2018年05月24日

「ガチ星」転落した四十男の再起、競輪テーマに熱く 江口カン監督初の劇場作品

1.jpg

 テレビ西日本で2016年に放送された競輪ドラマ「ガチ★星」(全4話)を、映画用に追加・再編集した作品。江口カン監督にとって初めての劇場映画で、主演に安部賢一、共演に「デメキン」(17)の福山翔大、「キッズ・リターン」(96)のモロ師岡、芸人の博多華丸ら。

 福岡、小倉を舞台に戦力外通告、不倫、ギャンブル、借金と崖っぷちの四十男・濱島浩司の再起を描く。元プロ野球選手の濱島は戦力外通告を受けて辞め、転落の人生をたどっていた。町を歩けばいやみを言われ、カッとなって手を出して警察のお世話に。妻にも愛想をつかされ、実家に逃げ帰り、友人の妻に手を出し、友人と絶縁。パチンコに酒とどん底の濱島だったが、「40歳でも入学できる」と聞いて競輪学校に入る。

2.jpg

 しかし、学校で濱島は浮いていた。息子ほど年の離れた生徒にオッサンとからかわれ、年下の教官にしごかれ、心身ともにぼろぼろになり、地べたに這いつくばって嘔吐する。痛々しく無様な姿は、ドキュメンタリーを見ているようだ。濱島は一度競輪の道を挫折するが、黙々と鍛える同郷の同級生・久松(福山翔大)を見て、再び戻ることを決意する。

 中盤までは転落男のかっこ悪い生き様。後半はスポーツ映画の片鱗が見えてくる。JKA(日本競輪選手会福岡支部)が協力したシーンはリアルで、濱島のデビュー後のレース場面は、現役選手も参加して撮影したという。闘争心むき出しの選手たちが自転車の上で頭突き、流血する様子は鬼気迫る。

3.jpg

 重々しい展開から一転、クライマックスはシルベスター・スタローン主演の「ロッキー」(76)ばりに、スポーツ映画の高揚感に包まれる。濱島の挑戦のほか、久松と母の介護、同僚選手たちの人生も盛り込み、ドラマに深みを与えている。

 濱島にはオーディションで役をつかんだ映画初主演の安部賢一。体重を10キロ増やし、自堕落な姿から再起する様子を体当たりで見せた。天才肌の久松を演じた福山は、ストイックで一途な演技。濱島と対照的なキャラクターで影の功労者となった。ドラマ4本の再編集とは微塵も感じさせず、四十男の再起を一気に見せる演出だ。

(文・藤枝正稔) 

「ガチ星」(2018年、日本)

監督:江口カン
出演:安部賢一、福山翔、林田麻里、船崎良、森崎健吾

2018年5月26日(土)、新宿K's cinemaほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://gachiboshi.jp/

作品写真:(C)2017 空気/PYLON

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 13:23 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

「妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII」山田洋次監督、得意の人情喜劇 シリーズ最新作

1.jpg


 「男はつらいよ」の山田洋次監督新作は、喜劇シリーズ「家族はつらいよ」の第3弾。1作目は「熟年離婚」、2作目は「無縁社会」、今回は「主婦賛歌」がテーマだ。ひとり家事を担う専業主婦の苦労と偉大さを描く。

 「東京家族」(13)から始まった山田監督の家族もの。シリーズ通じてキャストが共通の喜劇だ。当初感じた平田家のぎくしゃくした感じは消え、前2作の中心だった父・周造(橋爪功)は脇に回り、長男の妻・史枝(夏川結衣)に光を当てる。

2.jpg

 3世代家族で長男の嫁として家事をこなしてきた史枝は、夫・幸之助(西村まさ彦)の給料から少しずつへそくりを貯めていた。ところがある日、居眠りのすきに泥棒に40万円盗まれる。高額ぶりに幸之助は怒り、史枝は嫌味に耐え兼ね家を飛び出した。平田家の日常生活は機能不全に陥り、家族はそれぞれ試練を味わう。

 松竹映画で家族の物語を描き続けて半世紀。山田監督の「家族」を演じるのは、家長夫婦(橋爪功、吉行和子)、長男一家、結婚して別に暮らす長女夫婦(中嶋朋子、林家正蔵)と次男夫婦(妻夫木聡、蒼井優)だ。家族という面倒な関係を、恒例の家族会議を交えて面白おかしく描き、昭和の香りがする作品に仕上げている。

3.jpg

 平成の時代になって「泥棒」が家に入り込む作品は減り、アニメの「サザエさん」ぐらいになってしまった。あえて「振り込め詐欺」など現代の犯罪を使わないところも監督らしい。しかし、泥棒がつかまって一件落着にしないところに脚本の技を感じる。

 「東京家族」以降同じキャストで4作目。息の合ったアンサンブルも楽しく、作品ごとに違う役で登場する小林稔侍、笹野高史、笑福亭鶴瓶も期待を裏切らずうまい。ジブリ作品とは一味異なり、しゃれた劇伴に徹した久石譲の音楽。タイトルデザインとポスターを手掛けた横尾忠則。豪華な隠し味にも注目の松竹伝統の人情喜劇だ。

(文・藤枝正稔)

「妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII」(2018年、日本)

監督:山田洋次
出演:橋爪功、吉行和子、西村まさ彦、夏川結衣、中嶋朋子

2018年5月25日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://kazoku-tsuraiyo.jp/

作品写真:(C)2018「妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII」製作委員会

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 16:01 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

「名もなき野良犬の輪舞(ロンド)」ビョン・ソンヒョン監督に聞く ソル・ギョング主演犯罪映画「新しい感覚で撮りたかった」

ビョン・ソンヒョン監督_映画の森.JPG

 韓国の演技派俳優、ソル・ギョング主演の犯罪映画「名もなき野良犬の輪舞(ロンド)」が公開中だ。固い絆で結ばれた犯罪者2人が、組織を登り詰める中で互いの意図を知り、関係性が変化していく様子を描く。共演は「弁護人」(13)の若手俳優、イム・シワン。公開に先立ち来日したビョン・ソンヒョン監督に話を聞いた。

 主なやり取りは次の通り。

 ──男同士の犯罪映画を、今までにないスタイルで映像化した。

 韓国には似たようなジャンル・題材で、男性2人を共演させた作品が多い。今回も企画段階では反対する人が多かった。過去には「新しき世界」(13)などもあったが、自分は「違う感性でもっと若々しく撮れる」と主張した。何を撮るより、どう撮るかが重要だった。スタイリッシュに、愛情表現を盛り込んで作ろうと思った。

 まずは絵コンテ作りに時間を割いた。撮影監督、美術監督たちと「ありふれた作品にするのはやめる」ことを基本に会議を重ねた。今までとは違う、新しい感覚のものが撮れたと思う。

1.jpg

 
 ──遊び心が散りばめられた作品だ。刑務所の食事シーンはレオナルド・ダ・ヴィンチの名画「最後の晩餐」を思わせたり、トッポッキ店で打ち合わせしていたり。狙いは。

 「最後の晩餐」に見えるシーンは、組織にいる2人の関係性を表してみた。トッポッキ店での密談シーンは、高級店などより、幼なじみの関係性を感じさせ、昔から通うような場所もいいかな、と。店内ががやがやしている中での密談も面白いと考えた。

 ──ソル・ギョングの役作りについて。犯罪組織内で重要な位置にありながら、生き生き楽しそうに演じていた。監督の指示か、本人の判断か。

 私の演出と、彼のキャラクター分析の両方。シナリオにもそう描かれていた。よく笑う設定の役だ。ソルさんが最初の撮影で、高い声で笑ったのを聞いて「いいな。それでいきましょう」とお願いした。内面には重い部分を持っていて、仮面で隠している。ソルさんと話し合いながら作っていった。

2.jpg

 ──男同士の友情ものでも、善悪を問う作品でもないように感じた。それでいて後味は心地よい。

 「何かを伝えよう」という大きな意図はなかった。最初は犯罪映画を撮ろうと思い、次に「ロミオとジュリエット」を頭に浮かべた。男同士ではあるが、相手に対する愛情、ドラマ的な要素がベースになっている。「タイミングがずれる」ことが悲劇を呼び、重要になると思った。

 ──時間軸をずらすことを、感情表現に生かしている。

 シナリオ段階から考えていた。オープニングからラストまで、セリフ・道具・感情の細部まで構成は作っていた。

 ──ドラマ「ミセン 未生」(14)を見てイム・シワンの起用を決めたと聞いた。ソル・ギョングとの相性は素晴らしかった。

 普段はテレビを見ないので、彼がアイドルと知らなかった。最初彼は、自分の演じる役を非常に男性的で重いと考えていた。しかし、台本を読む段階で「あなたの持っている少年らしさがあっていい。だんだんと男らしく変わる姿を見せよう」と話した。感情のない美しい顔が必要で、彼はぴったりだった。撮影が進むにつれ、互いを信じて撮っていけた。

(文・写真 岩渕弘美)

「名もなき野良犬の輪舞(ロンド)」(韓国、2017年)

監督:ビョン・ソンヒョン
出演:ソル・ギョング、イム・シワン、チョン・ヘジン、キム・ヒウォン、イ・ギョンヨン

2018年5月5日(土)、新宿武蔵野館ほかで全国順次公開中。作品の詳細は公式サイトまで。

http://norainu-movie.com/

作品写真:(C)2017 CJ E&M CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED



posted by 映画の森 at 14:56 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

「ミスミソウ」壮絶ないじめ、復讐の鬼と化した少女 「実写不可能」漫画を切れ味鋭く

1.jpg

 東京から田舎の中学校に転校した野咲春花(山田杏奈)は、“部外者”として壮絶ないじめを受けていた。春花の唯一の味方は、同じ転校生の相場晄(清水尋也)。彼を心の支えに必死に耐える春花だが、クラスの女王的な小黒妙子(大谷凛花)の取り巻きによる嫌がらせは加速していった──。

 「実写化不可能」と言われた押切蓮介原作の漫画の映画化だ。監督は「先生を流産させる会」(11)の内藤瑛亮。

 雪に覆われた過疎の町で、春花に対する陰湿ないじめがエスカレートする。グループが春花の家に放火し、両親を殺し、小学生の妹を全身やけどにしたことで、春花は復讐の鬼と化す。

2.jpg

 特定人物に対する妬みや嫉妬が悪循環となり、いじめへ発展するメカニズムが焦点だ。発端はいじめの首謀者・妙子の春花に対する妬みだった。晄に好意を寄せる妙子だが、晄が好きなのは春花だ。妙子の嫉妬は刃となり春花に向かう。

 一方、担任の森京子(奥田亜紀)は、学生時代にいじめられた経験から、自分のクラスのいじめには無関心。春花が転校してくる前にいじめられていた佐山流美(大塚れな)は、新たなターゲットになった春花を見て、「また自分が狙われるのでは」とびくびくしている。そんな流美の恐怖心が野咲家の放火殺人事件へ発展していく。

3.jpg

 「先生を流産させる会」では、実際に起きた事件を題材に、多感な少女たちの危うい心理を鋭く描いた内藤監督。今回は「実写化不可能」な漫画を忠実に実写化。ネガティブな要素を妥協せず描いた。

 中学生の無邪気で残酷な悪意。復讐する春花の行為はホラー映画的だ。眼球を釘で刺す描写は、東映映画の「女囚701号さそり」(72)を思わせる。子どもの復讐は田舎町を血で染め上げ、大人たちはうろたえるばかり。絶望的な風景がナイフのように切れ味鋭い演出で切り取られる。

(文・藤枝正稔)

「ミスミソウ」(2017年、日本)

監督:内藤瑛亮
出演:山田杏奈、清水尋也、大谷凜香、大塚れな、中田青渚

2018年4月7日(土)、新宿バルト9ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://misumisou-movie.com/

作品写真:(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 20:00 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

復活11回目のゆうばり映画祭、「出会いの場」として盛況のうち幕

1.jpg

 北海道夕張市で3月15日から19日まで開かれた「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」は昨年をやや上回る1万2522人を動員した。例年同様に多くの映画人が集い、映画ざんまいの5日間を過ごした。市の財政破たんによる中断を経て復活してから今年で11回目。会場の選定やスポンサーの確保などでは手探りが続く中、「出会いの場」としての映画祭は盛況のうちに幕を閉じた。

 期間中は国内外の長短編約110本を上映。メーンのコンペ部門、ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門はグランプリに「EDあるいは(君がもたらす予期せぬ勃起)」(西口洸監督)を選出した。大阪芸術大学を卒業後、同大学で機材係として働きながら映画製作を続ける西口監督は、「学生時代は“いけてない方”だった。賞を取れるとは思っていなかったがうれしい」と、控えめに喜びを語った。審査委員長の瀬々敬久監督は審査が最後までもつれたことを明かしつつ、「(グランプリ作は)弱者への目配りや優しさを持っている点がよかった」と評した。

2.jpg

 これに先立つ15日のオープニングセレモニーで発表された期待の映画人を選定する「京楽ピクチャーズ.PRESENTS ニューウェーブアワード」は、俳優部門で葉山奨之と川栄李奈が受賞。葉山は「日本映画界に必要とされる俳優を目指して精進したい」とコメントした。クリエーター部門は、脚本家としてキャリアを積み、このほど長編アニメーション「さよならの朝に約束の花をかざろう」で監督デビューした岡田麿里が受賞した。

 今年の映画祭は昨年より半月遅く始まった。オープニング当日は気温が上がり、雪景色の夕張にも雨が降った。真冬の開催にこだわってきたゆうばり映画祭。運営に長年携わるスタッフは「期間中に雨が降るなんて初めてのこと」とつぶやいた。

3.jpg

 開催時期の変更は、市内の宿泊施設とスキー場の経営権所有者が変わったためだ。売却先を探していた施設を東京の不動産会社が昨年買収し、中華圏のスキー客誘致を優先する方向に転換した。夕張の3月はまだスキーのハイシーズン。書き入れ時に映画祭があると集客に響くとの判断があったのだろう。

 参加者の立場に立てば、映画祭に向かう交通手段が年々不便になっていることが気にかかる。夕張は公共交通の衰退が著しい。この冬は新千歳空港と市内スキー場を結ぶバスが廃止され、JR石勝線夕張支線の廃止も決まった。

 夕張を取り巻く厳しい状況が映画祭にも影響を及ぼすなか、今年は上映会場を合宿施設「ひまわり」に集約したほか、札幌市内にサテライト会場を開設するなど新しい取り組みが目を引いた。映画祭が30回目となる2020年を見据え、関係者の模索が続いている。

(文・写真 芳賀恵)

<受賞作>

・ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門

グランプリ 「EDあるいは(君がもたらす予期せぬ勃起)」(西口洸監督)

審査員特別賞「温泉しかばね芸者」(鳴瀬聖人監督)

北海道知事賞「キュクロプス」(大庭功睦監督)

シネガーアワード(批評家賞)「キュクロプス」(大庭功睦監督)

・インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門

グランプリ 「ぱん。」阪元裕吾監督・辻凪子監督

優秀芸術賞 「NO LINE」(川中陸監督)

      「父の日」マット・ジョンズ監督

      「Black Dog」ジョシュア・ディーン・タットヒル監督

・アニメーション企画優秀賞

「ドントクライ」(高嶋友也監督)

・その他

ゆうばりファンタランド大賞(観客賞)「カメラを止めるな!」(上田慎一郎監督)

写真
1:参加者によるフォトセッション
2:ファンタスティック・オフシアター・コンペティション グランプリ「EDあるいは(君がもたらす予期せぬ勃起)」の西口洸監督(右)と瀬々敬久審査委員長
3:ニューウェーブアワードを受賞した(左から)葉山奨之、川栄李奈、岡田麿里監督
posted by 映画の森 at 23:16 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする