2021年03月06日

「野球少女」プロ野球選手になりたい 女子高生、不屈の挑戦

1.jpg

 天才少女がプロ球界で活躍する話ではない。手に汗握る熱戦が描かれるわけではない。ただ「プロ野球選手になりたい」女子高校生が、開かない扉をたたき続ける物語だ。

 韓国高校野球で20年ぶりの女子選手となり、「天才少女」と騒がれたチュ・スイン(イ・ジュヨン)。トライアウト(入団テスト)でプロ入りを目指すが、家計を支える母(ヨム・ヘラン)は就職を促し、野球部の監督も「女子野球で趣味として続けたほうがいい」と諭す。球速134キロの投球も、新たに赴任してきたコーチのチェ・ジンテ(イ・ジュニョク)に「通用しない」とこき下ろされる。

2.jpg

 先行きが見えないまま、黙々と練習を続けるスイン。手に血をにじませ深夜まで投げ込む姿に、最初は見下していたジンテは心動かされる。自分も一度はプロを夢見たものの、かなわず酒におぼれ、妻子に見放された過去があったからだ。「私の未来は誰にも分からない。私でさえ」と訴えるスインに、ジンテは秘策を思いつく。

 スインの熱意を、幼なじみでプロ指名を受けたチームメートのジョンホ(クァク・ドンヨン)が応援。頑なだった母も娘の熱意を認める。ジンテの奔走でトライアウト参加が許可され、スインは夢見たプロ挑戦のマウンドに立つ。

3.jpg

 日本でもヒットしたドラマ「梨泰院クラス」で、トランスジェンダーの調理師を演じたイ・ジュヨンが、再び偏見や理不尽と戦う役に挑んでいる。スインのモデルは1997年、韓国で女性で初めて高校野球部に所属し、プロ公式試合で登板したアン・ヒャンミ選手。イ・ジュヨンは40日間の特訓を受け、すべてのシーンをスタントなしで演じた。

 スインはただ、プロに「挑戦したい」だけだ。にもかかわらず、周囲の大人たちは次々と代替案を出してくる。「プロでは通用しない」「女子野球があるじゃないか」。スインの投球を評価した球団さえ「選手ではない別の道」を提案する。女性が男性と同じ土俵に立つには、これほど多くの壁がある。道のりの遠さに、少なくない女性が自分を重ね合わせ、心震わせるだろう。

(文・遠海安)

「野球少女」(2019年、韓国)

監督:チェ・ユンテ
出演:イ・ジュヨン 、イ・ジュニョク 、ヨム・ヘラン、ソン・ヨンギュ 

2021年3月5日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://longride.jp/baseballgirl/
 
作品写真:(c) 2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

posted by 映画の森 at 16:07 | Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月24日

「新感染半島 ファイナル・ステージ」大ヒットゾンビ映画続編 舞台は列車から半島全体へ 迫力のカーアクション

1.jpg


 謎のウイルス感染が半島を襲って4年。家族を守れなかった元軍人のジョンソク(カン・ドンウォン)は、亡命先の香港で廃人同様に暮らしていた。そこへ大金稼ぎの仕事が舞い込む。封鎖された半島に戻り、大金を積んだトラックを3日以内に回収する任務だ。半島への潜入に成功したジョンソクらを待っていたのは、増加した感染者と、この世の地獄を楽しむ狂気の民兵集団631部隊。両者に追い詰められたジョンソクを助けたのは、ミンジョン(イ・ジョンヒョン)と2人の娘だった──。

 大ヒットした韓国ホラー映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」の4年後を描いた続編「新感染半島 ファイナル・ステージ」。監督は前作に続いてヨン・サンホ。前作では人間が狂暴化する謎のウイルスが発生し、高速列車に感染者が紛れ込み、車内での生死をかけたサバイバルが描かれた。ドラマの根底には残酷なゾンビ映画と対照的な親子愛、自己犠牲が置かれ、世界の観客の心をつかんだ。

2.jpg

 続編の「新感染半島 ファイナル・ステージ」は、前作の世界観を継承しつつ、新たな手法で勝負に出た。前作が高速列車内の密室劇にだったのに対し、今回は感染者のるつぼと化した半島すべてが舞台となる。極悪囚人の監獄島となった米ニューヨークに飛行機が墜落し、緊急脱出した大統領を救う近未来SF映画「ニューヨーク1997」(81)と似た設定だ。

 ジョンソクらが戻った半島では、民兵たちが街を牛耳っていた。光と音に反応する感染者たちを横目に、法も秩序のない半島で自堕落な生活を謳歌している。そんな民兵たちの楽しみは生存者の男たちをつかまえ、コロシアム風の場所に放ち、感染者との生き残りゲームを強制することだった。

 前作で描かれた親子愛の流れをくむのがミンジョン母子の物語だ。実は4年前、ジョンソクは助けを求めてきたミンジョンたち見捨てていた。その罪滅ぼしするように、ジョンソクは母子を助けようと奮闘する。

ジョンソクたちVS民兵631部隊VS感染者の構図で物語は展開するが、後半はジョージ・A・ロメロ監督の「ゾンビ」(78)と同じく人間VS人間の構図に変わる。半島から脱出を試みるジョンソクらは、大金を積んだトラックを狙う631部隊と激しいカーアクションを展開。身体能力が異常に高い感染者たちを巻き込んだすさまじいアクションは必見だ。

3.jpg

 ミンジョンの若い長女ジュニが軽快なドリフト走行を見せ、迫りくる無数のゾンビ化した感染者たちを跳ね飛ばす。痛快なカーアクションはほぼCGだが、実写とCGゾンビとの融合スタイル。現在の韓国映画の柔軟な発想によるものだ。

 密室から解放空間へ進化し、現在の韓国エンターテインメント映画の熱量がそのまま反映されている。前作が正統なゾンビ映画とすると、続編はアクティブなゾンビ・アクション。人間の欲やエゴ、醜い争いを主軸に、舞台が解放されたことで、激しいアクションを多用した作品となった。

(文・藤枝正稔)

「新感染半島 ファイナル・ステージ」(2020年、韓国)

監督:ヨン・サンホ
出演:カン・ドンウォン、イ・ジョンヒョン、クォン・ヘヒョ、キム・ミンジェ、ク・ギョファン、キム・ドゥユン、イ・レ

2020年12月25日(金)、緊急先行公開。2021年1月1日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://gaga.ne.jp/shin-kansen-hantou/

作品写真:(C)2020 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILMS.All Rights Reserved.
posted by 映画の森 at 22:44 | Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

「ブリング・ミー・ホーム 尋ね人」“チャングム”ことイ・ヨンエ、14年ぶり復帰映画 息子を捜す孤独な戦い

1.jpg

 大ヒットドラマ「宮廷女官 チャングムの誓い」(03)、映画「親切なクムジャさん」(05)主演のイ・ヨンエが、14年ぶりにスクリーンに復帰した。看護師のジョンヨン(イ・ヨンエ)と夫のミョングク(パク・ヘジュン)は、6年前に行方不明になった息子のユンスを探し続けていた。そこへ「ユンスに似た子を漁村で見た」との情報が寄せられる。しかし、漁村を訪れたジョンヨンの前に、釣り場を営む怪しげな一家が立ちはだかる。口を閉ざす村人、非協力的な警察。ジョンヨンは村への疑念をふくらませる──。

 初メガホンを取ったのは、イ・チャンドン監督の「シークレット・サンシャイン」(07)にプロダクション・アシスタントとして参加したキム・スンウ。自身が書いた脚本がイ・ヨンエの目に止まり、映画化が実現した。

2.jpg

 夫妻は息子を捜し、韓国中を自家用車で走り回っている。助けを求めた「行方不明家族 捜索の会」の小屋の壁には、いなくなった無数の子どもの写真が貼られている。説明的な描写はないが、子どもの数の多さが観客にインパクトを与える。

 そんな中、ミョングクは教員として再就職が決まるが、不運にも事故に巻き込まれてしまう。落ち込むジョンヨンに怪しい男から息子に似た少年の情報が入る。大金を払って情報を得たジョンヨンは、少年がいるという漁村の釣り場へ向かう。 

3.jpg

 韓国社会の闇が凝縮されたようなドラマだ。息子を捜す夫妻は、わずかな手がかりも逃さず追っていくが、心ないいたずらに振り回される。人生のほとんどを息子捜しに奪われ、負のスパイラルを断ち切ることはできない。たどり着いた釣り場の家族の不気味さも際立つ。地元の警察官(ユ・ジェミョン)はこの家族と親密で、まったくあてにならない。あまりの不条理に嫌悪感が湧き上がる。ホラー映画「悪魔のいけにえ」(73)の狂人家族を見た時のようだ。

 韓国映画らしく暴力描写も容赦がない。邦画なら躊躇するところだが、殴る蹴るや奴隷扱いなど痛々しい。ジョンヨンの格闘シーンは「タクシードライバー」(76)のクライマックスを彷彿させる。生々しい痛みを伴う戦いだ。

 救いのない暴力の幕引きには甘さも感じたが、デビュー作とは思えぬ監督の演出に感服した。饒舌な語り口、緊張感あふれる推理劇、深い人物造形、巧みな伏線回収、ショッキングな暴力描写。わずかな情報に一縷の望みを託す母親の深い愛、強さと行動力。イ・ヨンエら俳優陣の好演も光る衝撃作だ。

(文・藤枝正稔)

「ブリング・ミー・ホーム 尋ね人」(2019年、韓国)

監督:キム・スンウ
出演:イ・ヨンエ、ユ・ジェミョン、イ・ウォングン、パク・ヘジュン

2020年9月18日(金)、新宿武蔵野館ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://www.maxam.jp/bringmehome/

作品写真:(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

posted by 映画の森 at 10:05 | Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月29日

韓国の映画人、「ポスト・ポン・ジュノ法」制定求め署名 映画産業の構造改革求める

IMG_3739.jpg

 「次世代のポン・ジュノを生み出すためには映画産業の構造改革が必要」――。韓国の映画人らが、映画産業における「格差」を解消する法案(通称「ポスト・ポン・ジュノ法」)に賛同し、署名を行った。

 署名を呼びかけたのは「映画産業の構造改善法制化準備の集い」。同団体が作成した映画産業の構造改善を求める宣言書に、2月26日までに1325人が賛同した。

 同団体が求めるのは次の3項目だ。まず、大企業の映画配給業と上映業の兼業制限。報道資料によると、韓国ではシネコン大手3社(CJ・ロッテ・メガボックス)のシェアが大きく、国内の全映画館の入場料金の97%を占める。3社は配給も手掛けるため、利益が社内のみで循環し、製作者や出演者、スタッフに還元されないことが問題だとの指摘だ。

 次に、特定の映画のスクリーン独占・寡占の禁止だ。昨年、ある人気の映画が一日の上映延べ回数の81%を占めたという。この日の全国の上映作品数は106本だった。実際に韓国のシネコンではスクリーンの半分以上をたった一本のブロックバスター映画が占めることが珍しくない。そのたびに「多様性」が叫ばれるが、なかなか改善しないのが実情だ。同団体は、韓国の映画館の売上高の上位10本の合計額は全体の46%を占め、米国(33%)、日本(36%)に比べて偏りが顕著だと指摘する。

 三つ目はインディペンデント映画・アート映画の製作と、それらを専門に上映する映画館への支援の制度化。インディペンデント映画・アート映画の一般公開数は全体の9.5%に達するが、観客のシェアはわずか0.5%だという。

 署名簿には俳優のムン・ソリ、ソル・ギョング、アン・ソンギ、オム・ジョンファ、イ・ソンギュン、チョン・ウソン、監督のイム・グォンテク、イム・スルレ、イ・ミョンセ、ヤン・イクチュンらが名を連ねている。

 法案の名前となっているポン・ジュノ監督の名前は署名簿にはない。「パラサイト 半地下の家族」のアカデミー賞受賞も、CJエンターテインメントが配給を手掛けたからこそ実現したとも考えられるわけで、単なる「大企業憎し」の発想だけではこの問題は解決しないと思われる。

 ただ、報道資料には「多くの映画人から『大企業と契約関係があり、今すぐ署名するのは難しい。理解してほしい。しかし意志は同じだ』との声が寄せられた」とある。すぐれた映画人を発掘・育成するには、さまざまな映画が観客の目に触れることが不可欠だ。どこかに眠る「未来のポン・ジュノ」のために、映画人がどう取り組んでいくのかに注目したい。

(文・芳賀恵)

posted by 映画の森 at 14:58 | Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

「パラサイト 半地下の家族」ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ来日「世界は同じ苦痛を抱えている」

IMG_4121.jpg

 米アカデミー賞で外国映画として史上初の作品賞を含む最多4部門を制した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督、主演のソン・ガンホが2020年2月23日、東京・千代田区の日本記者クラブで記者会見した。格差社会を巧みな演出で描いたポン監督は「世界のさまざまな国が同じ苦痛を抱えている。社会の二極化の事実を暴くより、未来に対する恐れを描きたかった」と語った。

 日本でも公開中の「パラサイト 半地下の家族」は、2月22日までに興行収入30億円(動員約220万人)を突破。韓国映画として「私の頭の中の消しゴム」を超え、歴代興行収入1位を記録した。ポン監督は「劇場で熱く反応してくれた日本の観客に感謝したい」と語った。

IMG_3627.jpg IMG_3739.jpg


ソン「監督の『ねっとりしたところ』が好き」
 さらに、ソンは開口一番、日本語で「ソン・ガンホです」とあいさつ。日韓の映画交流が盛んだった2000年代初頭を振り返り「残念なことにその後は減ってしまった。『パラサイト』を機に韓国の素晴らしい監督の作品、日本の優れた芸術家の活動が関心を呼び、互いの文化に共感が持てればいいと思う」と話した。

 二人は「殺人の追憶」(03)、「グエムル 漢江の怪物」(06)、「スノーピアサー」(13)を経て4作目のタッグ。ソンはポン監督の魅力を「ねっとりしたところ」と表現。カンヌ国際映画祭のパルムドール(最高賞)受賞ではうれしさのあまりポン監督の胸を強く叩き、骨にひびが入ってしまったという。監督との仕事は「祝福であり苦痛。監督が芸術家として持つ野心を、私が俳優として達成するための苦痛。現場では監督とあまり話さず、何を撮ろうとしているか探るのが好きだ。俳優としては難しく、楽しく、興味深い行為で、あえて尋ねずに見つけようと心がけている」と明かした。

 一方、ポン監督は、ソンについて「演技が本当に素晴らしい」と絶賛。脚本をあて書きする時は「うきうき草原をはねる子馬のような気分になる」と高い信頼を寄せている様子を見せた。

IMG_3800 (1).jpg

ポン監督「匂いを語ることで、一線を越える状況描いた」
 また、作品の重要なポイントとなる「匂い」について、ポン監督は「匂いは礼儀に関することなので、たとえ感じても口に出せない。生きる環境、生活条件、置かれた状況を表すもの。映画では意図せず匂いについて聞いてしまうことで、人間の礼儀に対して一線を越えてしまう状況を描いた」と語った。

 これに対し、視覚の上には表れない匂いを繊細な演技で表現したソンは「目に見えない線や匂いは、映像で見せにくい。演技する時は、漠然と観念的な方法ではなく、ドラマの構造の中に入り込み、心理的に理解するよう心がけている」と話した。

 全米俳優組合(SAG) 賞の作品賞にあたるキャスト賞受賞について、ソンは「俳優のアンサンブルに与えられる賞。題名は『パラサイト』だが、私たちのこの社会をどう生きるか、寄生ではなく共生を描いている。(演技のアンサンブルを評価する)賞が獲れて、意図がきちんと伝わったと考えている」と述べた。

IMG_3742.jpg

ポン監督「ウイルスより過度な反応、国家的・人種的な偏見が恐ろしい
 新型コロナウイルスが拡大する現状について、ポン監督は「浦沢直樹さんの『20世紀少年』を思い出す。人間心理が作る不安や恐怖が大きく、巻き込まれると災害を克服するのが難しくなる。過度な反応や国家的・人種的な偏見で、より恐ろしいことが起きる。我々は問題を乗り越えられると希望的に考えている」と前向きに語った。

IMG_3864.jpg IMG_3886.jpg

 作品を通じて伝えたかったことについて、ポン監督は「世界のさまざまな国は同じ状況、苦痛を抱えている。二極化と呼ばれるその事実を暴くより、未来に対する恐れを描きたかった。未来の私たちは二極化を克服しうるのか。たやすいことではない。私は悲観主義者ではないが、今後どうすべきなのか。私の不安や恐れは、この時代を生きるすべての人が抱えているのではないか。メッセージやテーマを真顔で伝えるのが得意ではない。冗談交じりで伝えるのが好きだ。声高に主張するより、映画的な美しさの中、映画的方法で、俳優の豊かな表現とともに、映画的な活気をもって伝えたかった」

ポン監督「クラシックを作りたい。『七人の侍』のような」
 最後に今後の目標についてポン監督。「恥ずかしいが……クラシックを作りたい。作品が時間を超えてほしい。ほぼ妄想のようなものだ。キム・ギヨン監督の『下女』や黒澤明監督の『七人の侍』、ヒッチコック監督の『めまい』のように」と話した。

IMG_4024.jpg IMG_4059.jpg

 また、翌24日に東京・六本木で開かれた舞台あいさつには、二人の20年来のファンという草なぎ剛が登場。カンヌ最高賞、米アカデミー賞など世界で評価されたことを祝福した。

(文・阿部陽子 写真・岩渕弘美)

「パラサイト 半地下の家族」(2019年、韓国)

監督:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ジョンウン、チャン・ヘジン

全国公開中。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.parasite-mv.jp/

作品写真:(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
posted by 映画の森 at 00:47 | Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする