2016年08月06日

「ヒマラヤ 地上8,000メートルの絆」登山家オム・ホンギル氏に聞く「自然に入る時は『愛する気持ち』が重要」

オム・ホンギル氏.jpg

 ヒマラヤ8000メートル級14座登頂に成功した韓国の登山家、オム・ホンギル氏と仲間の友情を描いた「ヒマラヤ 地上8,000メートルの絆」が公開されている。モデルとなったオム氏は韓国を代表する登山家の一人。映画はエベレスト頂上付近で遭難死した後輩のため、危険を顧みず遺体回収に向かった実際のエピソードを描く。オム氏は豊富な登山経験を振り返り「自然の中に入る時は『愛する気持ち』が重要」と語った。

 2004年。引退したオム・ホンギル(ファン・ジョンミン)のもとに、後輩の登山家パク・ムテク(チョンウ)遭難の知らせが入る。オム氏はエベレスト8750メートルに残された遺体を家族のもとに帰すため、後輩たちとチームを結成。翌05年、決死の覚悟で再びピッケルを握る。

himaraya_main.jpg

 作品のモデルとなったオム氏は、アジアで初めてヒマラヤ8000メートル級14座の登頂に成功した。後輩のパク氏とは20代で出会い、カンチェジュンガ、K2、シシャパンマ、エベレストの8000メートル級4座をともに登った仲だった。映画では二人の出会い、輝かしい遠征の記録、別れと「再会」までを描いている。オム氏は遺体回収に向かった11年前を振り返る。

 「完成した作品を観た後、胸がつまり息苦しくなりました。リアルにあの時の状況がよみがえり、悲しみがこみ上げて。映画化にあたっては『私の志が伝わるよう表現して』と求めました。(パク氏らの)遺族に迷惑をかけたり、傷つけないようにしてほしいと」

himaraya_sub2.jpg

 「後輩の遺体を回収に行く」と告げた時、周囲の反応は厳しいものだった。オム氏は孤軍奮闘する。すでに引退した仲間たちに声をかけ、資金を募る。やがて熱い思いに応え、かつての山仲間たちが集まってきた。再び訓練を経ての遠征は、記録も名誉も求めず、ただ友情に支えられていた。

 「人々には君のもどかしさ、つらさは100%理解する。だがどうみても不可能な計画だ、と言われました。行けばまた遭難や大事故につながる可能性がある。否定的な意見がほとんどでした」

 女性で世界初のエベレスト登頂に成功した田部井淳子氏は、オム氏の行動に「多くの苦悩、葛藤、逡巡に見舞われただろう。険しい旅路を支えたのは、恵まれた体力、技術、運……一番は『どうしても回収したい』という強い思いに、山が『来い』と応えてくれたからではないだろうか」と言葉を寄せている。

himaraya_sub1.jpg

 数々の死線を乗り越えてきたオム氏自身、山へ向かう際は「いつも恐怖を感じる」という。遠征地へ向かう飛行機が離陸する際、「もう一度韓国に戻ってこられるだろうか」と感じてきた。一線を退いた今は、穏やかな気持ちで楽しんで山に登れるようになった。

 「自然に入る時は『愛する気持ち』が重要です。謙虚な気持ちで山に向かえば、自分が癒され、他者と心を通わせることもできる。嫌だという気持ち、拒否する心は破壊につながります。登る行為が自分にとって害になり、事故につながるのです」

 オム氏は50代後半を迎え、若者たちへの登山指導、ヒマラヤのシェルパの家族の支援活動に力を入れている。貧しさから教育を受けられない子供たちのために学校や奨学金を作った。

 「人間関係が希薄になり、情や命の尊厳が軽視される時代。命よりも重いものがあることを、作品を観た人に伝わればうれしいです」

(聞き手・写真 遠海安)

「ヒマラヤ 地上8,000メートルの絆」(2015年、韓国)

監督:イ・ソクフン
出演:ファン・ジョンミン、チョンウ、チョ・ソンハ、キム・イングォン、ラ・ミラン

2016年7月30日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマート新宿ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://himalayas-movie.jp/

作品写真:(C)2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.

posted by 映画の森 at 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

「あなた、その川を渡らないで」チン・モヨン監督に聞く 結婚76年の純愛「小さな思いやりが与える意味、分かってほしかった」

チョン・モヨン監督1.jpg

 韓国映画「あなた、その川を渡らないで」が2016年7月30日公開される。韓国東北部の小さな村を舞台に、98歳の夫と89歳の妻、結婚76年目の日々を追ったドキュメンタリー。長編デビュー作となるチン・モヨン監督は「(日常の)小さな思いやりが愛する人に与える意味を、作品を観る人に分かってほしいと思った」と語った。

 老夫婦の日常を淡々と追った作品。韓国では14年秋の公開後、口コミで評判が広がり、韓国でドキュメンタリー映画としては過去最高の約480万人を動員した。

 江原道横城郡古時里。山に囲まれた静かな集落に、おじいさん(チョ・ビョンマン)とおばあさん(カン・ゲヨル)は暮らしている。四季折々に表情を変える自然。市場での買い物、老人会の遠足、花畑での散策。二人の生活はつつましく穏やかだ。チン監督は一人、1年3カ月にわたって夫妻の日常にカメラを向けた。

 「二人がなるべく話しやすいように、環境作りに心を配りました。大勢のスタッフを連れて押しかけるのは避けたかったのです。夫妻の家まで行ったり来たりしながら、一人で撮り続けました」

anata_main.jpg

 二人は村に市が立つと、毎日着ているおそろいの民族衣装・韓服で出かけていく。おばあさんが作った食事を、おじいさんはおいしそうに食べる。2匹の飼い犬をかわいがり、春には一緒に花を摘み、冬は雪とたわむれる。笑い声が絶えない家。ありふれているようにみえるが、誰もが夢見る夫婦の姿ともいえる。現実世界でいかに人は傷付け合っているか。改めて実感させられる関係でもある。

 「二人は特別なことをしているわけではありません。一緒にご飯を食べる。手をつないで市場へ行く。小さなことに一生懸命で、常に相手を思いやっている。出かける時は髪をきちんととかすなど、人目につかないところで毎日を丁寧に過ごしている。ささいなこと、小さな思いやりが愛する人に与える意味を、作品を観る人に分かってほしいとも思いました」

anata_sub1.jpg

 76年の結婚生活がずっと順風満帆だったわけではない。二人には12人の子に恵まれたが、うち6人を幼いうちに亡くしている。たまに集まる子供たちも、年老いた両親を心配して口論を始める。おじいさんの体は徐々に弱っていき、おばあさんは心を痛める。「天国でも着られるように」とおじいさんの服をたき火で焼く。そんな二人の姿に、韓国の若い世代が心を動かされた。観客の約4割が20代だったという。

 「韓国では今ほど若者が困難を感じている時代はありません。就職難で経済的に困窮しています。苦しくても恋愛はしたいが長続きしない。悩む彼らの理想を76年続けている二人が目の前にいたのです。幻想ではなかったんだ、自分にもできるんだ。若者たちは憧れ、映画を観て確かめたのではないでしょうか」

(聞き手・写真 遠海安)

「あなた、その川を渡らないで」(2014年、韓国)

監督:チン・モヨン
出演:チョ・ビョンマン、カン・ゲヨル

2016年7月30日(土)、シネスイッチ銀座ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://anata-river.com/

作品写真:(C)2014 ARGUS FILM ALL RIGHTS RESERVED.

posted by 映画の森 at 09:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

「ひと夏のファンタジア」奈良を舞台に日韓合作 穏やかに流れる時間 チャン・ゴンジェ監督最新作

チャン・ゴンジェ監督とキム・セビョク.jpg

 奈良県五條市を舞台にした日韓合作映画「ひと夏のファンタジア」が、渋谷ユーロスペースほかで公開されている。韓国チャン・ゴンジェ監督の長編3作目。日本から岩瀬亮、韓国から女優のキム・セビョクが主演している。

 2012年、奈良県の「なら国際映画祭」による若手監督支援プロジェクト「NARAtive」に選ばれたチャン監督が、日本と韓国の俳優、スタッフで製作した。奈良県出身の河瀬直美監督が製作を担当している。

 設定や役柄が異なる二つのストーリーを2部構成で描く。いずれも岩瀬とキムが主演。1部は韓国から五條に調査に来た映画監督テフン(イム・ヒョングク)が、日本語を話す助手のミジョン(キム)とともに、市の観光課職員・武田(岩瀬)の案内で町を歩く。古い喫茶店、廃校、一人暮らしのお年寄りの家を周る。滞在最後の夜、不思議な夢を見たテフンは、窓の外に上がる花火を見る。

岩瀬亮.jpg

 2部は韓国から五條に来た女性ヘジョン(キム)が、観光案内所で出会った柿栽培農家の青年・友助(岩瀬)と、五條の古い町を歩く。「ひとりになる時間が必要だった」と話すヘジョン。初対面から彼女にひかれた友助は、徐々に距離を縮めようとする──。

 韓国から来た異邦人が、偶然に導かれるまま日本の田舎町を歩く。山に囲まれた五條には、ゆったりとした空気と時間が流れている。ささやかで穏やかなロードムービーの趣。チャン監督によると、1部の脚本は撮影前から固まっていたが、2部の内容は現地で決めていったという。

 「もともと二つのエピソードを盛り込むつもりだった。一つ目は自分自身の話。もう一つは歴史に興味がある韓国人女性の話。二人にそれぞれ二役を演じてもらったのは、時間と予算的な制限があったから。日本に来てから思いついた」

nt_main.jpg

 キムが演じたミジョンとヘジョンは、ともに「日本語ができる」設定。日本語のせりふが多い撮影をキムは「大変だった」と振り返る。

 「きつかった。だからこそ撮れたとも思う。上映後に観客の意見を聞くと『友助とヘジョンの沈黙のシーンが気に入った』と言ってくれる人が多かった。あの沈黙は、私の日本語が流暢なら生まれなかった。監督が沈黙に気付き、演出で生かしてくれた」

ny_sub1.jpg

 監督と共演女優、韓国の二人にはさまれた岩瀬は、自然体で挑んだ。海外作品への出演は初めて。「日本語、韓国語、つたない英語」が飛び交う現場を楽しんで過ごしたという。映画祭を通じて知り合ったチャン監督とは、長い付き合いの友人同士だ。「日本と韓国の違いというより、チャン監督独自の撮影手法が新鮮だった」と話す。

 チャン監督によると、日韓とも上映後の反応はすこぶるいいという。韓国から舞台になった奈良を旅行で訪れる人もいるそうだ。

 「韓国では20代の女性の観客が多かった。旅先の外国で生まれるロマンスが受けたのだろう。日本では自分の故郷への懐かしさを、五條に重ねた人が多いように感じた」

 日本と韓国、五條の山並み。静かに流れる空気と時間が、観る者を包み込む作品だ。

(文・写真 遠海安)

「ひと夏のファンタジア」(2014年、日本・韓国)

監督:チャン・ゴンジェ
出演:キム・セビョク、岩瀬亮、イム・ヒョングク、康すおん

2016年6月25日(土)から渋谷ユーロスペースでレイトショー。シネ・ヌーヴォ(大阪)ほかで全国順次公開中。作品の詳細は公式サイトまで。

http://hitonatsunofantasia.com/

作品写真:(C)Nara International Film Festival+MOCUSHURA

撮影協力:ときのもりLIVRER http://www.tokinomori-nara.jp/livrer/



posted by 映画の森 at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

ユ・ヨンソク来日「ともに歩ける、温かい俳優になりたい」

ユ・ヨンソク会見.jpg

 韓国人俳優のユ・ヨンソクがこのほど来日し、日本で初めてのファンミーティングを開催した。

 デビュー13年。映画やドラマに多く出演するほか、ミュージカルやバラエティーなど活動の幅を広げている。最近ではドラマ「応答せよ1994」(13)、「幸せのレシピ 愛言葉はメンドロントット」(15)、映画「ビューティ・インサイド」など出演作が次々と日本で紹介された。初主演映画「その日の雰囲気」も7月23日、日本公開される。

 ファンミーティング前の記者会見では「韓国まで会いに来てくれるファンが最近増えたので、日本のファンに直接会いにくることができてうれしい」と語った。「日本の人たちが作品をどうみているか、とても気になっていた」とも話した。

 昨年は初のミュージカル「壁抜け男」に出演。「ミュージカルにはとても出たかったが、簡単なことではなかった。最初は心配したけれど、観客の皆さんの反応をもらい、一緒に呼吸できる感じがよかった」と振り返った。

 イベントでは会場を埋めたファンをみて感激した様子。言葉を詰まらせながら「皆さんの心の中で、温かい俳優になれるよう最善を尽くします。ともに歩ける俳優になりたい」と決意を語っていた。

(文・岩渕弘美)

タグ:イベント
posted by 映画の森 at 10:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

キム・ギドク監督に聞く 最新作「STOP」日本で撮影、脱原発へ強いメッセージ

キム・ギドク監督1.jpg

 東日本大震災、福島第一原子力発電所発の事故から5年を控えた2月末、韓国の鬼才キム・ギドク監督が「反原発」をテーマに日本で撮影した映画「STOP」が北海道のゆうばり国際ファンタスティック映画祭で上映された。

 原発事故後の人々の不安と苦しみを“ギドク節”で描いた「STOP」は昨年の釜山国際映画祭で発表され、日本では初上映となる。出演兼プロデューサーの合アレンとともにゆうばりを訪れたキム監督が、映画に込めた脱原発への思いを語った。

 原発がある地方都市が大地震に見舞われ、若い夫婦は避難命令を受けて東京に向かう。ほどなく妊娠中の妻のもとに、放射能の影響を理由に堕胎を勧める男が現れ、妻は次第に不安に押しつぶされていく。そんな妻を安心させるため、夫は自宅に戻って一見何も変わらない風景や動物を写真に収めようとするが、そこでショッキングな光景を目にする。やがて妻は胎児を守る気持ちを固めるが、夫は不安にさいなまれて極端な破壊行動に出る。夫婦と生まれてくる子どもには、どんな運命が待っているのか――。

キム・ギドク監督と合アレン.jpg

 ──「STOP」は全編日本ロケでキャストも全員日本人。キム監督が脚本と演出のほか撮影、照明、音声など技術面をすべて一人で担当した。

 毎日、やめて帰りたいと思うほどたいへんな現場だった。合アレンさんら日本の出演者たちが進行や運転、小道具などの作業を助けてくれたため、なんとか撮影を終えられた。日本の出演者たちには本当に感謝している。

 ──挑戦的で刺激的な映像表現は今回も健在だ。舞台と言語が日本であるだけに、日本に住む私たちには衝撃が直接的に伝わる。

 原発問題が日本で敏感で微妙な問題であることは知っている。韓国人である自分が日本の問題を描くことへの反発も予想した。だが私はこの映画を、一人の地球人として撮った。原発事故で最も大きな被害を受けるのは子どもたちの未来だ。大人の利益のために次世代にリスクを残すのは不幸なことだ。

 人間には忘却という、神が与えたものがある。つらい思い出を忘れて再生するための“よい忘却”もあるが、人間の失態を忘れてしまう忘却は恐ろしい。この映画を通して「フクシマを忘れないで」と訴えたかった。

 ──人間の根源的な欲望や醜さをえぐり出す作品を数多く生み出してきたキム監督。近年の作品は、きわめて具体的で政治色の強いテーマが多いように見える。前作の「殺されたミンジュ」では民主主義の崩壊に危機感を表した。弟子にシナリオを提供した「メイド・イン・チャイナ」は中国産食品への忌避感を暴きだし、「レッド・ファミリー」、「プンサンケ」では朝鮮半島の南北問題を描いた。本人がメガホンを取る次回作も南北問題がテーマだという。

 以前は人間に関する話を撮ってきたが、少し問題意識が変わってきたようだ。最近の映画で政治・社会問題を扱うのは、自分にとって重要だからだ。自分も社会の一員。映画でさまざまな矛盾を提示し、議論の土台にしてほしいと考えている。

STOP.jpg

 ──「STOP」は衝撃的な内容が影響したためか、現時点で日本での配給は決まっていない。5回目の「3.11」を前に、日本で上映できた意味は大きかったのではないだろうか。

 私がこの映画で伝えたかったのは、最悪の事故を防ぐために、電気を節約し、原発の再稼働を最小限にし、代替エネルギーを開発する努力をしてほしいということだ。世界の原発は10年後に今の2倍の1000基に達し、中でも中国では180基が建設予定だという。特に中国は東海岸に多くの原発を建設しているが、そこで事故が起これば韓国も日本も安全ではいられない。私は自分や家族、友人たちが安心して暮らせる世の中を望んでいる。

 ──韓国の映画界では、旅客船「セウォル号」関連のドキュメンタリー映画の上映をきっかけに釜山国際映画祭の実行委員会側と行政側が対立するなど、言論の自由を脅かす問題がしばしば取り沙汰されている。

 これまで政界は映画産業に金を出してきたが、発言権はなかった。「金も出すが口も出す」という考え方になっているのかもしれない。ただ文化への圧力は許されない。時代の矛盾を切り取る表現に対し、検閲はあってはならないことだ。

(文・写真 芳賀恵)

写真1:キム・ギドク監督
写真2:キム監督と合アレン=いずれも北海道夕張市で2月下旬

「STOP」作品写真=映画祭事務局提供

posted by 映画の森 at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする