2017年10月19日

「アトミック・ブロンド」シャーリーズ・セロン、圧巻の体当たりアクション 冷戦末期のベルリン、絡み合う諜報合戦

1.jpg

 1989年秋、ベルリン。冷戦末期、ベルリンの壁崩壊前夜、英諜報員が殺され、極秘のスパイリストが強奪された。英諜報機関「MI6」にリストの奪還を命じられたロレーン(シャーリーズ・セロン)は単身現地に潜入するが、敵国ソ連が放った刺客に襲われる。協力者のはずのMI6ベルリン支部の敏腕諜報員パーシバル(ジェームズ・マカボイ)も不穏な行動だ。東西ベルリンを行き来しながら危険なミッションを遂行するロレーンだったが、監視と盗聴、非常な罠で絶体絶命の窮地に陥る。

 2012年に発表されたグラフィック・ノベルを実写化。監督は「ジョン・ウィック」(14)の製作、共同監督を務めたデビッド・リーチ。スタイリッシュなスパイアクションだ。

2.jpg

 冷戦末期のドイツでは、極秘スパイリストを巡り、英、東独、仏、ソ連のスパイたちが血眼になって任務を遂行していた。スパイリスト奪還のため、MI6がベルリンに送り込んだのがロレーンだ。

 ベルリンの任務を終えたロレーンが、MI6の取り調べ室で主任のグレイ(トビー・ジョーンズ)、協力関係にある米米中央情報局(CIA)主任カーツフェルド(ジョン・グッドマン)に尋問を受けている。物語はそんな任務終了後と、任務を回想する現在の二層構造で展開する。

 アクション満載の作品を牽引するのは製作、主演を務めたセロンだ。MI6の取り調べ室でふてぶてしく取り調べに応じるセロンは、尋常ではない傷だらけの姿。観客は「何があったのか」と疑問を持ったところで、理由がロレーンの口から語られる。ドイツに到着したロレーンは直後から刺客に狙われ、普通なら死んでもおかしくない危機を、敏腕スパイならではの勘と戦闘能力で乗り越えた。

3.jpg

 中でも凄いのは、ビルの階段と部屋を舞台にセロンに襲いかかる複数の刺客との7分半の死闘を、ワンカットでとらえたシーンだ。「接近戦のプロ」のセロンは銃やナイフで襲いくる刺客に丸腰で戦う。圧倒されるアクションだ。よく見るとところどころ流血し、どんどん傷だらけになっていく。驚異のワンカット撮影に加え、最新の映像処理の進歩。スタントマン出身の監督ならではのたたみかける演出だ。

 スパイたちのだまし合いも秀逸。壁崩壊間近の混沌としたベルリンに、潜伏しながら活動する怪しいパーシバル。フランスの女スパイ、ラサール(ソフィア・ブラガ)。敵か味方か分からぬスパイたちにロレーンは惑わされる。

 最近は「007」、「ミッション・インポッシブル」など老舗スパイ映画の好調ぶりが印象的だが、「アトミック・ブロンド」は大胆不敵な生身アクションを全編に投入しながら、セロンの新たな魅力を引き出した。テンション高めな女スパイ映画である。

(文・藤枝正稔)

「アトミック・ブロンド」(2017年、米)

監督:デビッド・リーチ
出演:シャーリーズ・セロン、ジェームズ・マカボイ、エディ・マーサン、ジョン・グッドマン、トビー・ジョーンズ

2017年10月20日(金)、全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://atomic-blonde.jp/

作品写真:(C)2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 13:48 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。