を、マリアンは友人に借りたプール付き別荘に泊めることに。実はマリアンにポールを紹介したのはハリー。寡黙なポールと対照的に、ハリーは陽気で社交的だ。マリアンの心は二人の間で再び揺れる。一方、ポールは美しいペンに心ひかれていく。ハリーはマリアンとの復縁を願っている。複雑に入り組む4人の嫉妬、欲望はやがて思わぬ事件を巻き起こす。

 声帯手術で話せない設定のスウィントンに対し、ハリーを演じたファインズが弾ける。寡黙でストイックな役が多いファインズだが、今回は陽気で厚かましいひげ面おやじ。過去に英人気バンド「ローリングストーンズ」をプロデュースしたというハリー。ストーンズの曲を熱唱し、全裸でプールを泳ぎ、立ち小便までする始末。無神経なハリーにポールは嫉妬する。

muna_main.jpg

 そんな陽気な舞台と裏腹に、後半は予期せぬ事件が発生。疑心暗鬼とシリアスな心理描写、サスペンスタッチで観客を惑わせる。ドロン主演のオリジナルは落ち着いた大人のトーンだったが、今回は変幻自在のファインズがけん引。主人公がロック歌手であることや、ストーンズの曲を使うことで現代的な味付けになった。エネルギッシュで緩急際立つ作品だ。

(文・藤枝正稔)

「胸騒ぎのシチリア」(2015年、イタリア・フランス)

監督:ルカ・グァダニーノ
出演:ティルダ・スウィントン、ダコタ・ジョンソン、レイフ・ファインズ、マティアス・スーナールツ

2016年11月19日(土)、新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://sicily-movie.com/

作品写真:(C)2015 FRENESY FILM COMPANY. ALL RIGHTS RESERVED

posted by 映画の森 at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

「湯を沸かすほどの熱い愛」オダギリジョーと宮沢りえ主演 中野量太監督、緩急自在の演出

wakasu_main.jpg

「死に行く母と残された家族が紡ぎ出す愛」。普遍的なテーマを真正面から描いた「湯を沸かすほど熱い愛」は、自主製作映画「チチを撮りに」(13)の中野量太監督の商業映画デビュー作だ。

 銭湯「幸の湯」を営む幸野家の日常で映画は幕を開ける。父の一浩(オダギリジョー)が1年前にふらっと家を出ていったため銭湯は休業中だ。今は母の双葉(宮沢りえ)と娘・安澄(杉咲花)が二人暮らし。朝の風景を通して仲むつまじさが見えてくる。ところが双葉がパート先で倒れ、医師に余命2カ月と宣告される。双葉は「絶対にやっておくべきこと」を決めて実行していく──。

 冒頭で陰湿ないじめをうける安澄が描かれる。いじめる少女の残酷性、いじめられる安澄の気持ちを掘り下げる。心が折れそうな安澄を、双葉は一歩も引かずに励まし、背中を押し続ける。母娘の絆の強さ。脚本も手がけた監督の語り口も絶妙だ。毎年送られてくるカニ、安澄の手話、エジプト旅行。一見唐突な単語や小道具が伏線になり、すべて回収される。巧みな構成だ。

wakasu_sub1.jpg

 表向きは家族の絆と愛を描くが、実はその現実は非常に屈折している。登場人物のほとんどが親と別れている。高校生の時に両親と死別した一浩、母親に捨てられた小学生の鮎子。ヒッチハイカーの拓海(松坂桃李)も母を知らない。探偵の滝本(駿河太郎)の娘も母を亡くしている。双葉がいる幸野家はまるで寄り合い所帯の疑似家族。居場所を失った人々が居場所を見つける物語にもなっている。

 いじめや余命などネガティブに陥りやすい要素を、ポジティブに飛躍させた演出に大器の予感がする。女優たちの演技も素晴らしい。宮沢は母性と意志の強さを持った女性を好演し、病床の表情に女優魂を感じた。杉咲花は「トイレのピエタ」(15)の生命力あふれる女子高生から一転。いじめられながらも運命を受け入れる姿を健気に演じた。
 
 商業デビュー作で宮沢、オダギリジョーら人気俳優を起用した中野監督。気負いなく自身の作家性を提示した。家族愛という普遍的なテーマを扱いながら、直球や変化球を緩急自在に使い分ける。酸いも甘いもかみ分けたベテランが撮ったように、深い洞察力に驚かされた。

(文・藤枝正稔)

「湯を沸かすほどの熱い愛」(2016年、日本)

監督:中野量太
出演:宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー、松坂桃李、伊東蒼

2016年10月29日(土)、新宿バルト9ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://atsui-ai.com/

作品写真:(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 08:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする