2018年11月14日

「ボヘミアン・ラプソディ」伝説のフレディ・マーキュリー、27年を経て再び

1.jpg

 ボーカルのフレディ・マーキュリーの死から27年。今なお曲が愛され続ける英国のバンド、クイーン。テレビのコマーシャル、ドラマ、スポーツ番組など曲が流れぬ日はないほどだ。

 中でも圧倒的な存在感を放っていたフレディは、美しく力強い歌声、独特なパフォーマンスで人々を魅了し続けた。映画「ボヘミアン・ラプソディ」は1991年11月24日、45歳の若さで世を去ったフレディの半生、バンドの歩んだ軌跡を描く。

 クイーンの代名詞ともいえる名曲「ボヘミアン・ラプソティ」。幻想的なコーラスから始まり、美しいピアノのメロディー、オペラ、ハードロックへと曲調が変化していく。一度聴いたら忘れられないインパクトを持ち、大ヒットを記録した。複数のパート、複数の音を重ね合わせ、当時のシングルレコード曲の常識を超える6分の長さ。どう作られ、世に出たのか。曲の誕生秘話、レコーディングの様子も再現されている。

2.jpg

 次々にヒット曲を生み、バンドとして成功を収めたクイーン。栄光を手にしたかに思えたが、フレディはメンバーと衝突するようになる。厳格な両親と疎遠になり、セクシャリティーの問題も抱え、婚約者と破局し、次第に孤立していく。

 バンドも解散をささやかれるようになるが、友人の助けもあり、フレディは失いかけた大切なものに気づき、メンバーのもとへ戻る。危機を乗り越え、四人での再出発を決意したクイーンは、20世紀最大のチャリティー音楽イベント、ライブ・エイドに出演。フレディは一方、メンバーに重大な秘密を打ち明ける。

3.jpg

 全編を通じてクイーンの楽曲に彩られ、パフォーマンスも見応え十分。圧巻はクライマックス、ウェンブリー・スタジアムでのライブ・エイドだ。巨大セットで当時のステージを再現、本物のフレディの歌声に合わせ、フレディを演じたラミ・マレックが魂のこもったステージを披露する。ラスト21分はライブ会場にいる錯覚に陥るほど。ライブに込められたメンバーの思い、秘められた真実の物語。心を揺さぶられずにいられない。

(文・岩渕弘美)

「ボヘミアン・ラプソディ」(2018年、米)

監督:ブライアン・シンガー
出演:ラミ・マレック、ルーシー・ボーイントンメアリー・オースティン
グウィリム・リーブライアン・メイ
ベン・ハーディロジャー・テイラー
ジョセフ・マッゼロ

2018年11月9日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/

作品写真:(C)2018 Twentieth Century Fox

posted by 映画の森 at 15:20 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。