2018年09月13日

「ダウンレンジ」見えない敵に狙われる6人、恐怖の底へ 北村龍平監督、冴えわたる演出

1.jpg


 大学生6人が車で山道を走っている途中、タイヤがパンクする。それはアクシデントではなく、銃撃が原因だった。しかし、気付いた時にはすでに見えない何かの射程に入っていた──。

 「VERSUS」(01)で長編デビュー後、「あずみ」(03)、「ゴジラ FINALWARS」(04)などを手がけ、ハリウッドに拠点を移した北村龍平監督。「ミッドナイト・ミート・トレイン」(08)、「NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ」(12)を経て日本に戻り、実写版「ルパン三世」(14)を監督した。

2.jpg

 「ダウンレンジ」は、「この世界の片隅で」を製作した真木太郎と組み、米国で撮影した最新インディペンデント作品だ。「ダウンレンジ」とは射程圏内を意味し、軍人は「戦闘地帯」として使う言葉だ。

 起承転結の「起」をばっさり割愛し、幕開け1分足らずで観客を物語へと引き込む。人っ子一人いない田舎の一本道。6人を乗せた車のタイヤがパンクする。男女3人ずつの関係性は見えてこない。タイヤ交換を担当した男は、銃撃が原因だと知った瞬間、頭を撃ち抜かれて絶命。銃口は残る5人を狙い始める。

3.jpg

 1970年代、ベトナム戦争が泥沼化し、米国も不穏な空気に包まれた。映画界にも影響を受け、スティーブン・スピルバーグ監督のテレビ映画「激突」(71)、ジョン・ブアマン監督「脱出」(72)、トビー・フーバー監督「悪魔のいけにえ」(74)など、縄張りに踏み込んだよそ者に狂気の刃が向けられる作品が次々と作られた。時は流れて現在。「ダウンレンジ」はトランプ時代の不穏な空気を汲みとり、進化した作品といえる。

 落ち度がない6人は殺人鬼のテリトリーを偶然通りかかり、標的にされてしまう。1人目の犠牲者からほぼノンストップで殺人ゲームは続く。携帯電話の電波は入らず、外部と連絡が取れない孤立無援。姿の見えない相手から何とか逃げ延びようと、若者たちは知恵をしぼり、運にかける。

 物語が展開する場所は限られ、究極のワン・シチュエーション・スリラーといえる。回転するカメラワーク、銃弾の標的、えげつないスプラッター描写、たたみかけるショッキング演出。原点に戻ったかのような演出が冴えわたり、観客を恐怖のどん底へ落とし込む。衝撃のラストまで爽快感すら感じる仕上がり。北村監督の健在ぶりを知らしめる注目作だ。

(文・藤枝正稔)

「ダウンレンジ」(2018年、日・米)

監督:北村龍平
出演:ケリー・コンネア、ステファニー・ピアソン、ロッド・ヘルナンデス=ファレラ、アンソニー・カーリュー、アレクサ・イェイムズ

2018年9月15日(土)、新宿武蔵野館で2週間限定レイトショー。作品の詳細は公式サイトまで。

http://downrangethemovie.com/

作品写真:(C)Genco. All Rights Reserved.

posted by 映画の森 at 23:37 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。