2019年10月23日

「ロボット2.0」スマホが鳥となって人々を襲う 現代社会に警鐘鳴らすインド娯楽大作

1.jpg

 インド南部の大都市・チェンナイ。ある日突然、街からすべてのスマホが消えた。人々の手から、まるで鳥のように空へ飛んで行ったのだ。原因が分からず、携帯電話会社と警察署の前に群集が集まり、大パニックになる。同じ頃、携帯業者や通信大臣が「スマホに殺される」事件が続発。ロボット工学の専門家バジー博士(ラジニカーント)は、知的で美しいロボットの助手ニラー(エイミー・ジャクソン)と事件の謎を追う──。

 「ロボット」(10)の大ヒットで製作された「ロボット2.0」は、主演ラジニカーント、シャンカール監督、音楽のA.R.ラフマーンが再集結。インド映画史上最高の90億円が投じられ製作された。

2.jpg

 時代設定は前作から8年後。人々の手から飛んで行ったスマホは、意志を持ったかのごとく、要人を殺し始める。捜査に乗り出したバジー博士も、飛んできたスマホの大群に襲われる。集団化したスマホは巨大な怪鳥に変身。軍隊も手に負えなくなり、バジー博士は封印したロボット「チッティ」を復活させ、人類を守ると議会で宣言する。

 奇想天外な物語に、視覚効果抜群のVFXが融合。黒いサングラスとシルバーのスーツ姿のラジニが“おじさんロボット”という開き直ったキャラクターだ。監督は逆にコミカルな設定を利用し、実写とVFXをミックスさせた変幻自在な映像で、スーパーパワーを持った超人ロボット「チッティ」を大活躍させる。

3.jpg

 「スマホが人を襲う」というと、むちゃくちゃな話に感じるが、裏には非常に重いメッセージが込められている。冒頭で鳥類学者のパクシ・ラジャン博士が、鉄塔で首吊り自殺する。インドでは増え続ける電波塔の影響で、鳥が次々と死んでいた。嘆いた博士はスマホ使用制限を訴えてきたが、誰にも受け入れられず、絶望して自殺したのだ。

 1年後。鳥の怨念とパクシ博士の負のエネルギーは人々からスマホを奪い、巨大なモンスターとなって復讐を始めた。表向きエンターテインメント映画の形を取りながら、環境問題を訴え、スマホ依存の現代社会に警鐘を鳴らす奥深さだ。

 敵役のパクシ博士には当初、アーノルド・シュワルツェネッガーを構想したという。あいにく実現せず「パッドマン 5億人の女性を救った男」(18)のアクシャイ・クマールが演じた。「ロボット対ターミネーター」の夢の対決は実現しなかったが、クマールも社会に見放された鳥類学者を悲哀たっぷりに演じている。

 インド映画の娯楽性に英米のVFXチームが配置され、一歩も二歩も予想の先を行く最強映画が生まれた。クライマックスはやり過ぎな気もするが、インド映画お約束の豪華絢爛なミュージカルも盛り込んだ。ハリウッドを超えてサービス精神満点なインド映画。続編「3.0」の製作に期待したい。

(文・藤枝正稔)

「ロボット2.0」(2018年、インド)

監督:シャンカール
出演:ラジニカーント、アクシャイ・クマール、エイミー・ジャクソン

2019年10月25日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://robot2-0.com/

作品写真:(C)2018 Lyca Productions. All rights reserved.
posted by 映画の森 at 23:09 | Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。