2016年05月27日

「鏡は嘘をつかない」海に生まれ、海に死ぬ インドネシア海洋民族の祈りと営み

kagami_main.jpg

 鏡に父は映らない。インドネシアの美しい海。漁から戻らぬ父を待ち、10歳の少女パキス(ギタ・ノヴァリスタ)は水面を見つめている──。

 スラウェシ島南東部の島々・ワカトビ。サンゴなど海の恵みが豊かな場所だ。パキスは「海で生まれて、海で死ぬ」とうたわれる海洋民族のバジョ族。人々は浅瀬に高床式の家を構え、漁業を中心に生活を営んでいる。

 パキスの鏡は父が残したものだった。バジョ族にとって鏡は探し物や「真実」を映し出す大切な道具。パキスは時おり鏡をのぞくが、父の姿は見えない。母のタユン(アティクァ・ハシホラン)は顔を白く塗り、不安や悲しみを押し殺すが、父と鏡に執着する娘には「前を向け」と諭していた。

kagami_sub1.jpg

 そんなある日、ジャカルタから来たイルカ研究者の青年トゥード(レザ・ラハディアン)が、村長の指示でパキスの家に泊まることになった。戸惑うパキス。部屋を貸すことは、父の死を受け入れることにほかならない。トゥードはパキスとその友人ルモ(エコ)を連れて海に出るが、イルカは見つからない。美しいワカトビにも、地球温暖化の波が押し寄せていた。

 やがてパキスは、都会から来た異邦人のトゥードに思いを寄せ始める。一方、トゥードは次第に地域に溶け込み、タユンと互いを必要とする関係になっていく。タユンは気持ちに区切りをつけられない娘に業を煮やし、「父を忘れろ」と鏡を割ってしまう。母娘の溝は一向に埋まらなかった。

 海は生きる源でもあったが、時に残酷にもなる。テレビに流れる東日本大震災の津波の映像を、静かに見つめるワカトビの人々。父の船が沖合で見つかり、肩を落とすルモ。海の厳しさを痛感したパキスは、ある行動に出る。パキスの求める父の姿は鏡に現れるのか──。

kagami_sub2.jpg

 「鏡は嘘をつかない」はカミラ・アンディニ監督の初長編作。インドネシア映画界を代表する監督で父親のガリン・ヌグロホがプロデューサーを務めた。ワカトビは1996年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界自然遺産に登録されている。

 ワカトビの美しさが余すところなく映し出され、食生活、家屋、冠婚葬祭の儀式などバジョ族の文化も散りばめられている。船を自在に操る子供たちから海との一体感が伝わってくる。

 忘れてならないのは、海の表情が一つでないことだ。命をつむぐのも奪うのも海。美しいサンゴ礁、海の恵み、津波、パキスやルモの父たちの悲しい知らせ。寄せては返す波のように、海は日々表情を変える。そんな海の中にこそ、人の営みの強さを感じるかもしれない。

 鏡に父は映らない。のぞき込むと見えるのは、いつもパキス自身だ。彼女が本当に探しているのは父の姿ではなく、不安や悲しみに向き合う自分自身ではないだろうか。

(文・魚躬圭裕)  

「鏡は嘘をつかない」(2011年、インドネシア)

監督:カミラ・アンディニ
出演:ギタ・ノヴァリスタ、アティクァ・ハシホラン、レザ・ラハディアン

2016年6月4日(土)、岩波ホールほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.pioniwa.com/kagamimovie/

作品写真:(c)setfilm

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 11:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

「アクト・オブ・キリング」 インドネシア100万人大虐殺 罪悪感ゼロ 誇らしげに語る加害者たち

アクト・オブ・キリング.jpg

 異教徒の排斥、侵略者の撃退、ファシストの打倒──。有史以来、人類はさまざまな大義名分のもと、大量虐殺を重ねてきた。殺人=正義と信じて疑わず、老人や女子供も情け容赦なく手をかけた。第二次世界大戦しかり、ベトナム戦争しかり。だが、殺戮者も決して悪魔ではない。記録映像などで見る限り、彼らの多くは自らの行為を後悔し、深い罪責感に苦しんでいた。精神を病んだ者もいた。それが人間というものだ。

 しかし、このドキュメンタリー映画に登場する元虐殺者は全然違う。まるで元ヤンキーが、若い頃の武勇伝を自慢するように、自らの虐殺行為を得々と語るのである。もしかしたら偽悪的な芝居なのではないか。そんな疑いすら抱かせるほど、彼らには反省も自責も見られないのだ。

アクト・オブ・キリング2.jpg

 1965年、インドネシア。共産主義者を標的に100万人規模の大量虐殺が行われた。実行部隊となったのは、プレマンと呼ばれるギャング集団。リーダーはアンワル・コンゴという男だ。虐殺の様子を楽しげに再現してみせるアンワルに、ジョシュア・オッペンハイマー監督は提案する。「いっそのこと、あなたが行った虐殺を、映画に撮ってみませんか?」

 映画館でダフ屋をしていたアンワルは、米国映画のファンで、撮影技術にも詳しかった。二つ返事で飛びつくと、仲間を集め、エキストラを組織し、自ら演技指導にあたった。「血が出ないようにワイヤーで絞殺したんだ」と、ギャング映画から学んだ殺害方法を説明するアンワル。映画には娯楽的要素が必要だからと、仲間のヘルマンには女装させる。残酷なシーンの合間の笑い。これもハリウッド映画仕込みだ。

アクト・オブ・キリング3.jpg

 屈託なく映画づくりを楽しむアンワル。少年のように無邪気な姿に、慄然とさせられる。殺した相手や家族のことを考えたことはないのか。そもそも共産主義者から資金源であるハリウッド映画の配給を規制されたことで、アンワルは彼らに恨みがあった。悪人を退治してやったぐらいにしか考えていないのだろう。

 実際、アンワルは祖国を共産主義者から救った英雄として、いまだに尊敬されている。大量虐殺について罪を問われることは一切ない。それゆえの余裕か。

 と思って見ていると、終盤、アンワルに変化が訪れる。それは不意に起こる。オッペンハイマー監督がアンワルに映画を撮らせた目的が、ここでようやく達成される。冷酷な殺人者をカメラで追い詰め、追い詰めた結果、ついに訪れる劇的瞬間に、かすかな救いを感じた。

(文・沢宮亘理)

「アクト・オブ・キリング」(2012年、 デンマーク・ノルウェー・イギリス)

監督:ジョシュア・オッペンハイマー

2014年4月12日(土)、シアター・イメージフォーラムほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.aok-movie.com/

作品写真:(c) Final Cut for Real Aps, Piraya Film AS and Novaya Zemlya LTD, 2012
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 08:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

「KILLERS キラーズ」会見 日本・インドネシア初合作映画 北村一輝「ジャカルタでの撮影、刺激的だった」

「KILLERS キラーズ」記者会見.jpg

 日本とインドネシアの初合作映画「KILLERS キラーズ」の公開を控え、主演の北村一輝、高梨臨、ティモ・ジャヤント監督が1月24日、東京都内の日本外国特派員協会で記者会見した。北村は「海外での演出は刺激的だった」と語った。
 
 「KILLERS キラーズ」は東京、ジャカルタが舞台のホラー作品。残忍な猟奇的殺人犯・野村(北村)と、実直なインドネシア人ジャーナリストのバユ(オカ・アンタラ)が主人公。野村がインターネットに投稿した残虐な動画を通じ、バユが内に眠る暴力衝動を覚醒させ、二人が衝突に至る過程を描く。ティモ・ジャヤント、キモ・スタンボエル両監督からなる「モー・ブラザーズ」がメガホンを取った。

KILLERS キラーズ.jpg

 まずは北村が「私は殺人鬼ではございません(笑)」と切り出して笑いを誘い、高梨は「日本とインドネシアの合作映画に参加できてうれしい」とあいさつした。

 出演の経緯と現地での撮影について、北村は「海外の演出を受けることは刺激的だった。(残虐性の高い)脚本を理解するのは難しく、監督に『この映画で何をしたいのか』を聞いてから出演を決めた」と話した。

KILLERS キラーズ2.jpg

 日本で1カ月撮影した後、北村はジャカルタを初訪問。「まずびっくりしたのは渋滞。日本に比べてスタッフが若く、撮影スピードも3倍ぐらいだった。日本は製作の体制が固まっているが、インドネシアでは観る人が一番面白いように、自由な発想でどんな形でも作ろうとする。勉強させてもらった」と振り返った。

 また、ティモ監督は「人間はそもそも暴力に頼っているのではないか。脚本執筆中に子供が生まれ、自分を取り巻く環境に敏感になった」と説明。「(社会に)暴力があふれている。報道を見ても悲劇や惨事が多く、鬱屈を感じていた」と話していた。

(文・遠海安)

「KILLERS キラーズ」(2013年、日本・インドネシア)

監督:モー・ブラザーズ(ティモ・ジャヤント、キモ・スタンボエル)
出演:北村一輝、オカ・アンタラ、高梨臨 、ルナ・マヤ、黒川芽以、でんでん、レイ・サヘタピー

2014年2月1日(土)、テアトル新宿ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.killers-movie.com

作品写真:(C) 2013 NIKKATSU/Guerilla Merah Films

posted by 映画の森 at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

「KILLERS キラーズ」来日記者会見 日本とインドネシア、初の合作 北村一輝「非常に新鮮だった」

「KILLERS キラーズ」来日記者会見.jpg

 日本とインドネシアの初合作映画「KILLERS キラーズ」(2014年2月1日公開)出演の北村一輝、高梨臨、監督のモー・ブラザーズ(ティモ・ジャヤント、キモ・スタンボエル)がこのほど、東京都内で記者会見した。モー・ブラザーズは「日本との合作は素晴らしい体験だった。機会があればまたやりたい」と語った。

 「KILLERS キラーズ」は東京、ジャカルタを舞台にしたホラー作品。残忍な猟奇殺人犯・野村(北村)と、実直なジャーナリストのバユ(オカ・アンタラ)が主人公。野村がインターネットに投稿した残虐な動画を通じ、バユが内に眠る暴力衝動を覚醒させ、二人が衝突に至る過程を描く。

 インドネシアでの撮影について、北村は「ジャカルタでは街のパワーに驚いた。若者が多く、右肩上がりの勢いを目の当たりにした」と振り返った。さらに「撮影スピードは日本の3倍ぐらい。スタッフは20代の若い人が多く、どんどん撮って後で選ぶ方法。非常に新鮮だった」と話した。

KILLERS/キラーズ.jpg

 モー・ブラザーズの二人は、日本との合作について「初めての体験で大変ではあった。日本側と連絡を密にするよう心がけた。素晴らしい日本のパートナーが、この映画に命を吹き込んでくれた」と感謝の言葉を述べた。

 殺人に対する衝動、残忍で冷酷な犯行、凄惨な暴力描写。ジャンルをホラーに決めた理由を、ティモ監督は「暴力とは何か。我々にどんな影響を与えるのか。見終わった後に考えてほしいかった」と語った。

 さらに、日本での撮影について、キモ監督は「素敵な体験だった。日本のスタッフとの作業はやりやすく、機会があればまたやりたい。寒い冬でもね(笑)」と話していた。

(文・写真 遠海安)

「KILLERS キラーズ」(2013年、日本・インドネシア)

監督:モー・ブラザーズ(ティモ・ジャヤント、キモ・スタンボエル)
出演:北村一輝、オカ・アンタラ、高梨臨 、ルナ・マヤ、黒川芽以、でんでん、レイ・サヘタピー

2014年2月1日(土)、テアトル新宿ほかで全国公開。インドネシアで2月6日公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.killers-movie.com

作品写真:(C) 2013 NIKKATSU/Guerilla Merah Films

posted by 映画の森 at 10:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする