2019年07月22日

「アンダー・ユア・ベッド」忍び込みのぞき見る 男のゆがんだ盲目の愛

1.jpg

 雨の日のエレベーターに、香水の匂いが残る。三井(高良健吾)は11年前、一度だけ名前を呼んでくれた佐々木千尋(西川可奈子)を思い出した。人生で唯一幸せだったあの感覚に触れたくなり、千尋を探すことにする──。

 「殺人鬼を飼う女」の大石圭の同名小説を映画化。監督、脚本は「呪怨 黒い少女」(09)、「バイロケーション」(14)の安里麻里。都市伝説に「一人暮らしの女性の家のベッドの下に、見知らぬ男が潜む」があるが、それを地で行く屈折した愛情だ。

2.jpg

 大学時代に一度だけ「三井くん」と呼んでくれた佐々木に淡い恋心を抱き、喫茶店で飲んだマンデリンコーヒー。飼っていたグッピーを譲る約束。甘い記憶をたぐり、探偵に住所を探させ、近所に引っ越した三井は、1階で観賞魚店を開き、2階を自宅に暮らし始める。

 店に千尋が乳母車に娘を乗せて来た。昔の輝きは失われ、やつれた様子で、三井にも気付かない。三井も名乗らず「開店祝いにグッピーと飼育キットをあげるから、餌を定期購入してほしい」と頼む。応じた千尋の家にグッピーと飼育キットを設置し、すきを見て合い鍵を盗み、外出中に侵入。ベッドに盗聴器を仕掛け、望遠レンズで見えたのは、夫・浜崎(安部賢一)の激しい暴力に耐える千尋だった。

3.jpg

 「石の下に隠れる虫と同じ」と自虐的に言うように、三井はこっそり家に入り込み、ベッドの下に隠れ、千尋のぬくもりを感じて悦に入る。愛はゆがみ、狂っている。そこへ暴力に苦しむ千尋の現実が交錯。三井に真の記憶がよみがえる。

 体を張って演じた西川、妄想の愛を体現した高良。「ガチ★星」(18)の崖っぷち男から一転、凄惨なDV夫を演じた安部。限界ぎりぎりの演技を引き出した安里監督は、盲目の愛をスリリングに描き、暴力描写もいとわない。屈折した愛が暴走する。

(文・藤枝正稔)

「アンダー・ユア・ベッド」(2019年、日本)

監督:安里麻里
出演:高良健吾、西川可奈子、安部賢一、三河悠冴、三宅亮輔

2019年7月19日(金)、テアトル新宿ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://underyourbed.jp/

作品写真:(C)2019 映画「アンダー・ユア・ベッド」製作委員会

posted by 映画の森 at 21:00 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。