2016年11月13日

「華麗なるリベンジ」ファン・ジョンミン×カン・ドンウォン 検事と詐欺師のバディ・ムービー

karei_main.jpg

 韓国の人気俳優ファン・ジョンミン、カン・ドンウォン共演の“バディ・ムービー”「華麗なるリベンジ」。無実の罪で収監された検事とイケメン詐欺師がコンビを組み、巨大な権力に立ち向かう。

 リゾート開発に反対する過激な環境保護団体が、警察と激しく衝突した。正義感が強く苦労人の検事ピョン・ジェウク(ファン・ジョンミン)は、背後に開発側の関与を疑う。一方、政界進出を狙う次長検事のジョン・ギル(イ・ソンミン)にとってジェウクは邪魔だった。捜査から手を引くよう命じるが、ジェウクは無視して取り調べを強行する。ところが容疑者が取調室で死亡。ジェウクは疑われて15年の実刑判決を受け、収監される。

karei_sub1.jpg

 刑務所生活も5年が過ぎた。受刑者から一目置かれる存在となっていたジェウクの前に、巧みな話術とルックスで人をだます詐欺師ハン・チウォン(カン・ドンウォン)が現れた。ふとした会話からチウォンが5年前の事件にかかわっていたことを知るジェウク。真相を知り自らの汚名をすすぐため、チウォンに取引を持ちかける。「出所を助けるから自分の計画を手伝ってくれないか」

 チウォンはジェウクの提案に同意。しかし、二人は性格も行動も正反対。あくせく働くのが嫌いなチウォンだったが、ジェウクにとっては命綱。いやいやながらもチウォンは手足となって動き、詐欺師の才能を発揮。5年前の事件の核心に迫っていく──。

karei_sub2.jpg

 ファン・ジョンミンは静の演技。塀の中で腰を据え、内面に炎をたぎらせ、少しずつ真実に近付いていく。閉ざされた空間で重厚感を見せる。対するカン・ドンウォンは動の演技。口八丁手八丁、表情豊かに軽妙に詐欺師になりきる。時間とともに頼りになる相棒へ変わっていく。

 対照的な二人の男が、手を組んで巨悪と戦う。ありがちなストーリーだが、主演二人のメリハリある演技で見ごたえある娯楽作品となった。

(文・岩渕弘美)

「華麗なるリベンジ」(2015年、韓国)

監督:イ・イルヒョン
出演:ファン・ジョンミン、カン・ドンウォン、イ・ソンミン、パク・ソンウン、シン・ソユル

2016年11月12日(土)、シネマート新宿ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://kareinaru-revenge.com/

作品写真:(C)2016 SHOWBOX, MOONLIGHT FILM AND SANAI PICTURES CO., LTD ALL RIGHTS RESERVED.

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

釜山国際映画祭(3)「殺してあげる女」ベテラン女優ユン・ヨジョン、韓国女性哀史に挑む 高齢者の性と社会的弱者

「殺してあげる女」上映後トーク.jpg

 釜山国際映画祭では韓国映画の新作が数多く紹介される。今年最も注目を集めた映画の一つは、ベテラン女優ユン・ヨジョンの主演作「殺してあげる女」(イ・ジェヨン監督)だ。高齢男性相手の売春で生計を立てる60代の女性が、彼らの「死にたい」という願いを、悩みながらもかなえてやるストーリー。経験豊かな女優が「死」というテーマを背景に、韓国現代史の闇に埋もれた女性の人生をつむぎ出す。
 
 英題は「The Bacchus Lady」。Bacchus=バッカスとは、韓国でもっともポピュラーな滋養強壮ドリンクだ。ソウルには高齢男性が集まって囲碁や世間話に興じる公園がいくつかある。そこに出現してバッカスを手渡しながら春を売る中高年の女性を「バッカスアジュンマ(おばさん)」と呼ぶ。その存在については筆者も韓国でしばしば耳にしたが、都市伝説のたぐいだと思っていた。しかし最近、彼女らが摘発されたというニュースが目につくようになった。これは韓国の高齢者を取り巻く貧困、孤独の問題と無縁ではないだろう。

殺してあげる女.jpg

 映画の主人公は「バッカスおばさん」のソヨン(ユン・ヨジョン)。タイトルの「殺してあげる女」は韓国語の俗語で「すばらしく夢中にさせる女」の意味もあり、ソヨンは客にとってそのような存在だ。

 ソヨンは性病治療のため訪れた産婦人科医院で、韓国人男性とフィリピン人女性の間に生まれた「コピーノ」の少年ミンホに出会い、家に連れ帰る。少年の母親は、自分を捨てて韓国に帰った男(院長)を訪ねてきたが、冷たくあしらわれて逆上し、院長を刺してしまったのだ。

 ソヨンは昔なじみの客の見舞いに行く。脳卒中で倒れ寝たきりとなった彼には、男っぷりが良かった昔の面影はない。彼は切実に死を願う。ソヨンは悩んだ末に彼に毒を飲ませる。以後ソヨンは、認知症や孤独によって絶望し、死を望む老人たちの手助けをするようになる。

殺してあげる女2.jpg

 この映画は高齢者の問題を描き出すと同時に、韓国社会が抱える問題や、疎外されたマイノリティーの姿を映し出す。

 明示される問題のひとつは海外養子だ。ソヨンは若いころ米軍基地の町で米兵相手の商売をしていた。黒人兵士の子を宿したが、貧困と差別を恐れて海外に養子に出した経験がある。のちに黒人と韓国人のハーフの青年兵士に出会い、当時の痛みを蘇らせるのだ。朝鮮戦争後から始まった韓国の海外養子は、数こそ減ったものの、経済的に豊かになった現在も続いている。

 「コピーノ」には正確な統計はないが、3万人に上るという説もある。多くの子どもたちが貧困にあえいでいるといい、数年前に市民団体が子どもと韓国の父親との親子関係を確認する訴訟を支援し始めて問題が表面化した。

 「コピーノ」のミンホだけではなく、ソヨンの周辺にいる人々のほとんどがマイノリティーに属する。借りている部屋の家主はトランスジェンダー。隣の住人は片足が義足の青年だ。みな「普通の社会」からは目を向けられない存在だが、互いを尊重して支え合い、笑いを忘れずにたくましく生きている。
 
 客を装って近づいてきたテレビ局のディレクターが、ソヨンにインタビューを申し込むシーンがある。「老いても身を売らなければならない悲惨さを訴えてほしい」という申し出に、ソヨンは「食べていくための仕事。恥じることはない」と淡々と答える。現代の価値観や道徳観で物事を断じることに疑問を投げかける、印象的な場面だ。単なる同情心では他者を理解し共生することはできないのだ、というメッセージが伝わる。

「殺してあげる女」トークイベント.jpg
 
「同じ役はやりたくない」

 釜山映画祭では、上映後の舞台あいさつやトークイベントが行われ、大盛況となった=写真。単独トークイベントに登場したユン・ヨジョンは、「もう一度演じたらもっとうまくできるのでは、という後悔の連続」と、経験を積んでもなお衰えることのない演技への執念を垣間見せた。

 映画やテレビドラマに切れ目なく出演する今も「同じ役は避けている。違うことをしたい」というユン・ヨジョン。旺盛なチャレンジ精神に、会場を埋めたファンは惜しみない拍手を送っていた。

(文・芳賀恵 写真・岩渕弘美)

写真
1:上映後のユン・ヨジョンとユン・ゲサン 
2・3:作品写真(映画祭事務局提供) 
4:ユン・ヨジョンのトークイベント(左から2人目)

posted by 映画の森 at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

「ハッピーログイン」SNSで生まれる恋 チェ・ジウ主演、韓国群像ラブストーリー

hl_main.jpg

 インターネットのSNS(交流サイト)でつながった男女3組の韓国ラブストーリー「ハッピーログイン」。ドラマ「冬のソナタ」のチェ・ジウ、「ある会社員」のイ・ミヨン、「ビューティー・インサイド」のキム・ジュヒョク、「二十歳」のカン・ハヌル、「愛のタリオ」のイ・ソムが共演。

 気難しく強気な売れっ子脚本家ギョンア(イ・ミヨン)は、一人息子を愛するシングルマザー。新作を書き上げるが性格のせいでキャストがなかなか決まらない。そんなギョンアの作品でブレイクし、今や大スターになったジヌ(ユ・アイン)は兵役を終えたばかり。恩人ギョンアの出演依頼を受けるが気乗りしない。しかし、ギョンアのフェイスブックに載せられたある写真を見て気持ちが揺れる。

hl_sub2.jpg

 一方、結婚も出世もうまくいかないアラフォーCA(客室乗務員)のジュラン(チェ・ジウ)は、結婚相手に逃げられたシェフのソンチャン(キム・ジュヒョク)とひょんなことから同居人になる。最初はぶつかる二人だが、理想の相手との恋に必死なジュランに、ソンチャンが指南役を買って出る。SNSを使って見事相手の気を引くことに成功するジュランだが──。

 楽才にあふれルックスも抜群のスホ(カン・ハヌル)は、あるコンプレックスから恋愛の経験がない。ある日、慕っているソンチャンの店でナヨン(イ・ソム)に出会う。スホに一目ぼれしたナヨンは積極的にアプローチ。恋の駆け引きに出るが、真っ直ぐな性格で恋愛初心者のスホとは思うようにいかない。

hl_sub1.jpg

 素直に思いを伝えられず、なかなか恋が進まぬ6人。等身大の姿に共感を覚え、幸せな気持ちになれるラブストーリーだ。3組をつなぐのはSNS。世代と立場を越えて人を結びつけ、その先の「大切なもの」を見せる仕掛けになっている。

(文・岩渕弘美)

「ハッピーログイン」(2016年、韓国)

監督・パク・ヒョンジン
出演:イ・ミヨン、チェ・ジウ、キム・ジュヒョク、ユ・アイン、カン・ハヌル

2016年10月15日(土)、新宿バルト9、T・ジョイPRINCE品川ほかで限定公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://happylogin.jp/

作品写真:(C)2016 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

釜山国際映画祭、危機乗り越え開催 「表現の自由」めぐり市と対立も

1.jpg

 韓国の第21回釜山国際映画祭が、釜山市で開催中だ。台風一過の秋晴れとなった初日の10月6日は、国内外のゲストがレッドカーペットに登場。詰めかけたファンを熱狂させた。2年にわたり表現の自由をめぐって映画祭側と釜山市が対立し、一時は開催すら危ぶまれたが、組織改編を行うなどしてなんとか初日を迎えた。15日まで69カ国・地域の計299本を上映する。

 オープニング会場の「映画の殿堂」には多くの市民が訪れ、次々に姿を見せるスターに声援を送った。開会セレモニーの司会を務めたハン・ヒョジュとソル・ギョング、新作「THE NET」を上映するキム・ギドク監督、「コーヒーメイト」で共演したオ・ジホとユン・ジンソらが登場。日本勢は「怒り」の李相日監督と渡辺謙、日活のロマンポルノ・リブート・プロジェクト作品「ジムノペディに乱れる」の行定勲監督と板尾創路らキャストが参加した。

2.jpg

 オープニング作品は、中国朝鮮族のチャン・リュル(張律)監督が韓国で撮影した「春夢」。小さな酒場を経営する女性(ハン・イェリ)と、社会の底辺で生きる3人の男の心の交流を描く。3人の男を演じるのは「息もできない」のヤン・イクチュン監督、「ムサン日記 白い犬」のパク・ジョンボム監督、「許されざるもの」、「群盗 民乱の時代」のユン・ジョンビン監督。キャスティングのユニークさも話題を呼んだ。

 釜山映画祭は14年、旅客船セウォル号の沈没事故に対する政府の対応を批判したドキュメンタリー「ダイビング・ベル」の上映をめぐり、釜山市と対立。韓国の映画人は表現の自由と映画祭の独立性を訴え、海外の映画界からもエールが送られた。

3.jpg

 映画祭側と釜山市側の交渉はなかなか妥協線を見いだせなかったが、女優のカン・スヨン執行委員長に加え、「釜山映画祭の父」と呼ばれるキム・ドンホ元執行委員長を新たに理事長に据えて開催への道筋をつけた。

 今年の映画祭は例年並みの規模で行われることになったが、この決着に納得しない映画人も多く、火種は残ったままだ。アジア最大級に成長した映画祭をどう維持していくか、試行錯誤はまだ続きそうだ。

(文・芳賀恵 写真・岩渕弘美、芳賀恵)

4.jpg 5.jpg

6.jpg 7.jpg

8.jpg 9.jpg

10.jpg 11.jpg

12.jpg 13.jpg

写真1:司会のハン・ヒョジュ
写真2:司会のソル・ギョング
写真3:アン・ソンギ
写真4:チェ・ミンホ(SHINee)
写真5:(複数写真は左から)オ・ジホ、ユン・ジンソ
写真6:キム・ギドク監督とチェ・グィファ
写真7:オープニング作品「春夢」のチャン・リュル(張律)監督とキャスト
写真8:カン・スヨン執行委員長とキム・ドンホ理事長
写真9:俳優キム・ウィソンは映画祭の独立性をアピール
写真10:「怒り」の渡辺謙、李相日監督
写真11:「ジムノペディに乱れる」の芦那すみれ、行定勲監督、板尾創路、岡本いずみ
写真12:「嫌な女」の黒木瞳監督
写真13:「シン・ゴジラ」の樋口真嗣監督、長谷川博己=いずれも釜山市で6日
posted by 映画の森 at 08:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

「ヒマラヤ 地上8,000メートルの絆」登山家オム・ホンギル氏に聞く「自然に入る時は『愛する気持ち』が重要」

オム・ホンギル氏.jpg

 ヒマラヤ8000メートル級14座登頂に成功した韓国の登山家、オム・ホンギル氏と仲間の友情を描いた「ヒマラヤ 地上8,000メートルの絆」が公開されている。モデルとなったオム氏は韓国を代表する登山家の一人。映画はエベレスト頂上付近で遭難死した後輩のため、危険を顧みず遺体回収に向かった実際のエピソードを描く。オム氏は豊富な登山経験を振り返り「自然の中に入る時は『愛する気持ち』が重要」と語った。

 2004年。引退したオム・ホンギル(ファン・ジョンミン)のもとに、後輩の登山家パク・ムテク(チョンウ)遭難の知らせが入る。オム氏はエベレスト8750メートルに残された遺体を家族のもとに帰すため、後輩たちとチームを結成。翌05年、決死の覚悟で再びピッケルを握る。

himaraya_main.jpg

 作品のモデルとなったオム氏は、アジアで初めてヒマラヤ8000メートル級14座の登頂に成功した。後輩のパク氏とは20代で出会い、カンチェジュンガ、K2、シシャパンマ、エベレストの8000メートル級4座をともに登った仲だった。映画では二人の出会い、輝かしい遠征の記録、別れと「再会」までを描いている。オム氏は遺体回収に向かった11年前を振り返る。

 「完成した作品を観た後、胸がつまり息苦しくなりました。リアルにあの時の状況がよみがえり、悲しみがこみ上げて。映画化にあたっては『私の志が伝わるよう表現して』と求めました。(パク氏らの)遺族に迷惑をかけたり、傷つけないようにしてほしいと」

himaraya_sub2.jpg

 「後輩の遺体を回収に行く」と告げた時、周囲の反応は厳しいものだった。オム氏は孤軍奮闘する。すでに引退した仲間たちに声をかけ、資金を募る。やがて熱い思いに応え、かつての山仲間たちが集まってきた。再び訓練を経ての遠征は、記録も名誉も求めず、ただ友情に支えられていた。

 「人々には君のもどかしさ、つらさは100%理解する。だがどうみても不可能な計画だ、と言われました。行けばまた遭難や大事故につながる可能性がある。否定的な意見がほとんどでした」

 女性で世界初のエベレスト登頂に成功した田部井淳子氏は、オム氏の行動に「多くの苦悩、葛藤、逡巡に見舞われただろう。険しい旅路を支えたのは、恵まれた体力、技術、運……一番は『どうしても回収したい』という強い思いに、山が『来い』と応えてくれたからではないだろうか」と言葉を寄せている。

himaraya_sub1.jpg

 数々の死線を乗り越えてきたオム氏自身、山へ向かう際は「いつも恐怖を感じる」という。遠征地へ向かう飛行機が離陸する際、「もう一度韓国に戻ってこられるだろうか」と感じてきた。一線を退いた今は、穏やかな気持ちで楽しんで山に登れるようになった。

 「自然に入る時は『愛する気持ち』が重要です。謙虚な気持ちで山に向かえば、自分が癒され、他者と心を通わせることもできる。嫌だという気持ち、拒否する心は破壊につながります。登る行為が自分にとって害になり、事故につながるのです」

 オム氏は50代後半を迎え、若者たちへの登山指導、ヒマラヤのシェルパの家族の支援活動に力を入れている。貧しさから教育を受けられない子供たちのために学校や奨学金を作った。

 「人間関係が希薄になり、情や命の尊厳が軽視される時代。命よりも重いものがあることを、作品を観た人に伝わればうれしいです」

(聞き手・写真 遠海安)

「ヒマラヤ 地上8,000メートルの絆」(2015年、韓国)

監督:イ・ソクフン
出演:ファン・ジョンミン、チョンウ、チョ・ソンハ、キム・イングォン、ラ・ミラン

2016年7月30日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマート新宿ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://himalayas-movie.jp/

作品写真:(C)2015 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.

posted by 映画の森 at 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする