2017年10月03日

「パーフェクト・レボリューション」困難に挑む“最強のふたり” 愛は障害を乗り越えるか

1.jpg

 幼少時に患った脳性麻痺のせいで、手足が思うように動かせない男、クマ(リリー・フランキー)。体こそ不自由だが、性欲は旺盛だ。エロ本を買いに書店へ行けば、女性店員のスカートの中や胸の谷間を凝視。自宅には自慰に使う“テンガ”がゴロゴロ。クマはそんな自分のスケベさを恥じるどころか、積極的に公表し、障害者への偏見をなくす啓蒙活動をしている。

 クマに共感し、恋心をいだくのが、風俗嬢のミツ(清野菜名)だ。直情径行型のミツは、講演会で話すクマに一目惚れし、その場で猛烈アタック。最初は迷惑がるクマだったが、やがて情にほだされ、相思相愛に。

2.jpg

 長年クマの介助を担ってきたヘルパーの恵理(小池栄子)、親代わりにミツの世話をしてきた占い師の晶子(余貴美子)。少数ながらよき理解者のサポートを得て、交際を続ける二人だったが、現実は甘くない。

 実はミツには人格障害があり、感情が不安定。ちょっとしたことで、自分や他人を攻撃し傷つける危険性を秘めている。世間の無理解や、好奇の目に加え、彼女の暴発も、二人にとっては高いハードルだ。これらの障壁を二人は乗り越えられるのか。幸せをつかむことができるのか――。

3.jpg

 脳性麻痺をかかえる市民活動家、熊篠慶彦の実話をベースにしたフィクションである。クマとミツとのラブストーリーを軸に、彼らを取り巻くさまざまな人々との関わりも描かれる。その中で垣間見えてくるのが、彼らの人生の闇の部分だ。テレビ局からの取材に「両親から愛されて育った」と嘘をつくミツ。クマの父親の法事の席で、「クマの世話に明け暮れ人生を犠牲にした」と告白する親族。

 天真爛漫に見える二人だが、実は心に屈託をかかえており、葛藤にもだえている。全体にポップでユーモラスな演出が貫かれているからこそ、随所に露呈するリアルな現実が、見る者の心に突き刺さる。「ぐるりのこと。」(2008年)、「凶悪」(2013年)のリリー・フランキー、「TOKYO TRIBE」(2014年)の清野菜名。ともに全身全霊の熱演で、深い感動を誘う。

 監督は「まだ、人間」(92年)、「最後の命」(2014年)の松本准平。シリアスな作風から一変した印象だが、追求されているテーマは一貫しているように思える。すなわち「人間はみな平等で、互いを分け隔てる壁など存在しない」という信念だ。本作中の「生まれも、性別も、職業も、能力も、お金も、年齢も、幸せには関係ない」というミツのセリフに、それは集約されている。

 障害者だからと手心を加えるのではなく、同じ人間として対等に向き合い、接すること。同情は無用。必要なのは、共感すること、共鳴すること。重要なのは、同じ高さで見つめ合うこと。クマとミツのラブストーリーは、そんな信念の上に成立しているのである。

(文・沢宮亘理)

「パーフェクト・レボリューション」(2017年、日本)

監督:松本准平

出演:リリー・フランキー、清野菜名、小池栄子、岡山天音、余貴美子

2017年9月29日(金)、TOHOシネマズ新宿ほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://perfect-revolution.jp/

作品写真:(C)2017「パーフェクト・レボリューション」製作委員会
タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 10:34 | Comment(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。