2017年12月14日

「Mr.Long ミスター・ロン」チャン・チェン主演、SABU監督 暴力、人情、食、疑似家族──奇跡の化学反応

1.jpg

 「ポストマン・ブルース」(97)、「天の茶助」(15)のSABU監督最新作「Mr.Long ミスター・ロン」。15年、台湾・高雄国際映画祭に参加した監督に、顔見知りだったチャン・チェンが出演を希望したことで始まった作品。監督は数カ月後、チャン・チェン(張震)にあて書きした脚本を完成させた。

 台湾南部の高雄。パスポートと札束入りのバッグの前で、バカ話する5人の男。そこへ殺し屋のロン(チャン・チェン)が現れ、場は凍りつき、5人は瞬時に殺されてしまう。ナイフ1本で仕事を片付けたロンは、バッグを依頼主に渡す。凄腕の殺し屋ぶりが強烈に焼き付けられる。

2.jpg

 次の殺しの依頼を受けたロンは、台湾を離れ、六本木のナイトクラブに現れる。台湾マフィアのジャンを狙うも失敗。ジャンと手を組む日本のヤクザにつかまってしまう。麻袋をかぶせられ、河川敷に連れて行かれ、パスポートも焼かれ、半殺しにされるロン。そこへ突然、青年の賢次(青柳翔)が飛び出した。賢次が刺され、混乱する現場。ロンはナイフを奪って逃走する。

 命からがらたどり着いた場所は、北関東の空き家街だった。瀕死のロンに、近所の少年・ジュン(バイ・ルンイン)は食べ物や薬を運んでくる。体力を回復した後、ジュンの家に行くと、薬漬けになった台湾人の母リリー(イレブン・ヤオ)がいた──。

3.jpg

 「クーリンチェ少年殺人事件」(91)、「レッドクリフ」(08)、「グランド・マスター」(13)など、中華圏で活躍する台湾人俳優のチャン・チェンを迎え、暴力、人情、食、疑似家族と、結びつきそうにない要素を混ぜ合わせ、奇跡の化学反応を引き出した。

 凄惨な暴力で幕を開けた物語は、逃亡先での近所の人たちとの交流に広がる。ロンへの親切な対応が、温かい空気となって場を包む。冒頭に刺された賢次の過去が、重要な鍵になる構成がうまい。

 ロンがめぐり合う幸せと反比例するように、膨らみ続ける不穏な空気。クライマックスでは再び刃が登場、暴力がさく裂する。さらに一歩踏み込み、それまでのネガティブな要素をすべて洗い流す幕引き。監督の力技が心地よい。相反する暴力と人情、静と動を使い分け、演出は繊細でダイナミック。寡黙だが情に厚い殺し屋、チャン・チェンの魅力も十二分に引き出している。台湾と日本で繰り広げられる斬新で心温まる作品だ。

(文・藤枝正稔)

「Mr.Long ミスター・ロン」(2017年、日本・香港・台湾・ドイツ合作)

監督:SABU
出演:チャン・チェン(張震)、青柳翔、イレブン・ヤオ、バイ・ルンイン、有福正志

2017年12月16日(土)、新宿武蔵野館ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://mr-long.jp/

作品写真:(C)2017 LIVE MAX FILM / HIGH BROW CINEMA

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 13:01 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。