2019年04月18日

「愛がなんだ」男女5人のねじれる思い 屈折した不毛の恋が心に刺さる

1.jpg

 猫背でひょろひょろのマモちゃん(成田凌)に出会い、恋に落ちた時から、テルコ(岸井ゆきの)の世界は一変した。どこにいようと電話一本で駆け付け、デートに誘われれば会社をさぼる。大好きで優しいけれど、マモちゃんは自分を好きではなかった──。

 「紙の月」、「八日目の蝉」の原作者・角田光代の同名小説を映画化。NHK連続テレビ小説「まんぷく」(18)の岸井ゆきの、「スマホを落としただけなのに」(18)の成田凌が主演。監督・脚本は「サッドティー」(14)、「退屈な日々にさようならを」(17)の今泉力哉。

 テルコはマモちゃん(マモル)に盲目だ。「熱が出た」と呼び出され、喜び勇んでアパートへ向かい、鍋焼きうどんを作り、風呂掃除をしてウキウキ気分でいたところ、「そろそろ帰ってくれ」と冷たく深夜の街に放り出される。行き場を失って向かうのは、唯一の女友達・葉子(深川麻衣)の家だ。不憫な姿を見た葉子は、マモルと別れるように助言するが、テルコは聞く耳を持たない。そんな葉子は葉子で、自分に好意を抱く年下男ナカハラ(若葉竜也)をいいように扱っていた。

2.jpg

 一方的な片思いが悪循環を生む。テルコはマモルが好きすぎて仕事が手に付かず、会社をクビになる。マモルが好きなのは、だらしない年上喫煙女・すみれ(江口のりこ)だ。テルコはすみれに気に入られ、すみれを利用してマモルに会おうとする。テルコと同じ道を行くのがナカハラだ。葉子に尽くしまくるナカハラに、テルコは自分を重ね、葉子への怒りを募らせていく。

 キャスティングが成功の鍵だ。テルコ演じる岸井は、観客が切なくなるほどの片思いぶり。女をいいように利用する俺様男・マモルに、成田は容姿が良すぎる気もするが、心のうちを見せぬ身勝手なキャラクターをうまく演じている。意外にいいのが深川だ。監督の前作「パンとバスと2度目のハツコイ」(18)のおとなしい主人公から一転、自分本位な「自己中」女。健気な年下男を演じた若葉に、思わず同情してしまう好演だ。江口のりこは、短い出演でも若手と格の違いを見せ付ける。

3.jpg

 若い男女5人のねじれた恋を、監督は日常のさりげないすれ違いから掘り下げていく。片思いの相手に徹底的に尽くす者。相手の思いを利用してポイ捨てする者。ドライで不器用な若さがリアルで、屈折した不毛の愛が心に刺さる。

(文・藤枝正稔)

「愛がなんだ」(2019年、日本)

監督:今泉力哉
出演:岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣、若葉竜也、穂志もえか

2019年4月19日(金)、テアトル新宿ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://aigananda.com/

作品写真:(C)2019「愛がなんだ」製作委員会
posted by 映画の森 at 15:05 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。