2019年03月05日

「ウトヤ島、7月22日」史上最悪のノルウェー無差別テロ、ワンカット撮影でリアルに

1.jpg

 2011年7月22日午後5時過ぎ、ノルウェーのウトヤ島。首都オスロから北西40キロに位置する島で、毎年恒例の労働党青年部のサマーキャンプが催されていた。大勢の若者たちが心から楽しんでいたが、「オスロの政府庁舎で爆破事件が発生した」との知らせが届き、かすかな動揺が広がる。少女カヤ(アンドレア・バーンツェン)は、電話口で不安げな母親に「ここはウトヤ島よ。世界一安全だから心配ないわ」と言い聞かせた──。

 2011年、ウトヤ島で実際に発生した無差別銃乱射事件が題材。事件発生から終息まで費やした時間と同じ、72分間をワンカットで描く。監督は歴史ドラマ「ヒトラーに屈しなかった国王」(16)のエリック・ポッペ。

2.jpg

 事件発生の2時間ほど前、オスロ政府庁舎前の爆破テロが起きた。テロの映像が流れた後、カメラはウトヤ島へ移り物語が始まる。妹エミリアとキャンプに参加したカヤは、オスロの事件に不安を感じながら、島は安全と思い、仲間と夕食前のひと時を過ごしていた。しかし、平和な時間は一発の銃声で崩れ、島の若者たちはパニックに陥り、生き延びるためのサバイバルが始まる。

 カメラはカヤに張り付き、一緒に走り、隠れるため地面に這いつくばる。カヤの周辺をとらえた映像と、現場に逃げ込んできた人の証言だけが情報源。犯人の姿も遠くに映っているだけで、いったい何が起きているのか分からない。

 遠くにひたすら銃声が鳴り響く中、カヤは妹を探すために仲間と離れ、危険を顧みず一人で島を探し回る。道中は悪夢としか言いようがない。犯人に撃たれて瀕死の少女を助けようと声をかけるが、目の前で絶命してしまう。ショックを受けるカヤの背後に、容赦ない銃声が聞こえてくる。

3.jpg

 オスロの政府庁舎爆破では8人、島の銃乱射では69人、計77人が犠牲になった。単独犯による史上最悪のテロだが、日本人にはよく知られていない。説明的な描写が一切ないため、事件を知らない観客には理解が難しいかもしれない。

 しかし、事件とまったく同じ72分間を、編集しないワンカットで撮影し、音楽も使わず、いわゆる映画的な手法を排除することで、被害者と同じ言い知れぬ恐怖、不安、絶望感を味わわせる。カヤは命を救えず罪悪感にさいなまれるが、運命の不条理による残酷な結末が待っている。テロの悪夢、恐怖をリアルに描いた衝撃作だ。

(文・藤枝正稔)

「ウトヤ島、7月22日」(2018年、ノルウェー)

監督:エリック・ポッペ
出演:アンドレア・バーンツェン、エリ・リアノン・ミュラー・オズボーン、ジェニ・スベネビク、アレクサンデル・ホルメン、インゲボルグ・エネス

2019年3月8日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://utoya-0722.com/

作品写真: (C) 2018 Paradox

posted by 映画の森 at 23:14 | Comment(0) | ノルウェー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。