2018年08月07日

「2重螺旋の恋人」視覚で翻弄、謎の迷宮へいざなう フランソワ・オゾン監督、大胆不敵な野心作

1.jpg

 原因不明の腹痛に悩まされる25歳の独身女性、クロエ(マリーヌ・バクト)は、精神分析医ポール(ジェレミー・レニエ)の元を訪ねる。穏やかなカウンセリングで痛みから解放され、ポールと恋に落ち、同居を始めた。そんなある日、クロエは街でポールそっくりな男と出会う。ルイ(ジェレミー・レニエ、二役)と名乗った男は、ポールと双子で、しかも同じ精神分析医だという──。

 米の女性作家、ジョイス・キャロル・オーツの短編小説を、仏のフランソワ・オゾンが脚本化し、監督した。1人の女性と双子の精神分析医のエロチックな関係に、幾重にも謎を仕掛けた心理サスペンスだ。

2.jpg

 クロエは容姿は同じで性格の違う双子の間で揺れ動き、精神と肉体は迷宮をさまよう。ブライアン・デ・パルマ監督の「殺しのドレス」(80)、ポール・バーホーベン監督の「氷の微笑」(92)に同様、サスペンスにエロチックな要素を取り入れている。

 螺旋階段、鏡、ガラス、左右対称の構図、2分割の画面など、監督はさまざまな仕掛けで観客に迷宮を追体験させる。画面に映る背景、小道具まで計算し、視覚を翻弄する。緊張感あるドラマの息抜きに、クロエの隣人の伯母さんが登場。ヒッチコック監督の「サイコ」(60)を思わせるパロディーを取り入れる。後半ではSF映画「エイリアン」(79)的なビジュアル・ショック。ホラー映画的な解釈で締めくくるところに、監督の趣味を感じた。

3.jpg

 双子の兄弟に身をゆだねるクロエに扮したバクトの大胆で妖艶な演技。正反対な双子を一人二役を演じたレニエの好演。クロエの母役で名優ジャクリーン・ビセットが作品に華を添える。オゾン監督ならではの大胆不敵、センセーショナルな野心作だ。

(文・藤枝正稔)

「2重螺旋の恋人」(2017年、仏)

監督:フランソワ・オゾン
出演:マリーヌ・バクト、ジェレミー・レニエ、ジャクリーン・ビセット、ファニー・セイジ、ミリアム・ボワイエ

2018年8月4日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://nijurasen-koibito.com/

作品写真:(C)2017 - MANDARIN PRODUCTION - FOZ - MARS FILMS - FILMS DISTRIBUTION - FRANCE 2 CINEMA - SCOPE PICTURES / JEAN-CLAUDE MOIREAU
posted by 映画の森 at 18:26 | Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。