2020年01月31日

「Red」完成披露舞台あいさつ 夏帆「悩んで悩んで苦しんだ」難役 妻夫木聡に感謝

IMG_3025.JPG

 直木賞作家・島本理生の小説が原作の映画「Red」の完成披露試写会が2020年1月29日、東京・新宿で行われ、主演の夏帆、妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗、三島有紀子監督が舞台あいさつした。

 夫と娘とともに幸せな生活を送る主婦の塔子(夏帆)が、10年ぶりにかつての恋人・秋彦(妻夫木)に再会し、快楽におぼれていく物語。三島監督は「塔子は本当に難しい役。誰ならできるかと考え、夏帆さんにと思った」と語った。

IMG_2920.JPG IMG_2969.JPG

 鮮やかな真っ赤なドレス姿で登場した夏帆は「監督が現場で戦う姿を見てきて、今回主演で呼んでもらえた。監督の覚悟を感じ、生半可な気持ちではできないと思い、覚悟を決めて挑んだ」と話した。

 初共演の夏帆の印象について、妻夫木は「嘘がない。役にどう接していいか、どうアプローチしていいか分からない気持ちを素直に吐露していた。顔にもすぐ出ちゃう。嘘がなくて好きだった。悩んで悩んで出したものが塔子自身で、初めて成立する。最後まで戦う姿は素晴らしかった」と絶賛した。

IMG_3110.JPG

 妻夫木の言葉に「すみません」と恐縮しきりの夏帆。「悩んでいること全て妻夫木さんにぶつけてみようと思った。見栄を張るより、自分をすべて見せて、思いをすべてぶつけた方が、距離を縮められるかなと。妻夫木さんはすべて受け止めて、芝居で返してくれる安心感があった」と感謝の言葉を述べた。

 また、夏帆は「1年前の撮影を振り返ると、この日を迎えられるなんて、と思うくらい悩んで悩んで苦しんだ。振り返るとそれも幸せな時間だった。1人の女性として生きる中で、何を選び取れば、より自分に素直になれるか、考えながら演じた。見終わった後、いろいろな人と語りたくなる映画になっていると思う」と話していた。

(文・写真 岩渕弘美)

640.jpg

「Red」(2020年、日本)

監督:三島有紀子
出演:夏帆、妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗

2020年2月21日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://redmovie.jp/

作品写真:(C)2020「Red」製作委員会

posted by 映画の森 at 23:44 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。