2019年11月30日

「ハルカの陶」備前焼がつなぐ師弟愛 奈緒が映画初主演

1.jpg

 OLの小山はるか(奈緒)はある日、デパートでふと見た備前焼の大皿に強くひかれる。気付けば備前焼のことばかり考える日々。言葉にできない思いを胸に、岡山県備前市へ赴く。意気込んで大皿の作者を訪ねたが、現れたのは頑固でぶっきらぼう、職人気質な修(平山浩行)だった。しかし、一人ろくろに向かう修を見て、備前焼への興味は一層強くなる──。

 週刊漫画TIMESで連載され、第13回岡山「芸術文化功労賞」を受賞した同名コミックの映画化。NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の奈緒が映画初主演、ほか「本能寺ホテル」(17)の平山浩行、「釣りバカ日誌」シリーズの笹野高史。監督・脚本の末次成人は、2006年にシンガポールに渡り、ベトナムなどアジアでテレビCMやPVを演出した後、2016年に日、中、韓、台湾合作の短編映画「Timeless KOTOHIRA」を監督。今回が初の長編映画となる。

2.jpg

 岡山県備前市を舞台に、漫然と日々を過ごしてきたOLが備前焼と出会い、生きる道を見つけるドラマだ。備前焼と無縁だった主人公を通し、「備前焼とは何か」を分かりやすく描く。備前市と備前焼のPR映画の側面を持ちつつ、主人公の成長ドラマとして感動的に仕上げている。周りを巻き込みながら、無謀なチャレンジ精神で、はるかは成長していく。夢見がちなはるかを、修は怒鳴り、現実を突きつける。ストイックな職人像が物語の肝だ。

 さらに、はるかを引き立てるのが、榊陶人(笹野高史)だ。いつも同じ格好で、修の工房近くの公園で酒を飲んでいる。修に怒鳴られ落ち込むはるかを慰める。はるかはホームレスと思い込んでいるが、実は備前焼の人間国宝で、修も頭の上がらない恩人だった。物腰が柔らかく、人当たりもいい陶人を、笹野はうまく演じている。ベテランならではだ。

3.jpg

 土と炎と職人の思いが作り上げた備前焼。職人がろくろで成型し、何日も付ききりで温度調整しながら、窯の高温で焼かれる。クライマックスにこの「窯炊き」を配して、職人の修と、彼に弟子入りしたはるかの、信頼を超えた師弟愛を描く。

 二人を安易に恋愛関係にさせず、師弟にとどめたことで、物語の筋が一本通った。はるかを演じた奈緒は、表情豊かに生き生きと喜怒哀楽を表現。修役の平山もストイックな役を好演している。分かりやすい題材を、絶妙なバランス感覚で描くことに成功した。

(文・藤枝正稔)

「ハルカの陶」(2019年、日本)

監督:末次成人
出演:奈緒、平山浩行、笹野高史、村上淳

2019年11月30日(土)、ユーロスペースほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://harukano-sue.com/

作品写真:(C)2019「ハルカの陶」製作委員会
posted by 映画の森 at 15:14 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。