2018年04月04日

「ミスミソウ」壮絶ないじめ、復讐の鬼と化した少女 「実写不可能」漫画を切れ味鋭く

1.jpg

 東京から田舎の中学校に転校した野咲春花(山田杏奈)は、“部外者”として壮絶ないじめを受けていた。春花の唯一の味方は、同じ転校生の相場晄(清水尋也)。彼を心の支えに必死に耐える春花だが、クラスの女王的な小黒妙子(大谷凛花)の取り巻きによる嫌がらせは加速していった──。

 「実写化不可能」と言われた押切蓮介原作の漫画の映画化だ。監督は「先生を流産させる会」(11)の内藤瑛亮。

 雪に覆われた過疎の町で、春花に対する陰湿ないじめがエスカレートする。グループが春花の家に放火し、両親を殺し、小学生の妹を全身やけどにしたことで、春花は復讐の鬼と化す。

2.jpg

 特定人物に対する妬みや嫉妬が悪循環となり、いじめへ発展するメカニズムが焦点だ。発端はいじめの首謀者・妙子の春花に対する妬みだった。晄に好意を寄せる妙子だが、晄が好きなのは春花だ。妙子の嫉妬は刃となり春花に向かう。

 一方、担任の森京子(奥田亜紀)は、学生時代にいじめられた経験から、自分のクラスのいじめには無関心。春花が転校してくる前にいじめられていた佐山流美(大塚れな)は、新たなターゲットになった春花を見て、「また自分が狙われるのでは」とびくびくしている。そんな流美の恐怖心が野咲家の放火殺人事件へ発展していく。

3.jpg

 「先生を流産させる会」では、実際に起きた事件を題材に、多感な少女たちの危うい心理を鋭く描いた内藤監督。今回は「実写化不可能」な漫画を忠実に実写化。ネガティブな要素を妥協せず描いた。

 中学生の無邪気で残酷な悪意。復讐する春花の行為はホラー映画的だ。眼球を釘で刺す描写は、東映映画の「女囚701号さそり」(72)を思わせる。子どもの復讐は田舎町を血で染め上げ、大人たちはうろたえるばかり。絶望的な風景がナイフのように切れ味鋭い演出で切り取られる。

(文・藤枝正稔)

「ミスミソウ」(2017年、日本)

監督:内藤瑛亮
出演:山田杏奈、清水尋也、大谷凜香、大塚れな、中田青渚

2018年4月7日(土)、新宿バルト9ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://misumisou-movie.com/

作品写真:(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 20:00 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。