2019年09月21日

「見えない目撃者」猟奇的殺人と盲目のヒロイン 満足度高いサスペンス

1.jpg

 警察官として将来を嘱望されながら、自らの過失による事故で視力と弟を失い、失意の底にあった浜中なつめ(吉岡里帆)。ある夜に遭遇した車の接触事故で、立ち去る車内から助けを求める少女の声を耳にするが、警察はなつめの訴えを聞き入れない。視覚以外の並外れた感覚、警察学校で培った判断力、持ち前の洞察力から、誘拐事件と確信するなつめは、現場にいたもう一人の目撃者・国崎春馬(高杉真宙)を探し出す──。

 韓国映画「ブラインド」(11)のリメイク作品だ。中国でも「見えない目撃者」(15)としてリメイクされた。今回の日本版は「重力ピエロ」(09)の森淳一が監督と共同脚本を手がけた。

 猟奇的殺人事件を題材とした「羊たちの沈黙」(91)、「セブン」(95)のヒットで、ハリウッドでは似たような作品が多く作られた。ブームは日本にも来て「CURE」(97)など秀作が作られてきた。それらに引けを取らないのが「見えない目撃者」だ。

2.jpg

 吉岡は主演2作目で、盲目の難役。冒頭で事故に遭う前の姿があるものの、その後はほぼ視力を失った状態で、笑顔さえ見せない。メイクも感じさせず、女優らしさを封印した。視力を失った主人公は、サスペンス映画では古くから登場してきた。オードリー・ヘップバーン主演の「暗くなるまで待って」(67)が有名だ。

 「猟奇的殺人事件」と「盲目のヒロイン」。やや手あかのついた設定だが、警察の手を借りながら連続少女誘拐の真相を探る過程はスリリング。丁寧な演出が説得力を生み出し、自然に物語に引き込まれる。一方、小出しに明かされる犯人のえげつない手口、儀式殺人へと発展する陰惨なエピソードが、不気味さと言いようのない重みを与えている。

3.jpg

 ハンデを抱えたなつめは、警官時代に培った判断力と、視覚以外の感覚を覚醒させる。触覚や聴覚から脳に浮かんだイメージを、シンプルな鉛筆画のように視覚化したシーンが効果的だ。さらに、なつめの手、足、目となり協力する春馬の存在が頼もしい。物語が進むうちに二人が疑似姉弟のように発展する構成もうまい。

 ようやく「セブン」に、日本映画が追いついたと思わせる。最近の日本映画の中では満足度が高いサスペンスの力作だ。

(文・藤枝正稔)

「見えない目撃者」(2019年、日本)

監督:森淳一
出演:吉岡里帆、高杉真宙、大倉孝二、浅香航大、酒向芳

2019年9月20日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.mienaimokugekisha.jp/

作品写真:(C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcher and N.E.W.
posted by 映画の森 at 23:50 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。