2019年03月17日

「探偵なふたり リターンズ」推理オタクとベテラン刑事、難事件に挑戦 人気シリーズ第2弾

1.jpg

 英の名探偵シャーロックホームズに憧れ、優れた推理力を持ちながら、しがない漫画喫茶の店主で恐妻家のカン・デマン(クォン・サンウ)が、ベテラン刑事ノ・テス(ソン・ドンイル)と難事件を解決していく。

 2016年に公開された「探偵な二人」のシリーズ第2弾。テスはかつて「広域捜査隊のレジェンド」と呼ばれたベテランだが、左遷されてヒラ刑事に降格。性格は水と油の推理オタク、デマンとコンビを組み、探偵事務所を開く。

2.jpg

 しかし、事務所は順風満帆とはいかず、開店休業状態。恐妻家のため、仕事を辞めて探偵になったと妻に打ち明けられず、焦りは募るばかり。そこへ最初の依頼主がやってくる。巨額の報酬を目当てに引き受けたものの、関係者が次々と不可解な死を遂げる難事件に。新たに元サイバー捜査隊のヨチ(イ・グァンス)が加わり、3人は持ち前の能力を発揮して事件の核心へ迫る。

3.jpg

 前作に引き続き恐妻家ふたりのダメ夫ぶりに加え、バラエティーでも活躍するイ・グァンスも加わり、面白さもパワーアップした。個性豊かな3人の軽妙なやりとり、思わぬ展開が絶妙に絡み合う。凄惨な事件を扱いながら、個性あふれるキャラクターとユーモアで見応えのある娯楽作品となった。

(文・岩渕弘美)

「探偵なふたり リターンズ」(2018年、韓国)

監督:イ・オンヒ
出演:クォン・サンウ、ソン・ドンイル、イ・グァンス

2019年3月16日(土)、シネマート新宿ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://tantei-movie2.com/

作品写真:(C)2018 CJ E&M CORPORATION, CREE PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

posted by 映画の森 at 15:22 | Comment(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。