2021年04月18日

「戦場のメリークリスマス」4K修復版 大島渚監督の代表作 ボウイ・たけし・坂本が異色のアンサンブル

1.jpg

 日本を代表する映画監督の一人、大島渚監督の「戦場のメリークリスマス」(83)、「愛のコリーダ」(76)がこのほどデジタル修復され、再公開が始まった。
 
 「戦場のメリークリスマス」は1942年、インドネシア・ジャワ島の日本軍俘虜収容所が舞台。軍属が俘虜(捕虜)を犯した事件の処理にあたった粗暴なハラ軍曹(ビートたけし)と、英国人俘虜ロレンス大佐(トム・コンティ)は、東洋と西洋の価値観を語り合ううちに、奇妙な友情で結ばれるようになる。一方、武士道精神を重んじる所長のヨノイ大尉(坂本龍一)は、英国人俘虜のセリアズ少佐(デビッド・ボウイ)の魔性というべき美しさに心を奪われ葛藤する。収容所に波乱を巻き起こすセリアズは禍(わざわい)の神なのか──。

2.jpg

 原作はローレンス・バン・デル・ポストの俘虜体験記「影の獄にて」。オール海外ロケで国際的なキャストを迎え、戦闘シーンのない戦争映画となっている。大島にとって異色作だ。カンヌ国際映画祭では最高賞・パルムドールを逃したが、日本国内で大ヒットした。魅力はなんといってもキャスティングだ。

 1980年代に漫才ブームをけん引したビートたけし。音楽グループ「YMO」で人気を博したミュージシャンの坂本龍一。英ロックスターのデビッド・ボウイ。3人の1人でも欠けたら作品は成功しなかった。今は大御所になった坂本は、映画音楽に初挑戦している。テーマ曲はあまりにも有名になり、シンセサイザーを駆使してオリエンタルな香りのする音楽を作り上げた。ミニマルな音を積み重ねて大きなうねりを作り出し、製作された83年当時の映画音楽とは全く違うアプローチ。素晴らしいスコアだ。

3.jpg

 戦争映画の形をとりながら、同性愛を大胆に取り入れ、軍属と俘虜の心の揺れと友情を描いた。自分たちの行動が「正しい」と突き進む日本兵の誤った姿、「腹切り」を美学と考えていた日本人の思想。戦争の矛盾を示しているが、時代背景の説明を排除したことで、戦争を知らない世代には分かりづらいかもしれない。

 たけし、坂本、ボウイのアンサンブルは、プロの俳優とは一味違う魅力を放つ。坂本の楽曲も心に残る。内田裕也、ジョニー大倉、室田日出男、戸浦六宏に加え、若き日の内藤剛志も出演。2023年に大島渚監督作は国立機関に収蔵される予定で、今回が最後の大規模上映になるという。4Kデジタル修復で美しく蘇った「戦場のメリークリスマス」。必見だ。

(文・藤枝正稔)

「戦場のメリークリスマス」(1983年、日・英・ニュージーランド)

監督:大島渚
出演:デビッド・ボウイ、トム・コンティ、坂本龍一、ビートたけし、ジャック・トンプソン、ジョニー大倉、内田裕也、三上寛、室田日出男、戸浦六宏、金田龍之介、内藤剛志

2021年4月16日(金)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://oshima2021.com/

作品写真:(C)大島渚プロダクション
posted by 映画の森 at 10:41 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。