2018年02月21日

「The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ」ソフィア・コッポラ監督、女性心理を深く繊細に

1.jpg

 南北戦争3年目の1864年、米南部のバージニア州。世間から隔絶された女子寄宿学校に、美しい女性7人が暮らしていた。ある日、負傷した北軍の兵士に遭遇し、運んできて手当てをする。紳士的な兵士に、女性たちは心奪われていく──。

 1971年、クリント・イーストウッド主演、ドン・シーゲル監督で映画化された「白い肌の異常な夜」と同じトーマス・カリナンの原作を、ソフィア・コッポラ監督が女性の視点で描き直した。2017年のカンヌ国際映画祭で監督賞を受賞している。

2.jpg

 男子禁制の女の園を仕切るのは、園長のミス・マーサ(ニコール・キッドマン)だ。教師エドウィナ(キルスティン・ダンスト)は、好奇心旺盛なアリシア(エル・ファニング)ら女子生徒5人と暮らしている。ある日、生徒がキノコ採りに出かけ、負傷した敵軍のマクバニー伍長(コリン・ファレル)を連れ帰る。

 「白い肌の異常な夜」は、登場人物の内なる声を使い、夢や幻想を使ったスリラーだった。マクバニーは女性たちを女として見ており、男性の観客に向けて作られた印象があった。

 一方、「ビガイルド」では、女性たちがマクバニーに色めき立ち、おしゃれを始めるなど、女性心理を掘り下げている。濃密な雰囲気だった「白い肌」に比べ、シンブルでストレートな印象だ。自然光、ろうそくの光など照明を重視。手作りのドレスには「マリー・アントワネット」(06)にも共通する監督のこだわりが見える。

3.jpg

 マクバニー役のファレルは、イーストウッドに比べて小粒の印象。逆に堂々たる風格のキッドマン、ダンスト、今が旬のファニング。女優は適材適所で愛憎劇を盛り上げる。シーゲル監督が「ダーティハリー」(71)と同年に作った「白い肌」と対照的に、寡黙で繊細な女性の心を見つめ、静かに観客の心に刺さるスリラーとなった。

(文・藤枝正稔)

「The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ」(2017年、米国)

監督:ソフィア・コッポラ
出演:コリン・ファレル、ニコール・キッドマン、キルステン・ダンスト、エル・ファニング、オオーナ・ローレンス

2018年2月23日(金)、TOHOシネマズ六本木ヒルズほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://beguiled.jp/

作品写真:(C)2017 Focus Features LLC All Rights Reserved

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 23:54 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。