2019年10月16日

「ガリーボーイ」ラップで世界を変えたい インド発青春サクセス・ストーリー

1.jpg

 インド最大の商業都市、ムンバイ。大学生のムラド(ランビール・シン)は、雇われ運転手を父にスラムで暮らしている。両親はムラドを大学に行かせ、成功できるよう懸命に働いていた。しかしムラドは、生まれで人を判断する社会に憤り、地元の悪友とつるみ、内緒で裕福な恋人と交際していた。

 ある日、大学でラップをする学生MCシェール(シッダーント・チャトゥルヴェーディー)と出会い、言葉とリズムで気持ちを自由に表現する世界にのめりこんでいく。ムラドは“ガリーボーイ”(路地裏の少年)と名乗り、現実を変えるためラップ・バトルで優勝を目指す決意する──。

2.jpg

 実在するインドの若きラッパー、Naezy(ネイジー)とDivine(ディバイン)の半生を映画化した。主演は「パドマーワト 女神の誕生」(18)のランビール・シン。監督は「チャンスをつかめ!」(09)、「人生は一度だけ」(11)のゾーヤ・アクタル。字幕監修は日本語ラップに造詣の深い、いとうせいこう。

 映画大国インドの作品は、最近すさまじい勢いで日本に押し寄せている。口コミでロングランヒットしたアクション史劇「バーフバリ」二部作など劇場公開も増えた。豪華絢爛なダンスと歌の「ムトゥ 踊るマハラジャ」(95)、青春コメディー「きっと、うまくいく」(09)、VFX満載のSFアクション「ロボット」(10)などジャンルは多岐にわたる。英国ではダニー・ボイル監督がムンバイを舞台に「スラムドッグ$ミリオネア」(08)を撮って大ヒットさせた。

3.jpg

 「ガリーボーイ」の舞台もムンバイで、スラム街のダラビ地区だ。貧困と格差の閉塞感に苦しむムラドは、両親と祖母、弟とプライパシー皆無の狭い家に暮らしている。仲間が車を盗んだり、子どもを使って麻薬を取引する様子を目の当たりにし、悩み苦しむ一方で、裕福な医学生の恋人サフィナ(アーリア・パット)との交際は13歳から続いている。しかし、サフィナはムラドとの交際を両親に隠している。

 繊細で恥ずかしがりのムラドは、内に秘めた熱い思いを隠して学生生活を送っていたが、大学で行われたコンサートでラップと出会い、熱い思いを言葉に込める世界へ足を踏み入れる。ラップはアーティストの魂の叫びをリズムに乗せ、韻を踏んで発する歌唱法だ。遊びで始めたラップが、魂の叫びへ変わる邦画「サイタマノラッパー」シリーズと同じである。主人公が困難を乗り越えて魂の叫びを吐き出す姿は熱い。

 貧困と格差の激しいインドで、ラップを武器に未来を切り開く青年のサクセス・ストーリーだ。ランビール・シンは「パドマーワト 女神の誕生」で披露した筋骨隆々な自慢の肉体美を封印。繊細な青年を好演している。

(文・藤枝正稔)

「ガリーボーイ」(2018年、インド)

監督:ゾーヤー・アクタル
出演:ランビール・シン、アーリアー・バット、シッダーント・チャトゥルベーディー、カルキ・ケクラン、ビジャイ・ラーズ、ビジャイ・バルマー

2019年10月18日(金)、新宿ピカデリーほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://gullyboy.jp/


posted by 映画の森 at 11:39 | Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。