2017年10月27日

「彼女がその名を知らない鳥たち」蒼井優+阿部サダヲ+松坂桃李、絡み合う愛憎劇

1.jpg

 2006年に出版された沼田まほかるの同名小説を、「凶悪」(13)、「日本で一番悪い奴ら」(16)の白石和彌監督が映画化した。

 舞台は大阪。建設会社で働く15歳年上の陣治(阿部サダヲ)の部屋に、働きもせず居候する十和子(蒼井優)。腕時計を買ったデパートにネチネチとクレームを入れる。レンタルビデオ店で「借りたDVDが再生できない」と難癖をつける。“クレーマー”十和子の日課は、近所の食堂で軽く一杯飲んで帰宅することだった。

2.jpg

 陣治の前では女王気取りの十和子だが、8年前に別れた恋人・黒崎(竹野内豊)に未練たっぷり。陣治と十和子は男女の関係はなく、同居人のようだった。陣治は十和子に「不潔だ」、「下品だ」とののしられながら、無償の愛を捧げる。が、十和子から見れば陣治は迷惑で目障りでしかなかった。

 ある日、十和子の前に男が現れる。彼女がクレームを入れたデパート時計売り場の主任・水島(松坂桃李)だ。十和子の腕時計が修理できず、代わりの品をみつくろい、わざわざマンションまで持ってきたのだ。十和子は交換を断るが、水島の真摯な態度に思わず涙する──。

3.jpg

 本格的な恋愛映画をうたっているが、登場するのは最低な人間ばかり。甘い物語を期待すると痛い目にあう。十和子が放つ負のオーラが全体を覆いつくし、取り巻きの男たちの下衆な素性が明らかになっていく。ミステリーの要素もある作品だ。

 ポイントは絶妙なキャスティングにある。蒼井優が貪欲で自堕落な女を悠々と好演。これまで好青年を演じてきた松坂桃李は計算高い下衆男、竹野内豊まで女を踏み台にするDV男。見た目で損する阿部サダヲの純愛こそ核心になるのだ。

 陰湿で辛辣な展開が続く前半から中盤。一転、後半に思い切り恋愛に舵を切り、バランスが悪くなった。しかし、白石監督の的確な描写を積み重ねる語り口は健在。十和子の心理を投影した幻想描写にはっとさせられる。監督は妥協せずに個性を保ち、新たな演技と魅力を引き出した。どす黒い欲望と相反する純愛。絡み合う境地を描いた作品だ。

(文・藤枝正稔)

「彼女がその名を知らない鳥たち」(2017年、日本)

監督:白石和彌
出演:蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、村川絵梨、赤堀雅秋

2017年10月28日(土)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://kanotori.com/

作品写真:(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 14:41 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。