2019年10月29日

釜山国際映画祭2019、日本映画が存在感 女性監督も躍進

1.jpeg

 「第24回釜山国際映画祭2019」が10月3〜12日、韓国釜山市で開かれた。日韓関係に逆風が吹く中での開催となったが、映画祭は例年通り日本の映画と映画人を歓迎。開幕作・閉幕作のどちらも日本がかかわる作品だったのは、過去にないことだった。

 今年は85カ国・地域の長短編約300本を上映。多様性を追求する映画祭らしく国際合作や女性監督の作品が目立ち、テーマも多岐にわたった。3日のオープニングセレモニー後に上映された開幕作はカザフスタンと日本の合作「オルジャスの白い馬」。竹葉リサ監督は、2014年にゆうばり国際ファンタスティック映画祭のオフシアター・コンペティション部門でグランプリを受賞した実力派。主演の森山未來や共同監督のエルラン・ヌルムハンベトフ監督とともにステージに登場した。

2.jpeg

 12日の閉幕作は韓国映画だが、北海道小樽市が舞台の「ユニへ」。釜山映画祭で受賞歴のあるイム・デヒョン監督が、母娘関係や初恋の痛みといった繊細なテーマを描いた。韓国からキム・ヒエ、日本からは中村優子が出演。雪景色を背景に、大人の女性の心情をしっとりと演じた。

 釜山を訪れた中村は、監督や韓国人キャストとともに記者会見。「自分は何者で誰を愛するのかという問いに向き合うことができた時、他者に対する優しさに結びついていくということを教えてくれる脚本」と絶賛した。劇中、韓国語のせりふも自然にこなしている。

3.jpeg

日本の若手も

 新人監督のコンペ部門「ニューカレンツ」には、鈴木冴監督の東京芸術大学大学院の卒業作品「神様のいるところ」が出品。受賞は逃したものの、独創的なテーマと作風で注目された。

 台湾人の母親と暮らし、マイノリティーとして生き辛さを感じている中学生の少女と、職場になじめない20代のOLが出会い、ある事件をきっかけに二人で逃亡生活を送るストーリー。台湾人の母をもつ鈴木監督自身の経験を織り込みつつ、肉親ではない他人との間にも無償の愛は存在するのかという問いを投げかける。外国にルーツのある人やLGBTなど、マイノリティーを描くことに関心があるという鈴木監督。次回作が楽しみな新鋭だ。

4.jpg

賞の多くが女性の手に
 韓国ではここ数年、女性監督が存在感を増している。韓国のインディペンデント映画を集めたプログラム「韓国映画の今日・ビジョン」は10本のうち6本が女性監督の作品だった。新人監督を対象にした賞も、多くが女性の手に渡った。ユン・ダンビ監督の「姉弟の夏の夜」はアジア映画振興機構(NETPAC)賞、市民評論家賞など4冠を獲得。キム・チョヒ監督の「ラッキー・チャンシル」は韓国映画監督組合賞など3冠に輝いた。

5.jpeg

 「ラッキー・チャンシル」のキム監督は1975年生まれ。ホン・サンス監督のプロデューサーを長く務めたが、一時スランプに陥り、映画界を離れることも考えるほど悩んだという。「ラッキー・チャンシル」はその体験を下敷きに、アラフォー女性の再生の過程をコミカルに描く。主人公チャンシルの前に若い頃に憧れた香港スターの幽霊が現れるくだりは笑いを誘う。荒唐無稽なコメディーに見えても、主人公に映画への情熱を思い出させる重要なシーンだ。(恐らく本人にとっては)深刻な悩みや苦しみをユーモアに包んで表現する手腕に、監督の力量が見えた。

6.jpg

(文・写真 芳賀恵)

写真
1:「ユニへ」の(左から)イム・デヒョン監督、キム・ヒエ、中村優子
2:「ユニへ」=映画祭事務局提供
3:「神様のいるところ」の鈴木冴監督(右から2人目)らスタッフ
4:「神様のいるところ」=同
5:授賞式の(左から)キム・チョヒ監督、ユン・ダンビ監督
6:「ラッキー・チャンシル」=同

posted by 映画の森 at 13:26 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。