2017年03月08日

斎藤工の長編監督デビュー作「blank13」、ゆうばり映画祭で観客賞

blank13舞台あいさつ2.jpg

 北海道夕張市で開かれた「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」で、俳優の斎藤工が“齊藤工”名義で監督した初の長編作品「blank13」がプレミア上映された。斎藤とキャストの村上淳が登壇するとあって、夕方からの上映にもかかわらず早朝から熱心なファンが行列を作り、約600席の会場はほぼ満員に。6日に発表された観客賞のファンタランド大賞も手にした。

 「blank13」は13年間行方をくらましていた父親と家族の再会と別れの物語。放送作家のはしもとこうじの経験をもとにしたストーリーで、リリー・フランキー演じる父と高橋一生演じる次男の関係が軸となっている。

blank13_main.JPG

 前半では父と家族の関係性が描かれる。ギャンブル好きの父のせいで極貧生活を強いられる母と二人の息子。家を出た父は13年ぶりに現れたとき病に冒され、死を目前にしていた。後半の父の葬儀のシーンでは、ギャンブラーやニューハーフなど一風変わった友人たちが次々に惜別の言葉を述べる。佐藤二朗や蛭子能収といった個性派俳優たちがアドリブをきかせた演技で家族の知らない人間味にあふれた男の姿を浮き彫りにし、13年の空白を埋めていく。

 斎藤は「あこがれの俳優の村上さんといっしょにゆうばりに帰って来れたことを映画の神様に感謝します」とあいさつ。村上は斎藤について「俳優も監督もどちらも男前。撮影現場でも潔い」と絶賛した。斎藤は、葬儀のシーンはキャストに自由に演じさせ、編集スタッフにも「脚本を無視していい」と伝えたという。かっちりした構成の前半と、予測不可能な展開となる後半の落差が観客をひきつける作品だ。

 斎藤は監督を務めながら長男役で出演もしている。当初キャスティングしていた俳優が撮影直前にキャンセルし、スタッフの勧めで出演を決めたという。

blank13舞台あいさつ1.jpg

 ゆうばり映画祭は斎藤がブレーク前から参加し、映画談義に花を咲かせていた場所。「blank13」も企画段階からゆうばりでの上映を目標にしていたという。斎藤は「映画を通じて人と人が交流できる祭りは他にない」とゆうばり愛を吐露し、集まったファンに感謝していた。

(文・写真 芳賀恵)

写真:
1と3:(右から)斎藤工、村上淳
2:「blank13」

posted by 映画の森 at 08:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

ゆうばり映画祭、グランプリは「トータスの旅」

トータスの旅.jpg

 北海道夕張市で開かれていた「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」は2017年3月5日、ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門のグランプリに永山正史監督の「トータスの旅」を選んで幕を閉じた。永山監督には次回作の支援金200万円が贈られる。

 オフシアター・コンペティション部門は内藤誠監督を委員長とする5人の審査員が7本のノミネート作品の中から受賞作を決定。審査員特別賞は韓国のイム・チョルミン監督の「ベートーベン・メドレー」、北海道知事賞は横山翔一監督の「はめられて Road to Love」が受賞した。グランプリの「トータスの旅」は、父と息子を中心とする家族、それにペットの亀が繰り広げるロードムービー。永山監督の実体験をもとにしているという。

M.BOY.jpg

 インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門は韓国のキム・ヒョジョン監督の「M-Boy」がグランプリに輝いた。

(文・芳賀恵)

■受賞作■
【ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門】
グランプリ 「トータスの旅」永山正史監督
審査員特別賞「ベートーベン・メドレー」イム・チョルミン監督
北海道知事賞「はめられてRoad to Love」横山翔一監督
スペシャルメンション「堕ちる」村山和也監督
シネガーアワード(批評家賞)「ストレンジデイズ」越坂康史監督
【インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門】
グランプリ 「M.Boy」キム・ヒョジョン監督
審査員特別賞「歯」パスカル・ティボウ監督
優秀芸術賞 「あたしだけを見て」見里朝希監督
      「Mizbrük」ダニエル・ドランロー監督
      「タコ船長とまちわびた宝」飯田千里監督

作品写真:
「トータスの旅」オフシアターコンペグランプリ
「M.Boy」短編コンペグランプリ
posted by 映画の森 at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

復活10年目、ゆうばり映画祭が開幕 困難乗り越え新たな一歩

ゆうばり歓迎.jpg

 北海道夕張市で2017年3月2日、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」が開幕した。国内外からのゲストが到着し屋外にしつらえられたレッドカーペットを次々に歩くと、市民が「お帰りなさい」の合言葉で歓迎した。例年通りのアットホームな光景だ。今年は6日までの期間中、84本の映画の上映と16のイベントが行われる。

 市の財政破たんで休止に追い込まれ、民間の手で復活してから今年で10回目。資金難やメーン会場の老朽化による閉鎖、人材不足などさまざまな困難に直面してきた映画祭が、一つの節目を迎えた。

ゆうばり武田梨奈.jpg

 開会式に先立ち、北海道出身のGLAYの曲に乗せて夕張市の再生をアピールする映像が紹介された。名誉大会長の鈴木直道市長は「市が財政破たんしたのはちょうど10年前の3月6日。映画祭が閉幕する6日にみなさんと新たな一歩を踏み出せるのはとてもうれしい」とあいさつ。映画祭を支えてきた人々に感謝した。

 このあと実行委員長で作家の小檜山博氏が開会宣言。神山健治監督のアニメーション「ひるね姫 知らないワタシの物語」で5日間の祭りが幕を開けた。

ゆうばり開会宣言.jpg ゆうばり受賞.jpg

「映画界に新たな波を起こしてほしい映画人」を表彰する「京楽ピクチャーズ.PRESENTS ニューウェーブアワード」は、俳優部門で駿河太郎と足立梨花、クリエーター部門で映画・アニメーションで活躍する静野孔文監督が受賞した。駿河は「賞とは無縁だと思っていた。自分の作品を持ってまたここに帰ってきたい」と喜びを語った。

(文・写真 芳賀恵)

写真:
1:「お帰りなさい」と市民が出迎え
2:短編コンペティション部門の審査員を務める武田梨奈
3:開会宣言する小檜山博実行委員長
4:ニューウェーブアワードを受賞した(左から)駿河太郎、足立梨花、静野孔文監督=いずれも北海道夕張市で3月2日

posted by 映画の森 at 09:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

「愚行録」妻夫木聡「確実に心に傷跡を残す作品。人間の愚かさ感じ取って」

「愚行録」公開初日舞台あいさつ.jpg

 第73回ベネチア国際映画祭オリゾンティ・コンペティション部門出品作「愚行録」が2017年2月18日公開され、主演の妻夫木聡、満島ひかり、小出恵介、臼田あさ美、石川慶監督らが東京都内で舞台あいさつした。

 直木賞候補となった貫井徳郎の同名推理小説を映画化。ロマン・ポランスキー監督らを輩出したポーランド国立映画大学で演出を学んだ石川監督の長編デビュー作。人間の嫉妬やねたみ、羨みや駆け引きなど、日常的に積み重なる「愚行」が絡み合う様を描いたミステリーだ。

妻夫木聡.jpg

 主人公の週刊誌記者・田中を演じた妻夫木は、出演を決めた理由を「直感。石川監督の存在、原作に興味を持ち、やりたいと思った。原作は田中の目線で描かれておらず、性格や人間像が想像できず期待も多かった。満島さんときょうだいを演じ、話をしなくても通じ合う部分があり、とても安心した。心強かった」と語った。

 妻夫木の妹・光子を演じた満島は「光子の生い立ちと似た人の話を石川監督と長くした。地に足がついていない感覚で『もしかしてこのやり方、間違っているのでは』と思った撮影だったけれど、一番シンプルに伝わる方法を見つけ、役を作り上げた」と振り返った。

満島ひかり.jpg

 撮影はポーランドのピオトル・ニエミイスキが担当。臼田は「監督の初長編作で、現場に新しい風が吹いていた。これほど共演者と顔を合わせてお芝居しない現場はなく、完成した映画を初めて見た時が一番新鮮だった。まるで知らない映画を見るような感覚」と話した。

 作品について妻夫木は「深い泥沼に浸かり、あまり明るい話ではないけれど、確実に心に何かの傷跡を残す作品。人間の愚かさを感じ取ることができ、皆さんに役立つものもあるのではと思う」と話していた。

「愚行録」(2017年、日本)

監督:石川慶
出演:妻夫木聡、満島ひかり、小出恵介、臼田あさ美、市川由衣

2017年2月18日(土)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://gukoroku.jp/

作品写真:(C)2017「愚行録」製作委員会
タグ:イベント
posted by 映画の森 at 06:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

第12回大阪アジアン映画祭ラインナップ発表 過去最多19カ国・地域の58作品上映

parks_main.jpg

 「大阪発。日本全国、そしてアジアへ!」がテーマの第12回大阪アジアン映画祭(2017年3月3〜12日)の上映作品がこのほど発表された。今年は過去最多の19カ国・地域の計58本を上映。世界初上映16本、日本初上映29本など豊富なラインナップとなっている。

 オープニング作品はマレーシアのホー・ユーハン監督「ミセスK」(日本初上映)、クロージング作品は瀬田なつき監督、橋本愛主演の青春映画「PARKS パークス」。コンペティション部門には日本から宮崎大祐監督の「大和(カリフォルニア)」のほか、香港のハーマン・ヤウ(邱禮濤)監督の「77回、彼氏をゆるす」など世界初上映3本が出品されている。

mrsk_main.jpg

 特別招待部門は7本。台湾のウェイ・ダーション(魏徳聖)監督の「52Hz, I LOVE YOU」、中国のフォン・シャオガン(馮小剛)監督の「わたしは潘金蓮じゃない」などを上映。特集企画「アジアの失職、給食、労働現場」は6本。アジア社会で働く人々の人間模様を切り取る。日本から野村芳太郎監督の「亡命記」、田中羊一監督の「ピンパン」も上映される。

 また、東南アジア映画界の新しい動きを紹介する特集企画「ニューアクション!サウスイースト」は11本。新世代の台頭で変化する香港映画特集「Special Focus on Hong Kong 2017」は6本。主演女優の好演が注目されたデレク・ツァン(曾國祥)監督作「七月と安生」などを紹介する。

第12回大阪アジアン映画祭は3月3日(金)〜12日(日)、大阪・梅田ブルク7ほかで開催。チケットは2月18日発売される。詳細は公式サイトまで。

http://www.oaff.jp

作品写真:映画祭事務局提供

posted by 映画の森 at 07:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする