2018年10月11日

「アンダー・ザ・シルバーレイク」奇抜な脚本、オフビートなノリ ロスを騒がす不条理サスペンス

1.jpg


 “大物”になる夢を抱き続け、気が付けば職もなく、家賃まで滞納しているサム(アンドリュー・ガーフィールド)。隣に住む美女サラ(ライリー・キーオ)に一目ぼれ。デートの約束を取り付けるが、翌日サラは忽然と消えてしまう。もぬけの殻になった部屋を訪ねたサムは、壁に書かれた奇妙な記号を見つけ、陰謀の匂いをかぎ取る。おりしも大富豪や映画プロデューサーの失踪や謎の死が続き、真夜中になると犬殺しが出没。街を操る裏組織の存在が噂されていた──。

 クエンティン・タランティーノが絶賛したホラー映画「イット・フォローズ」(14)のデビッド・ロバート・ミッチェルが、監督・脚本を担当した最新ネオノワール・サスペンスだ。

2.jpg

 ロサンゼルスの北西部に位置する町・シルバーレイク。カフェの窓ガラスいっぱいに「犬殺しに気をつけろ」と警告のような文言が書かれ、主人公のオタク青年サムが店内から見つめている。爽やかな日常が、非日常に変わる不安な幕開け。光り輝くロサンゼルスの表の顔とは、別の裏の顔があぶりだされる。

 一目ぼれしたサラの失踪を皮切りに、サムは次々奇妙な出来事に巻き込まれる。暗号解析、都市伝説、サブリミナル効果──オタク知識を生かしながら、ロスの大物たちの死や失踪、犬殺しなどに、大きな陰謀が渦巻いていると気付く。

3.jpg

 独自性あふれる奇抜な脚本に、オフビートなノリ。くせのある登場人物に知的好奇心をくすぐられる。不条理な悪夢のような物語は、偉大な過去の作品群の影響を受けている。ヒッチコックの「裏窓」(54)、スコセッシの「アフター・アワーズ」(85)、リンチの「ブルーベルベット」(86)。現代に合わせたポップカルチャーを随所に混ぜ込み、複雑怪奇にしたような作品だ。

 リッチ・ブリーランドの音楽は、ヒッチコック作品を多く手がけた映画音楽家バーナード・ハーマンのスコアを思わせる。クラシカルな弦楽を基調にした重厚なスコアで、悪夢のような不安感を醸し出す。

 「ハクソー・リッジ」(16)、「沈黙 サイレンス」(16)、「ブレス しあわせの呼吸」(17)など、出演作が目白押しのガーフィールドが、ひとくせあるオタク青年に。プレスリーの孫娘で「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(15)のキーオら、キャストの魅力も手伝い、ミッチェル監督の才能が開花した。目ざとい映画ファンは注目のサスペンスだ。

(文・藤枝正稔)

「アンダー・ザ・シルバーレイク」(2018年、米国)

監督:デビッド・ロバート・ミッチェル

出演:アンドリュー・ガーフィールド、ライリー・キーオ、トファー・グレイス、ゾーシャ・マメット、キャリー・ヘルナンデス

2018年10月13日(土)、新宿バルト9ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://gaga.ne.jp/underthesilverlake/

作品写真:(C)2017 Under the LL Sea, LLC

posted by 映画の森 at 15:41 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。