2017年07月20日

「ベースメント」JKビジネスに特殊詐欺 軽快な語りで社会の闇へ導く

ベースメント1.jpg

 JK(女子高生)ビジネス、特殊詐欺、危険ドラッグ……。健全な市民であれば決して近づいてはならないブラックな世界。闇に包まれた領域に踏み込んで、おぞましい実態を暴き出し、実話系の雑誌などに記事を発表しているのが、「ベースメント」の主人公である猪俣陽一だ。アシスタントはビデオカメラマン志望の麻生綾香。猪俣からは“麻生ちゃん”と呼ばれている若い女性だ。2人が次々と怪しい現場に飛び込み、社会の裏側に隠された真実を明かしていく。

 平穏な市民社会の裏側にうごめく、闇社会の真相。テーマ自体は重い。しかし、作品のテイストはすこぶる軽快だ。本編のかなりの部分は、麻生の撮影するビデオカメラを通した映像を使用。いわゆるPOV(主観ショット)で映し出されているため、画面はライブ感にあふれ、観客は麻生や猪俣とともに、取材現場に立ち会っている感覚が味わえるのだ。

ベースメント2.jpg

 違法行為や犯罪者を上目線で論じるのではなく、「何でも見てやろう」とばかりに、フットワーク軽く対象に迫る。これが、アングラ系のルポライターである猪俣のスタイル。自らがルポライターでもある井川楊枝監督の身上でもあろう。

 観客は井川監督の生き生きとした語り口に乗せられ、社会の闇に分け入っていくというわけだ。描かれている現場は、井川監督自身がライターとして取材を重ね、知り尽くしている世界。それだけに各シーンはリアルに再現され、映像にも説得力がある。

ベースメント3.jpg

 登場人物もそれぞれ魅力的だ。海千山千のライターで元ヤクザとも親交がある猪俣。怖いもの知らずと思いきや、案外と気が弱いところがあり、憎めない人物だ。演じるのは井川監督の著作に触発され、映画化を持ちかけたという増田俊樹。麻生役のサイトウミサや元ヤクザ役の成田賢壱をはじめ、他の俳優たちの求心力となって、全体の演技レベルを絶妙にコントロールしている。

 特筆すべきは、猪俣のオフィスに居候する女子中学生の七瀬星来(せら)だろう。不遇な生い立ちを淡々と語るが、果たしてどこまで本当なのか分からない。無邪気さとふてぶてしさを併せ持つ、不思議少女だ。麻生のカメラに向けるちょっと上目づかいの表情が印象的。「最強の地下アイドル」として知られる仮面女子の窪田美沙が出色の演技を見せている。

 「ミス東スポ2015」に輝いたグラビアアイドルの璃乃や、評論家の鈴木邦男など、個性豊かな出演者たちが全編を彩る。エンドロールの後まで目が離せない、スリルと興奮の83分。早くも続編の製作が決まったという。今度はどんな現場に立ち会えるのか。どんな人物と出会えるのか。今から待ち遠しい。

(文・沢宮亘理)

「ベースメント」(2016年、日本)

監督:井川楊枝
出演:窪田美沙、璃乃、増田俊樹、成田賢壱、落合萌、サイトウミサ、鎌田秀勝、鈴木邦男(特別出演)

2017年7月21日(金)、渋谷アップリンクほかで全国公開。作品の詳細は公式サイトまで。

https://www.basement.tokyo/

タグ:レビュー
posted by 映画の森 at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック