2017年10月19日

「あゝ、荒野」菅田将暉&ヤン・イクチュン、熱くぶつかり「胸いっぱいに」

1.jpg

 寺山修司原作の映画「あゝ、荒野」前編が2017年10月7日公開され、東京・丸の内で主演の菅田将暉、ヤン・イクチュンら出演俳優と岸善幸監督が舞台あいさつした。

 原作の舞台を近未来の新宿に移し、純粋で無鉄砲な性格の新次(菅田)と、引っ込み思案で吃音に悩む研二(ヤン)が、運命に導かれるように出会い、ぶつかり合う過程を描く。前・後編合わせて305分の長編だ。

3.jpg

 観客の掛け声の中、ボクシングの試合を思わせる呼び込みで登場したヤンと菅田。菅田は慣れない演出に照れながら「本編では照れずにやってます。楽しんでください」と挨拶。ヤンも「あふれるエネルギーの渦に巻き込まれると思います」と誇らしげに語った。

 ボクサーとして二人を育てるトレーナー役のユースケ・サンタマリアは「昨年ひと夏撮影をした日々がよみがえり、泣くのをこらえるのに必死です」と感慨深い様子。新次のライバルを演じた山田裕貴は「参加していても衝撃で、役を生きたと思える。皆さんの心を揺さぶり、ノックアウト間違いなし」と語った。

2.jpg

 岸監督は「ボクシングシーンも濡れ場も激しい映画。出演者は美しい肉体をさらけ出して頑張ってくれた。この映画に込めた愛を感じてもらえればうれしい。ボクシング映画でもあり、ラブストーリーでもある」と語った。

 305分の長編。ヤンは「初めは短い一本の映画だと思っていた。前編、後編になると撮影の途中で知りました」と話すと、菅田に「3カ月も撮影していたら気づくでしょ。なんで誰も教えなかったの?」と突っ込みを入れられる一幕も。

 ヤンは「500分を超えても飽きないと思う」と自信を示し、菅田は「岸監督は編集が好きな人。70時間撮ったものを何とか5時間に収めた」と明かした。監督も「あと2時間は長くしたかった」と語るなど思いは尽きない様子だった。

 韓国映画「息もできない」で強面のイメージのあるヤン。高橋が「ヤンさんのかわいさにスタッフが惚れてました」と話すと、菅田も「途中からこの映画はヒロインが芳子(木下あかり)とバリカン(ヤン)の二人なのかなと思った」と話して場内を沸かせた。

 最後に「胸がいっぱいになる作品。素晴らしい原作、素晴らし俳優、素晴らし撮影を経て、いい作品が生まれた」とヤン。菅田は「かかわった人の思いがこんなに熱いことはない。平成の時代にもそういう輪が広がることがあるんだなと嬉しく思う」と観客に語りかけた。

(文・写真 岩渕弘美)

「あゝ、荒野」(2017年、日本)

監督:岸善幸
出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、モロ師岡、高橋和也

2017年10月7日(土)前編、10月21日(土)後編、新宿ピカデリーほかで2部作連続公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://kouya-film.jp/

作品写真:(c)2017「あゝ荒野」フィルムパートナーズ

フォトセッション 左から 岸善幸監督 木村多江、ユースケ・サンタマリア、ヤン・イクチュン、菅田将暉、木下あかり、高橋和也、山田裕貴

posted by 映画の森 at 11:33 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。