2019年11月30日

「ハルカの陶」備前焼がつなぐ師弟愛 奈緒が映画初主演

1.jpg

 OLの小山はるか(奈緒)はある日、デパートでふと見た備前焼の大皿に強くひかれる。気付けば備前焼のことばかり考える日々。言葉にできない思いを胸に、岡山県備前市へ赴く。意気込んで大皿の作者を訪ねたが、現れたのは頑固でぶっきらぼう、職人気質な修(平山浩行)だった。しかし、一人ろくろに向かう修を見て、備前焼への興味は一層強くなる──。

 週刊漫画TIMESで連載され、第13回岡山「芸術文化功労賞」を受賞した同名コミックの映画化。NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の奈緒が映画初主演、ほか「本能寺ホテル」(17)の平山浩行、「釣りバカ日誌」シリーズの笹野高史。監督・脚本の末次成人は、2006年にシンガポールに渡り、ベトナムなどアジアでテレビCMやPVを演出した後、2016年に日、中、韓、台湾合作の短編映画「Timeless KOTOHIRA」を監督。今回が初の長編映画となる。

2.jpg

 岡山県備前市を舞台に、漫然と日々を過ごしてきたOLが備前焼と出会い、生きる道を見つけるドラマだ。備前焼と無縁だった主人公を通し、「備前焼とは何か」を分かりやすく描く。備前市と備前焼のPR映画の側面を持ちつつ、主人公の成長ドラマとして感動的に仕上げている。周りを巻き込みながら、無謀なチャレンジ精神で、はるかは成長していく。夢見がちなはるかを、修は怒鳴り、現実を突きつける。ストイックな職人像が物語の肝だ。

 さらに、はるかを引き立てるのが、榊陶人(笹野高史)だ。いつも同じ格好で、修の工房近くの公園で酒を飲んでいる。修に怒鳴られ落ち込むはるかを慰める。はるかはホームレスと思い込んでいるが、実は備前焼の人間国宝で、修も頭の上がらない恩人だった。物腰が柔らかく、人当たりもいい陶人を、笹野はうまく演じている。ベテランならではだ。

3.jpg

 土と炎と職人の思いが作り上げた備前焼。職人がろくろで成型し、何日も付ききりで温度調整しながら、窯の高温で焼かれる。クライマックスにこの「窯炊き」を配して、職人の修と、彼に弟子入りしたはるかの、信頼を超えた師弟愛を描く。

 二人を安易に恋愛関係にさせず、師弟にとどめたことで、物語の筋が一本通った。はるかを演じた奈緒は、表情豊かに生き生きと喜怒哀楽を表現。修役の平山もストイックな役を好演している。分かりやすい題材を、絶妙なバランス感覚で描くことに成功した。

(文・藤枝正稔)

「ハルカの陶」(2019年、日本)

監督:末次成人
出演:奈緒、平山浩行、笹野高史、村上淳

2019年11月30日(土)、ユーロスペースほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://harukano-sue.com/

作品写真:(C)2019「ハルカの陶」製作委員会
posted by 映画の森 at 15:14 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

第32回東京国際映画祭を振り返る スペイン、インドネシアの個性派作品に注目

「わたしの叔父さん」.jpg

 2019年10月28日〜11月5日に開催された「第32回東京国際映画祭」。審査員長に中国映画女優チャン・ツィイーを迎え、世界各国から応募された14作品がグランプリを争う「コンペティション」部門を中心に、アジアの新鋭監督たちが競いあう「アジアの未来」、個性あふれる日本映画が世界を目指す「日本映画スプラッシュ」など、世界中の様々な映画が一堂に会する日本を代表する映画祭だ。今回、私が鑑賞出来た受賞作品と共にお勧めな紹介したい。

【東京グランプリ・東京都知事賞】

「わたしの叔父さん」(デンマーク)監督、脚本、撮影、編集フラレ・ピーダゼン、出演イェデ・スナゴー

 体の不自由な叔父と牛舎で牛の世話をする姪クリス。獣医になる夢を持つクリスの前に立ちはだかる叔父の世話。夢と現実の狭間で葛藤するクリスの選択という普遍的なテーマを、監督は静かな洞察力で描いた。キャストが絶妙で、実生活で血縁関係のある演技経験のない叔父と女優の姪が生み出す無言のハーモニーに惹きつけられる作品だ。

【審査員特別賞】

「アトランティス」(ウクライナ)監督、脚本、撮影監督、編集、プロデューサーのヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ、出演アンドリュー・リマルーク

「アトランティス」.jpg
 
 近未来2025年のウクライナ東部を舞台に、戦争で受けたPTSDに苦しむ元兵士の心の葛藤を音楽を使わず、殆どワンシーン、ワンカット、ワンフレームという斬新な撮影法を使い、戦争がもたらす代償と心に闇を抱えてしまった兵士の心情を掘り下げた異色作だ。実際に元兵士だったリマルークが武骨な元兵士を体現した。

【最優秀監督賞、最優秀男優賞】

「ジャスト6.5」(イラン)監督、脚本サイード・ルスタイ、出演ナヴィド・モハマドザデー

「ジャスト6.5」.jpg

 イラン警察と大物ドラッグ売人との戦いを、捜査過程から検挙、ジャンキーのたまり場、取り調べ、逮捕者であふれかえる拘置所、裁判、死刑執行までを、膨大なセリフとハイテンションな演技で魅せた力作だ。貧困から脱出するために薬物売買に手を染める売人の姿にイランの深い闇を感じた。

【アジアの未来 作品賞】

「夏の夜の騎士」(中国)監督ヨウ・シン、出演ホァン・ルー

 1997年、親と離れ祖父母の家に預けられて生活する小学生ティエンディエン。祖母の自転車が盗まれた事で経験する夏休みの日々を、少年の目を通して大人たちに対する不条理な思いと、小学生らしい純粋な眼差しを繊細に描いた作品だ。

 他にもお勧めな2本を紹介したい。

 「コンペティション」に出品されたスペインのカルト小説を映画化した「列車旅行のすすめ」(スペイン、フランス)は、摩訶不思議な迷宮的な物語をぶっ飛んだ演出で魅せた。監督のセンスに魅了される大人の寓話だ。

「列車旅行のすすめ」.jpg

 「CROSSCUT ASIA」で上映された「フォックストロット・シックス」(インドネシア)は、「トータルリコール」(90)「ターミネーター2」(91)など80〜90年代ハリウッドを一世風靡した大物プロデューサーのマリオ・カサールがエグゼクティブプロデューサーを務めた近未来SFアクション超大作だ。ややCGにチープさは否めないが、悪徳政府に対して元海兵隊員の国会議員がかつての兵隊仲間たちと力を合わせて、インドネシアの未来ために正義の戦いに挑むアクション満載の男気溢れる娯楽作だ。

 日本で見ることが難しい世界の映画に気軽に触れられるのが映画祭の醍醐味だ。今回「東京国際映画祭」で上映された世界の映画が、一本でも多く日本で劇場公開されることを願う。

(文・写真 藤枝正稔)

写真:

「わたしの叔父さん」(左から)プロデューサーのマーコ・ロランセン、女優イェデ・スナゴー、フラレ・ピーダセン監督

「アトランティス」(左から)ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ監督、男優アンドリュー・リマルーク

「ジャスト6.5」(左から)サイード・ルスタイ監督、男優ナヴィド・モハマドザデー

「列車旅行のすすめ」(左から)アリツ・モレノ監督、原作者アントニオ・オレフド

posted by 映画の森 at 23:22 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

「最初の晩餐」亡き父のレシピを通し 絆深める血のつながらない家族

1.jpg

 カメラマンの東麟太郎(染谷将太)は、父・日登志(永瀬正敏)の葬儀で帰郷した。母・アキコ(斉藤由貴)は、姉の美也子(戸田恵梨香)と通夜の準備する中、突然「料理は自分で作る」と言い出す。テーブルに上ったのは目玉焼き。親戚がざわつく中、麟太郎は、父親が初めて作ってくれた一品と気づいた。懐かしい味によみがえる思い出。20年前、両親が再婚した日、連れ子の兄・シュン(窪塚洋介)と5人で暮らした日々──。

 父の通夜から葬儀の一日を通して、寄り合い所帯の家族5人が、思い出の味をを振り返り、絆を深める様子が描かれる。監督、脚本、編集はサザンオールスターズのドキュメンタリー作品、短編やCM、ミュージックビデオで活躍する常盤司郎。構想7年の長編デビュー作だ。

2.jpg

 キリストが死の前日に12人の弟子に料理をふるまった「最後の晩餐」。正反対のタイトルがつけられた「最初の晩餐」に登場するのは、豪華な“通夜ぶるまい”の仕出し弁当ではなく、家族にとって思い出の味だ。夫がノートに残したレシピを頼りに、アキコが思い出の料理を作り、家族で食べて思い出を振り返る。

 通夜から葬儀への一日に過去が交差する。美也子9歳、麟太郎7歳だった20年前の夏が起点。父の再婚相手で新しい母となったアキコ、連れ子で15歳のシュンが、家に来たことで始まるギクシャクした関係。アキコは手探りで日登志の子供たちと絆を深めようと努め、山登りで日登志とシュンは距離を縮める。

3.jpg

 スライスチーズを敷いて焼いた目玉焼きなど、父の手料理は独創的だ。再婚で生まれた新しい家族が、一つ屋根の下で暮らす。食事をともにする難しさに、父の晩年の姿が重ねられる。胸が熱くなるエピソードが続く監督の演出に、見るうち引き込まれていく。

 染谷、戸田、窪塚、斉藤、永瀬という豪華キャストが演じる家族のアンサンブル。窪塚が凛としたオーラで存在感を放つ。回想シーンで子どもたちを演じた森七菜、楽駆ら若い俳優も好演。日登志の残したレシピを通して、家族のあり方が繊細に描かれる。

(文・藤枝正稔)

「最初の晩餐」(2019年、日本)

監督:常盤司郎
出演:染谷将太、戸田恵梨香、窪塚洋介、斉藤由貴、永瀬正敏

2019年11月1日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://saishonobansan.com/

作品写真:(C)2019「最初の晩餐」製作委員会

posted by 映画の森 at 10:40 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

釜山国際映画祭2019、日本映画が存在感 女性監督も躍進

1.jpeg

 「第24回釜山国際映画祭2019」が10月3〜12日、韓国釜山市で開かれた。日韓関係に逆風が吹く中での開催となったが、映画祭は例年通り日本の映画と映画人を歓迎。開幕作・閉幕作のどちらも日本がかかわる作品だったのは、過去にないことだった。

 今年は85カ国・地域の長短編約300本を上映。多様性を追求する映画祭らしく国際合作や女性監督の作品が目立ち、テーマも多岐にわたった。3日のオープニングセレモニー後に上映された開幕作はカザフスタンと日本の合作「オルジャスの白い馬」。竹葉リサ監督は、2014年にゆうばり国際ファンタスティック映画祭のオフシアター・コンペティション部門でグランプリを受賞した実力派。主演の森山未來や共同監督のエルラン・ヌルムハンベトフ監督とともにステージに登場した。

2.jpeg

 12日の閉幕作は韓国映画だが、北海道小樽市が舞台の「ユニへ」。釜山映画祭で受賞歴のあるイム・デヒョン監督が、母娘関係や初恋の痛みといった繊細なテーマを描いた。韓国からキム・ヒエ、日本からは中村優子が出演。雪景色を背景に、大人の女性の心情をしっとりと演じた。

 釜山を訪れた中村は、監督や韓国人キャストとともに記者会見。「自分は何者で誰を愛するのかという問いに向き合うことができた時、他者に対する優しさに結びついていくということを教えてくれる脚本」と絶賛した。劇中、韓国語のせりふも自然にこなしている。

3.jpeg

日本の若手も

 新人監督のコンペ部門「ニューカレンツ」には、鈴木冴監督の東京芸術大学大学院の卒業作品「神様のいるところ」が出品。受賞は逃したものの、独創的なテーマと作風で注目された。

 台湾人の母親と暮らし、マイノリティーとして生き辛さを感じている中学生の少女と、職場になじめない20代のOLが出会い、ある事件をきっかけに二人で逃亡生活を送るストーリー。台湾人の母をもつ鈴木監督自身の経験を織り込みつつ、肉親ではない他人との間にも無償の愛は存在するのかという問いを投げかける。外国にルーツのある人やLGBTなど、マイノリティーを描くことに関心があるという鈴木監督。次回作が楽しみな新鋭だ。

4.jpg

賞の多くが女性の手に
 韓国ではここ数年、女性監督が存在感を増している。韓国のインディペンデント映画を集めたプログラム「韓国映画の今日・ビジョン」は10本のうち6本が女性監督の作品だった。新人監督を対象にした賞も、多くが女性の手に渡った。ユン・ダンビ監督の「姉弟の夏の夜」はアジア映画振興機構(NETPAC)賞、市民評論家賞など4冠を獲得。キム・チョヒ監督の「ラッキー・チャンシル」は韓国映画監督組合賞など3冠に輝いた。

5.jpeg

 「ラッキー・チャンシル」のキム監督は1975年生まれ。ホン・サンス監督のプロデューサーを長く務めたが、一時スランプに陥り、映画界を離れることも考えるほど悩んだという。「ラッキー・チャンシル」はその体験を下敷きに、アラフォー女性の再生の過程をコミカルに描く。主人公チャンシルの前に若い頃に憧れた香港スターの幽霊が現れるくだりは笑いを誘う。荒唐無稽なコメディーに見えても、主人公に映画への情熱を思い出させる重要なシーンだ。(恐らく本人にとっては)深刻な悩みや苦しみをユーモアに包んで表現する手腕に、監督の力量が見えた。

6.jpg

(文・写真 芳賀恵)

写真
1:「ユニへ」の(左から)イム・デヒョン監督、キム・ヒエ、中村優子
2:「ユニへ」=映画祭事務局提供
3:「神様のいるところ」の鈴木冴監督(右から2人目)らスタッフ
4:「神様のいるところ」=同
5:授賞式の(左から)キム・チョヒ監督、ユン・ダンビ監督
6:「ラッキー・チャンシル」=同

posted by 映画の森 at 13:26 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

「細い目」シャリファ・アマニに聞く ヤスミン・アフマド監督は「母のような存在。今も教わっている」

シャリファ・アマニ2.jpg

 2009年に51歳で急逝したマレーシアのヤスミン・アフマド監督の長編第2作「細い目」(04)が公開中だ。多民族・多宗教・多言語のマレーシア社会を舞台に、マレー系の少女と中華系の少年の恋を通し、普遍的な愛や人間性を描いた作品。東京国際映画祭で最優秀アジア映画賞を受賞するなど、監督の名を世界に知らしめた。

 当時17歳で主人公の「オーキッド」を演じたシャリファ・アマニは現在33歳。「グブラ」(05)や「ムアラフ」(08)など一連のヤスミン作品の中心的存在として、監督が描く世界を支えた。没後10年がたち、最近では監督業にも挑戦を始めたシャリファは「ヤスミンは母のような存在。今も教わっている感覚があります」と語った。

1.jpg

 主なやり取りは次の通り。

自分が「伝えたい」ではなく必要性

 ──「細い目」は、あなたにとってどんな作品ですか。

 本当に多くのものを与えてくれました。当時私は、子どもながら「表現者になりたい」と思っていました。人を楽しませたかった。「細い目」で夢がかないました。ヤスミンが生きる目的を示してくれたのです。「細い目」には私の人生の最高の時、最高の思い出が焼き付けられています。私にとって永遠の恋なのです。

 ──監督にも最近挑戦されていますね。ヤスミン監督から学んだ一番大きなことは何でしょうか。

 目的を明確化すること。なぜこの物語を伝えなければならないのか。自分が「伝えたい」ではなく必要性です。ヤスミンは両親を喜ばせたかった。邪心のなく、勤勉に働き、親孝行をする。これが彼女の教えで、守るようにしています。

 ──どんな物語を撮りたいですか。

 これまで作った短編4本で、脚本も書き、演出しました。人間関係や愛を描いていきたい。作品を見た人に言われて気づきましたが、私は割合に政治的な人間のようです。1作目は児童婚を取り上げ、若いカップルの関係性を描きました。2作目は故郷のない子が罪深いと感じる話。階級社会がテーマです。3本目は女性二人を主人公に、レズビアンの関係性を描きました。4本目は十代の妊娠をめぐる父親と娘の関係。。マレーシアでは深刻な問題なのです。

 ヤスミンの「娘」なので、社会問題に目が向くのだと思います。大きな社会問題はアーティストとして難しくても、向き合う立場にあります。私がやろうとしているのは、鏡を掲げて、そこに映る自分の姿をお客さんに見てもらうことです。

 将来長編を撮ることになれば、かなり個人的な話になるでしょう。「知っていることを書きなさい」と、ヤスミンに教えられたので。怖いですよね、逃げ場がないですから。

 大きなプレッシャーを感じます。「ヤスミンのようにならなくては」という期待も感じます。最初の短編はヤスミンの作品と比べられました。「彼女の陰からいつ出て行くことができるのか」と聞かれ、とても傷つきました。似た作品を作っているわけではないのに。

 私にとってヤスミンは、母のような存在でした。彼女の現場ですべてを学びました。彼女のようになることはないですが、敬い感謝しています。「陰」から出ていきたいとも思いません。素晴らしい人だったので。語り手としてだけでなく、人間としてプレッシャーを感じるのです。でも、ヤスミンに「勇敢であれ」と教わったので努力します。

2.jpg

去ることで「自分でやりなさい」と教えてくれた

 ──ヤスミン監督に聞きたいことがたくさんあるのでは。

 もちろん! 生前日本でロケハン中に「私も監督になりたい」と言ったら、真剣に受け取ってもらえませんでした。「子どもが何か言ってるわ」という感じ。ちょっと怒ったら「分かった。教えてあげるから」と言ってくれたのに、まもなく亡くなってしまいました。

 でも、今も教わっている感覚があります。彼女がいたら頼ってしまうし、道標として指示を待ってしまう。いつも「どこかへ連れて行ってもらう」姿勢になってしまう。彼女は去ってしまうことで「自分でやりなさい」と教えてくれるんだな、と思うようになりました。「あなたには十分、強さはあると思うよ」と。

 ──行定勲監督の映画「鳩 Pigeon」(2016)に出たり、日本で舞台に主演するなど、日本との縁もありますね。

 何かご縁がありますね。最初は(ヤスミン監督が生前構想していた)「わすれなぐさ」のロケハンで来日し、長く滞在したので記憶に残っています。マレー語で「Rezeki(幸運、神様のおぼしめし)」といいますが、幸運にも継続して、重要な関係を築けています。理由は分からないけれど、答えを探すのが楽しみです。

政権が交代し、マレーシアはオープンになった

 ──世界的に分断、差別、排他主義が広がっていますね。こういう時代にこそ、ヤスミン監督の映画を見てほしいと思います。マレーシアは政権が交代しましたが、社会はどう変わりましたか。

 とてもオープンになりました。(1957年の独立以来)61年ぶりに政権が替わったんですよ。人々が国を支配していると感じます。政治家は私たちににつかえる立場。新しい政権が私たちの価値を理解せず仕事を怠ったら、人々に変える力がある。誰が力を持っているのか知りました。今は何か起きればインターネットですぐ広がるので、翌日に政権が替わる可能性もあります。

3.jpg

 ──映画界も変わりましたか。

 昨年の(マレーシア映画界最大級の映画賞)マレーシア・フィルム・フェスティバルで、警察の腐敗を描いた「One Two Jaga」(ナムロン監督、2018年)が最優秀作品賞を獲りました。(社会問題について)より果敢な報道が許される状況になっています。

 社会的なテーマを取り上げる作品が増え、権力者を問い質しやすくなりました。マレーシアに住んでいて、わくわくする時代です。

 ──次はどんなテーマを考えていますか。

 個人的なテーマになるでしょう。今話すのは怖いかも。口に出したら実現しない気がします。幼い頃、女優になりたかったけれど、口にしませんでした。周りのみんなは知っていたようですが。黙っていたほうが、実現するんですよ(笑)。

(聞き手・写真 遠海安)

「細い目」(2004年、マレーシア)

監督:ヤスミン・アフマド
出演:ン・チューセン、シャリファ・アマニ、ライナス・チュン、タン・メイ・リン

2019年10月11日(金)、アップリンク吉祥寺、アップリンク渋谷ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://moviola.jp/hosoime/

posted by 映画の森 at 11:37 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする