2018年09月03日

「MEG ザ・モンスター」ジェイソン・ステイサム、巨大ザメに立ち向かう 王道の動物パニック映画、ベテラン監督で質高く

1.jpg


 大陸から200キロ離れた海洋研究施設の探査船が、未知の海溝を発見した。しかし、喜びもつかの間、船は消息を絶つ。潜水救助のプロ、ジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)は助けに向かった先で、常識を超えたモンスター「MEG」と遭遇する──。ジェイソン・ステイサム主演、ジョン・タートルトーブ監督の海洋パニック映画「MEG ザ・モンスター」。「MEG」(メガロドン)は、約200万年前に実在した巨大ザメを指す。

 サメの恐怖を描いたパニック映画の元祖は、スティーブン・スピルバーグ監督「ジョーズ」(75)だ。その後、続編が作られたが、質の低下でシリーズは一旦終息する。その後、サメ映画ではレニー・ハーリン監督の「ディープ・ブルー」(99)がスマッシュヒットした。2000年代に入るとCG(コンピューター・グラフィックス)技術の進歩により、サメ映画は安くで作られ、ビデオ映画の定番となった。「メガ・シャーク」など多くの亜流も撮られ、サメ映画はすっかりチープなバッタ物扱いに成り下がった。ところが、ここにきて本命といえる「MEG ザ・モンスター」の誕生だ。

2.jpg

 巨大サメに立ち向かうジョナスには、「エクスペンダブルズ」(10)などアクション映画で大活躍するジェイソン・ステイサム。タートルトーブ監督は「クール・ランニング」(93)、「ナショナル・トレジャー」シリーズなど、ドラマから娯楽アクションまで幅広いジャンルで活躍。ベテラン監督の起用で、近年のサメ映画では群を抜いたクオリティーに仕上がった。

 幕開けで未知の海溝の発見、巨大生物の恐怖が手際よく描かれる。ジョナスの決断は誤解を招き、仲間と亀裂が発生。ジョナスは現場を去る。「クリフハンガー」(93)などアクション映画で定番の「主人公が冒頭で挫折を味わい、一度は現場から去る」描写だ。後に新たな困難に立ち向かうため、ジョナスは現場に復帰する。お決まりのプロットで潔い構成だ。

3.jpg

 技術の進歩で「描けないものはない」とされる最近のハリウッド。さすがに体長23メートルの巨大ザメは、あまりに大きく現実味に欠けるが、相手がステイサムならこのぐらいの大きさが必要だろう。ステイサムは元水泳の飛び込み選手。多くの水中アクションをスタントなしで挑み、貫録を見せつけた。

 乗り物のデザインは、リアリティーと未来志向を融合させ、隠し味になっている。ハイテクの結晶が古代生物にかなわない構図で、巨大ザメの不気味さを印象付ける。往年の動物パニック映画のセオリーを受け継ぎながら、実写とCGで王道のドラマを描く。バランス感覚がいい快作だ。

(文・藤枝正稔)

「MEG ザ・モンスター」(2018年、米国)

監督:ジョン・タートルトーブ
出演:ジェイソン・ステイサム、リー・ビンビン、レイン・ウィルソン、ルビー・ローズ、ウィンストン・チャオ

2018年9月7日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://warnerbros.co.jp/movie/megthemonster/

作品写真:(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

posted by 映画の森 at 11:30 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。