2017年10月15日

第22回釜山国際映画祭2017、今年も盛大に 日本から有村架純らも参加

少女時代ユナ、チャン・ドンゴン.JPG

 アジア最大級の映画祭「第22回釜山国際映画祭2017」が、韓国・釜山市で開催されている。同市海雲台地区の「映画の殿堂」で行われたオープニング・セレモニーでは、国内外のスターが次々にレッドカーペットを歩いて祭りに華を添えた。21日まで76カ国・地域の約300本の映画を上映する。

 レッドカーペットには開幕作「ガラスの庭園」のシン・スウォン監督と主演のムン・グニョン、司会を務めるチャン・ドンゴンと「少女時代」のユナらが登場。秋雨が降る肌寒い気候のなか、観客の熱い歓声が響いた。「ナラタージュ」の行定勲監督と有村架純、「彼女がその名を知らない鳥たち」の白石和彌監督と蒼井優が姿を見せると会場からひときわ大きな声援が送られていた。

有村架純、行定勲監督.jpg ムン・グニョン、シン・スウォン監督.JPG

 今年は日本映画が合作を含め41本に上り、外国映画では最大となる。「あゝ、荒野」(岸義幸監督)や「アウトレイジ」(北野武監督)など話題作も上映される。

 釜山映画祭は、2014年の政権批判のドキュメンタリーの上映をきっかけに映画祭と釜山市が対立し、昨年は組織改編を経て中断の危機を免れた。今年のセレモニーには昨年不参加だったソ・ビョンス釜山市長が出席して和解をアピールした。

中山美穂、キム・ジェウク.JPG SHINee ミンホ.JPG アン・ソンギ.JPG
ソ・シネ.JPG ムン・ソリ.JPG ソン・イェジン.JPG

ムン・グニョン、大人への脱皮
 開幕作「ガラスの庭園」は、葉緑体を使った人工血液を研究する女性が、後輩の女性に研究テーマと愛する男性を奪われ、森の中に閉じこもる物語。スランプ中の作家が偶然知った彼女に興味をもち、森での暮らしを盗み見て連載小説を書きはじめるが、やがて作家は衝撃的な光景を目撃する。

 2010年の東京国際映画祭で「虹」が最優秀アジア映画賞を受賞したシン・スウォン監督の新作。幻想的な森を舞台に、ファンタジーとミステリーの要素を巧みに織り込んだ。韓国で「国民の妹」と呼ばれる子役出身のムン・グニョンが愛らしい子役のイメージから脱皮し、ひたむきな女性の強さと危うさを繊細な感性で演じた。

(文・芳賀恵、写真・岩渕弘美) 
posted by 映画の森 at 11:24 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。