2019年02月07日

ゆうばり映画祭ラインアップ発表、開幕作はキム・ギドク監督新作「人間、空間、時間、そして人間」(仮題)

人間、空間、時間、そして人間(仮題).jpg


 第29回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019のラインアップ発表記者会見が6日、札幌市内で行われた。開幕作は韓国のキム・ギドク監督の「人間、空間、時間、そして人間」(仮題)。3月7日から10日の4日間、73作品を上映する。

 キム監督は韓国の「♯Me Too」運動により表舞台から姿を消しており、本作も欧州などの映画祭で上映されたものの、韓国では未上映となっている。退役軍艦が海から未知の空間に迷い込み、乗っていた多くの旅客が生存競争を繰り広げるストーリー。チャン・グンソク、韓国で活躍する藤井美菜、韓国映画の重鎮アン・ソンギ、オダギリジョーという豪華キャストも注目を集めそうだ。

 ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門は334本の応募の中から6本がノミネート。北海道出身の白石和彌監督ら5人の審査員により審査が行われる。ゆうばり常連の西村喜廣監督がプログラミングを担当する新設の「コアファンタ部門」は、ファンタ映画ファン必見のラインアップをそろえる。

 ゆうばり映画祭は、第30回を迎える来年、大幅な刷新を予定している。深津修一エグゼクティブプロデューサーによると、詳細は決定していないものの、冬季間の開催は今年で最後になるという。

 昨年のゆうばり映画祭で上映された後、全国的に人気が爆発した「カメラを止めるな!」にちなみ、今年のテーマは「ファンタを止めるな!」。開催日程が昨年より1日短縮となり上映本数やスクリーン数も縮小するなど、運営が厳しさを増すなか、身の丈に合った映画祭への模索が続きそうだ。

 雪景色がトレードマークの映画祭は大きな転機を迎える。

(文・芳賀恵)

・招待作品
【オープニング】 「人間、空間、時間、そして人間」(仮題)キム・ギドク監督
【クロージング】「レゴ・ムービー2」マイク・ミッチェル監督
「アナと世界の終わり」ジョン・マクフェール監督

・作品写真
「人間、空間、時間、そして人間」(仮題)
(c)2018 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

・映画祭HP
http://yubarifanta.com
posted by 映画の森 at 15:10 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。