2019年09月28日

「アイネクライネナハトムジーク」大ヒット御礼舞台挨拶 三浦春馬×多部未華子「また一緒にいいものを作れたら」

アイネ1.jpg

 公開中の映画「アイネクライネナハトムジーク」の大ヒット御礼舞台挨拶が24日、東京・日比谷で行われ、主演の三浦春馬、多部未華子が参加した。

 原作は人気作家・伊坂幸太郎の同名小説。三浦と多部が演じる10年越しの恋を中心に、さまざまな出会いの連鎖を描く。

 まず三浦が晴れ晴れとした笑顔で会場を見渡し「全国公開から5日経って、1年半以上かけて温めた作品が世の中に出て、皆さんの心に届いて、うれしいと思える。心が温かくなる作品に参加できて、うれしく思う」と、指折り数えるしぐさを交えて語った。

 演じた役について三浦は「台本も原作も“佐藤”という名前しかなかった。伊坂さんは普遍性を感じるよう考えたと思う。演じる上では、どことなくにじみ出る個性を見つけていければ、と。スパイスを自分なりに見つけ、足す作業が楽しかった」と話した。

アイネ2.jpg

 多部も「佐藤と付き合う紗季も普通の女の子。10年なんとなく過ごして、きっかけのないままプロポーズされた」と説明。プロポーズシーンは「紗季が“佐藤の決めきれないところ”を10年感じていることが出たいいシーン。結構好き」と話すと、三浦も同意。「がっかりしつつ決めきれない。気持ちのせめぎあいがコミカルに表れている。(箱が)開かない結婚指輪とかリアリティーがある。たぶん僕もそのタイプ」と話した。

 今回で足かけ10年、3度目の共演となった二人。互いへの感謝の言葉を促されると、三浦は「最初の映画から大切。(当時は)岐路に立つような時期で、一緒に戦い、いい仕事になった。(4年後との共演は)折りに触れて素敵なものをもらっているような気持ち。また一緒にいいものを作れたら」と照れながら話した。

アイネ3.jpg

 多部は「こういう場に立つと、いつもまじめでしっかりしている春馬君が話してくれる。安心して頼りにしている。20代の感情が定まらない時期から一緒にいるのは春馬君だけで、特別です。4年後までたぶん会えないので、4年後までさようなら」と話すと、三浦がすかさず「振られたような気分」と返して笑いを誘った。舞台を降りる時は、三浦が多部に手を差し伸べエスコート。会場を沸かせた。

(文・写真 岩渕弘美)

「アイネクライネナハトムジーク」(2019年、日本)

監督:今泉力哉
出演:三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬、森絵梨佳

2019年9月20日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://gaga.ne.jp/EinekleineNachtmusik/

作品写真:(c)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会
posted by 映画の森 at 14:11 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。