2016年03月27日

キム・ギドク監督に聞く 最新作「STOP」日本で撮影、脱原発へ強いメッセージ

キム・ギドク監督1.jpg

 東日本大震災、福島第一原子力発電所発の事故から5年を控えた2月末、韓国の鬼才キム・ギドク監督が「反原発」をテーマに日本で撮影した映画「STOP」が北海道のゆうばり国際ファンタスティック映画祭で上映された。

 原発事故後の人々の不安と苦しみを“ギドク節”で描いた「STOP」は昨年の釜山国際映画祭で発表され、日本では初上映となる。出演兼プロデューサーの合アレンとともにゆうばりを訪れたキム監督が、映画に込めた脱原発への思いを語った。

 原発がある地方都市が大地震に見舞われ、若い夫婦は避難命令を受けて東京に向かう。ほどなく妊娠中の妻のもとに、放射能の影響を理由に堕胎を勧める男が現れ、妻は次第に不安に押しつぶされていく。そんな妻を安心させるため、夫は自宅に戻って一見何も変わらない風景や動物を写真に収めようとするが、そこでショッキングな光景を目にする。やがて妻は胎児を守る気持ちを固めるが、夫は不安にさいなまれて極端な破壊行動に出る。夫婦と生まれてくる子どもには、どんな運命が待っているのか――。

キム・ギドク監督と合アレン.jpg

 ──「STOP」は全編日本ロケでキャストも全員日本人。キム監督が脚本と演出のほか撮影、照明、音声など技術面をすべて一人で担当した。

 毎日、やめて帰りたいと思うほどたいへんな現場だった。合アレンさんら日本の出演者たちが進行や運転、小道具などの作業を助けてくれたため、なんとか撮影を終えられた。日本の出演者たちには本当に感謝している。

 ──挑戦的で刺激的な映像表現は今回も健在だ。舞台と言語が日本であるだけに、日本に住む私たちには衝撃が直接的に伝わる。

 原発問題が日本で敏感で微妙な問題であることは知っている。韓国人である自分が日本の問題を描くことへの反発も予想した。だが私はこの映画を、一人の地球人として撮った。原発事故で最も大きな被害を受けるのは子どもたちの未来だ。大人の利益のために次世代にリスクを残すのは不幸なことだ。

 人間には忘却という、神が与えたものがある。つらい思い出を忘れて再生するための“よい忘却”もあるが、人間の失態を忘れてしまう忘却は恐ろしい。この映画を通して「フクシマを忘れないで」と訴えたかった。

 ──人間の根源的な欲望や醜さをえぐり出す作品を数多く生み出してきたキム監督。近年の作品は、きわめて具体的で政治色の強いテーマが多いように見える。前作の「殺されたミンジュ」では民主主義の崩壊に危機感を表した。弟子にシナリオを提供した「メイド・イン・チャイナ」は中国産食品への忌避感を暴きだし、「レッド・ファミリー」、「プンサンケ」では朝鮮半島の南北問題を描いた。本人がメガホンを取る次回作も南北問題がテーマだという。

 以前は人間に関する話を撮ってきたが、少し問題意識が変わってきたようだ。最近の映画で政治・社会問題を扱うのは、自分にとって重要だからだ。自分も社会の一員。映画でさまざまな矛盾を提示し、議論の土台にしてほしいと考えている。

STOP.jpg

 ──「STOP」は衝撃的な内容が影響したためか、現時点で日本での配給は決まっていない。5回目の「3.11」を前に、日本で上映できた意味は大きかったのではないだろうか。

 私がこの映画で伝えたかったのは、最悪の事故を防ぐために、電気を節約し、原発の再稼働を最小限にし、代替エネルギーを開発する努力をしてほしいということだ。世界の原発は10年後に今の2倍の1000基に達し、中でも中国では180基が建設予定だという。特に中国は東海岸に多くの原発を建設しているが、そこで事故が起これば韓国も日本も安全ではいられない。私は自分や家族、友人たちが安心して暮らせる世の中を望んでいる。

 ──韓国の映画界では、旅客船「セウォル号」関連のドキュメンタリー映画の上映をきっかけに釜山国際映画祭の実行委員会側と行政側が対立するなど、言論の自由を脅かす問題がしばしば取り沙汰されている。

 これまで政界は映画産業に金を出してきたが、発言権はなかった。「金も出すが口も出す」という考え方になっているのかもしれない。ただ文化への圧力は許されない。時代の矛盾を切り取る表現に対し、検閲はあってはならないことだ。

(文・写真 芳賀恵)

写真1:キム・ギドク監督
写真2:キム監督と合アレン=いずれも北海道夕張市で2月下旬

「STOP」作品写真=映画祭事務局提供

posted by 映画の森 at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

イ・サンウ来日 ドラマ「お願い、ママ」が好評

イ・サンウ.jpg

 韓国の中堅俳優イ・サンウがこのほど、東京・品川で来日ファンミーティングを行った。

 映画「青春漫画 僕らの恋愛シナリオ」(06)、NHKで放送された連続ドラマ「馬医」などに出演。時代劇から恋愛もの、ホームドラマまで幅広い役柄で人気を得ている。

 昨年から今年にかけて放送されたドラマ「お願い、ママ」も好評だった。イ・サンウは自らの役柄について「建築家で育ちがよく、明るくて人なつこい。母親には優しい理想的な性格。現実にはあまりいないタイプなので、共感されにくいと思う」と“完ぺきぶり”を説明。自分自身は「母のことは大好きだが、家では無口で無愛想な方。(役のように)外に向けて表現するのは大切だ、と演じていて学んだ」と振り返った。

 また、「お願い、ママ」の終了後、すぐに次作ドラマ「家和万事成」(原題)の撮影に入る予定。多忙な中のストレス解消法は「半身浴、運動、辛いものを食べてお酒を飲む」ことだそう。仲のよい俳優のイ・サンユンとよく食事をするとか。2月に誕生日を迎えたイ・サンウに、イ・サンユンからビデオメッセージも寄せられた。この日は終始リラックスした様子で、ファンとの交流を楽しんでいた。

(文・岩渕弘美)
posted by 映画の森 at 08:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

「殺されたミンジュ」キム・ギドクがえぐり出す 見えない国家権力の不気味

min_main.jpg

 路上を逃げ惑う少女。追いかける男たち。やがて少女は捕まり、顔を粘着テープでぐるぐる巻きにされ、窒息死する。いかにもキム・ギドク監督らしいショッキングな幕開けだ。

 少女の名はミンジュ。彼女はなぜ殺されたのか、殺人に関与した7人の男たちは何者なのか。説明のないまま、物語は1年後へと飛ぶ。

 今度はミンジュを殺した集団とは別の一団が登場する。同じく7人組で「シャドーズ」と名乗る彼らは、加害者たちを格下の者から順に、一人ずつ密室に拉致しては、拷問を加えていく。激烈な痛みに耐えかね、加害者たちはあっさり犯行を自白していく。

min_sub2.jpg

 少女殺しは上からの指示に従っただけ。自分たちの意思ではない。加害者たちの口から飛び出す言葉は、ニュルンベルク裁判におけるナチス高官の弁明を思わせる。命令に逆らえば自分の命がない。だから殺した。そういうことなのだろう。背後には不気味な国家権力の影が見え隠れする。

 一方、加害者を責め立てる「シャドーズ」は、リーダーを筆頭に、不遇の生活を送る者ばかりで構成される。客から屈辱的な扱いを受けているウェイター、米国の名門大学を出たが職に就けない男、恋人から暴力を受けている女、友人に金を詐取され路上生活を送る男……。

min_sub1.jpg

 つまりこの映画は被支配者による支配者への挑戦と見ることができる。しかしたった7人のグループが、国家権力に対抗できるわけがない。最後に拉致した大物もまた、巨大な権力構造の小さな歯車に過ぎなかった――。

 「シャドーズ」とミンジュとの関係が明かされる終盤からの急展開が圧巻だ。ラストの衝撃度は「嘆きのピエタ」(12)にも比肩するだろう。韓国社会を風刺しているようだが、日本にも米国にもこういう構造はある。誰もがミンジュのように殺されるかもしれないのだ。

(文・沢宮亘理)

「殺されたミンジュ」(2014年、韓国)

監督:キム・ギドク
出演:マ・ドンソク、キム・ヨンミン、イ・イギョン、チョ・ドンイン、テオ、アン・ジヘ、チョ・ジェリョン、キム・ジュンギ

2016年1月16日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.u-picc.com/one-on-one/

作品写真:(C) 2014 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

「ベテラン」リュ・スンワン監督に聞く 財閥御曹司VS熱血刑事、社会風刺散りばめ「映画の本質はアクション」

リュ・スンワン監督.jpg

 韓国刑事アクション映画「ベテラン」が2015年12月12日(土)公開される。「シティ・オブ・バイオレンス 相棒」(06)などアクション作品にこだわってきたリュ・スンワン監督の最新作だ。財閥御曹司と熱血刑事の対決を軸に、社会風刺を散りばめた勧善懲悪劇。リュ監督は「私にとって映画の本質はアクション。初めて映画を観た時から変わりません」と語った。

 世界を舞台にしたスパイ大作「ベルリンファイル」(13)から一転、今回は地元ソウルで泥臭い刑事の孤軍奮闘を描いた。主人公はファン・ジョンミン演じるソ・ドチョルら、ソウル警察の刑事5人。対するはユ・アイン演じる財閥御曹司のチョ・テオだ。

 財力と権力を振りかざし、横暴の限りを尽くすチョ。昨年末の大韓航空「ナッツリターン事件」(14年末)も記憶に新しい中、韓国では観客約1340万人を動員した。リアルな描写は実際の事件を思わせる。撮影前、監督は綿密な調査を重ねたという。

 「特定の事件を連想させる事実が含まれているのは確かですが、どこまで事実かは明かせません。実際の人物がヒントにもなりましたが、ドキュメンタリー映画ではありません。観客は実際の事件を連想し、映画の主人公が敵に立ち向かう姿に共感したのでしょう。この映画をヒーローものと思って来た若い人たちが、観た後に社会問題について討論するようになりました。いい現象だと思います」

vet_main.jpg

ファン・ジョンミンの魅力「語るには朝までかかる」

 そんな観客の共感を集めたのが、ファン演じる「ベテラン」刑事だろう。人情味にあふれる熱血漢で、出世は遠いが家族を愛し、仕事に心血を注ぐ。大ヒット作「国際市場で逢いましょう」(14)では、激動の戦後を生き抜いた一人の父を演じたファン。今回は真っ直ぐで正義を愛する男をリアルに演じている。監督はファンに惜しみない賛辞を送る。

 「いい俳優である以前にいい人。彼の一番の長所だと思います。現場に作品を『一緒に作る』気持ちで来てくれる。スターなのにスタッフと肩を組めるような俳優なんです」

vet_sub2.jpg

 終盤にソウル中心部の繁華街・明洞でカーチェイスが繰り広げられる。リュ監督は大規模なロケ撮影を振り返り、主人公のソ・ドチョルについて「完全にファンを想定して脚本を書きました。彼に出演を断られたら、映画は成立しませんでした」と話した。

 「都心のど真ん中で、交通規制も必要でした。どうしても撮りたかったので、管轄の警察署長を説得する必要がありました。そこへファンが『一緒に行く』と言ってくれたんです。彼が警察に顔を出した途端、事がスムーズに進みました。責任感が強く、自分より相手が引き立つことを好む人。彼の素晴らしさを話し始めたら、朝までかかってしまいますよ」

vet_sub1.jpg

「恋人が視線を交わすのも、雪が降るのもアクションに見える」

 監督得意のアクションは今回も全開だ。明洞でのカーチェイスのほか、序盤の釜山港での大規模ロケーション撮影も見どころ。ストレートな犯罪映画だけに、立ち回りの爽快感も際立つ。リュ監督といえばアクション。こだわりは幼いころに始まった。

 「私は文字を学ぶ前から映画に触れ、中でも香港の武術映画に熱狂しました。初めて観た映画は(韓国のチョン・チャンファ監督が香港で撮った)『死の五本指』(72)。5歳でした。生まれて初めての映画がアクションだったのです。その後もメロドラマ、犯罪もの、コメディーなどたくさん観てきたけれど、私の目にはすべてアクションに見える。つまり私にとって、映画の本質はアクション。動くイメージなのです」

 監督のアクションへの思いは、とめどなくあふれる。初めての映画体験から現在に至るまで、映画への情熱は変わらないようだ。

 「暗闇の大スクリーンに人が映し出され、動きながら物語を紡いでいく。そのことに私は感情を揺さぶられました。恋人が視線を交わすのも、孤独な男が道を歩くのも、雪が美しく降るのも、私にはすべてアクションに見える。敵味方が戦うことを超えた地点に、私のアクションはある。私にとって映画は文字通り『活動写真』なのです」

(文・写真 遠海安)

「ベテラン」(2015年、韓国)

監督:リュ・スンワン
出演:ファン・ジョンミン、ユ・アイン、ユ・ヘジン、オ・ダルス、チャン・ユンジュ

2015年12月12日(土)、シネマート新宿ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://veteran-movie.jp/

作品写真:(C)2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.

posted by 映画の森 at 10:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

第20回釜山国際映画祭 キム・ジェウク主演2本、正反対の役を自然体で

「逆に近くに、回って」質疑応答.JPG

 韓国釜山市で開かれた第20回釜山国際映画祭で、俳優キム・ジェウクが主演作二本のワールドプレミア(世界初)上映に登場した。かたや「新旧の彼女に二股をかける映画監督」、かたや「心に傷を負う自殺志願の警察官」。正反対のキャラクターを自然体でこなしたキム・ジェウクに注目が集まった。

 「逆に近くに、回って」はチョ・ソンギュ監督の新作。監督はタイトルからも分かるように、風変わりなロマンチックコメディーを作り続けている。今回は人気グループKARAのギュリが起用された話題性もあり、上映は盛況だった。

流暢な日本語を披露

 キム・ジェウクは、シナリオ作家の現恋人(チェ・ジョンアン)と在日韓国人の元恋人(パク・ギュリ)との間で、小さな裏切りと間抜けなうそを繰り返す映画監督役をコミカルに演じている。劇中、現恋人とは韓国語で、元恋人とは日本語で会話する。幼少期を日本で過ごしたためネイティブレベルの日本語を操ることで知られるキム・ジェウクだが、話す言語によって人格も異なって見えるのが面白い。本人は「二つの言語にはエネルギーの違いがあると感じるが、計算なしに自然に演じることで、それが出たのだろう」と振り返っていた。

逆に近くに、回って.jpg

 今回初のキスシーンを演じたギュリは「コンビニで酒を買って飲んでから臨んだ」と、撮影前の緊張ぶりを告白。日本語での演技については、キム・ジェウクの完ぺきな日本語に驚いたといい、さらなる努力を誓っていた。

 映画では、男の小細工もむなしく二人の女性は親しく会話する仲になる。男は二人の女性を乗せて車を走らせ、三人の間に微妙な空気が流れる中、到着場所が示されないままエンディングとなる。「このあとどうなったと思うか」と質問を受けた監督とキャストは、それぞれ違う結末を想像した。観客にとってもやはり想像をかきたてられるラストシーンだ。

 キム・ジェウク主演のもう1本「別の道がある」(チョ・チャンホ監督)も釜山で初上映された。人生に疲れた男と女が自殺サイトで知り合い、冬の田舎町でともに死のうとするシリアスなストーリー。キム・ジェウクの役どころは、幼いころの体験で心に深い傷を負い、夢も希望もなく毎日を過ごす警察官だ。相手役はソ・イェジが務めた。

別の道がある.jpg

 二人はインターネットで自殺の場所や方法について綿密に打ち合わせたものの、ちょっとした行き違いから一緒に自殺することはできず、それぞれに死のふちをさまようことになる。先に覚醒した男は「これからどう生きるべきか」という問いに一つの答えを見出す。

 重いテーマでありながら、絶望の先に必ず希望があるというメッセージが強く伝わる作品だ。会場で観客とともに鑑賞したキム・ジェウクは「シナリオに力があった。気張らずに演じたことで主人公の感情がうまく出せたかもしれない」と語っていた。

(文・芳賀恵 写真・岩渕弘美)

写真:「逆に近くに、回って」の(左から) キム・ジェウク、チェ・ジョンアン、パク・ギュリ=釜山で10月2日

作品写真1:「逆に近くに、回って」
作品写真2:「別の道がある」
posted by 映画の森 at 09:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする