2017年08月26日

「戦争のはらわた」鬼才サム・ペキンパー、戦場の狂気と反戦への思い

s1.jpg

 1943年春、第二次世界大戦下のロシア戦線。一時はスターリングラードまで侵攻したドイツ軍だったが、ソ連軍の反撃を前に劣勢を強いられていた。スターリングラードの戦いで負け、クリミアへ苦しい撤退を迫られる中、プラント大佐(ジェームズ・メイソン)率いるドイツ陸軍連隊を次々と困難が襲う。部隊はただ生き延びるために戦い続けていた──。

 西部劇「ワイルドバンチ」(69)、犯罪劇「ゲッタウェイ」(72)など、バイオレンス演出が得意で“血まみれサム”の異名を持つサム・ペキンパー監督。ジェームズ・コバーン主演で撮った唯一の戦争映画が「戦争のはらわた」だ。ペキンパーといえばスローモーション、独特の映像美が語り継がれる。「戦争のはらわた」も撃たれて血しぶきをあげて倒れ、爆撃に吹き飛ばされる兵士、爆撃で吹き飛ぶ建物を、スローモーションで映し出す。けれん味あふれる映像。物語にカタルシスはない。

s2.jpg

 戦争映画の形を取りつつ、裏に反戦への思いが見え隠れする。冒頭ではヒトラーとナチスの記録映像に、日本の動揺「ちょうちょう」の原型であるドイツ民謡「幼いハンス」を流す。好奇心旺盛なハンスは旅に出て、数年後に容姿が変わって帰ってくる。母だけが息子だと気付く。親子愛を歌った曲だ。旅を戦争にたとえているのだろう。

 大事なポイントは、ハンスのエピソードが示すように「人は見た目」ということだ。作品ではドイツ兵の多くを米国の俳優が演じ、セリフは英語。違和感はぬぐえない。しかし、話が進むとその理由も見えてくる。ドイツ軍の小隊長シュタイナー(ジェームズ・コバーン)は、戦争の狂気を目のあたりにし、精神を病んでいく──。

s.jpg

 作品は製作途中に資金が尽き、唐突なラストでしめくくられる。しかし、後半の展開に監督の強い意志を感じる。「敵軍の軍服」がキーワードだ。人は人を何で判断するか。国や軍服で相手を扱い、攻撃を繰り返すことに、監督は異論を唱えている。米国人俳優をドイツ兵にした初期段階から、戦争への皮肉を込めた気がしてならない。

(文・藤枝正稔)

「戦争のはらわた」(1977年、英・西独)

監督:サム・ペキンパー
出演:ジェームズ・コバーン、マクシミリアン・シェル、ジェームズ・メイソン、センタ・バーガー、デビッド・ワーナー

2017年8月26日(土)、新宿シネマカリテほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトまで。

http://cross-of-iron.com/

作品写真:(C)1977 Rapid Film GMBH - Terra Filmkunst Gmbh - STUDIOCANAL FILMS Ltd

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 12:45 | Comment(0) | 米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。